浄土真宗本願寺派(お西) 浄華山 円光寺(大分県大分市)

 

お念仏申す生活法話

 
フォーム
 
甲子園には魔物がすむ
2018-08-19
 夏の高校野球甲子園大会も昨日でベスト4が出そろい
今日は日曜日ですが、選手の故障防止のための休養日ということで、明日が準決勝明後日が決勝ということです。
 
 昨日の準々決勝の最終試合、滋賀の近江高校と秋田の金足農高の対戦で、最終回の9回裏最後の場面です。
ノーアウト満塁からツーランスクイズを決めて金足農高が逆転サヨナラ勝ちしました。
すごいドラマというか、これが高校野球だなと思ったりします。
 近江高校の監督が「私も選手もちょっと球場の雰囲気にのまれました」と言っていました。
甲子園には判官びいきといって、劣勢のチームを応援する観客の心理があります。
だからでしょうか、9回の攻防のドラマがこれまで何度も生まれてきました。
 
 甲子園には魔物がすんでいるといわれます。魔物といっても魔物それ自体を見た人は一人もいません。
ただこの魔物の一つの正体が球場全体がかもし出す何ともいえない雰囲気ではないでしょうか。
それを重圧に感じるか、味方にするかで大きく戦況が変わってきます。
球場全体の雰囲気を味方につけることが勝利の鉄則にもなってきます。
 
 ただこれは選手個々のパフォーマンスで一朝一夕にできるものではなく
常日頃からの練習で培われたチームの力が観客に訴えるものではないでしょうか。
 近江高校の選手にはちょっと気の毒だったと思いますが
金足農高も強豪校でかつてあのKKコンビのPL学園と準決勝で対戦し終盤逆転負けしたという実績があるのです。
大事なところで三振をとれる頼りになるエースを中心によくまとまったチームで
勝って校歌斉唱のときチーム全員が体をそらせて声いっぱい歌う姿が観客を引きつける一つの要因になっています。
 
 私たちの人世にも魔物がすんでいると思います。
それこそこんなはずじゃなかったと自分の思い通りにならない時にそんなことを思うことってありませんか。
 人世には魔物がすむが、ただ仏法の世界では魔物までもがお念仏を護るというんです。
仏法の世界は魔物とかそういうものを超えているということです。
 
 魔物がすむって野球のことでもそうですが、やはり私のあり様なのです。
自分中心に執着する心、はからいが邪魔をするんですね。
勝負でいったら勝とう勝とうと力が入ることが邪魔をするということではないでしょうか。
 
 そのはからいを超えたところに私たちが目指す世界があるということ
すべてのもの魔物といわれるものまでがお念仏の人を護ってくださるというのがこのお念仏の世界です。
 
 阿弥陀さまのお救いは悪人正機、悪人をこそ目当てに救うとおはたらきです。
その悪人こそこの私であると聞かせていただきます。
 実はお念仏の世界には善人も悪人もないんですね。
私この一人を必ず救うとすっとお立ちの阿弥陀さま、南無阿弥陀仏のおはたらきをまた讃嘆させていただきます。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.8.19)
 
南無阿弥陀仏のいのちの物語
2018-08-18
 NHK連続テレビ小説『半分、青い。』のドラマの中のことです。
おじいちゃんの仙吉さんが亡くなってひ孫の花野ちゃんが最期をみとります。
死ぬということがあまりわからない花野ちゃんですが、段々と時間が経つにつれ
いつもそばにいたおじいちゃんちゃんがいなくなった寂しさのなかでお母さんの鈴愛さんに
「おじいちゃんは今どこにいるの、どこにいったの」と聞きます。
鈴愛さんは「天国かな、空の星になったのかな」とつぶやきながら「私はまだ死んでないからわからない」と
そして「でもね、これは当たり前のことなんだよ」とこたえます。
 
 当たり前って何でしょうかね。人がこの世に生まれて生きてそして死んでいく
それは当たり前、みんなそうなんだよということでしょう。
 そして死ぬというのはそんなに恐いことではないんだよと言って
おじいちゃんはこれからもずっと花野ちゃんの心の中にいて
いつも花野ちゃんのことを思い見守っていてくれるんだよとお話されました。
 
 皆さんはお孫さんから「死んだらどうなるの?」と聞かれたらどうこたえますか。
それは私自身の問いでもあり、問題でもあります。
 死んだことがないからわからない。そうです、私の経験や知識というところではどこまでいってもわかりません。
ここに仏教という仏さまの教えを聞かせていただくご縁があるのです。
 
 仏教は縁起の教えを説きますす。縁起というのはつながり、いのちのつながりです。
それも私目線で見るいのちのつながりではありません。
私目線のつながりでしたら、この人とはつながっていこう
否この人とはつながりたくないという執着、自分中心のはからいが入ってきます。
 
 阿弥陀さま目線のつながりです。
南無阿弥陀仏のいのちのつながりの物語と聞かせていただきます。
 今日も何度も何度もナンマンダブツナンマンダブツとお念仏を申すことができました。
お念仏のつながりのなかに私たちはつながってある生かされてあるということです。
それは肉親、親子兄弟夫婦といった関係を超え人と人とのつながりも超えて
生きとし生けるものすべてがつながってあると聞かせていただきます。
 阿弥陀さまがそうしたいのちのつながりを私たちにつくってくださったということです。
それは生きている今だけではなくて亡くなっていくこの命をそのまま
確かに確かに私の国に生まれさせるというおはたらき一つなのです。
 
 南無阿弥陀仏のおはたらきお念仏一つで救われていくんだよと
どこに? 阿弥陀さまのお浄土だよと
お浄土に往ったらどうなるの? それはね、阿弥陀さまと同じおはたらきの仏さまに成るんだよと
どんな仏さまなの? 南無阿弥陀仏のおはたらきの仏さまだよと
そして南無阿弥陀仏のおはたらき一つでそのまま南無阿弥陀仏と私のところに還って来るんだよと
えっどこに? ナンマンダブツとお念仏申してごらん。
ナンマンダブツナンマンダブツ! お念仏申すところにもうすでに還って来てるんだよ。
 
 いつでもどこでも私のことを思い心配して、南無阿弥陀仏のいのちの仏さまと成って私と共にこれからも生きてくださり
この私の命終えた時にそのまんま阿弥陀さまのお浄土に南無阿弥陀仏のおはたらき一つでご一緒してくださるんだよと
聞かせていただきます。
 南無阿弥陀仏の大きな大きないのちのおはたらきつながりのなかで
私たちは今こここの私を生きているのです。
 先に往かれた仏さまのご縁に南無阿弥陀仏のいのちの物語を聞かせていただき
仏さまの御恩に感謝してナンマンダブツと御礼のお念仏を申させていただく有難さをまた思います。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.8.18)
 
京都大文字五山の送り火
2018-08-17
 昨日8月16日の夜京都では大文字五山の送り火という行事が行われました。
京都の夏を彩る風物詩で、テレビの実況生中継を観ました。
 五山という五つの山に送り火の文字が浮かぶということですが
そのなかでも大文字が有名でテレビ等では大文字の大という文字しか見たことがありませんでした。
 
 五山ですから五つです。東山の「大」の文字に続き
北の山に「妙法」の文字が浮かびます。妙なる法ということで仏法のことです。
そして西の山に移り「舟形」といって船の形をした絵のすがたが浮かびました。
次に「左大文字」最後に「鳥居形」です。
 
 興味深く面白かったです。これはいつの時代から始まりどういう意味があるのかなど
今はネットですぐ検索できますが、一つの物語を思い浮かべてみました。
 
 お盆にはご先祖がこの世にかえってきて、お盆の期間を終えてまたあの世にかえっていくと言い伝えられています。
ご先祖皆さんが大きな船に乗ってかえっていき鳥居をくぐってもとの世界にかえるようすを
この目で見える形で文字に絵にしてみんなで見送る風習なのでしょう。
 
 鳥居は神社で私たちが住むこの世(俗界)とあの世を区別する結界です。
神の国日本に伝来した仏教が発展するなかで神仏習合という独特な宗教の形態が生まれます。
お寺とお宮が一緒になった神宮寺です。
近くには九六位山のお寺さんがそうです。鳥居をくぐってお寺の本堂があります。
天台宗か真言宗のお寺で平安時代のお寺です。
 京都は平安京という都があった平安時代の中心です。
平安時代の仏教は京都比叡山を中心にした仏教で、親鸞聖人も比叡山で20年間ご修行されて山をおりられました。
 
 その神仏習合の名残りかいうか、この世とあの世を結ぶ門からご先祖を見送るということです。
 
 ここで大事なことは妙法です。
ご先祖がこの世にかえってくるというのもあの世にかえっていくというのも
妙法という仏さまの教えのなかにあるということです。
 そして先に往かれた方とそれを見送る今を生きている私たちが妙法のなかにつながってあるということです。
仏さまのみ教えです。私たちでいったらお念仏のなかにみんなつながってあるということです。
 
 テレビのゲストの方が「お盆というのはご先祖のことを思うことである」という話をされていました。
五山の送り火を見て、若くして亡くなった友人のことを思いましたと言われました。
 
 お盆というご縁で先に往かれた方のことを思うのです。
いつでも思うことはできるのですが、私たちはいつもは自分のことで精いっぱい生きることで精いっぱいで
いつもその方のことを思って生きることはできません。
 ただこのお盆のご縁、お彼岸でもその方のお命日でもそうですが、その方のことを思うのです。
思うなかに実は仏さまから思われているとことに気づかせていただけるのです。
 私たちの思いはどこまでも自分の都合に合わせてということですが
仏さまは大きなお心でいつでもどこでも私のことを思ってくださってあるのです。
 仏法という大きな大きな仏さまのお心おはたらきのなかに私たちは生かされているのです。
 
 五山の送り火は東の山から西の山へと移ります。
西の国阿弥陀さまのお浄土に思いをはせます。 
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.8.17)
 
スーパーボランテイア
2018-08-16
 お盆の三が日が終わりお寺の恒例の行事も済んでほっと一段落ということです。
 
 昨日山口で行方不明になっていた2歳の子どもさんが保護されたというニュースで
大分県のボランテイアの方が発見したということが大きな話題になっています。
 78歳のとてもお元気な方でその人となりが少し報道されていますが
65歳で仕事をやめてそれからずっと世のため人のために尽くしたいとボランテイア活動を行っているとのことです。
それも筋金入りのボランテイアで今回のような捜索ボランテイアということも初めて聞くようなことですが
東日本大震災とかこの前の西日本豪雨災害とかにも何度も何度も足を運んで活動している様子が映像に残っています。
 
 世のため人のためと軽く口にしますが、その実践はとても難しいことです。
世のため人のためという前にまず私なんです。まず私のことが最優先です。
私のことで精いっぱい、生きることで精いっぱいの私たちというのがその実態です。
 年を重ねるほどに自分の保身ということを考え、ささやかでいいから安定した余生を送りたいと願うのが私たちです。
そういう私の有り様を思いますし、それはそれでいいと思います。
 
 ただ今回のことでこういう方がそれも身近にいらっしゃることに深い感銘を受けます。
私も今65歳で、何か世のため人のためにしていることがあるのかと反省しますし
お寺にご縁をいただくなかにそんなお手伝いができたらなということも少し考えます。
 この世の中いろんな人生いろんな人それぞれの生き方があるんだなと思います。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.8.16)
 
お盆の納骨堂はいろんなお供物でいっぱいです
2018-08-15
 今日は15日で13、14、15日のお盆の期間が終わるということです。
先ほど納骨堂にお仏飯をお供えに下りましたら、納骨堂がお供物で賑やかです。
 
 お盆は3日間限定でご先祖が帰ってみえるといいますが
日頃はご先祖を思うことの少ない私たちがご先祖の仏さまのことをいっぱい思うご縁がこのお盆なのです。
 その思いが納骨堂のお供物に表れています。いろんなものがお供えされてあります。
その方の好物のものなのでしょう。缶コーヒーもビールも焼酎も日本酒も何でもあります。
多分その銘柄もこだわって在りし日のおすがたを偲んでいるようです。
 
 あとはお菓子類です。生ものはお供えしないようにと言っています。
そのお供物のなかでちょっと前まではタバコが上がっていましたが、今は見当たりません。
やはりここでも健康のために注意しましょうということでしょうか。
 
 私たちの思いというのはそういうところにまでも及ぶものなのです。先に往かれた方のことを思うということです。
今はもうこの目にそのお姿を見ることはできませんし、懐かしい声を聞くことはできませんが
仏さまのことを思う時にはお念仏申しましょうと言っています。
 お念仏を申すなかに先に往かれた方にまた会える世界があるというのが私たちのご法義なのです。
 
 お盆の三日間が終わろうとしています。
今日は11時から終戦記念日ということで毎年全戦没者追悼法要のお勤めをさせていただきます。
 今年のお盆の総仕上げということでもあります。
午前中のお盆のお参りを終えて皆さんとご一緒にこのお盆を振り返る大きなご縁にさせていただきたいと思います。
 正午からは平和を願う鐘つきということでお参りされた人の数だけ鐘をつかせていただきたいと思います。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.8.15)
 
にぎやかな初のお盆です
2018-08-14
 昨日今日と初盆のお参りをさせていただきます。
お参りに行きますと予め時間を指定していますからたくさんの方がお参りです。
ちょうどご法事のような感じで10人20人の方がお参りです。
 
 ただいつものご法事とちょっと違うのはお経本を配ってお正信偈さまのお勤めをするんですが
声がそんなに聞こえてこないんです。
 振り返ってみると、いつもは遠い親戚を含めて近くに住んでいる方のお参りが多いのですが
初盆の場合は近い親戚の方が遠方から帰ってみえて初めてこうしたご縁に遇う方が多いのです。
 
 これは大きなチャンスなのです。
皆さん神妙に御仏前にきれいに座って声が出ないまでも聖典の字を追っていきます。
そして少しご法話をさせていただきます。初めて聞く仏教のお話だと思います。
 仏さまのご縁に遇うというのはこういうことだなと少しでも思ってもらえたら、それは初盆のご縁の有難さだと思います。
 
 静かなお盆になりました。寂しいお盆になりましたということですが
御仏前にたくさんのご縁の方々がお参りされご一緒にお勤めをしお念仏を申して賑やかなお盆になっています。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.8.14)
 
お念仏が身についてくださる
2018-08-13
 13、14、15日とお盆の三日間を迎えます。
この後円光寺の墓地で盆法要のお勤めをさせていただきます。
暑い中ですが墓地にも納骨堂にもお参りの方がたくさんいらっしゃって、一人ではなく殆どが家族連れです。
先に往かれたご先祖に会いに行くというか、そういう習わしが今も続いていることは本当に有難いことだと思います。
 
 昨日お盆参りで久しぶりにあるお家のおばあちゃんに会いました。
いつもはデイサービスに行って留守ですが昨日はたまたま日曜日でデイサービスがお休みだったということです。
ご一緒にお盆のお勤めをさせていただきました。
 お正信偈さまの偈文のお勤めですが、後ろからおばあちゃんの声が聞こえてきます。
お経本をもって読んでいるのではなく声を合わせて読んでくださっているのです。
 
 お勤めの後振り向いてお話をさせていただきました。
お念仏が身につくということはこういうことなのだと有難く思いました。
 お念仏が身につくといってじっとしていて身につくわけではありません。
お念仏申すご縁を何度も何度もいただくなかにお念仏が身についてくださるのです。
 お念仏申すとお念仏が聞こえてきます。そして聞こえてくるお念仏がこの口から出てくださるのです。
それがお勤めということでお経さまの文言がこの口から出てくださるのです。
 
 89歳のおばあちゃんです。すごいなと思いました。
何がすごいかといっておばあちゃんもすごいんですが、もっとすごいのがこの阿弥陀さまのおはたらきです。
この私がお念仏を申すまでにお育てをいただけるというおはたらきです。
 
 これは日頃のお育てということでありますが、とりわけこのお盆の三日間のご縁です。
せめてお盆の三日間は仏さまのことを思いましょう。
ただ思うだけではなくてお仏壇にお参りしましょう、お墓にお参りしましょう、お寺にお参りしましょう。
つとめてお念仏を申しましょう。お念仏申すなかにいよいよこの身にお念仏がついてくださるのです。
 お念仏のおはたらきの有難さを昨日のご縁のなかにまたたのもしく思ったことです。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.8.13)
 
本堂お内陣のお荘厳が整いました
2018-08-12
 今日は朝早くから盆おどり大会の準備にお手伝いいただき有難うございました。
汗の乾かぬままに引き続きお朝事のご縁にお参りいただいたことです。
 
 お内陣のお荘厳もお盆のお飾りになりました。
円光寺ではお盆のお供物は昔からそうめんをお供えしています。
暑い夏です。暑さで食欲もわかないときにつるっと入るのど越しのそうめんは格別です。
 
 今日は7時から本堂で盆法要門徒初盆会をお勤めさせていただきます。
まさに酷暑の夏ですが、冷房の効いた本堂で仏さまのご縁をご一緒にいただきましょう。
 その後で納骨堂の盆法要をお勤めします。
昨日から納骨堂関係者が次から次にご家族で仏さまのお供えを持ってお参りされています。
納骨堂のお飾りも整いました。
 
 8時からは境内で毎年恒例の盆おどり大会を開きます。
暑さ対策が心配です。皆さんの体調に合わせてご参加いただければと思います。
 
 準備が整いました。今年も仏さまのご縁をいっぱいいっぱいいただきましょう。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.8.12)
 
きれいにお仏壇のお荘厳できていますか?
2018-08-11
 ご門徒さんのお家にお盆参りをしていますが、年に一度お盆参りだけさせていただくお家が増えました。
お仕事の都合などで月参りは難しいというお家が多くなったのです。
 そういうお家にお参りしますとたまにお仏壇がひっくり返っているようなところがあります。
 
 お仏壇のお飾りお荘厳には決まりがあります。
私たちの浄土真宗のお仏壇は御本尊の阿弥陀如来さまが私たち衆生を救うために建立されたお浄土の相を表すもので
仏さまが決めてくださったお荘厳であり、仏さまの教えそのものであるということです。
 
 花瓶やロウソク立てや香炉といったどんなお仏具をどこに置くのかということについて決まりがあります。
ひっくり返っているというのはお仏具が上下左右逆になっているということばかりでなく
お仏壇にいろんなものが入り込んで何が何やらわからない状態になっているものがあるのです。
何でも大事なものはお仏壇にということなのでしょうか。
 
 特にお盆とか特別なときにみられるのがお供物をいっぱいあげているお仏壇です。
気持ちいっぱい仏さまにお供えしようということはよくわかりますが
決まったお仏具以外に家にある器とかにお供えするものですから
大事な花瓶やロウソク立て香炉というお仏具がお仏壇の外に追いやられることになってしまいます。
 
 そしてお供物の代表格であるお仏飯があがっていないところが結構あります。
今は朝食にご飯ではなくパン食をされて朝ご飯を炊くことがないお家が多いといわれます。
 お仏飯は炊き立てのご飯を一番に仏さまにお供えさせていただくということです。
朝できなかったら夕食のご飯を炊いたときにお供えしてすぐ下げて召し上がればいいと思います。
ただお盆とかご法事お彼岸などのご縁にはつとめてその朝ご飯を炊いてお供えさせていただくことが大事だと思います。
 
 お仏飯をお供えすることがなくなるとそれこそお仏壇はただの箱ものになってしまい本当にもったいないことです。
お仏壇のお荘厳は仏さまの教えそのものなのです。
 私たちのみ教えは阿弥陀さまの本願念仏のお救いの教えです。
誰が救われていくのかというと、先に往かれた方もそうですが、この私が救われていくという教えです。
その教えが自分の都合によって変わってしまうと大問題です。
 常日頃からお聴聞のご縁をいただきお仏壇のお荘厳をつとめてきれいにさせていただきましょう。
 
 このお盆のご縁に今一度お仏壇の正しいお荘厳を確かめてみるのもよいのではないかと思います。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。 (2018.8.11)
 
小さなお同行がお参りです
2018-08-10
 今日は三浦さんのお孫さんが二人お参りです。
昨日お盆参りをするのに4軒のお家でそのお家のお孫さんが一緒にお参りされていました。
 今は核家族といいます。おじいちゃんおばあちゃんの家とその子どもさんお孫さんの家が違うというのが一般的です。
お仏壇のないお家で生活する子どもが多くなり日々の生活のなかでお仏壇に手を合わすことが難しくなりました。
 
 ただこのお盆のご縁はちょうど夏休みということでお仏壇にお参りができるのです。
お勤めが済んで振り返ると子どもさんが神妙な顔をしてきれいに座っています。
その家を出る時に「もういいよ」って玄関先におばあちゃんの声が聞こえてきます。
子どもたちがお仏壇の前にきれいに座って仏さまに手が合わせてお礼ができるって、本当にすごいことだなと思います。
 
 子どもから見たらこれって不思議の世界ですよね。
お仏壇って何なの、真ん中の仏さまってどういう仏さまなの
お坊さんという黒い着物の人が家に来てお仏壇の真ん前に座って何やらしていたけどって
子どもにとっては初めてのことで聞きたいことが山ほどあると思います。
 
 そうした疑問に答えられるおじいちゃんおばあちゃんになりましょうというのが
仏さまのご縁をいただくということではないでしょうか。
 何か昔から皆ながしているからと伝えてこられた仏事ですが
知ってるつもりで知らないことってたくさんあると思います。
 
 不思議の世界です。疑問をもつことが大事なのです。
その疑問に答えていくのが仏教、仏さまの教えです。仏さまの教えを聞きましょう。
 学校のお勉強のように仏教のお勉強はお寺でお坊さんから聞きましょう。これが一番の基本です。
 
 ただ仏さまの教えを聞くって、教えを覚えて知識を習得することも大事ですが
昨日のご縁のようにおじいちゃんおばあちゃんと一緒にお仏壇の前に座って
今日もそうですが大きな声でお勤めができましたね。
皆と同じように手を合わせて仏さまにお礼ができました。そのことがすばらしいご縁なのです。
 
 子どもたちはこれから大人になっていろんなことを経験していきます。
そのなかで夏休みにおじいちゃんおばあちゃんの家に行ったらお坊さんという方が家に来て
お仏壇の前に座って皆でナンマンダブナンマンダブと言ってお礼ができたことを思い出すこともあるでしょう。
 そのことが大きな人生の宝ものになるというのが、仏さまの教えなのです。
 
 今日はようこそお参りでした。またお寺におじいちゃんおばあちゃんのお家のお仏壇にもお参りしてください。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。 (2018.8.10)
<<円光寺>> 〒870-0108 大分県大分市三佐3丁目15番18号 TEL:097-527-6916 FAX:097-527-6949