浄土真宗本願寺派(お西) 浄華山 円光寺(大分県大分市)

 

お念仏申す生活法話

 
フォーム
 
どのお葬式も精いっぱいていねいにお勤めさせていただきます
2018-02-19
 昨日お葬式がありました。初めてのご縁の方です。
三佐の方ではなく、本当に初めてのご縁と思ったのは、お焼香するとき会葬者の顔が導師の私には見えるのですが、
一人として知っている方がいらっしゃいませんでした。
 
 ご遺族から「家族葬です」といわれました。
家族葬というと家族親族だけで執り行う小規模葬をいうようです
 最近もう一件お葬式がありましたが、このお葬式はお参りの方が家族と兄弟縁者の方7人でした。まさに家族葬です。
 
 ところが一昨日お通夜にお参りしましたら、駐車場が満車で会場をのぞくとたくさんの方がお参りでした。
葬儀社の方に「家族葬と聞いたのですが・・・」と言いますと、係の人も唖然とした様子でした。
 
 昨日のお葬式も大勢のお参りでした。お正信偈さまのお勤めをします。
 今は少人数のお葬式が多くて、お正信偈の途中早い段階でお焼香が終わり、
あとはひたすらお坊さんがお経をあげるといったようなことです。
 ところが昨日はお正信偈を読み終えるまでにお焼香が終わるのかなと心配するほどのたくさんのお参りでした。
 
 葬儀のあり方が随分変わってきています。これからもっと変わっていくのでしょう。
 ただお勤めをさせていただく僧侶の方からいったら、
会社の社長さんの社葬という大きなお葬式もどんなに小さな何人かのお参りのお葬式も、お勤めは同じなのです。
 
 その人ひとの一度っきりのご縁です。
それぞれの人生を精いっぱい生き抜いてこられた方のご縁です。
つとめて丁寧にお勤めをさせていただきます。
 
 昨日のご縁も初めての方ですが、ご縁があってお葬式をさせていただくということです。
「精いっぱいお勤めさせていただきます」とご遺族の方に申しあげました。
 
 そしてこのご縁はお葬式だけのご縁ではなくてそれからもつながっていきます。
私がつないでいくのではありません。仏さまのご縁をいただくなかでつながっていくのです。
 
 大きないのちのつながりのなかで、私たちは一人じゃなかった、死んだらお終いじゃなかった、
人の命は終わるけれども、お浄土に生まれて仏さまにならせていただき、
またこの世に還って来て有縁の方々と共々に生きていくいのちなのです。
 
 無量のいのちをいただいて生きていることを思います。
昨日お葬式のご縁の方はこれから仏さまのご縁が始まるということです。
 
 仏事のことはわからいことだらけだと思います。
だからこそ何でも聞いてください。
 わかろう理解しようと頭で聞くのではありません。
ナンマンダブツとお念仏を申すなかに仏さまのお心を聞かせていただきましょう。
 仏さまのご縁に遇えてよかったといえる日暮しをさせていただきましょう。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.2.19)
 
みちゃおれん
2018-02-18
昨日はピョンチャンオリンピックの男子フィギアスケートで、羽生選手が金メダル、宇野選手が銀メダルということで
日本中が大いに盛り上がりました。
 
 私もテレビで観ていましたが、羽生選手は昨年11月の大けが以来の競技で大きな不安がありましたし、
宇野選手は最初のジャンプで転倒して「観ちゃおれん」とテレビから離れた人も多かったのではないでしょうか。
 
 親身になるといいます。
羽生選手や宇野選手を応援する気持ちは、どこか子どもをみる親のようなものではないでしょうか。
 
 阿弥陀さまの大悲のお救いのおはたらきは同体の慈悲といって、親身になるということです。
阿弥陀さまが親で救いの目あてのこの私は子どもです。
 
 阿弥陀さまは久しく遠い昔から私のことを見てとって「みちゃおれん」と南無阿弥陀仏のみ名となり
私のところに来てくださって「まかせよ救う」のおはたらきをしてくださっています。
 
 さて「みちゃおれん」とテレビを離れ目をつぶった人は、本当の意味で親身になっていたのでしょうか。
私たちの「みちゃおれん」は、ひいきの選手がうまくできてほしい、いい成績を上げてほしいという思いから
見守ることさえできず、ただ不安から逃れたいだけの自分本位のことではないでしょうか。
 
 阿弥陀さまのおはたらきを真実の救いといいます。
この真実という言葉を親鸞聖人は「もののみになるまこと」といわれます。
 もののみになるとは「みちゃおれん」と目を背けることではありません。
 
 阿弥陀さまの「まかせよ救う」のおはたらきは人ひとによって違うということではありません。
もののみになるまことです。
 南無阿弥陀仏のおはたらきとなって私の身に満ち満ちてくださり、
私の心に信心を開き、私の口からお念仏が出てくださると聞かせていただきます。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.2.18)
 
日頃からのご縁
2018-02-17
 昨日「お葬式をお願いしたいんですが・・・」と電話がありました。
お寺に来てお話を聞かせてくださいとご返事して、ご夫婦がみえられました。
初めてお会いをする、初めてのご縁の方です。
 
 お聞きしますと、お母さんが何年も前に重い病気になられて今日お亡くなりになったということです。
 
 身内の方が亡くなってお葬式をどうするか。
お寺との関係がなく、お仏壇もお墓もないお家の方にとって、それは大きな問題です。
 大きな問題だからこそお亡くなりになる前に、家族で考え相談できたらいいのでしょうが、
身内の方それもとても大切な人の死を前提にしたお話です。
 考えたくない、思いたくないことです。
そして相談しようにも、誰にどのような相談をしていいのかわからないというのが本当のことのようです。
 
 臨終勤行に始まる葬儀全般の仏事について一通りお話して
「わからないことがあったら何でも聞いてください」と言いましたら
「何を聞いていいのかがわかりません」というご返事でした。
 
 日頃からのご縁の大切さを思います。
仏事について誰でも気軽に相談できる場があればいいと思います。
 そしてそれがお寺という場、お坊さんの役割だと思います。
 
 今は核家族で、お仏壇のないお家が多くなり、日頃から仏事にあうことが少なくなりました。
周囲に年輩の方もいなくて、何でも相談することが本当に難しくなりました。
 
 一方ネット社会でいろんな情報がすぐ手に入る時代になりました。
ただ情報過多で、自分に都合のいい情報ばかりを取り出すことで、
全体的につながらない変てこなものになってしまいがちです。
 お葬式はしたけれども、お坊さんにお経をあげてもらったけれども、お葬式でそれっきりということも起こってきます。
 
 お寺とご門徒のつながりを思います。
お葬式の時だけの何かあった時だけのつながりではありません。
 遠いご先祖からつながっている、仏さまのご縁という深いつながりです。
 
 ただ門徒といって、仏事のことがわかっているかというと、知らない人が多いように思います。
仏事のことはお寺に、お坊さんにまかせておけばいいという考えなのでしょうか。
 とはいってもその時になって色々もの申すご門徒さんにも閉口します。
その時にああやこうやと慌てないためにも日頃のことが大切です。
 
 お聴聞です。平生です。日頃からお念仏のみ教えを聞かせていただきましょう。
亡くなる間際にお念仏申せよ、阿弥陀さまのお救いはこうだといっても耳に入りません。
 
 日頃からのご縁です。
蓮如上人が「仏法は若いときにたしなめ」と言われたのはここです。
若いときといっても、仏法聴聞に年齢制限はありません。
 今です。今仏法に遇わせていただくことが大事なのです。
今お念仏申す身にさせていただくことの有難さを思います。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.2.17)
 
お念仏が身につく
2018-02-16
昨日、月参りで一軒のお家に行きましたら、玄関のかぎがかかっていました。
チャイムを鳴らして「ごめんください」と声をかけたら、内から声がしてお参りができたわけですが、
奥さんが「すみません。忘れてました」と言われました。
 
 忘れてましたといって、お仏飯はあがっていました。
お花を入れ替えるのに花瓶を下げていたということです。
 
 忘れていたか、準備ができていなかったのかどうかはわかりませんが、
有難かったのはお仏飯があがっていたことです。
 
 日々のたしなみです。朝一番にご飯を炊いてまずお仏飯をお供えするという習慣が身についているということです。
 
 歳を重ねて、物事を忘れることが多くなりました。ところが身についてしまうと滅多に忘れることはありません。
 
 私が仏さまのことを忘れても、仏さまは私のことを決して忘れません。
 
 阿弥陀さまの南無阿弥陀仏のおはたらきがこの身に満ち満ちて、私の心に信心となり、
私の口からナンマンダブツとお念仏が出てくださいます。
 信心をいただくといいますが、お念仏を申す身にさせていただくのです。
 
 お念仏申すなかに私たちの日暮しがあります。
いつも私が一緒だから、大丈夫だからと、私の身に寄り添う摂取不捨の仏さまになってくださいました。
 これほど安心できることはありません。
 
 先に往かれた大切なお方のお命日にお参りさせていただきます。
阿弥陀さまに、ご先祖有縁の仏さま方にお礼ができます。
 ナンマンダブツとお念仏を申す身にお育ていただいた有難さ尊さを思います。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.2.16)
 
朝が明るく暖かくなりました
2018-02-15
今朝はあたたかいですね。昨日は春一番が吹いたというニュースもありました。
 
 朝6時の梵鐘をうつ時も薄明るくなってまいりました。6時半の喚鐘の時はもっと明るくなって、
これから皆さん随分明るい中をお家に帰られることであります。
 夕方6時は本当に明るくなりました。
 
 いつの間にかではありますが、春の訪れを感じます。
 
 寒くて暗いというのは誰でも嫌ですね。
そういうなかに明るい光が差し込んできます。そして私たちをあたたかくつつんでくれます。
 
 私たちの仏さま、阿弥陀如来さまは智慧と慈悲の光の仏さまです。
明るい智慧の光で私たちの迷いの暗闇を破ってくださいます。
あたたかい慈悲の光は自分中心の私たちの頑なな心をそのまま包み抱きとってくださいます。
 
 阿弥陀さまは智慧と慈悲のおはたらきを南無阿弥陀仏の六字の名号に仕上げて私に届けてくださっているのです。
ナンマンダブツナンマンダブツと、智慧と慈悲のおはたらきがこの身に満ち満ちて
この私の口から、私の声ですけれどもお念仏が出てくださいます。
 
 お念仏申すなかに今日の一日、日々の生活をまた始めさせていただきましょう。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.2.15)
 
やった!最高に楽しかった
2018-02-14
昨日は一日中ピョンチャンオリンピックの日本選手のメダルラッシュの話題でいっぱいでした。
 
 スピードスケートの高木選手、ジャンプの高梨選手、モーグルの原選手と一日で三つのメダルを獲得したということで、
何か私たちが誇らしげに思うことですが、これも選手の頑張りのおかげです。
 
 高木選手、高梨選手ともに前回のソチオリンピックで悔しい思いをして4年間いろんな苦悩があったと思います。
オリンピック前の報道で皆さんよくご存知のことで「本当によかった!」と日本中が喜んでいることだと思います。
 
 一方原選手は全くノーマークというか、知らない人が多かったと思います。
他にメダルの有力選手がいたんですが、何とこの原選手が銅メダルをとったんですよね。
 
 モーグル競技といえば女子の上村選手が有名ですが、彼女は高校生の長野大会から
オリンピックに5大会連続出場して、一つ一つ入賞を重ねて4位までなったのですが、結局はメダルをとれませんでした。
 20年もかけてメダルをとれない選手と、一夜にしてシンデレラボーイになった20歳の選手もいるわけです。
 
 ただ私たちは知らないだけで、この20歳の原選手もいろんな苦労があったことだと思います。
 何もしないでメダルがとれるわけではありません。
頑張って頑張って頑張った、その努力の結果がこのたびはメダルということです。
 
 今はメダルをとった選手のインタビューは
「これはいつも私を支えてくれた家族、スタッフ皆さんのおかげです」と、気持ちいっぱい感謝の言葉で始まります。
 
 でもこの原選手「やった!最高に楽しかった」と銅メダルをとった喜びを素直に話しましたが、
何かそれはそれで清々しい感じがしました。
 誰でもできることではありません。それこそその達成感はその選手だけのものです。
 
 私たちの人生を重ねて思います。人それぞれの人生いろいろです。
 有名人のようにいつも世間の注目を集めああやこうやといわれる人生もありますが、
大方の人の人生は世間の知るところもなく名もなくひっそりと生きている人が殆どです。
 
 ただどんな人の人生も、私を支えてくれてる人がたくさんいるということです。
私がどんなに頑張っても自分一人で生きることはできません。
 この目には見えないけれども、多くのいのちに生かされているこの私です。
 
 大いなる無量のいのちと光の仏さまを阿弥陀如来さまといいます。
私たちはどんな人も南無阿弥陀仏のおはたらきのなかに生かされて生きていると聞かせていただきます。
 
 南無阿弥陀仏のお心を聞かせていただきお念仏申して、本当に楽しい人生を生きてまいりましょう。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.2.14)
 
お仏壇終いのご縁
2018-02-13
 昨日一昨日と二軒のお家でお仏壇終いのお勤めをさせていただきました。
 
 一軒はお家を新築するご縁にお仏壇を新しくご安置するということです。
もう一軒は、お父さんお母さんが住んでいたお家がお二人とも亡くなっていよいよ壊すということで,
子どもさんのお家にお仏壇を移すということです。
 
 よくお仏壇が入る時に魂入れとか、お仏壇を終う時に魂抜きのお勤めをしてくださいと言われます。
ただお仏壇を入れるといって大事なことは仏さまをお迎えするということです。
 仏さまに魂を入れたり抜いたりとはどういうことでしょうか。
浄土真宗のご法義ではそういうことはいいません。
 
 浄土真宗のご本尊の仏さまは阿弥陀如来さまです。
お家の中心にお仏壇、その中心に阿弥陀さまをお迎えします。
 
 ただ皆さんのお家に新たにお仏壇をご安置するというご縁でいえば、
大切なご家族とお別れするという悲しみのご縁で仏さまをお迎えするということが多いです。
 その仏さまは阿弥陀さまですが、ご先祖有縁の仏さまのご縁です。
 
 お仏壇の仏さまは、お浄土の仏さまです。
お浄土から「必ず救うまかせよ」と南無阿弥陀仏のおはたらき一つに私たちを護り救うてくださる仏さまです。
 
 お家の中心にあって、阿弥陀さま、ご先祖有縁の仏さまが、
ずっと私たちの日々の生活を見守ってくださっているということです。
 
 そのことに思いを致して、お仏壇の仏さまにお礼をさせていただきます。お礼ができるんですね。
それもそのお家に住んでいる家族だけではなく、そのお家を訪れた人、ご親戚縁者の方も一堂にお礼ができるんですね。
 
 仏さまを中心とした生活を共々にさせていただきます。
その大切なお仏壇をこのたびは終うということですから、お仏壇の御前でご家族縁者一堂にお勤めをさせていただくのです。
 感謝のお勤めです。仏さまにお念仏申してお礼をさせていただきます。
 
 南無阿弥陀仏の大きな大きなおはたらきのなかになかにある私たちです。
どうぞ日頃からご縁ご縁に南無阿弥陀仏のお心を聞かせていただきましょう。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.2.13)
 
季節の移ろいのなかで
2018-02-12
 今日から御和讃が最初の「弥陀成仏のこのかたは」で始まる御和讃に戻ります。
いつもお正信偈さまのお勤めをさせていただくときにいただく御和讃であります。
 
 今日からまた53日間かけて御和讃の繰り読みをして最初に戻ってまいります。
 
 前回お朝事のお勤めで「弥陀成仏のこのかたは」の御和讃を拝読したのは、去年の12月のことでした。
今日から53日を経て、次は4月6日になります。
その頃はすっかり温かくなって、境内のしだれ桜も満開ではないかなと思ったりします。
 
 季節の移ろいです。
寒い冬から温かい春へと、暑い夏へと、涼しい秋へと季節が巡ってまいります。
 
 四季折々の風情のなかを、こうして毎朝6時半の定時に皆さんご一緒に、
阿弥陀さまの御前に座らせていただき、お朝事のお勤めをさせていただきます。
 
 親鸞聖人からお正信偈さま、御和讃のお手紙を、蓮如上人から御文章のお手紙を拝読させていただきます。
南無阿弥陀仏「まかせよ救う」の阿弥陀さまのお心おはたきををいっぱいいただいて、
今日の一日もお念仏申して始めさせていただける身の幸せを有難く思います。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.2.12)
 
いつもと違う日曜日の朝
2018-02-11
 今日は日曜日で、ご法事が重なって3件あります。
 
 日曜日の朝です。
いつもはゆっくりゆったりと自分の時間を過ごすという日曜日ですが、ご法事をお勤めするとなると大変です。
 
 お客事といって、親戚縁者をお家に招待するということです。お掃除をしたり準備からして大変です。
それもご法事ともなると、お仏壇のお飾りやお仏壇周りのこともきれいにしなければいけません。
 
 今は「家族葬」と言われるお葬式が多くなりましたが、ご法事も「家族だけで」と言われるご法事が多くなりました。
家族だけといって、本当に家族だけです。それこそお参りに行ったら家族が一人なんです。
このお家は家族が一人だったかなと思うほど、仏事の簡略化が進んでいます。
 
 ご法事には施主という方がいらっしゃいます。お葬式でいったら喪主です。
施主、喪主がご法事やお葬式、仏事の主役です。
 お寺に連絡をして日時を相談し、親戚ご縁の方にご案内をします。
お家をきれいに掃除し、お仏壇のお飾りを怠りなくして、お茶お菓子の接待から食事の準備まで、一から十まで大変です。
 だからご法事が終わるとほっとするといいます。
 
 ところが今は家族だけということで安心して、少し緊張感が欠けているようにも思います。
家族だけといって、施主一人のお勤めといって、お坊さんがいないとご法事になりません。
 せめてお坊さんにはそれなりの配慮というか、思いやりの心で接してほしいものです。
 
 お寺から通知が来たから、お経だけあげてもらったらそれでいいというのでは、もったいないですね。
日頃中々遇うことがない仏さまのご縁です。それも何年かぶりのご法事のご縁です。
 精いっぱいお勤めさせていただきましょう。
 
 ご法事のご縁をいただきました。仏さまのご縁です。
この目には見えないけれども私のことをずっといつも思うてくださる仏さまです。
 ご先祖有縁の仏さまのお育てをいただいて、今私がここに生かされてあることを聞かせていただく尊いご縁です。
今日もご法事のご縁にお参りさせていただいて、皆さんとご一緒にお勤めさせていただきたいと思います。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.2.11)
 
布教大会のご縁をいただきました
2018-02-10
 昨日は坂ノ市の流芳寺さんで布教大会のご縁があって同行4人でお参りしました。
 
 大阪、広島、山口、福岡から遠路ご出向された4人の布教使の先生方がご法話お取り次ぎしてくださいました。
若い方からベテランまで、話しぶりはそれぞれ違いますが、お取次ぎをいただくお法りは一つです。
 南無阿弥陀仏一つで必ず救うとおはたらきの阿弥陀さまのご法義です。
年格好も違う、生活しているところも違う、話しぶりも違うと、お味わいがそれぞれ違っていいものですね。
 
 そのなかの一人の布教使さんが言っていました。
南無阿弥陀仏のご法義はどこで聞いても同じ、誰が話しても同じですと。
 いや同じじゃないと困りますね。この先生はこう言って、この先生はこう言うと、
全く反対のことを聞いたら、私たちは不安になるばかりです。
 南無阿弥陀仏の信心は安心です。聞かせてもらって安心をいただきます。
それは話す人のお話ではなくて、阿弥陀さまのお話だからいっしょなのです。
 
 そしてお聴聞される方も一人一人生活ぶりが違います。
色んなことを抱えて生きています。人生いろいろ人それぞれ違います。
 
 そういう日常の生活にあって、今日の皆さんのように、阿弥陀さまの前に一堂に座ることができたということです。
手を合わせ合掌ができました。お念仏申せました。阿弥陀さまにお礼ができました。
 
 どのこと一つとっても私がではありません。南無阿弥陀仏のおはたらきです。
阿弥陀さまそして諸仏方の尊いお育てがあってのことです。
 仏さまのご縁をいっぱいいっぱいいただいて、私の口から私の声ですが、ナンマンダブツとお念仏が出てくださいました。
 
 そのこと一つ喜ばせていただいて、また日々の生活です。
お念仏申す日々の生活をさせていただこう、させていただきたいと思ったことです。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.2.10)
<<円光寺>> 〒870-0108 大分県大分市三佐3丁目15番18号 TEL:097-527-6916 FAX:097-527-6949