浄土真宗本願寺派(お西) 浄華山 円光寺(大分県大分市)

 

お念仏申す生活法話

 
フォーム
 
今日はひな祭りです
 今日3月3日はひな祭りです。
このように今日は何の日というのは決まっていることです。
 お彼岸でいえばお中日は春分の日秋分の日と年に二回あります。
お寺ではその日にお彼岸のお中日の法要をお勤めさせていただきます。
 
 このたびの新型コロナウイルスの感染防止のために
全国的には昨日から大分は今日から学校が一斉に休校になります。
 昨日今朝のニュースを観てもそれぞれの現場での対応が違ってあるようです。
学校が休校になって生活の中から子どもがいなくなるのではなくて
子どもも親御さんもまた生活をしているということです。
 
 その居場所が平生は学校だったのがどこにということです。
学童保育や塾ということも聞きますし低学年に限って学校を開放する対応もあってさまざまな工夫をされています。
 そのお家お家でいろんな対応を考えるということは大事なことだと思います。
日頃は学校にまかせるということでよかったのです。
まかせておけばいいというところがどこかにありますよね。
いやまかせないと子どももそうだし親もまた仕事が生活ができないということでもあるのです。
 
 そうしたなかで今日はひな祭りというお話をしたのは
私たちの日々の生活には誕生日のように決まった特別な日があるということです。
 今日は何事があるから今日の誕生日は明日にしましょう明後日にしましょうということではないですね。
何年分もまとめてしましょうということでもありません。
 
 このたびのことでいろんな行事を中止休止することもよくわかります。
ただそういうなかにあっても私たちは生きている生活をしているのです。
 日々の生活の中でその日その日の大切さを思います。
それぞれの日暮らしを思いやることの大切さです。
 
 生きるということは考えること工夫することだと思います。
南無阿弥陀仏とお念仏申して阿弥陀さまのお心を聞かせていただき
私にできることをさせていただこうと思います。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2020.3.3)
 
南無阿弥陀仏の声の仏さまとなって私を支えてくださっています
 新型コロナウイルスの感染防止の動きが止まりません。
昨日は大相撲の大阪春場所の無観客での興行が発表され
プロ野球のオープン戦はこれも観客なしでのゲームということです。
 ある選手が「観客の皆さんの声援に後押しされていることがよくわかった」と言っていました。
 
 見ている人がいて期待に応えようと頑張れるってことでしょう。
観客の声援の力です。
 
 東京オリンピック開催にも影響が出てくるのではないかと不安視されています。
中止や延期などの周囲の発言があります。
 当事者の選手スポーツマンにとって練習を休むことほどつらいことはないといわれます。
大会試合に向けて日々トレーニングを積んで体調をベストにもっていくということです。
 
 昨日の東京マラソンの大迫選手すごかったですね。
前回の悔しさをバネに五輪出場という大きな目標に向けて必死にトレーニングを積んできて
その結果が最後のガッツポーズそして涙のインタビューになったということです。
 
 私たちの日々の生活もまた大きな声援をいただいて支えられてあるということです。
この目には見えないけれども大きないのちのつながりのなかに願われ支えられて生かされてあることを思います。
 皆さんの周りの人たちであり私を育んでくださる多くのいのちであり
その大本が南無阿弥陀仏の声になってくださった仏さまなのです。
 
 お念仏の大声援に支えられて今日も一日生き抜かせていただきます。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2020.3.2)
 
3月になりました
 3月です。年度末です。
私たちの社会生活は通常4月から始まり3月に終わります。
 3月は各学校で卒業式がありますが
今年は新型コロナウイルス感染による休校で従来のような卒業式ができないようです。
 
 軒並みいろんな行事が中止または延期になっています。
予定の行事がなくなって自分の時間が増えました。
 3月は一年を振り返る月でもあり
いろんなことを振り返り見直すこともいいのではないでしょうか。
 
 南無阿弥陀仏のお念仏のみ教えをいただきます。
ナンマンダブツとお念仏申し南無阿弥陀仏のお心を聞かせていただき自らの有り様を振り返らせていただきます。
 親鸞聖人は阿弥陀如来の智慧の光に照らされたわが身を煩悩具足の凡夫とおっしゃいました。
ナンマンダブツとお念仏申す中に凡夫の私と知らせてくださり
そのまま救うてくださる仏さまがいらっしゃると聞かせていただくのです。
 
 阿弥陀さまは決して私を見捨てないとおはたらきの仏さまです。
この3月、日々反省するなかに一年を反省するなかに人生を反省するなかに
新たな明日に向けて往生浄土の人生を共々に歩ませていただきましょう。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2020.3.1)
 
今を生きる私にできることをさせていただきましょう
 2月29日です。4年に一度の日です。
閏年です。閏年にはオリンピックが開催され今回は東京です。
 
 この一日、いつもの年より時間が増えてよかったと思う方とそうでない方それぞれあると思います。
ただこの一日はこの一日皆さんそれぞれ生きていかねばなりません。
 
 新型コロナウイルスの感染で大変な事態になっています。
軒並みお寺の関係の行事も中止中止中止という連絡が入ってきています。
 何かちょっとほっとしますね。
逆に今までこんなに頑張って頑張って頑張ってきたのかなとさえ思います。
 確かに必要な行事もありますが本当に必要なことかな今すぐすることかなと思うこともあります。
この機会にこれまでの行事を見直してみることも大事かなと思ったりします。
 
 見えないウイルスとの戦いだといわれます。
何をしていいのか何ができるのかと心配で不安になります。
 この事態にあってお寺ということで何かできることがないかと思ったりします。
今すぐできることって難しいですね。日頃の大切さを思います。
 
 いろんな問題が次から次と出てまいります。
考えて対応するということですが考えても刻々と変わる事態に対応できないもどかしさも思います。
 安倍首相が全国一斉休校を要望したことが波紋を広げています。
賛否両論ありますが一つこういうことをやっていくということです。
 考えることも必要ですが実践するなかにまた問題が出てきて
考え対応して問題を解決していくことの繰り返し営みが実は私たちの人生だったのではないでしょうか。
 
 良いも悪いもすべてを今を生きるこの私が引き受けて
お念仏を申すなかに今日も一日私にできることをさせていただきましょう。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2020.2.29)
 
お寺の行事も自粛します
 新型コロナウイルスの感染で安倍総理から二日続けて昨日は全国の小中高校の休校要請がありました。
前日はスポーツイベントの自粛要請がありコンサートや歌舞伎が中止になって
楽しみにしていた多くの人が残念がっていましたが
これからどうなるのか不安になります。
 
 身近なところで昨日ファックスが次々に届いて大海組の行事が二つ中止になりました。
このことで不要不急といわれる必要ない急がなくてもいい行事を
私たちは結構しているのではないかと思い返します。
 前年度踏襲ということで毎年同じことを繰り返しているようなことで
この際少し見直すこともあるのではないかなと思います。
 
 昨日は大分教区の年度末の大事な会議があり私から提案したことを今すごく反省しています。
最後の会ということで懇親会をしましょうと提案したのですが
この時期この事態にあって全く無感覚なことだったと反省することしきりです。
 
 私たちの日々の生活です。
それぞれ生活ぶりは違いますが生きていかねばなりません。
 どんな事態にあっても食べることをやめることはできません。
このお朝事もできるだけお勤めしていきたいと思います。
 そのなかで私はどうあるべきか考え見つめ直す大きなご縁ではないかと思います。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2020.2.28)
 
不安の中に南無阿弥陀仏に安心して生き抜きましょう
 新型コロナウイルスの感染が止まりません。
昨日は政府から安倍首相が大きなイベントの二週間ほどの自粛を要請する声明が出されました。
 プロ野球のオープン戦やサッカーのJリーグといったスポーツ関連のものから
昨日は大きなコンサートが二つ直前に中止になったということです。
 
 身近なところにも影響が出ています。
昨日は別院での会議で毎年行っている教区の行事を中止するかどうかという話を聞きました。
 開催の可否を判断する主催者は本当に大変です。
 
 私たちはお互いに社会生活をしていますからじっと一処に引きこもっているわけにはいきません。
人と人とが接触関係するなかでの生活です。
 手の届く範囲でつばで感染したり手すりやつり革などに触れることで感染したりということで
マスクの着用手洗いやうがいの励行は皆さん各自が注意してということです。
 
 これから自粛自粛ということでえっと思うようなことも起こってくると思います。
わが身のことですから自分のところで精いっぱいできることをすることが一番だと思いますし
たとえ感染しても冷静に対応していくことが肝心です。
 ただこのたびのウイルスについてワクチンもない治療薬もない検査キットの対応も十分でないと
ないない尽くしで不安心配なのです。
 
 大きな不安の中にあって今を生きる私たちに
南無阿弥陀仏のお念仏の法がおはたらきだと聞かせていただきます。
 ナンマンダブツとお念仏を申すなかに安心して
お念仏を依りどころに今日一日もたくましく生き抜かせていただきましょう。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2020.2.27)
 
七日七日のご縁にお参りします
 七日七日のご縁にお参りします。
今はご親族がたくさん集まってお勤めするお家が少なくなりました。
お家の方とごくごく近いご親戚の方がお参りです。
 
 昨日のご縁はおじいちゃんのご縁でお孫さんと連れ合いのおばあちゃんがお参りでした。
お勤めの後ご法話をさせていただきます。
二人のお同行ですからちゃんと目と目が合ってよく聞いてくれている様子です。
 
 大切なお方とお別れをするという悲しみのご縁ですが
そのまま仏さまのご縁といただきます。
 阿弥陀さまのお話をします。
初めて聞くお話だと思います。
 先に往かれたお方は死んだらおしまいではなくて
今は仏さまとなって私たちを護り導くというおはたらきをしてくださってあると
お話させていただきます。
 
 仏さまのご縁に遇ってほしいという仏さまの願いです。
これまで中々聞けなかった仏さまのお話を聞かせていただき
この私もまた大切なお方が往ってらっしゃる同じお浄土に
生まれさせていただけると聞かせていただくのです。
 
 お浄土って何? 死んだらおしまいじゃないのと思っていた私が
仏さまのご縁に遇うことでこれまで知らなかったことを聞かせていただきます。
 先に往かれたお方がまさに命がけで私のためにつくってくれたご縁です。
ご縁ご縁に南無阿弥陀仏のお救いの法を聞かせていただきましょう。
そしてナンマンダブツとお念仏を申す身にさせていただきましょう。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2020.2.26)
 
御仏前で仏事相談です
 仏事相談です。
仏事に関するいろんなご相談をさせていただきます。
 月参りのご縁であったりあらためてお寺に来られてご相談することもあります。
 
 昨日もお墓の継承のことでお寺にご相談にみえて一時間ばかりお話をお聞きしました。
昔は何々家の墓という先祖伝来のお墓があってそれを代々子孫が継承し守ってきました。
 今は親、子、孫の家がそれぞれ別々にあって先祖伝来の家を継ぎ守ることが難しくなり
お墓の継承もまた難しくなりました。
 
 遠く古里を離れて暮らす今の生活からいったらどうしようもないことですが
ただ古里にお墓があるということで懐かしい古里に帰ることができたのです。
 ところが子や孫の代になると古里という感覚が薄くなって
お墓をこれから誰が守るのかどうしようかと
今テレビなどで墓じまいの特集が多くあります。
 
 何か皆さん墓じまいと聞いたら全てがなくなるという感覚がありませんか。
墓じまいといって残るのがお遺骨なのです。
墓じまいをしてもお遺骨を納めるところが必要です。
 
 遠方の田舎のお墓をしまって自分が生活する近い所に納骨堂などを求めて
お遺骨を移し納めることが考えられますし
合同墓という提案があります。
 長く経ったお遺骨については土に返すという発想です。
お遺骨を一処に寄せ集めて一緒に納骨するということが今から実際に多くなると思います。
 
 お寺からも皆さんの要望に応えていろんな提案させていただきたいと思います。
ただ昨日のお話を聞いていても皆さんの思いはさまざまでそして自分中心になります。
 だからこそのご相談です。
色々と相談する中でそうやなというところで納得していただくことが肝要です。
 
 昨日もこの本堂でご相談させていただきました。
阿弥陀さまのご尊前仏さまにお礼ができるところです。
 皆さん共々にお念仏申しこれからのこと仏事のことをご相談させていただきたいと思います。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2020.2.25)
 
阿弥陀さまのお救いは100%絶対です
 数日前に電話があって3月8日の日曜日にご法事を予定していたのですが変更したいとのことです。
その日は家に居られないというのです。
 先日鶴崎の乙津橋のところで不発弾が発見されて3月8日に爆弾処理のために
500m以内に住んでいる人に避難指示がでているということです。
 
 昨日のご法事のお家が下鶴崎で不発弾の話になりました。
すぐ隣までは500m以内で避難しなければいけないが私のところは大丈夫ですというお話です。
 
 不発弾です。戦争の痕跡です。
私がまだ生まれていない今から75年以上も前のことです。
 ちょくちょく不発弾の話を聞きます。
今の爆弾処理技術からすると多分大丈夫ということですが
このたぶんが曲者です。100%絶対ということではないのです。
 
 この世のことすべてが100%大丈夫ということはありません。
もしものことがあったらそれこそ誰々の責任問題にもなります。
 
 絶対ということ
この阿弥陀さまのお救いは絶対です。
 私を必ず救うと阿弥陀さまがすべて責任をもつというのです。
大丈夫だから安心してこの私阿弥陀にまかせなさいと南無阿弥陀仏とおはたらきです。
 
 責任のなすりあいをするのは私たちのこの人間の社会です。
あいつが悪いこいつが悪いと自分を振り返り反省することすらしないこの私を
阿弥陀さまはちゃんと見抜いてご存知のうえでそのまま救うというのです。
 
 私のすべてを見て知ってこうしないといけないこうしたら救ってやるという条件付きのお救いではありません。
私のすべてをそのまんま引き受けてくださって必ず救うと南無阿弥陀仏のおはたらきです。
 南無阿弥陀仏「まかせよ救う」と喚び通しに喚んでくださっているのです。
そのお喚び声に「はい。おまかせします阿弥陀さま」とお念仏申させていただきます。
 
 ナンマンダブツとお念仏申し阿弥陀さまのお心を聞かせていただくなかに
今日一日も私にできる精いっぱいのことをさせていただきましょう。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2020.2.24)
 
今日は天皇誕生日の祝日です
 今日は日曜日ですが天皇誕生日で国民の祝日です。
令和になって初めての2月23日、今の天皇の誕生日です。
 前の平成の天皇は12月23日、昭和の天皇が4月29日で三佐のお祭りの日でした。
お休みです。明日は振替休みで連休です。
 
 このお休みはどんな人にとってのお休みなんでしょうかね。
お休みといっても行楽地に行くと仕事をされ働いている方がたくさんいらっしゃいます。
 みんながみんな休んでしまったらこの社会は成り立っていきませんが
休みの日には休みましょうゆっくりしましょうということです。
 
 このお朝事にお休みはありません。毎日がお朝事です。
お休みとかお休みではないということを超えているといっていいと思います。
 何か仕事というとしなければならないと肩に力が入ります。
お務めですから励まねばなりません。
少々体調がすぐれなくても仕事に出ていかねばなりません。
 
 ただこのお朝事はお勤めをさせていただくといいます。
誰かのためにするお仕事ではありません。
 私のおつとめです。
阿弥陀さまと私のつとめごとです。
 「ご一緒しましょう」との阿弥陀さまのお喚び声に「はい」と返事ができて
今ここ阿弥陀さまのご仏前にいらっしゃる皆さん私たちです。
 
 横を見て誰がお参りしているとかいないとかいうことではありません。
この私と阿弥陀さまそして私たちのお念仏の先人です。
 親鸞さま蓮如さまにご縁をいただきお念仏の先人のお勧めがあって
今日もこうしてお朝事のお参りをさせていただく有り難さです。
 
 お休みの日でもお休みでない日でもいつでも同じこの時間この本堂にお参りさせていただき
ご一緒にお朝事のお勤めをさせていただいて今日の一日を始めさせていただきます。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2020.2.23)
<<円光寺>> 〒870-0108 大分県大分市三佐3丁目15番18号 TEL:097-527-6916 FAX:097-527-6949