浄土真宗本願寺派(お西) 浄華山 円光寺(大分県大分市)

 

お念仏申す生活法話

 
フォーム
 
8月31日に思う
 今日は8月31日です。
今は夏休みが早く繰り上がってもう学校は始まっていますが
私が学校の頃は8月31日が夏休み最後の日でした。
 
 8月31日は私にとって良い思い出はありません。
夏休みの宿題を早く済ませてゆっくり夏休み最後の日を遊んで過ごせばいいのですが
最後の最後まで宿題に追われる始末です。
 早く宿題を済ませておけばよかったと悔やんでも仕方ありません。
 
 今日31日の御文章さまは「大聖世尊の章」です。
まさに一月の終わり31日にあって人生の終わりに重ねて私たちのあり方を教えてくださいます。
 
 どんな人もこの命いつか必ず終えていかねばなりません。
まさに無常の世に生きる私たちですが
「ただいたずらに明かしいたずらに暮らして年月を送るばかり」と私たちの生活ぶりを指摘されます。
それこそ明日がある明日があると宿題を先送りにして日々生きている私たちです。
 
 それこそ嘆かわしいことはない本当にもったいないと言われ
阿弥陀仏の本願念仏の法に遇うことをすすめられるのです。
 「何のために人間に生まれてきたのか、生きているのか」「死んだらどうなるのか」という人生の宿題です。
仏法に聞かせていただきましょうと、仏法に遇うために人間に生まれて来たのですよというのです。
 
 臨終です。この人生の終わりに臨んで不安や苦悩が交錯するなかで仏法を聞かせていただくことは甚だ難しいです。
だからこそ南無阿弥陀仏の法に早く出遇ってほしいというのがこの御文章さまのお心なのです。
 
 南無阿弥陀仏のお念仏となって今こここの私のところに至り届いてくださっているのです。
南無阿弥陀仏「我にまかせよ必ず救う」と喚び通しに喚びかけおはたらきになっている
阿弥陀さまのお心を聞けよというのです。
 それは今です。今聞けよというのです。
いたずらに毎日を過ごしている私たちをすでに見抜かれた阿弥陀さまが
座っておれなくて立ち上がってそのまま救うとおはたらきになっているのです。
 
 8月31日夏休み最後の日です。
人生最後の日と重ねてお念仏を申すなかに今日一日も日暮しさせていただきましょう。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2019.8.31)
 
ようこそお参りなさいました。ありがとうございます
 朝から大雨の中をようこそお参りなさいました。
昨日はコンパルホールで年一回の大分まちなか法話会をもちました。
お二人の先生にご出講いただいて準備から何やらで終わって少々疲れ気味です。
 
 大変多くの方にお集まりいただきました。
いつも申していることですが、これは人数ではありません。
その人人がご縁に遇うことが大事なのです。
 ただ主催する方は一人でも多くの方にお参りしていただきたいと思いますので
30分ぐらい前から開会の時間が近づくほどにまだかなまだかなもう少しもう少しと皆さんをお待ちしたことです。
 
 円光寺のご門徒も大海組の他のお寺のご門徒ご縁の方もお参りでした。
なかには初めてお会いするような方もいらっしゃいました。
 ご門徒中ご縁の方々にできる限りチラシを送ってご案内し重ねて個人的に声かけをしてお誘いしました。
そしていつもご縁のあるご門徒有縁の方が私と同じ気持ちをもって
ご家族お友だちお一人お一人に声かけをしてくださったことだと本当に有難く思います。
 
 仏さまのご縁に遇うということです。
何かいつでも思い立ったらできそうでこれが中々難しいのです。
 私たちの思いです。
今日のお朝事もこんなに雨が降っていたら「雨が降るから今日はお休みしよう」という気持ちにもなるのが私たちです。
ただ皆さんが違うのは、皆さんがお朝事の主催者になっているということです。
 阿弥陀さまの正客です。
私たちはただのお客さんではないということです。
 私がお参りしなかったら誰がお参りするのかといった思いが皆さんにはあるのではないでしょうか。
 
 昨日のことでいったら誰彼から誘われて一緒に来られた方もたくさんいらっしゃったと思います。
それがご縁になるのです。
仏さまのご縁になって今度は自ら隣の人に声かけをしお誘いするようになるとしめたものです。
ほんものになるのです。阿弥陀さまの正客になるのです。
縁ある人にお誘いしてご一緒して仏さまのご縁に共々に遇わせていただこうという尊い思いです。
 
 昨日もお寺からご本尊の阿弥陀さまのお仏壇をお供して参りました。
仏さまのご縁です。
 コンパルホールという場所ですが仏さまのご縁をいただけるのです。
仏さまのご縁はお寺だけのご縁ではありません。
 皆さんのお家でいったらお仏壇です。
お仏壇のお仏間でご家族一緒に仏さまのご縁をいただきます。
 
 仏さまのご縁はいつでもどこでもこの私のために開かれているのです。
ご縁ご縁に仏さまのご縁に遇わせていただきましょう。
 そのこと一つ皆さんお一人お一人にお伝えさせていただくなかに昨日第5回の法話会ができました。
本当に尊いこと有難いことこの上ありません。
 ご縁いただいてこの私が阿弥陀さまの御仏前に座らせていただけるのです。
そして私の隣にもご縁の方々がご一緒です。
お念仏申して共々にお浄土への人生を歩ませていただきます。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2019.8.30)
 
我が名をよんでくださってあるお念仏です
 京都アニメ―ションの放火事件で35人の方が亡くなり10名の方が実名を公表されていましたが
他の25名の方の実名がこのたび公表されたということです。
 
 今朝の大分合同新聞の「東西南北」欄にありましたが、35人の中に大分県出身の方が一人いらっしゃたということです。35名といって大変重大な事件だということですが特に関係のない方にはいつか忘れられてしまいます。
 そのなかでそれこそ近所の小さい頃からよく知っていた人がいらっしゃったということです。
その人のお父さんも母さんもいらっしゃった、おじいちゃんもおばあちゃんもいらっしゃったというなかに
事件のことをわが身のこととして生活のなかに実感することがあるというのです。
 
 数字だけのことではありません。
35人それぞれにその人その人の生活がありその人その人の人生があったということです。
 その人人に思いを寄せるなかで、痛ましい事件ということを身近に実感し
このような事件は二度と起こしてはいけないと反省し忘れないで思っていくのが私たちのつとめだと思います。
 
 実感ということです。
さて皆さん阿弥陀さまに救われているという実感がありますか。
 阿弥陀さまのお救いのみ教えを聞いても耳の右から左へ通り抜け
その時は「そうやな、有難い阿弥陀さまのお救いやなあ」と思うことがあっても
私たちの日々の生活のなかで実感するということは中々難しいことだと思います。
 
 ただ阿弥陀さまという仏さまは私たちがどう思うか思わないか感じるか感じないかにかかわらず
常にこの私に寄り添い必ず救うとおはたらきの仏さまになってくださったという教えなのです。
 
 十方衆生を救うといって何人救うという人数ではなく
その人その人一人一人この私に寄り添ってくださってあると聞かせていただくのです。
 この私をこそ救わずにはおかないとすっと立たれたおすがたがこの前の阿弥陀さまであり
この私をこそ必ず救うと仕上げられたのが南無阿弥陀仏のお名号お念仏だということです。
 
 ナンマンダブツナンマンダブツとお念仏を申すなかに私を喚んでくださっているのです。
我が名をもって喚んでくれてるのです。
 
 そのこと一つ心に入れてお念仏を申すなかに
いつでもどこでも阿弥陀さまが南無阿弥陀仏となって「我にまかせよ必ず救う」と
それこそ叫ぶように何度も何度も喚び通しに喚んでくださってあると
日々の生活のなかに聞かせていただきましょう。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2019.8.29)
 
私の依って立つところ
 この時期にしては珍しい長雨でそれも大きな雨になっています。
雨の中を今日もようこそお朝事にお参りなさいました。
 
 私事ですが最近色んなことがあってといいますか
昨日も別府の別院で大きな会がありその後会議もあったりして何やかんやで
一体何をしているのかよくわからないフラフラしている状況で
こんなことではいけないしっかりしないといけないと力が入ります。
 
 よくない状況から立ち直るといいます。
依って立つところに立ちかえるのです。
帰るところです。
 
 「帰るところがある安心」といいます。
皆さんこれからお家に帰りますね。
帰る家があるから安心して今があるということです。
 
 お念仏のご法義に重ねて
この命終わって阿弥陀さまのお家お浄土に生れさせていただけると聞かせていただきます。
 死んだらお終いではなくて帰るところがあるというのです。
だから安心して今生を生きていけるというのです。
 
 さて現実生活のなかで帰るところです。
このお朝事というご縁が私の帰らせていただくところだといただきます。
 何かいつも同じようなことを繰り返してしていることですが、これがいいんですね。
 
 毎朝6時半です。
円光寺の本堂阿弥陀さまの御前に座らせていただけるのです。
私の依って立つところ、帰るところです。帰依所です。
 それも私一人ではなく皆さんと共々にこのお朝事のご縁、お正信偈さまのお勤めをさせていただけるというご縁です。
そしてこの口からナンマンダブツナンマンダブツとお念仏が出てくださいます。
それも私もそうですが、皆さんもそうです。
皆さんもナンマンダブツナンマンダブツとお念仏を申すなかに立ち返らせていただく、立ち直るのです。
 
 フラフラフラフラしてる私を南無阿弥陀仏がいつも支えてくださってあるということです。
南無阿弥陀仏、阿弥陀仏に南無します。
帰命無量寿如来、無量寿如来に帰命します。
南無不可思議光、不可思議光仏に南無します。
 
 南無も帰命も依りどころとさせていただくということです。
私が依りどころとすると私に力が入るのではなく
阿弥陀さまの方でこの私をこそ必ず救うと南無阿弥陀仏のお名号と仕上げてはたらいてくださってあるのです。
 「よりかかれよりたのめ」とお念仏となって私を喚んでくださり
いつでもどこでも私阿弥陀が一緒だから安心して今日の一日も共に生きて参りましょうと
私の口からお念仏が出てくださいます。
 
 毎日毎朝こうして皆さんと共々にお念仏申させていただくなかに
フラフラフラフラしてる私が立ち直させていただけるのです。
お念仏のご法義の有難さ頼もしさをまた思います。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2019.8.28)
 
死んだらゴミになるのではありません
 生活するなかにゴミがいっぱいでます。
ゴミというのは生活に必要がないものです。必要なものは取っておいて必要のないものはゴミに出します。
大きなごみ袋にいっぱいゴミをつめてゴミ箱に入れると、何かすっきりします。
 ゴミを捨ててゴミが我が身から離れるのです。
ただこのゴミの行方です。
ゴミを出すことでそのゴミが無くなるのかというと、ゴミ収集車が来て持って行って焼却処分をしたりとか
再利用したりとかして全く消えて無くなるということではありません。
 
 人間死んだらゴミになるとある識者が言われました。大変なインパクトがありました。
死んだら火葬されます。火葬されるとお骨と灰になります。
骨壺に入れますが全部入るわけではありません。残ってものがゴミとして捨てられるのです。
 
 でも皆さんどうですか、皆さんの大切なお方とお別れをしてお遺骨はこの目に見える形で残ります。
捨てられますか。お骨はゴミですか。
 たとえ他の人がゴミだと言ってもゴミではありませんよね。
だからこそ骨壺に入れてご安置するところに納骨するのです。
 
 一昨日納骨堂に新たに納骨された方がありました。
そのお方は一年以上前にご往生されましたがその時は納骨堂がいっぱいでした。
それで方々納骨堂をさがしたそうですが、その間お遺骨はずっとお家でご安置されていました。
 このたび納骨堂に空きができたということで一昨日十数人ほどのご縁の方がお参りされて納骨されたことです。
子どもさんもいました。おばあちゃんでありお母さんのお遺骨の行く先です。
ゴミに出して安心するのではありません。
その行方をここだと決めてお墓や納骨壇にご安置できるということです。
 
 決まったところにご安置できることはまた会いに行けるということです。
会いに行って手が合わさるのです。
それも一人ではなくご家族ご親族みんなで会いに行けるのです。
 
 納骨堂は明るいうちは開いていますからいつでもご自由に本堂から入ってお参りしてくださいとお話しました。
ご縁です。お寺参りのご縁がいよいよできるのです。
 先に往かれた大切なお方がつくってくださったご縁です。
仏さまです。大切なお方をこれからも仏さまと仰いでいけるのです。
 
 死んだらゴミになるのではありません。
人間の命を終えて南無阿弥陀仏のおはたらき一つで私たちを仏法の世界に導きお念仏申す身にさせていただく
仏さまに成ってくださるのです。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2019.8.27)
 
お念仏のご縁につながって生かされて今を生きる
 昨日お昼頃ご夫婦の方がお寺にみえられました。
犬飼の方で、後でわかったんですがご主人とは一年に2回お寺の会合でお会いするご縁の方でした。
 
 写真を持っていらっしゃいました。
明治40年5月8日円光寺山門鐘楼落成法要の記念写真でした。
 この写真は私の方にもあって知っていましたが
曾祖父の方におくられた写真ということで家の整理をしていたら出てきたのでお持ちしましたということでした。
 
 その方のお手次ぎのお寺が野津町の了仁寺さんです。
実は私の曽祖父15代照然住職の出身の寺で、了仁寺から兄弟が多く他のお寺にも入寺しています。
 
 そんなお話もしながら明治40年頃の円光寺のことを思いました。
当時円光寺の門徒で山門鐘楼を普請することは到底出来ないことだったと思います。
それで親族のお寺にも声をかけて御懇志をあげていただいたのではないかなと思うのです。
 その曾祖父の方にも大きな御寄附をいただいて落成法要にもお参りいただいたことだと思います。
みんな貧しかった時代ですが、お寺への思いは大変有難いものがあったということです。
 
 明治40年もう100年以上前のことですが、ご縁ですね。
お話をしていると現在につながります。
ご親戚が三佐に嫁いでいるということで、うちのご門徒でいつも大変お世話になっているお家の方でした。
 
 この本堂でお話をしましたが、ご縁ですね。
仏さまのご縁をいただいている私たちだという有難さです。
 今の私たちもそうですが、先の世代の方々も昨日お話では曾祖父の世代です。
名前は知っていますが会ったことはありません。
でも確かにいらっしゃったのです。皆さんの曾祖父もいらっしゃったのです。
もっともっと前の世代の方もご先祖がいらっしゃって今の私たちがあるのです。
 
 皆さん南無阿弥陀仏のお念仏のご縁でずっと今もつながっているということです。
私たちのご縁つながりの中心です。
 浄土真宗のご本尊、阿弥陀如来の仏さまです。
世代を超えて場所を超えていつでもどこでも私たちとご一緒してくださる仏さまです。
 
 昨日も今日も皆さん一堂に阿弥陀さまの御前に座ることができました。
手が合わさってナンマンダブツとお念仏申し仏さまに御礼ができました。
 皆さん同じくお念仏申す身にさせていただいたということです。
南無阿弥陀仏のおはたらき、お念仏の先人のお育てのおかげだと有難くといただきます。
お念仏申させていただくなかに生かされて生きてあるんだなとまた頼もしく思ったことです。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2019.8.26)
 
お朝事から今日の一日が始まります
 今朝もいつものように起きてお朝事の準備で本堂にお参りし戸を開けて冷やっとしました。
雨の影響でしょう、昨日から温度が急に下がって秋の気配がします。
 
 今日も6時の梵鐘をついてその後ラジオ体操をしました。
夏休みが今日で終わります。7月20日から37日間です。
 今年で3年目になりますが、夏休みの期間中毎朝鐘つきと体操を続けました。
田仲さんと三浦さんがずっと参加してくださって今年もできました。
 
 それぞれの役割分担といいますか、私がこうしなさいと言ったことではありません。
三浦さんが6時前に来られて本堂のチャイムが「ピンポーンピンポーン」となります。
体操の準備をしてレコーダーを外にはこんでくれます。
 6時になると田仲さんが梵鐘をついてくださいます。
体操をして6時半からいつものようにお朝事のお勤めをご一緒します。
 こうして円光寺の一日が始まります。
毎日毎朝本当に有難いご縁をいただきます。
 
 皆さんそれぞれに朝の営みがあると思います。
いつまでも寝ているわけにはいきません。
 それぞれの日々の営みの中でこうしてご一緒に阿弥陀さまの前に座ることができて
お正信偈さまのお勤めができて阿弥陀さまに御礼のお念仏ができるということは本当に有難いことだなと思います。
 
 この後皆さんそれぞれのお家に帰られて今日一日もそれぞれの生活が始まります。
それぞれに今日一日も色んなことがあると思いますが日暮しして
明日の朝またこの本堂でご一緒して阿弥陀さまの前に座らせていただきます。
 
 「帰るところがある安心」です。南無阿弥陀仏です。
「帰命無量寿如来南無不可思議光」光といのちきわみない阿弥陀さまを南無阿弥陀仏と仰いで生活させていただきます。
 今日の一日もナンマンダブツナンマンダブツとお念仏申すなかに日暮しをさせていただきましょう。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2019.8.25)
 
日韓関係悪化のはざまで
 今日本と韓国との関係が良くない状況になっています。
私たちの仏教でいいますと、仏教は5世紀の頃朝鮮半島から入ってきました。
 インドを起源とする仏教が北伝といって中央アジアを通って中国に入り
中国で大成された仏教が朝鮮半島を経て日本に入ってくるという歴史です。
 
 当時の日本は蘇我氏と物部氏という二つの大きな勢力があって
蘇我氏は仏教を受け入れる側物部氏は仏教を排斥する側で争いになり結局は蘇我氏の力が勝って仏教が伝来します。
そして間もなくして出られたのが聖徳太子さまなのです。
 
 聖徳太子は摂政という国政の重要ポストにあって仏教に基づく十七か条の憲法を制定するなど
仏教を広く弘める役割を果たします。
 親鸞聖人は聖徳太子さまを「和国の教主」日本のお釈迦さまと敬愛されています。
 
 国ということです。今回の日韓関係も国と国との問題です。
この地球上にはたくさんの国があります。
人と人との関係のように国と国との関係も仲の良し悪しがあり、それは時代や社会の現況に応じて変わってきます。
 
 国と国は国境という境界線で分け隔てをしています。
この目で見ることができない国境線ですが、人間が引いたものです。
 それぞれの国が主義主張を展開しある時は戦争の成果として自分たち本位に引いてきたのが国境線です。
ここは我が国の領土であり領土に侵入したものは容赦しないと主張し
線引きをするなかで私たち人間の争いの歴史がずっと続いてきたしこれからも続いていくのです。
 
 その争いの元こそ私たち人間がかねそなえている煩悩だと明らかにして
その煩悩がなくなるところに真の平和があると教えてくださるのが仏教なのです。
 欲の心怒りの心愚かな心の煩悩です。
この煩悩を断つことが肝要ですが私たちは互いに煩悩具足の凡夫の身を生きていることを聞かせていただくことが大事です。
 
 韓国も日本も仏教のみ教えを生活のなかで聞いてきた先人の歴史があります。
仏教の精神に立ち返ればお互いに何と情けない何と愚かなことをしていることだということです。
 国と国のはざまで一番迷惑を被っているのが一般市民です。
韓国から観光客が来なくなって生活が困窮しこの先大きな不安を抱える人もたくさんいらっしゃいます。
 今こそお互いに先人の歴史に学び仏さまの大きな広いお心を聞かせていただきたいと思います。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2019.8.24)
 
涙いろいろ
 昨日は夏の高校野球決勝戦で大坂の履正社高校が石川の星陵高校を破って初優勝しました。
今大会ナンバーワン投手といわれた星陵高校の奥川投手は常に笑顔を絶やさない投球でした。
試合終了の最後まで笑顔でしたが、閉会式ではずっと泣きじゃくっていました。
 
 勝って涙、負けて涙、見て涙です。
勝った喜び、負けた悔しさ、選手の健闘に見て涙ということでしょうか。
 涙は私たちの喜怒哀楽の思いがそのまま出る表情です。
 
 つとめて笑顔をつくることがあります。
周りの人が不安にならないように思いやってということもあります。
周りを思いやる気持ちです。余裕がないと中々できません
 スマイルシンデレラの愛称がつけられたゴルフ女子全英オープン優勝の渋野日向子選手です。
本当に周りを幸せな気持ちにしてくれました。
 
 ただいつも笑っておられるわけではありません。
何でこんな目に遭わなければならないのかと思い通りにならないことに
自分の至らなさに腹が立って悔しくって流す涙です。
 
 人前で泣くなんて見っともない涙を見せてはいけないと言われそうです。
でもしてはいけないと言われるほどしんどいきついことはありません。
 
 いいんだよ、そのまま泣いて泣きじゃくってもいいんだよ
涙が枯れるまで私の胸で泣きなさいとおはたらきなのが南無阿弥陀仏のお心だといただきます。
 阿弥陀さまのお姿を見ると胸がはだけています。
何か見方によってはだらしがないと思われるかもしれませんが
阿弥陀さまの摂取不捨のお心があらわれたお姿なのです。
 
 誰が見ていても気にしないで私の胸に顔をうずめて泣きなさい
涙いっぱい流していいからそのまま私が引き受けるからと
涙する私をそのまま抱き取ってくださるお姿なのです。
 どんなことがあっても決して私はあなたを見捨てることはないから
ナンマンダブツのお念仏となっていつも私に寄り添って共に生きてくださる仏さまに成ってくださったのです。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2019.8.23)
 
お仏壇は仏さまの教えそのものです
 昭和30年から40年50年代にかけて戦後の日本社会がまだ不安定だった頃
新興宗教が大きなブームになりました。
 その最たるものがSG会です。
SG会は斥伏といってそのお家の仏壇を焚き払いSG会の仏壇にして改宗させるというわかりやすさがありました。
 一方RY会とかRK会といった新興宗教は伝統仏教宗派の仏壇にそのまま入ってくるんです。
例えば浄土真宗のお仏壇だったらご本尊の阿弥陀さまはそのままで
その中にその宗教独自のものが目に見える形で入ってきて浄土真宗の仏壇とは全く様子が違ったものになるのです。
 
 三佐もある時期新興宗教が大流行しました。
今生きていたら100歳前後の方が有力メンバーとなって地縁血縁の関係を通して入会勧誘するのです。
 はっきりと断わる人もいたと思いますが
日頃から昔からの付き合いのなかで家の宗教そのものは変わらないなどと言われて入会した人もいたのではないでしょうか。
 ご門徒を預かるお寺の住職として当時どのように対処していったのかご苦労を思います。
 
 今は信仰する人も殆どいなくなりましたが
その宗教の姿形がお仏壇のお荘厳となってそのまま残っています。
 実際に信仰しているわけではなくても親や身内が信仰していたものに触ることができず
子どもの頃から見て育ったお家の仏壇を変えることに抵抗があるのではないのでしょうか。
 これが本当に厄介なのです。
 
 ここはお寺の住職の出番ですが
むやみにこうしなさいと言えないところがあります。
これはこれまで問題を放置してきた住職の責任です。
 ご縁ご縁に少しずつお話をして徐々に本来の浄土真宗のお仏壇に返していただくことが大事だと思います。
お寺の住職だからといって中々難しいところがあるのです。
 
 そしてもう一つこうした宗教を信仰しているご門徒さんほどお寺を大事にしてくれるのです。
お寺にもよくお参りするし色んな協力お手伝いも率先してしてくれます。
 有難いご門徒さんなのです。
そういうところが逆に悩ましいのです。
 
 どうぞお念仏のみ教えを聞かせていただきましょう。
聞くいって言葉で聞くことですが、見て聞くということもあります。
 お仏壇は仏さまのみ教えそのものです。
仏さまのみ教えがお仏壇のお荘厳姿形となってくださってあるのです。
 お仏壇はこの目で見せていただく仏さまの教科書です。
その教科書に私の手が入ったら教科書ではなくなってしまいます。
 
 お仏壇にお参りしてそのまま聞かせていただきましょう。
お仏壇のお荘厳を日々一つ一つ丁寧にさせていただきましょう。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2019.8.22)
<<円光寺>> 〒870-0108 大分県大分市三佐3丁目15番18号 TEL:097-527-6916 FAX:097-527-6949