本文へ移動

新院ブログ

「365」~今日とも知らず明日とも知らず~

突然の別れはとてもつらいものです。
皆さんこんばんは、
新院でございます。

2月に入り、厳しい寒さが続きます。
そろそろ春が恋しくなります。
「春よ、はよ来い」

そんな寒い季節に、悲しいお知らせがありました。
お坊さんの先輩であり、色々なことで公私ともにお世話になった、
ご院家さんがご往生されたのです。

「いつ何が起こるかわかりませんよ」

とお話しするお坊さんでも、
このような別れは寂しいし悲しいものです。

今日はその先輩のお話をしたいと思います。

お坊さんには様々なタイプがありますが、
(私も含め…)
この方は優しいお顔でみんなを見守っている感じでした。
顔が優しいのはもちろんですが、
ご飯をご一緒したり、お寺に招いてもらったり、
沢山の話をしていたことを思い出します。

大分に帰ってきて、
まだ右も左もわからない状態の私に、
「だいちゃん今度お話(ご法話)にきてよ」
と声をかけていただきたのです。
私にとって自坊以外でお話しするのは、
この方のお寺が初めてだったのです。

帰ってきてすぐでしたから、
何を話していいかもわからない…
はたして大丈夫だろうかとドキドキしたことです。

当時のご法話は、
大学の時の論文をそのままいったような…
そんな堅苦しいものでした。

「練習だと思ってお話ししてね」

と優しい言葉をかけられたことを今でも思いだします。
大変お育てにあずかりました。

お通夜にお参りさせていただきました。
最近はコロナの影響でお会いできなかった諸先輩方にも、
久しぶりに会うことができました。

仏縁という言葉があります。
ご往生という悲しいご縁ではありますが、
同時に、沢山のことに気づかさせていただくご縁なのです。

参列者の皆さんとお念仏申させていただく中に、
先に往かれた方も、この私も、
すでに阿弥陀様のはたらきの中にいるということ。
この念仏の中にいつか私も浄土にお参りする日が来るのです。

まだまだ寂しさは拭うことはできません。
あらためて先輩との思い出に浸っていきたいと思います。


ーーーーーーーーーーーーーー
皆様へ
ブログを読んでの感想や、
お寺のことなどよければメール
いただけるとありがたいです。
ーーーーーーーーーーーーーー

「365」~新年のご挨拶~

今年もよろしくお願いいたします!
皆さんこんにちは、
新院でございます。

新年あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いいたします。

今日は14日…
ブログの更新は難しいものですね。

さて、
2022年を迎えました。
みなさんはどんなスタートを切りましたか?

私は本日まで津久見にあります、
西教寺さんの「お正月参り」のお手伝いを
させていただきました。

お正月参りは「御文章開き」とも言うそうで、
『信心獲得(ぎゃくとく)の章』を拝読いたします。

7時半からお朝事(本堂の仏様にお参り)ですから、
三佐を朝6時半までには出発しないと間に合いません。

寒いこの時期の早起きは、
とても大変ですね。
改めて感じました。

実は今回をもってやめさせていただくことになりました。
2011年から今年(2022年)まで、
12年間お世話になりました。
津久見というところは「みかん」が有名ですよね。
ご門徒さんも農家さんがたくさんいらっしゃり、
みかんをたくさんいただきました。

お付き合いが長かったご門徒さんには、
「住職になりますので今回で(お正月参り)やめることになります」
とお話しさせていただきました。

「それはさみしいですね」
といわれるかと思いきや
「それはおめでとうございます」
といっていただきました。

お寺は違うとは言えど、
このように言ってもらえることに、
嬉しさを感じました。

「住職になったら大変で~しっかり頑張らんとよ」
と叱咤激励してくれる方も。

「今度そっち(三佐)の方に行ったら寄らしてもらいますね」
と言ってくれる方も。

そんなご門徒さんがいつでも遊びに来られるようなお寺をつくっていきたい。
具体的にはわかりませんが…笑


ーーーーーーーーーーーーーー
皆様へ
ブログを読んでの感想や、
お寺のことなどよければメール
いただけるとありがたいです。
ーーーーーーーーーーーーーー

「365」~久しぶりに~

344日
皆さんこんにちは、
新院でございます。

先日常例法座を勤まり、
円光寺の行事はひと段落です。
(ブログが全く更新できてない…)

少しの間お休みしますいただき、
自分のことをしたいところですが、
以前にご門徒さんから
「念珠の紐が切れたからどうすればいいですか?」
と言われたので、
普段であれば仏具屋さんでなおしてくれますよ
と言いたいところですが、
「私がなおしますよ」
と言ってしまい、
久しぶりに念珠あみやってみました。

いやぁ、単純なんだけど、
難しいですよね。
でも、久しぶりにしては上出来?かな。

数をこなしていくしかないですね。

念珠は紐が切れてもまた使えるものです。
紐が切れた場合は、お寺さんか仏具屋さんに持っていきましょう。

下手くその私でよければ、画像のようには……。
あと、時間ある時にします…(笑)

ーーーーーーーーーーーーーー
皆様へ
ブログを読んでの感想や、
お寺のことなどよければメール
いただけるとありがたいです。
ーーーーーーーーーーーーーー
あんだ念珠

「365」~なんでもやさん~

2021-12-10
353日
皆さんこんばんわ。
新院でございます。

お参りに行くと、
お茶の席で、
色んな事を聞かれます。

主には、お寺のこと
仏教のことが多いと思われますが、
私たちの生活を取り巻く出来事の話も、
たくさんあります。

毎日のようにニュースでは新しい情報が流れますが、
なかなかついていけない部分もありますよね。

私もその1人です。

「あのニュースは結局何が言いたいんやろか?」
とご門徒さん。

「つまりは、こういうことかもしれませんね。」
と私。

普段の生活の中に、
色んな疑問や思いを持つのが私たちですよね。

「お坊さんはなんでも話せないと行けないな」
と、今日もニュースを確認する私。

ーーーーーーーーーーーーーー
皆様へ
ブログを読んでの感想や、
お寺のことなどよければメール
いただけるとありがたいです。
ーーーーーーーーーーーーーー

「365」~お仏壇のお供え~

2021-12-09
354日
皆さんこんばんわ。
新院でございます。

さてさて、
円光寺では、門徒報恩講の真っ最中です。

ご門徒さんの家のお仏壇に、
今年最後お参りします。

報恩講ということだけあって、
お仏壇も様々にお飾りやお供えをしています。

なかでも、
お仏飯(おぶっぱん)が赤飯のところが多いです。

ありがたいですね。
親鸞聖人は、小豆を好んでおった。
とよく聞きますが、
赤飯とは、よく考えたものです。

報恩講の季節。
お仏壇がいよいよ輝きをましております。

ーーーーーーーーーーーーーー
皆様へ
ブログを読んでの感想や、
お寺のことなどよければメール
いただけるとありがたいです。
ーーーーーーーーーーーーーー
円光寺
〒870-0108
大分県大分市三佐3丁目15番18号
TEL.097-527-6916
FAX.097-527-6949
0
5
5
9
9
5
TOPへ戻る