浄土真宗本願寺派(お西) 浄華山 円光寺(大分県大分市)

 

お念仏申す生活法話

 
フォーム
 
6434人の方々それぞれのお命日
2018-01-17
 今日1月17日は阪神淡路大震災が発生して23年という日です。
 
 朝5時46分、今もその日から時間が止まったまんまという被災者の声を聞きます。
何で助け出せなかったのか、何で自分一人が助かったのだろうか等々、
亡くなった家族を思い、友人を思い、今も懺悔苦悩して生きている人がたくさんいらっしゃいます。
 
 周囲は「いつまでも引きずっていたら駄目よ、頑張って」と励ましてくれても、
頑張れない、空しい思いにさいなまれ、死のうとさえ思ったということです。
 
 6434人の方が亡くなりました。その一人一人に人生があったということです。その人ひとに家族、友人がいました。
 
 大震災によって人生が大きく変わったという方もたくさんいらっしゃいます。
大きな悲しみの中に、やりきれなさの中に、多くの人たちがこの23年間を生きてこられました。
 
 そして、今、ここに、この私が生きています。
 
 阿弥陀さまのお慈悲のお救いは、すべてのいのちあるもの一人一人に寄り添うお救いであると聞かせていただきます。
私たちはどうかしますと、何人の方が亡くなった、何十人、何百人と、数字でもってその悲しみの大きさをはかります。
逆に亡くなった方が一人、二人という災害事件事故は、いつのまにか忘れ去られてしまうことがあるということです。
 
 数字では到底はかり知れない、一人の人間がこの世に生まれ生きて命を終えていくことは、まさに一大事なのです。
それは実は自分自身のことなのですが、私たちは生きることに精いっぱいで、いのちの一大事に中々気づきません。
 
 そういう私だからこその南無阿弥陀仏のみ教えといただきます。
 
 今から23年前の1995年平成17年1月17日が、6434人の方々のお命日になりました。
お命日はいのちの日、いのちをたずねていく日です。
 
 先にゆかれた大切なお方を思うてください。この日はできたらずっと思うてください。
仏さまはいつでもどこでも私のことを忘れずこれからもずっと思うてくださいます。
 大きないのちのおはたらきに生かされて、生きてまいりましょう。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.1.17)
 
親鸞聖人の祥月の御命日です。
2018-01-16
 今日1月16日は親鸞聖人の祥月の御命日です。
京都の西本願寺では9日からお勤まりの御正忌報恩講が、今日の10時からの日中の法要でご満座になります。
 
 今はインターネットで法要の模様がライブで中継されます。
パブリックビューイングといって、お寺さんによっては10時にご門徒衆にお参りいただき
ご本山の法要にあわせてご一緒にお勤めし、ご門主さまのご親教(ご法話)を聴聞されるところも増えてきたと聞きます。
 
 円光寺では月命日の16日の10時から常例法座をお勤めし、毎年1月16日は親鸞聖人の祥月御命日法要をお勤めしています。
 
 そういうことで、京都のご本山までお参りできませんが、この円光寺、日本全国約一万カ寺のお寺から
親鸞聖人の祥月御命日のご縁に聖人のお遺徳をしのび、いよいよお念仏を申す身にさせていただく
尊いご縁に遇わせていただきます。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.1.16)
 
寒い中暗い中をようこそお参りです
2018-01-14
 この時期、ご本山京都西本願寺では1月9日から16日まで、親鸞聖人の御正忌報恩講(ごしょうきほうおんこう)がお勤まりです。
 
 この時間もお晨朝(じんじょう)というお朝事のお勤めがあって、全国各地から多くのご門徒衆がお参りさせていることです。京の底冷えといいます。京都の冬は寒いというか痛い、冷たい、足元から冷える体のしんまで冷える厳しさです。
そんな中をお同行が気持ちをもってお参りされるということです。
 
 今日お参りの皆さんです。今日は日曜日で、ゆっくりしたい。寒いし、もっと温かい布団の中にいたいですよね。
それを今日は仏教壮年会の例会があるということで、お寺のお朝事にお参りしようと昨日から心の準備をして、
気持ちをもってお参りされました。ようこそのお参りです。
 皆さんのお寺への思い、浄土真宗門徒の心意気を感じます。
 
 本願寺には二つの大きなお堂があって正面向かって右に阿弥陀堂、左に御影堂があります。
阿弥陀堂にはご本尊の阿弥陀如来像がご安置され、御影堂には宗祖親鸞聖人の御真影(ごしんねい)さまをご安置です
 
 御影堂で毎朝お正信偈(しょうしんげ)さまのお勤めがあります。
正信偈は親鸞さまが書かれた、私たちへのお手紙です。
毎朝拝読して、親鸞さまのお心、阿弥陀さまの救いの法を讃嘆させていただきます。
 
 ご門徒同行皆さんのご本山への思いは、まさに親鸞さまのみもとに馳せ参じるあつい気持ちいっぱいです。
親鸞さまのみ教えを一堂に声に出して聞かせていただきます。皆さんの思いがすーっと一つに寄せられます。
 
 このお寺がそうです。皆さんの思いが一つになるところです。この思いは阿弥陀さまの願いに発します。
親鸞さまは重ねておっしゃいます。お寺参りしてくれよ。仏法聴聞してくれよ。お念仏を申す身になってくれよと。
 
 今日の皆さんです。大きな声でお正信偈さまのお勤めができました。お念仏申せました。
その心は、私たちのいのちの古里、阿弥陀さまのお浄土に馳せ参じる、思いを致すということです。
 
 今日は寒い中暗い中をようこそお参りでしたと、親鸞さまが私たちに声をかけてくださっています。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.1.14)
 
仏さまをお迎えする
2018-01-13
 昨日は入仏式(入仏法要)のご縁をいただきました。
大切なお方とお別れをして、初めて仏さまのご縁をいただくお家での仏事です。
 
 入仏というのは仏さまをお迎えするということで、浄土真宗のご本尊の仏さま、
阿弥陀如来さまをお家の中心にご安置させていただく、慶びの仏事といいます。
 
 一般には、お仏壇を申すということで受け止められていますが、
お仏壇は阿弥陀さまのお浄土を表し、その中心に阿弥陀さまをお迎えするということが大事なのです。
 
 お家の中心です。お家の中心にお仏壇、その中心に阿弥陀さまです。
お家の人が一同に手を合わせお礼をさせていただく仏さまです。家族の中心です。
家族一人一人の生きる依りどころです。生活の中心です。
 
 悲しみのご縁ですが、そのまま仏さまのご縁といただきます。
 先に往かれた大切なお方は、今は阿弥陀さまのお浄土の仏さまとなって、
阿弥陀さまの「まかせよ救う」の南無阿弥陀仏のおはたらきをお手伝いしてくださり、
後に遺した私たちに仏法聴聞してくれよ、お念仏申す身になってくれよと、仏さまのご縁をお勧めです。
 
 いつでもどこでも「私がいるよ、大丈夫だよ」とお念仏の声となって、
私たちのことを思い護り導いてくださる仏さまのご縁です。
 仏さまに手が合わさる、ナンマンダブツとお念仏申して、これからもご一緒に生きていけます。
 
 慶びの仏事ということで、お仏飯は赤飯、赤いおろうそく、お包みも紅白ののしでとお勧めし、
その通りにしてくださいました。
 
 きれいにお荘厳されたお仏壇のご尊前でご家族有縁の皆さんご一緒にお勤めができました。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.1.13)
 
詩の世界・死の世界
2018-01-12
 急に冷え込んできました。室内温度でいいますと、3日前より7度も低いです。寒いというより冷たいですね。
南国九州といいますが、九州各地軒並み氷点下の朝で、山間部だけでなく平野部でも大変な積雪というニュースです。
 
 積雪というと、北国の冬の風景を思います。
雪にあまり縁のない外から見ると、雪の世界は詩の世界です。きれいな雪景色に、夢をみロマンを感じます。
 
 ただ雪の世界で生きる方々の現実生活は厳しく、雪は厄介ものとさえいわれます。
これもニュースでしか見聞きしないことですが、70歳80歳のおばあちゃんがせっせせっせと雪かきをしています。
背丈ほどの大きな雪を家の屋根から下している人がいます。大変だなと思います。
雪下ろしで亡くなる方が何人もいらっしゃるといいます。
 まさに生死をかけた、命がけの生活をされているということです。
 
 外から見ると美しい詩の世界も、その内に生きる人には、死の世界です。
 
 外から見る人は、雪がない所に住んだらいいのにと思いますが。
その内に生きる人は、厳しい自然環境の中でも先人が培い伝えてくれた生活の知恵をたよりに生き抜いてきたのです。
外からでは分からない、そこに暮らす人の楽しみがあるということではないのでしょうか。
 先人の知恵が息づくなかで、詩の世界が護られてきたともいえます。
 
 今日のお朝事も、こんな暗い中寒い冷たい中でお勤めしないといけないのかと、外から見る人は思うかもしれません。
ただこうして御仏前にご一緒にお念仏申して、今日の一日も始めさせていただけることを本当に有難く思います。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.1.12)
 
いのちをあずかる
2018-01-11
 昨日は子ども会水曜学校の今年初めての会ということで「新春お楽しみ会」をしました。
10人の小学生がお参りされました
 
 いつもみんな一緒にお勤めをして、その後新院さんがお話をしますが、昨日はいつもとちょっと感じが違っていました。
というのも、10人のうち半数の子どもさんはいつもは水曜学校に来ていなく、
子ども同士で「今日はお寺でお楽しみ会があるから行かんか」「ああ行こう」ということで来た初めての子もいました。
始まる前から何かざわざわして、お勤めの間も横を向いたり落ち着かない様子でした。
 
 新院さんは「このお寺にはただ遊びにきているということではないんですよ」
「ちょっと大げさかもしれませんが、みんなの命を預かっているんです」と話をしました。
 お家の人が子どもがどこに行ったかわからないと心配するのでは困ります。
 
 「いのちをあずかる」と聞いて、はっとしました。
先人から「お寺の住職はお寺をあずかり、ご門徒さんをあずかっているんだよ」と何度も聞かされています。
 
 ご門徒さんのいのちをあずかるということです。仏さまに成らせていただくいのちです。
 
 ただ初めてのご門徒さんにこんな話をしてもピンとこないと思います。
だからお寺があるんです。浄土真宗のお寺は聞法の道場といいます。
 仏に成らせていただくいのちを、今こここの私が生きているということを聞かせていただきます。
 
 お寺はただ遊びにくるところではありません。
 
 蓮如上人は御文章さまに、お寺の寄合のとき「酒飯茶なんどばかりにてみなみな退散せり」と書かれています。
お寺参りして、ただお茶を飲みご飯を食べお酒を飲んで帰ってしまったら、これほどもったいないことはないと。
お寺参りは「信心獲得のため」といわれます。
 
 酒飯茶もいいんです。お寺に遊びにきてもらっていいんです。
ただお寺参りをご縁にして、仏法を聞いてくれよお念仏を申す身になってくれよと思います。
 
 浄土真宗の仏教を開かれた親鸞聖人から、このお寺をあずかり、ご門徒皆さんをおあずかりしているのです。
住職のつとめを思います。お寺にお参りしましょうと、ご門徒有縁の皆さんに声かけをします。
私も皆さんとご一緒に仏法聴聞させていただきます。そしてお念仏申す身にさせていただきます。
 
 今日もこうしてお朝事のお勤めをご一緒させていただきました。
共々にお念仏申してお浄土参りをさせていただく身の幸せを思います。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.1.11)
 
君たちはどう生きるか
2018-01-10
 昨日NHKのテレビで「君たちはどう生きるか」という本の紹介がありました。
80年前に吉野源三郎さんが書いた本ですが、今世代を超えてブームになっているとのことです。
 
 原作をもとに漫画が出版され若者を中心に飛ぶように売れて原作も読み返されているということです。
なぜ今この本が注目され読まれているかについて、今生きている社会に閉塞感を感じる人が多く何か息苦しいなかに、
一つ風穴を開けてくれるような生きるヒントが書かれてあるといわれます。
 
 番組の最後にキャスターが「この本の最後にこう書かれています」と言いました。
どんな結論かと思うでしょう。
 本の最後は「君たちはどう生きるか」でしたと。
 
 結論を言わないというか、結論はないといっていいのでしょう。
人それぞれ生き方は違うのであり、この本の主眼は生きることの結論はあなた自身の問題ですよということでしょうか。
 
 『歎異抄』の第二条を思いました。
 関東のお弟子さんたちがはるばる命がけで京都に親鸞聖人を訪ねてきます。
「往生極楽の道」を問いたずねるためです。関東でお念仏の救いに異議が蔓延し、不審を晴らしたい思いからです。
 
 それに対し親鸞さまは「ただ念仏して、阿弥陀仏に救われ往生させていただくのである」と自らの信心を明かします。
そして最後に「念仏して往生させていただくと信じようとも、念仏を捨てようとも、
<面々の御はからひなり(原文)>」と言われます。取るか捨てるかは<あなた方お一人お一人が決めることです>と。
 
 凄い言葉ですが、大事なことです。
私の人生、私の歩む道です。
一度っきりの人生です。人から言われて歩む人生ではありません。
 
 ただ「どう生きるか」何も教えてくれる人がいない、教えてくれるものがないのでは、不安です。
だから「どう生きるか」その道行きを求め、たずねていくのです。
 
 仏法聴聞です。南無阿弥陀仏のお心をたずねていきます。
 
 今朝もご一緒にお正信偈さまのお勤めができました。
「帰命無量寿如来」と発音し「南無不可思議光」と一同に続きました。
南無阿弥陀仏です。南無阿弥陀仏一つに、この道を一緒に往こうよと親鸞さまがお呼びかけです。
 
 「まかせよ、救う」の南無阿弥陀仏のおはたらきに「はい」とおまかせして今日もこの道、
お念仏の道を皆さんご一緒に歩ませていただきましょう。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.1.10)
 
声になった仏さま
2018-01-09
 昨日別府別院の初法座にお参りしました。ご法話を聴聞させていただきます。
阿弥陀さまは南無阿弥陀仏の声になった仏さまというご法話でした。
 
 いつでもどこでもどんなあなたであっても南無阿弥陀仏、お念仏の声となって、
私のところに来てくださり、私と共に生きてくださる仏さまに成ってくださったと聞かせていただきます。
 
 私たちは仏さまや神さまに「こうしてほしい。こうなりたい、ああなりたい」と注文しお願いしたり祈ったりします。
その願いは自分勝手な、自分の都合もいいところです。
 
 阿弥陀さまはそのような私たちに「何を都合のいいことばかり言っているのか」と叱ったり、
「そういうことだから駄目なんだ、こうしなさい」と注文をつけたり、
「こうしたら願いをかなえてあげるよ」と条件を出したりする仏さまではありません。
 
 「ああそうか、ああそうか」とそのまま聞いてくださいます。
でも「ああそうか」といって私たちの願いをそのままかなえてくれるということではありません。
 
 私たちがこうしたい、ああなりたいと思い、願うのはどこかに不安があるからです。
そういう私のことをを見抜かれた阿弥陀さまは、南無阿弥陀仏と私のところに来てくださり、
そのまま寄り添い抱きとってくださるのです。
 
 「ああそうか、ああそうか」と、南無阿弥陀仏の声となって「私がいつも一緒だよ。
どんなことがあってもあなたを見捨てることがないから、大丈夫だから、一緒に生きていこうね」と
私に寄り添い喚んでくださる仏さまに成ってくださったのです。
 
 ナンマンダブツとただ一声、お念仏が私の口から声となってでてくださいます。
阿弥陀さまがいつもご一緒です。
 
 南無阿弥陀仏に安心して、今日も一日お念仏申して生かされて生きてまいりましょう。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.1.9)
 
成人と成仏
2018-01-08
 今日は成人の日です。
私たちの頃は1月15日でしたが、今は1月の第二月曜日ということです。
いつも連休になりますので、昨日の日曜日に成人式があったところが多いようです。
 
 20歳の同窓会といった自分たちの身内の会といった雰囲気で、明日が休み、公にお酒も飲めるということで、
一部の成人式では派手な服装で酒を飲んだ集団が式典を妨害して、救急車を呼んだり、警察が出動するといった
異様な事態にまでなることが、毎年のように報道されます。
 
 成人、人に成るといいますが、どういうことでしょうか。
社会的な責務を果たす年齢になったということもできます。
 
 今は被選挙権が20歳から18歳になりました。それで成人の年齢も18歳にしようという動きもあるようです。
ただこれは、20歳にしようと、18歳にしようと、法律が決めることです。
法律で決められてもその人に自覚がなかったら、社会的には迷惑な成人が増えるということではないでしょうか。
 
 私たちの仏法です。迷いの私が悟りの仏に成る教えです。成仏といいます。
成人は人に、成仏は仏に成ると書きますが、成仏は人が仏に成るのです。
 
 この私が仏に成る道をたずねていくことをお聴聞といいます。
 
 一般に仏道は、仏に成ろうと志をもった人が学問修行を積んでこの世で仏に成ることをいいます。
 
 ただ私たちの浄土真宗の仏道は、この世で仏に成るという教えではありません。
年齢が幾つになったから、お寺参りを何回したから、仏教の知識が増えたから仏に成るということでもありません。
 
 自分のことで精いっぱい、生きることで精いっぱい、仏に成ろうと少しも思わない、救われようのない
仏に成ることができない、この私がいると見抜かれた仏さまがいるという教えです。
 
 だからこそこちらの仏さま、阿弥陀さまがこの私をこそ救わずにはおかないと願いを建て、
その願いを成就されてお立ちになり、南無阿弥陀仏と私のところに来てくださり、
この私をお浄土に生まれさせ、仏に成らせようとおはたらきくださって、この私が仏に成らせていただく仏道なのです。
 
 南無阿弥陀仏のおはたらき一つで、仏に成らせていただける、その尊いいのちを今ここに生かされて生きているのです。
このことを聞けば聞くほどに、身を慎み私にできる精いっぱいの御恩報謝の生活をさせていただきましょう。
 
 成人といい、成仏といい、この私が成るということです。
 どうぞこれからも仏法聴聞、南無阿弥陀仏のお心を聞かせていただくなかに、
いよいよお念仏申してお浄土への人生を歩ませていただきましょう。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.1.8)
 
星野仙一さん
2018-01-07
 NHKのトップニュースで星野仙一さんが亡くなったとありました。
70歳ということで、私とほぼ同じ時代を生きてこられた方です。
 
 星野さんに私は会ったことはありませんが、たくさんの方に多大な影響を与えた方であります。
その人となりが今朝の新聞に大きく掲載されています。
 
 野球人生をずっと歩んでこられ、プロ野球選手としてまた監督として活躍され、
野球界以外でも広く社会的な貢献があったということでも知られ皆さんに愛された方でした。
 
 弱小球団の楽天の監督を引き受けられ、初めてのシーズンが始まる直前に本拠地東北を東日本大震災が襲います。
このチームを日本一にして被災地の方を少しでも勇気づけたいという思いでずっとやってきたといいます。
3年後、田中将大投手を擁しパリーグを制覇、悲願の日本一になって男泣きした情熱の人でした。
 
 被災地の皆さんを元気にしたいという一心です。自分のことはさておき他の人のためを思い、自分にできることを尽くす。
 
 仏さま菩薩さまの自利利他円満のおはたらきを思います。
私たちはどこまでも自分中心の生き方で自分のことで精いっぱいです。
 
 阿弥陀さまは法蔵菩薩さまの時に「十方衆生すべてのものを救うことができなければ私は仏に成らない」という
ご本願を建てられ、長い長い間ご修行ご苦労をいただいて、
そのご本願を成就されたおすがたが、このお立ち姿の阿弥陀さまです。
 
 私たちをいつでもどこでも見守ってくださり、そのまま今日も皆さんの声に出てくださったナンマンダブツ、
南無阿弥陀仏のおはたらきとなって私のところに来てくださってあります。
 
 南無阿弥陀仏「まかせよ救う」のお喚び声です。そのお喚び声に「おまかせします阿弥陀さま」と手が合わさり
ナンマンダブツとお礼のお念仏を申させていただきます。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.1.7)
<<円光寺>> 〒870-0108 大分県大分市三佐3丁目15番18号 TEL:097-527-6916 FAX:097-527-6949