浄土真宗本願寺派(お西) 浄華山 円光寺(大分県大分市)

 

お念仏申す生活法話

 
フォーム
 
藤蔭高校おめでとう!
2018-07-26
 昨日は夏の高校野球県大会の決勝があって日田の藤蔭高校が28年ぶり2回目の優勝を果たし甲子園出場を決めました。
 
 夏の高校野球は今年百回目を迎えるということです。
百回目といって百年前に始まったのではありません。
途中戦争の時代があって中止せざるをえないという幾多の困難を乗り越えて百回ということで先人のご苦労を思います。
 
 そのまま百年といいますと、百年前に人がいたということです。私たちの先人、私の先祖です。
高校野球でいいますと、白球を追って野球に打ち込む少年がいたということです。
その百年前の少年は今はこの世にはいませんが、その先人の夢は今ここにつながってあるということです。
 
 私たちのお念仏のみ教えもそうです。
親鸞聖人からいいますともうすぐご誕生850年です。蓮如上人が誕生されて600年です。
そうした親鸞さま蓮如さまのお心が今ここにお正信偈さま御文章さまとして私のところに届けられているということです。
 
 先人の夢はどんな夢だったのでしょうか。私たちにどんなことを伝えてくれているのでしょうか。
 
 お念仏のみ教えに聞かせていただきます。
生まれ難い人間界に生まれてどうかお念仏のみ教えに出遇って
「必ず救うまかせよ」の南無阿弥陀仏のおはたらきのなかにお念仏申していきいきと生きてお浄土に生まれて来いよと
お念仏の先人は願われ重ねてお念仏をすすめられているといただきます。
 
 「先人の夢 今ここに つながり開く 百重の夏」と来月の言葉を書かせていただきました。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.7.26)
 
朝からお念仏の人が集うお寺です
2018-07-25
 昨日の夜、円光寺の総代さん主なご門徒の方と会議をもちました。
2時間以上たって気が付いたらもう10時前でした。
お寺を思う心いっぱいにいろんな意見がでました。
 
 お寺というのはどうかしますとお寺の者がやっているといった感じで見られているところがあるのではないでしょうか。
お寺がこんなことを言った、お寺がこんなことをしているといった見方です。
 
 お寺はご門徒皆さんあってのお寺なのです。
ご門徒皆さんの声が反映され思いを寄せていただいてこのお寺が成り立っているのです。
 
 それは建物だけの話ではありません。
今日もこうしてお朝事に皆さんお参りです。
 この夏休みに入って毎朝6時の鐘をご門徒の方についていただきその後ご一緒にラジオ体操をしています。
円光寺は6時前から開けっ放しの本堂にご門徒衆が集まって大きな声でお勤めをします。
すごく有難いご縁です。
 
 そういうなかにあって日々の生活が始まります。
皆さんこれからお家に帰られてそれぞれ生活ぶりは違いますが、ナンマンダブツとお念仏を申す心は一つです。
 お念仏の心を皆さんこうしてお寺に寄せていただいて
いよいよ隣の人もご一緒に円光寺にお参りしましょうという雰囲気のお寺になっていけたらと
昨日の会議を通じてあらためて思ったことです。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.7.25)
 
うちわで扇いでいただいて
2018-07-24
 2年後の今日が東京オリンピックの開会式だそうです。
昨日は暦の上では大暑ということで埼玉の熊谷で41.1度の日本の最高気温を更新したということです。
 どのくらい暑いかといって最近は蚊も出てこないといいます。蚊もこの猛暑に閉口して動けないということでしょうか。
 
 この前ご法事でお参りして本当に冷え切った仏間に通され思わず「極楽やな」と思いました。
今はクーラーのあるお家クーラーのある仏間が増えてまいりました。
 とはいっても仏間という所は日頃使う部屋ではありません。
居間や台所寝室にはエアコンが完備されているお家は多いですが
仏間というのは最後の最後いよいよ皆さんが集まる時になって急いで仏間にクーラーを入れるようなことです。
 
 大分前の話です。お盆参りにいきますと、扇風機のないお家がありました。
ところがお勤めをしていますと後ろから涼しい風が入ってくるんです。
お勤めの後振り返ってみるとおばあちゃんが汗だくになりながらうちわで扇いでくれているのです。
 
 今の尋常でない暑さはとてもうちわ一つでは通用しません。
ただうちわで扇いでくれるお気持ちが本当に有難かったと今更ながら思います。
 
 扇風機もないクーラーもない誰もいない仏間でお坊さんが一人汗びっしょりかいてお勤めをしている。
そうした光景も今あながちないことはありません。
 
 暑いね寒いねとお互いに言える人と人とのつながりのなかに私たちのお念仏の日暮しがあるのではないでしょうか。
先人が私たちに伝えてくれたこの夏の過ごし方、その工夫のなかに私たちの今があることをまた思います。
どうぞお念仏を申すなかにこの夏を、お寺のことでいえばお盆参りを精いっぱいさせていただき
涼しい秋を待ちたいと思います。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.7.24)
 
サマースクールというご縁
2018-07-23
 夏休みに入って一昨日昨日と土曜日曜でした。
子ども会のサマースクールを今年も7月31日から8月1日にしますが
参加申込みにお母さんと子どもさんが一緒にたくさん来られて何度も玄関のチャイムが鳴りました。
 
 「初めてですか」とお聞きします。半数ぐらい初めての方がいらっしゃいます。
兄弟で参加する子どもさんが結構多くて
お兄ちゃんお姉ちゃんが三年生になって次の子どもが一年生で初参加というようなことです。
 
 もう一つ気づくことが、三佐小学校の生徒だけでなく他の小学校の子どもさんの参加が多いことです。
一つは親戚関係で、一つは習い事の関係で小学校を超えて友だち同士一緒に行こうということです。
 
 子どもがいいなと思うのは、子ども同士で誘い合えるんですね。
私たち大人ですとそこに何か分別心がはたらいて円光寺の門徒でないとお参りできないという思いが先立ちます。
 
 私たちの阿弥陀さまという仏さまはすべてのものを分け隔てなく救い取るというおはたらきの仏さまですから
どなたがお寺にお参りされてもいいのです。
 大人になると難しい思いがはたらくということですが
子どもの頃にお寺のご縁をいただいて
夏休みにお寺でみんな一緒に泊まって遊んでおいしいものを食べてという楽しい思い出が
大人になっていよいよお寺のご縁をいただけることになれば思うことです。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.7.23)
 
カプセル人間
2018-07-22
 酷暑です。本当にどこにいたらいいのか、家の中でクーラーの中で閉じこもる引きこもる生活になってしまいます。
 
 カプセル人間といいます。家に閉じこもるということではありません。
私たちの有り様を仏さまから見るとカプセルの中に閉じこもっているようなものだというのです。
ちょうど自分の部屋にいるようにカプセルの中は自分中心の思いでいえば居心地のいいところです。
 
 ただカプセルの中にいると外界から遮断され外から身を守れるということですが
外のことが見えなくなり、他の人との関係もなくなってしまいます。
 
 この酷暑ということでいえば、私たちはどうしてもクーラーのあるところに引きこもってしまいます。
自然の力はたらきを避けるという対応、もっというと自然との対決で
自然との共生、共に生きるということではありません。
 
 カプセルの中に入ってしまうと他のものが見えなくなる、それ以上に真実のあり様が見えなくなってしまうといいます。
これが迷いということで、私たちの迷いの元の煩悩の一つが愚痴です。真実を知らない愚かさというのです。
 
 真実を知らずじまいに真実の教えに遇わずじまいに聞かずじまいに終える人生は
まさにカプセル人間の人生といえます。
 
 こうして仏さまのみ教えに遇わせていただくことは、自分にとって居心地のいい生活ができるということではありません。
自分の思い通りに生きよう生きようとするなかにいよいよ迷い込むカプセルがあることを
この酷暑という大自然の営みの中に聞かせていただきます。
 
 カプセルの中から大きな広い世界に出ておいで生まれて来いよとはたらきかけるのが南無阿弥陀仏のおよび声です。
ナンマンダブツナンマンダブツとよび通しによんでくださいます。
 広大無辺の阿弥陀の世界、お浄土に生まれて来いよとよんでくださいます。
お浄土は俱会一処の世界、みんなが一緒になれるところです。
 お念仏を申すなかにお浄土への人生を共々に歩ませていただきましょう。 
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.7.22)
 
夏休みが始まりました
2018-07-21
 今日から学校が夏休みに入ります。
夏休みといって今の私の生活には関係ないようでもありますが、何か子どもの頃に返って心躍る気持ちになります。
私の歳でいいますと65歳で65回目の夏休みということです。
 
 去年から<夏休み円光寺朝の鐘つき体験>ということで
夏休みの期間中毎朝6時の鐘を皆さんについていただいてご一緒にラジオ体操をしましょうという会をもっています。
 今日からまた今年の夏休み鐘つき体験が始まりました。
 
 昨日ですが、毎月一回大分市のコンパルホールで法話会のご縁をいただいています。
そのなかで最近参加された男性の方から「何年生まれですか」と歳を聞かれました。
「昭和27年生まれの65歳です」とこたえましたら、その方がびっくりしたように「私より年下ですか」というんです。
その方は70歳ということで私からいうと見るからに随分年上のように思っていましたが
私が77歳78歳かと思っていたと言われて、それはないでしょうと言いました。
ちょっとショックでしたが、そういうふうに思われていたということですね。
 
 先ほど久しぶりにラジオ体操をしていて体がふらつくんですね。これまたこの身ということについてびっくりしました。
体が後ろに曲がらないんです。無理して曲げようとしたらそのままひっくりかえるような感じさえありました。
汗びっしょりかきました。汗をかくと僧衣に着替えるのに汗がまとわりついてうまくいかないんです。
そんなこんなでお朝事のお勤めの時間が少し遅れてしましました。
 
 普段と違う事をするというのは本当に大変なことです。
体がおっつかないところがでてきました。
この身です。この身というのはいつまでも若くありたい
まだまだ若いと思っていても周囲の人から見たら随分歳をとっているなということです。
我が身ということですが、自分の思うようにはいきません。
 
 ただ思い通りにいかないこの身を生きるなかにあって
こうして皆さんと一緒にナンマンダブツとお念仏を申すご縁をいただける有難さ尊さを嬉しく思います。
 一人では何もできません。
皆さんに支えられ生かされて生きているんだなと殊更思った、今日7月21日夏休み始まりの日であります。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.7.21)
 
お浄土からのおはたらきご縁をいただく
2018-07-20
 今日の御和讃は正像末和讃の最後聖徳太子さまを讃嘆する和讃です。
今日の御和讃のなかに「和国の教主聖徳皇」とありました。和国は日本の教主はお釈迦さまのことです。
 お釈迦さまがこの世に出られて阿弥陀さまの救いの法を説かれたといただくのが私たちの浄土真宗のご法義です。
お釈迦さまが人間界に生まれてということですが、お釈迦さまは阿弥陀さまの化身といただきます。
 聖徳太子さまもまたお浄土からの仏さまといただきます。
 
 お浄土から仏さま方が来生して私たちにお念仏のみ教えを勧められてあるといいます。
ナンマンダブナンマンダブとお念仏を申せよと南無阿弥陀仏のおはたらきでこの私に届けられたお念仏といただきます。
 
 お浄土からお釈迦さまをはじめ数多くの諸仏方が私たちにお念仏を届けられています。
ただこの私に届いているお念仏がこの人生のなかでこの私の口からお念仏となって出てくださる
ご縁に遇うことは本当に難しい、難中の難だといただかれたのも親鸞聖人です。
 
 ご縁をいただけご縁をよろこべご縁のなかに私たちのこの日暮しがあるのだとおはたらきです。
そしてこの命終わるけれども阿弥陀さまのお浄土に生まれて仏さまに成らせていただき
今度はお浄土からこの世に還って来て人々を救うというおはたらきをさせていただけると
そのこと一つ聞いてくれよと今日の御和讃をまたいただきます。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.7.20)
 
酷暑のなかで
2018-07-19
 昨日は岐阜県で40度を超えたということで、日本で5年ぶりのことだそうです。
酷暑という言葉を聞きます。35度以上を猛暑日、30度以上が真夏日、25度以上を夏日というそうです。
どんどんハードルが高くなって40度以上は酷暑です。極めて暑いということですが、本当に暑くてまいってしまいます。
 
 暑さ対策といって今はエアコンのあるお家が一般的になりました。
ただこれは電源があってということです。電源がないとエアコンはただの物です。
 
 東日本大震災のとき、避難された方がエアコンのない段ボールで仕切られた体育館で過ごし
猛暑対策ということでいろんなことが考えられたといいます。
 
 昨日のニュースで猛暑対策展が東京であっていると聞きました。
電源のないところでの猛暑対策、いろんな工夫をこらしていろんな対策をいろんな方が考えられてるということです。
 
 私たちの先人の生活を思います。
それこそ150年前200年前は電気というものがありませんでした。扇風機もエアコンもありませんでした。
 そうしたなかでも私たちの先人は暑い夏を乗り越えて生き抜いてきたわけです。
うちわや氷で涼をとったり蚊帳というのもありました。
 そして今私たちは電気というものを得て、窓のないオール電化の家をつくるほどに快適な生活を考えてきました。
しかしこれからもまたその上を行く猛暑極暑というなかに生きていくわけです。
 
 日々の生活です。あれやこれや考えながら、そして涼しい秋を待つんでしょうね、寒い冬を迎えるんでしょうね。
そうしたことを繰り返しながら私たちの日々の生活があるということです。
 
 そういうなかに私たちはお念仏を申すという生活を先人から伝えられてきました。
お念仏を申すなかにも暑さを乗り越えていかねばなりません。寒さの中にも日々の生活があります。
 どうぞお念仏を申すなかに先人が培ってきた、私たちにこれこそはと伝えてこられたことをまた思って
今日の一日も過ごさせていただきたいと思います。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.7.19)
 
地球家族になろう
2018-07-17
 サッカーのワールドカップが終わりました。
日本の活躍もあって注目して観ていました。フランスが2度目の優勝を果たしました。
 フランスの優勝シーンを見たときに肌の色が違う選手がたくさんいらっしゃることに改めて気づきました。
 
 フランスだけではなくてヨーロッパの国々は今は多民族国家と言われます。
近年アフリカやアジアから多くの人が移住移民してきたという歴史です。
 民族が違う宗教が違う言語が違うというなかでの生活でいろんな問題も起こっているようです。
民族差別といって、小さい頃からいじめにあっていたという選手の紹介もありました。
 
 私たちの日本の国も来年はラグビーのワールドカップがありますが
日本チームのメンバーを見ますとニュージーランドやオーストラリアから帰化した方が多くいます。
 陸上にしてもバスケットにしても野球にしても今活躍している日本選手のなかで
日本人のお父さんお母さんと外国の方との間に生まれた日系の方も多くいます。
今からもますます多くなってくると思います。
 
 今は国家という単位でものごとを見るというより一つの地球というものの見方です。
地球家族と聞いてはっと思いますが、地球全体が家族という見方です。
 ところが現実はわが国家の利益至上主義に立って政治経済諸分野でいろんな駆け引きをしています。
昨日はこの地球上の超大国のアメリカとロシアの大統領が会談しました。
その中身はどうなのかとヨーロッパの国々が戦々恐々としているという報道です。日本もそうです。
 
 この地球に生きる私たちみんなが同じ時間同じ時代を共に生きているということだけで一緒になれないのです。
本当に難しいことです。
 
 私たちの宗教です。浄土真宗の仏教です。
どんな人も同じお浄土に生まれさせていただけるという教えです。
 この現世でそれこそ背中あわせに敵対し憎しみ合うお互いがお浄土でご一緒できるという教えです。
私がではなく仏さまがそういう私たちにしてくださるというんです。
 
 お念仏を申す日々の生活です。
面と向かうといろんな問題がありますが、共にお念仏のみ教えに遇わせていただきましょう。
まずこの私です。そして私のすぐそばの人隣の人とお念仏申して共に生きていくということです。
 
 この後「浄土真宗の教章」を拝読します。
「自他共に心豊かに生きることのできる社会の実現をめざして」という文言で結ばれます。
言うのは易く難しい問題です。
 私たちは自他共にではなくどこまでも自分を中心に生きるお互いです。
どうぞお念仏のみ教えに聞かせていただくなかに大きな願いをもって今日の一日も過ごさせていただきたいと思います。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.7.17)
 
海の日に親鸞さまを思う
2018-07-16
 今日は海の日で祝日です。
今は7月の第3月曜日になっていますが、元々は7月20日でした。
何でその日になったのかわかりませんが、多分夏休みが始まる21日の前ということでくっつけたのではないでしょうか。
 
 海というと、親鸞聖人がよく海という譬えで阿弥陀さまのお救いの法を味わわれています。
親鸞聖人にとって海は三つあると思います。
 一つは琵琶湖です。9歳から29歳まで20年間仏道修行に明け暮れた比叡山から見る大きな海、琵琶湖です。
 そして35歳の時に念仏停止の令で遠流、遠く越後新潟の地に流されます。
そこで見た越後の海日本海の海です。日本海の海は特に冬の海は波しぶきをあげて荒れ狂う海です。
 そして刑を許されて関東に行かれます。日立の国今の茨城県です。
海に面したところで広くて大きな大海原の太平洋の海です。
 
 この海の譬えに二つあります。本願海と群生海です。
本願海は阿弥陀さまのご本願のお救いのお心おはたらきを表します。
 海はすべての川の水が注ぎ込むところです。
川は私たちのことです。きれいな川大きな川濁った川と色んな川があります。ゴミや屍骸も川に流されて海に入ります。
どの川も等しくそのまま海に入ります。そして海に入ると一味になります。一つの味です。
 ここ三佐の沖の海の味もアメリカアフリカヨーロッパの海の味もみんないっしょの塩味です。
一味、一つの味にしてくれるはたらきが海にあります。
どんな人も一つの処お浄土に生まれさせてくださるご本願のおはたらきです。
 
 そしてこの海は五濁悪時群生海といって、五濁悪時の凡夫が沈み込んでいる海です。
私たちは深くて重い煩悩を抱え広く果てしない苦悩の海に迷うている、沈み溺れているというのです。
 
 その溺れる私を阿弥陀さまは見て取ってご本願の船を浮かべ南無阿弥陀仏「まかせよ救う」とよんでくださり
本願の船に私をそのまま乗せて彼の岸である浄土に救うてくださるといいます。
 
 溺れることは体験したことがありませんが、溺れる時は助かろうと必死ですね。
でも必死にバタバタすればするほど救いようがないといいます。
救う人も一緒に沈んでしまうというのです。
 力を抜いてまかせればいいんですね。そのまままかせて船に乗せていただければいいのです。
 
 このように親鸞さまがご本願のお救いを海を譬えにお正信偈さまのなかにお示しくださってあります。
毎朝お正信偈さまを拝読するなかにまたお味わいしていただきたいと思います。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.7.16)
<<円光寺>> 〒870-0108 大分県大分市三佐3丁目15番18号 TEL:097-527-6916 FAX:097-527-6949