浄土真宗本願寺派(お西) 浄華山 円光寺(大分県大分市)

 

お念仏申す生活法話

 
フォーム
 
十方衆生へ声かけ
2018-03-01
 あっという間に3月になりました。明るくなりました。
昨日から強い風が吹いて春の嵐といいますか、季節の変わり目、春になってくるということです。
 
 昨日はコンパルホールで毎月一回の法話会のご縁をいただきました。
円光寺通信にはおでかけ法話会とご案内していますが、お寺から外に出かけて仏さまのご縁をいただくということです。
 
 昨日はいつものメンバーとは違う人が一人来ていました。一目見て誰かなって思いました。
いつもの方ははがきでご案内しますが、1月から大分合同新聞木曜日の夕刊「ラーン&プレイ」のコーナーに
「ようこそ大分まちなか法話会」ということでご案内を無料で掲載させていただいています。
その記事をみてこられたということでした。
 誰かなって、失礼ですよね。こちらからご案内したことでしたのに、でも嬉しかったです。
 
 ご縁づくりということを思います。
いろいろ工夫して声かけをしますが、その成果というか、
声かけをして10人のうち100人のうち1000人のうち、大分合同新聞を読んでいる人でいったら何万人のうち、
どれほどの人が案内をみて、実際にやって来られるのか、そしてこれからも続けて来てくださるのか、
何人来られたから善い悪いではありません。これもまたご縁というよりほかありません。
 
 私たちの阿弥陀さまのお寺もそうです。
どなたがお参りされてもいいんですが、いつもの人がいつものようにお参りされます。
 有難いことですが、どうして他の人のお参りがないのでしょうか。
どこかに問題があるのです。私のところに問題があるのでないでしょうか。
どこかで壁をつくって、この人は善いよ、この人は悪いよなどと見ているのではないでしょうか。
 
 阿弥陀さまは十方衆生よと呼びかけです。
人間だけではなくて生きとし生けるものすべてに声かけです。
 ナンマンダブツとお念仏申して来いよと、ナンマンダブツナンマンダブツという声かけをいただいて
今日もこうしてお朝事のお勤めをさせていただきました。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.3.1)
 
工夫しましょう
2018-02-28
昨日ある会議で西本願寺の時間のラジオ放送のことが話題になりました。
 
 来年度の予算を組むのに、切迫した財政状況で、多額の経費を要するラジオ放送について、
どれくらいの人がラジオ放送を聴いているのかという話になりました。
 
 ある方(ご門徒さん)は「周りの方に聞くと、知らない人ばかりだった」ということで、
お金を使っても効果のないものは極端に言ったらやめた方がいいという意見でした。
 
 ある方(ご住職さん)は「ある時同じ地域のご門徒でない方に、あんたんとこの本願寺がラジオ放送しよるな、
と声をかけられた」といいます。
 日曜日の朝7時に車で外に出る用事があったんでしょうね、ラジオから耳にスーッと入ってきたといいます。
こちらからが聞くのではなくて勝手に聞こえてくるというのです。
 
 ラジオ放送の意味を思います。
ラジオからの発信を受け取る方は不特定多数で、どれくらいの人が聞いているかどうかはわかりませんが、
受信すれば聞こえる、聞こえてくるということです。
 
 成果ということをいいます。
成果があれば続ける、成果がなければやめる。極端に言うと○×方式で、合理的なものの見方で分かりやすいですね。
 
 ところが○×の前にもう一つ、工夫するということが大事だと思います。
知らない方がいるんだったら、何で知らないのか、知らせる工夫をしなければいけないのではないでしょうか。
 
 私たちの阿弥陀さまのお救いです。阿弥陀さまのお救いは成果をいいません。
この仏さまは求める人がいるから救うのではありません。
 求めるどころか、背中を向けて逃げ回っている私だからこそ救わずにはおかないとお立ちになられたのです。
阿弥陀さまの救いの目当ては、十方衆生のこの私です。
 
 すべてのいのち、すべての人を救わずにはおかないとお立ちになりました。
一人でも多くの人ではありません。一人も漏らすことなく、みんなを救うのです。
そのみんなのなかに一人私を救うというんです。
 
 ナマンダブナマンダブと声をかけていかれます。
振り向く人がいなくても、横をぷっと向く人がいても、
ナマンダブナマンダブとどこまでも私を追っかけるように声をかけてくださいます。
 
 お寺について成果ということを言われたら、お参りされる人をみても、成果があがっているとはいえません。
 
 私たちのお念仏の法義です。何度も何度も喚び詰めに喚び続けてくださる阿弥陀さまがいらっしゃるおかげで
今日のご縁ができています。皆さんに会うことができました。
 そのこと一つこれからのご縁ご縁にまた思って、私にできる精いっぱいのことをさせていただきたいと思います。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.2.28)
 
これからの仏教は聴く仏教です
2018-02-27
 昨日僧侶研修会がありました。お坊さんだけの研修ですが、講師は僧侶ではありません。
京都奈良の少年院、刑務所に勤務され、教育監という受刑者の方と接する職務をされていた方です。
 浄土真宗のご門徒で、お寺さんとも深いご縁のある方のお話でした。
 
 お友だちのお坊さんから「これからの仏教は説く仏教より聴く仏教や」と言われたそうです。
説く仏教とはお坊さんが仏教とはこうだよ、浄土真宗はこうだよと、まさにお説法するということです。
 そういうかたちが一つ基本ですが、聴く仏教というのは、聴聞の聴くと書きます。
聴診器の聴でこちらから聴いていくということです。
 
 何を聴くのか、その人ひとの悩み苦しみ、思いをひたすら聴くことが大事だと言われます。
今現代の世の中は人と人とのつながりが薄くなったといわれます。
 
 周りに人はたくさんいるけれども、自分の思いを聞いてもらう場所がない、聴いてもらう人がいない。
自らの悩みを愚痴を話すということは中々難しいことです。
 だからこそここはお坊さんの出番だと、お寺という場が生きてくると言われました。
 
 お寺は安心できるところです。
 今婚活がブームで、海潮寺さんにのぼりが立っていますが、お寺で婚活です。
いろんなところで婚活のパーティがあるそうですが、何か事件に巻き込まれるような不安もあるなかで
お寺だったら大丈夫安心できるといいます。
 お坊さんだったら初めて会う方でも、話を聞いてもらえると思われるのではないかというお話でした。
 
 これからのお寺が生きる道がここにあると思いました。
お寺が生きるという以上に、皆さんの思いを聞いていくということは、お寺をあずかる住職のつとめだと思います。
 
 そこでその先生が言われたのは、昨日お話しました、あのカーリングの「そだねー」という話です。
「そだねー」と聞いていく。そうやね、そうだねと、相手の顔を見てひたすら聞いていくことの大切さです。
 
 人に何か言われたら言い返したくなる私たちです。
そうやないこうだと自分の意見を押し付けることさえあります。
すると相手は心を閉ざして、もう話しません。こちらの言うことも聞きません。
 まずその人の話をそうやね、そうだねと聞くなかに、今度はその人がお坊さんの話を聞くようになると言われました。
 
 「そだねー、そだねー」。まさに私たちの阿弥陀さまがそうなのです。「そだねー」の仏さまです。
 阿弥陀さまは決して阿弥陀さまの方からこうしなさいああしなさいと、
こうしないと救わないよ、善いことをしないと駄目だよと、条件を出したり注文したりする仏さまではありません。
 一つの条件注文をつけられたら、私たちはどこかに逃げてしまいます。
 
 いや逃げている私たちですが、阿弥陀さまが追っかけて来るんですね。
「そだねー、そだねー」南無阿弥陀仏、あなたの苦しみ悩みをそのまんま引き受けたから大丈夫だよ安心しなさいと、
私のところに来てくださって私の口からナンマンダブツと今日もお念仏が出てくださいました。
 
 お坊さんだけではなく皆さんも、隣の人の話を聞いて「そだねー」と共々にお念仏に生かされていきたいと
昨日はお坊さんではない方のお話を聞かせていただいて、本当に「そだねー」と思いました。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.2.27)
 
「そだねー」
2018-02-26
 ピョンチャンオリンピックも昨日で終わりました。
最後まで日本選手の活躍でテレビを観ることが多かったのですが、
女子カーリングが初めて銅メダルをとり、話題になっています。
 
 約二時間半の試合です。三位決定戦まで11試合、一日に2試合という日もあって体力的にも大変だったと思いますが、
一つ話題になったのがカーリングの選手がマイクを通して発する「そだねー」という言葉です。
 気が早いと思いますが、今年の流行語大賞の有力候補といわれています。
 
 北海道弁で「そだね―」というそうですが、「そうだね」「そうですね」ということですね。
 カーリングの試合でどこにどのようなショットをうつのか、みんなで相談確認して「そだねー」。
何人か人が集まって、このことはどうするかと話し合い様々な意見があるなかで、
最終的に「そうだね」とお互いに受け入れ同意する言葉だと思います。
 
 今はSNSで、投稿された記事に「いいね!」という言葉で賛同を表します。
「いいね!」という人ばかりではありません。「わるいね!」という人もあると思います。
 
 「そだねー」そうだねと人と人とがお互い向き合って確認していくことが大切です。
善い悪いを超えた、大きないのちのあたたかいつながりを感じます。
 
 昨日七日日のご縁にお参りして、ご一緒にお勤めをしお話をして、御仏前に向き直り
「ご一緒にお念仏申しましょう」と言いました。すると即座に「はい」と言われ、ご一緒にお念仏申しました。
 
 「ご一緒にお念仏申しましょう」「はい」と。
「そだねー」と重ねて思います。
 
 共々に仏さまのご縁をいただき阿弥陀さまのご法義に遇わせていただきます。
「まかせよ、救う」の南無阿弥陀仏のおはたらきに、「はい」とただ一言です。
 
 「おまかせします、阿弥陀さま」とお念仏申させていただきます。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.2.26)
 
氷が溶けたら春になる
2018-02-25
朝が大分明るくなってきました。
今日は総代世話人さんにお参りいただいて配りものをしていただきますが、
掲示伝道の言葉を毎月書かせていただいて皆さんにお届けしています。
 
 三月のことばは「光をあびて 氷とけ 私の心に 春が来た」です。
 
 ある時学校の先生が「氷がとけたら何になりますか?」と生徒に質問したそうです。
するとある子が「氷がとけたら春になる」と答えたそうです。
 
 先生が期待していた答えは「氷がとけたら水になる」。確かにそうですよね。
ただ氷がとけるということ春が来たということです。
 
 私たちの阿弥陀さまの智慧の光はお慈悲のおはたらきとなって私たちの心に届いているといわれます。
どんな私の心でしょうか。氷のような冷たく頑なな心です。
 その私の心を阿弥陀さまは大きなあたたかいお慈悲の光でとかす、やわらかくしてくださるのです。
 
 光をいっぱいあびるのです。
 光をあびるということは、ご縁をいただくということです。仏さまのご縁です。
仏さまのみ教えを聞かせていただくということ、お聴聞です。
 南無阿弥陀仏のお心を聞かせていただきます。聞かせていただくなかに私の心に春が来るのです。
 
 私たちの日暮しはどこまでも自分中心の日暮しです。私たちお互いがそうなのです。
ただお互いが私が私がといっていたら、それこそ争いの絶えることはありません。
 
 そういう私たちが、あなたも私もみんな一緒に仏法を聞かせていただきましょうと、ご縁をいただきます。
お念仏を申しましょう。南無阿弥陀仏のお心おはたらきを聞かせていただきましょう。
 
 南無阿弥陀仏の光をいっぱいあびて、春の日の日暮しをさせていただきましょう。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.2.25)
 
「久しぶりやね。元気にしてた!」
2018-02-24
 昨日夕方6時の鐘をうっていましたら 鐘楼の前で自転車が止まり一人の女の子が私の方を見ています。
すぐ気づきましたが、名前がでてきません。水曜学校の子ども会に通っていたお友だちです。
 
 鐘つきが終わって「久しぶりやね。元気にしてた!」と声をかけました。
今は短大の一年生、19歳ということで、ふっとお寺の成人式のことを思い出して声かけをしました。
 
 皆さんに呼びかけるということではありませんが、水曜学校の修了生を中心に声かけをして、
大晦日の除夜の鐘つきの後に成人の集いをしています。
 
 ずっとずっと先の話ですが、「お友だちも誘って、また来てね」といって別れました。
 
 声をかけてくれる有難さを思います。
声をかけるにも、どこに行けば会えるのかわからなかったら声をかけることはできません。
 夕方6時と朝6時に鐘をついています。そこにお寺の人がいます。
水曜学校でいえば、毎週水曜日の4時に円光寺でお友だちに会うことができます。
そして今日のご縁でいったら、毎朝6時半にここでお念仏のお友だちに会えるということです。
 何か当たり前のようですが、本当にすごいこと有難いことなのです。
 
 仏さまのご縁です。私たちの生活の中心に阿弥陀さまがいらっしゃるという有難さです。
自分一人で頑張っても人に会うということは難しいことです。
 
 今日もこうして、皆さんご一緒に阿弥陀さまにお礼ができて、一日を始めさせていただきます。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.2.24)
 
お金の流れ
2018-02-23
私たちが所属する色んな会がありますが、会の運営活動にはお金がかかります。
何か行事をする時も予算を組みます。行事が終わって決算を出します。
 こうしたお金の流れをみると、どういうことをしようとしているのか、してきたのかといった
その会の活動状況を知ることとなり、その会が健全に運営されているかどうかをみる大きな指標になります。
 
 会議ばかりしている会があります。会議に係る交通費や宿泊費等の経費が膨らんで
支出の全体合計としては何か活動しているようですが、実際は会議ばかりで主な活動ができていないことが見えてきます。
 
 お家のことも家計簿をつけることでその家の運営が健全にうまくいっているかどうか見ることができます。
衣食住という生活の基本的なものを極端に辛抱したら家族の生き死ににかかわってきます。
いかにうまく経費を節約していくかが大事です。
 
 ただ衣食住ばかりに係っていたら、本当に充実した生活を享受できるのかということです。
人間に生まれて、本当に生きてよかったいえる生活、人生でありたいと思います。
 そしてこれはお金の大小で決まる、決められるものではありません。
 
 仏さまのご法義もお金の多少をいいません。
でもこのご法義を伝えていくということについてはお金と相談することもでてきます。
 
 お寺の護持運営ということです。本堂庫裡などの建物の維持管理、そしてお念仏の活動を促す施策です。
それはお寺に住まいする住職寺族だけでなく、私たちご門徒皆さんが関係することなのです。
 私たちの生活の中心としてお寺を盛り立てていこうという心意気です。
私たち一人ひとりができる精いっぱいのことをさせていただくことが肝要と、昨日の会議でまた思ったことです。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.2.23)
 
忘れる
2018-02-22
毎朝いつものことで、お朝事の準備でお仏飯をお供えし外陣のストーブをつけるのですが、今日は忘れていました。
先日は本堂のかぎを閉めたままで失礼しました。
 
 何か一ついつもと違うことをしたり思ったりすると、いつものことをすっかり忘れてしまうことがあります。
私の思いが入ります。すると通常いつものことができないことがあるのが私たちのようです。
 
 私が生きている生活、人生ですから、私の思いが入らないことはありません。
ただいつものことと身についていることもあります。
 身についているとあたり前のようにできるんですね。
 
 私たちの阿弥陀さまのおはたらきです。
南無阿弥陀仏の「まかせよ救う」のおはからい、おはたらきにまかせるということです。
 逆に言うと、まかせられない私がいるということです。
 
 私たちはそれぞれ私の思いをもって生きています。
思い通りにいけば本当にいいことですが、中々思い通りにはいきません。
 
 私の思い欲の心をいっぱいふくらまし、少しでも思い通りにいかないと怒りの心をあらわす愚かな心の私たちを、
わが子のようにいつもしっかり見てとってくださっている仏さまがいらっしゃるということです。
 阿弥陀さまです。南無阿弥陀仏の仏さまです。
そしてその阿弥陀さまと共々に私たちのご先祖有縁の仏さま方がご一緒だと聞かせていただきます。
 
 ナンマンダブツとお念仏を申すなかに今日一日も精いっぱい私のいのちを輝かせて生かされて生きてまいりましょう。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.2.22)
 
テレビの中のお仏壇
2018-02-21
NHKの朝ドラ、今は「わろてんか」という大阪で笑いをビジネスとして創業する女性の一代記ですが、
ご主人に先立たれてお仏壇に向き合う場面が度々出てきます。
 
 気をつけて観ますと、浄土真宗のお仏壇です。はっとしました。
浄土真宗のお仏壇にお写真をご安置するのはお荘厳としてふさわしくありませんが、
目に見える形で先に往かれた方に語りかけるという設定です。
 
 数週間前の回でしたが、そのお仏壇にお参りされた方が線香を香炉に横に寝せてお供えしたのです。
えっと思いました。立てるのが一般的だからです。
 これは浄土真宗の作法として正解です。何か嬉しかったですね。
どうしてこんなことができたのでしょうか。
 
 一つは番組プロジューサーが浄土真宗の関係者かなと思ったりします。
最近のNHK大阪放送局制作の朝ドラのお仏壇は浄土真宗のものが多いように思います。
 
 もう一つはあのお家は元は船場の米問屋だったということです。
船場の商人です。その多くは近江の国、今の滋賀県出身の近江商人です。
 この近江の地は蓮如上人ゆかりの地でお念仏のご法義のあついところなんです。
その船場が今の御堂筋辺りです。
 
 御堂筋に二つの大きなお寺があります。
一つは北御堂といわれる本願寺津村別院で、もう一つが南御堂の東本願寺難波別院です。
 船場の商人は本願寺の鐘をきいて一日を始め、一日を終えたといいます。
 
 近江商人の商いの考え方に「三方よし」があります。
ただ自分だけが儲かったらいいというのではなく、商いの相手にも喜んでもらえ、
広く地域社会にも貢献することを心がけたといいます。
 仏さまの慈悲の心、布施の心に通じるものです。
 
 お念仏の土徳を思います。皆さんも気をつけてテレビを観てください。
 
 ご一緒にお念仏申しましょう。(2018.2.21)
 
ライバル以上の友人
2018-02-20
 オリンピックでメダルをとった選手の人生にスポットライトが当たります。
その人の人生、いのちの物語です。
 
 スピードスケートの小平選手です。千mで銀メダルそして五百mで金メダルをとりました。
皆さんはどんな思いでテレビを観ていましたか。
 日本の選手は頑張ってほしい、メダルを取ってほしいと応援します。
一方他の国のライバル選手には転んでほしい、失敗してほしいと観ている私がいます。
 
 競技自体を何も知らない者が色々言って、日本のメダルはいくつだとか、
結局はメダルを取ったか取らなかったかでその後の扱い方が全然違ってきます。
 本当に身勝手な私たちだと思います。
 
 では当事者はどうなのか。ライバル同士でいつもいがみ合っているのでしょうか。
全選手の出走を終えて金メダルが確定した小平選手が韓国のイサンファ選手と健闘をたたえ合う場面が感動的でした。
 
 お互いにベストを尽くした結果が金メダル、銀メダルということです。
確かに選手は高みをめざしますが、それは全ての選手に言えることで、お互いの実力も知りつつ競技しているのですね。
 
 イ選手は母国開催の期待を一身に背負ってこの競技に集中してきたことを小平選手はよく知っていただからこそ、
五輪新記録で走ってメダルをほぼ手中に入れたと歓喜に沸くスタンドに静寂をよびかけ、
次のレースのイ選手の走りに注目するように促したのです。
 
 競技を終えて泣き崩れるイ選手を抱きかかえるようにして小平選手がかけた言葉が「あなたを今も尊敬してます」でした。
そして後の記者会見で「ライバル以上の友人です」と言われました。本当に素晴らしいと思いました。
 お互いに尊敬しあい、相手のことをよく知っているからこその言葉です。
 
 小平選手のいのちの物語です。
長野の大学を卒業しどうしても師事する先生のいる長野で競技を続けたいと就職活動をするなかで、
病院の先生が声をかけてくれて今があるということです。
 
 小平選手は自らを求道者といっていました。
固い信念を貫いて自分の人生を切り開くといいますが、
決して自分一人の力ではない、そこに家族をはじめたくさんの方々のサポートがあったからこそです。
 感謝の言葉が何度もでてきました。
 
 ただこの物語はオリンピック選手だけではなく、私たちも一人一人いのちの物語をつぐんでいるんですよね。
今もいのちの物語を生きているのです。
そういうなかに一人じゃない、いろんな人にたくさんのいのちに支えられてあるということです。
 お互いに本当に尊敬しあえる友人に会うということ、人生の大きな宝ものです。
 
 私たちは阿弥陀さまのお仲間です。
阿弥陀さまを中心に南無阿弥陀仏の大きないのちの物語を今日も一日ナンマンダブツとお念仏申して
お互いに尊敬し合いたたえ合い励まし合い支え合って生かされて生きていきましょう。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.2.20)
<<円光寺>> 〒870-0108 大分県大分市三佐3丁目15番18号 TEL:097-527-6916 FAX:097-527-6949