浄土真宗本願寺派(お西) 浄華山 円光寺(大分県大分市)

 

お念仏申す生活法話

 
フォーム
 
お寺の掲示板の言葉から「お前も死ぬぞ 釈尊」
 『輝け!お寺の掲示板大賞』というものがあるそうです。
去年の7月から始まった企画で、12月までを一区切りとして全国的にお寺の掲示板の言葉を募集されたといいます。
 毎年12月は『今年の新語・流行語大賞』や『今年の漢字』などの有名な恒例イベントもあり
注目度アップを狙ったということもあるのでしょう。
 
 全国のお寺の掲示板からたくさん寄せられた言葉のなかで
「お前も死ぬぞ 釈尊」という言葉が見事大賞に輝いたといいます。
 
 「お前も死ぬぞ」とは仏教の大きな柱である諸行無常の教えのことです。
この命、どんな人も必ず命終えていかねばならないことを
「お前も死ぬぞ」とこの私に言っているのでしょうね。
 
 短い言葉でインパクトがあります。
諸行無常とはこういうことだよというお話はよくさせていただきますし
皆さんもよく聞かれて知っていることだと思いますが
「お前も死ぬぞ」と言われたらハッとしますね。
 本当のことですが、何か他人事としてしか聞いていない自分のことと受けとめられない
この私に向けられた真実の言葉だからです。
 
 そして釈尊とあります。仏教を開かれたお釈迦さまです。
諸行無常という教えを説かれたお釈迦さまです。
「お前も死ぬぞ」とお釈迦さまがこの私に発せられた言葉です。
 
 ただこの言葉に初めてふれたとき
「お前も死ぬぞ 釈尊」って、釈尊に向って「釈尊お前も死ぬぞ」と言われているようにも思いました。
 お釈迦さまも私たちと同じ人間の身としてこの世に生まれ生きて80歳でご生涯を終えられたのです。
 
 「お前も死ぬぞ」と諸行無常の命を生きる私に、この命を本当に大切に生きていくんだよとのお示しです。
人の世に生まれた意味はね、大切に生きるとはね、仏さまの教えに遇うことだよというのです。
 あなたの命は死んだら終いの命ではなく仏に成るいのちと救われていくのだよと
仏さまの教えを聞いてくれよといわれるのです。
 
 私が私がと自分のことで精いっぱい生きることで精いっぱいの私たちが
仏さまの教えに遇うことも聞くことも読むことも中々難しいなかで
お寺の掲示板の言葉です。
 「お前も死ぬぞ 釈尊」と書かれた言葉にあってお聴聞のご縁をいただいてほしいと思います。
仏さまの教えを聞いてこの人生を生き抜いてくれよとお寺の掲示板がよびかけているのです。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2019.3.23)
 
イチロー選手が現役引退表明しました
 大リーグマリナーズのイチロー選手が昨日行われた東京ドームの試合を最後に
現役選手生活から引退するという発表がありました。
 昨年三月に古巣のマリナーズに復帰したものの昨シーズンは選手登録せず
今年日本での開幕戦に合わせて選手登録してこの二連戦に出場したということです。
 
 45歳です。日本のプロ野球で9年アメリカ大リーグで19年という選手生活でした。
イチローといえば打って良し走って良し守って良しの稀代のスーパースターです。
 数々の記録を打ち立て日米通算安打は世界最高の4367本ということで
まさに打ち出の小槌のように打てばヒット打てばヒットと
いつでもヒットが打てる選手いつもヒットを期待される選手、ヒット製造機といわれる偉大な選手です。
 
 その大選手イチローがそれこそ何度バットを振ってもヒットにならない打てないという状況がずっと続いて
結局最後の最後までヒットを打てずに終わったということです。
 
 イチロー選手はどんな思いで東京ドームのグランドに大観衆の前に立ったのでしょうか。
記者会見で「今日の球場でのできごとを見せられたら、後悔などあろうはずがない」と言ったそうです。
イチロー選手らしいコメントですが
胸のうちはどうかな、一本でもヒットを打ちたかったのではないかなと思ったりします。
 
 45歳です。いつまでも現役の選手でいるわけにはいきません。
イチロー選手のことですからこれから野球界にいろんな形で貢献されるとは思いますが
歳を重ねるなかで今まで出来ていたことが出来ないようになるということです。
 
 これは私のことです。皆さんのことです。そしてイチロー選手のことでもあったのです。
ただ若い時には出来なかったことが年をとって出来るようになることもあるのではないでしょうか。
若くて健康でお金があれば何でも出来るということでもないでしょう。
老いていくなか病気になるなかでそれまで気づかなかったことに気づかされることもあるのではないでしょうか。
 
 もっといえば生きている時だけではなく死んでから後でも
後に遺った方が気づいてくれる思うてくれることがあるのではないでしょうか。
 
 仏事ということがそうです。
仏さまのご縁をいただくなかに先に往かれたご先祖有縁の方を思うのです。
 私が思い出そうとか思わなければならないということではなく
思わせてくださる思い出させてくださるのがこの仏事のご縁なのです・
 
 手が合わさるということです。この口からナンマンダブツとお念仏が出てくださるということです。
手を合わせお念仏申す身にしてくださったのは仏さまのおはたらきです。
 その仏さまはご本尊の阿弥陀仏さまですが、私たちのご先祖有縁の仏さまと仰いでいけるのです。
 
 そのなかで死んだらお終いではない現役を退いたらお終いではない、いのちはこれからもずっと続いていくのです。
大きな大きないのちのつながり営みのなかで今日も一日こうして日暮しさせていただけることをまた有難く思います。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2019.3.22)
 
生死の命と聞かせていただき南無阿弥陀仏のいのちに生かされる
 お彼岸のお中日です。
夜半雨が降っていましたが、今日はお大師さん(弘法大師)のおせったいもあっていよいよ春になりました。
 
 昨日の彼岸会の夜席は『お葬式物語』という映画を皆さんで観て大智新院さんにご法話お取り次ぎをいただきました。
仏教では生老病死の四苦を説かれます。
生死(しょうじ)の迷いのなかに苦悩する私の命のあり様をズバリ教えてくださいます。
 ただ私たちは日々明けても暮れても生きることに精いっぱいで
いつまでも若くありたい健康でいたいと老病死のことを考えることがありません。
 
 仏教は生と死を分けて見るのではなく生死一如といって生きることは死ぬことと見るのです。
聞きたくないけれどもこれは真実本当のことで私のことなのです。
 そのことはどこかで知っている私ですが、生死と向き合うことは難しいことで
どこまでも生きることを享受するような生活ぶりの私たちです。
 
 そんな私たちを悲しまれ思いとって阿弥陀さまはすべてのものを生死の迷いから救い取ろうと
南無阿弥陀仏の救いの法を成就されたのです。
 お釈迦さまは数多くのお経さまのなか大無量寿経というお経さまに
阿弥陀さまの本願念仏の救いの法を説かれてあるのです。
 
 生死のことを私たちに自分で考えて解決しなさいというのではありません。
こうしなさいああしなさいと注文一つつけるのではありません。
南無阿弥陀仏一つで必ず救うと私たちが救われて往く手立てをすべてつくってくださったというご法義なのです。
 
 ナンマンダブツとお念仏申し苦悩の生死の世界を離れ阿弥陀さまのお浄土に生まれて
さとりの仏さまに成らせていただけると聞かせていただきます。
 
 生老病で終わる人生は死んだら終いの人生です。
生きることで精いっぱいで死は生を否定するものとして向き合おうとしません。
でも死が来ます。死ぬ時はそれでお終いということです。
 
 生死の命と聞かせていただくなかに私たちはこの人間の命を終えるけれども
南無阿弥陀仏のおはたらき一つで仏さまのいのちに生まれさせていただけると聞かせていただくのがお彼岸のご縁です。
 
 私たちの彼岸は阿弥陀さまのお浄土と決めてくださってあることの有難さ尊さです。
そのこと一つ心に入れて今日のお中日の法要は1時半からのお勤めです。
 どうぞご仏参お聴聞ください。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2019.3.21)
 
お彼岸のご縁をいただきましょう
 円光寺墓地に行きました。
お彼岸に入ってお墓にお花がきれいにお供えされているところがあります。
逆に枯れたままのお花のところがあります。
 随分前にお墓参りに来られてお花をそのままにしておられるのでしょう。
 
 納骨堂もそうですが、仏事にご縁を2回いただくといいます。
お花をきれいにお墓や納骨壇をお飾りして何日かして枯れるまでにお花を持ち帰るということです。
 
 お彼岸のご縁でいえばお彼岸の入り頃お参りしてきれいにお飾りし
お中日を過ぎてもう一度お参りしてお花やお供物を持ち帰るということです。
仏さまのご縁をいただくといいます。
 
 そんな面倒くさいこと1回お参りすればいいことだというのは、私の思いです。
仏さまがお墓や納骨堂にお参りをさせていただく手を合わさせていただくお念仏を申させていただく
私にしてくださるというおはたらきなのです。
 
 お彼岸の仏さまのご縁です。お寺では今日明日と彼岸会法要をお勤めさせていただきます。
仏法を聞いてくれよお念仏を申して彼岸である弥陀の浄土に生まれてくれよという南無阿弥陀仏のご縁おはたらきです。
 私のために開いてくださったご縁です。
仏さまのご縁をいっぱいいっぱいいただきましょう。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2019.3.20)
 
なたね梅雨の思い出
 朝から大きな雨が降っています。
この春のお彼岸の時期は結構雨が多いんですね。
なたね梅雨といって菜の花の咲く3月中旬から4月上旬にかけて梅雨のように雨が続くということです。
 
 なたね梅雨の思い出があります。
高校1年の時サイクリングで大分から宮崎鹿児島方面に友だち5人で行きました。
途中延岡と宮崎に泊まって宮崎鹿児島間は汽車で往復しました。
 ところが3日目から雨になり中々雨が止みません。
それで帰りの宮崎から大分までは結局サイクリングを止め自転車を汽車に積んで帰ったという思い出です。
 
 ただその時私は内心では降りしきる雨を喜んでいました。
初めての遠出のサイクリングは大きな峠越えもあって思った以上に大変きつかったのです。
 5人それぞれ自転車をこぐ力量が違います。私は遅れて行く方です。
先頭を切って行く人はどんどんペダルを踏んで前に前に坂でも一気に上がるということで
脚力以上に何か負けることの悔しさ情けなさもあって、よかった止めようという気持ちになったのでした。
最後までやり通すことのできなかった悔しさよりほろ苦い思い出になって今でも残っています。
 
 延岡宮崎と父の知り合いのお寺さんに泊まらせていただきました。
お寺に泊まって安上がりの旅行のつもりが汽車で行く旅行とあまり変わらないものになりました。
 一人だけ毅然と当初の計画通りに自転車で帰り、何で一人だけで帰らせたのかと家の者からひどく叱られ
帰りの汽車賃もお寺さんから借りることになって周りの方にも大変迷惑をかけることにもなりました。
 
 今から思えば心晴れ晴れということではなく今日の雨のように心残りのする旅行になりましたが
50年前高校一年のこの時期に5人の仲間と一緒に貴重な体験ができたことは
今の私の大きな財産になっています。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2019.3.19)
 
何か一つできることをさせていただきましょう
 東の空が日に日に早く明るくなってきました。今日から春の彼岸に入ります。
 
 この年度末お寺の会議が続きます。
これからのお寺はどうあるべきか、お寺の厳しい現状を考えるとき
思うようにならない課題がたくさん出てまいります。
 
 今朝起きてふとこの世のことはなるようにしかならないと思いました。
私がどんなに頑張っても頑張らなくてもなるようにしかならないというのがこの世の中の営みだということです。
 ただこの世に私が生きているという現実です。
お寺の住職という我が身この私です。皆さんでいったら浄土真宗の門徒ということです。
お念仏のご縁をいただく私たちです
 
 何か一つでも阿弥陀さまのご法義のお手伝いをさせていただくことがないかなと思って
今朝の新聞のコラムに「お寺おやつクラブ」の活動が書かれてありました。
 奈良の30代の若いお坊さんが始めたことです。
私たちの目に見えないところで今日の生活に食事に困ってらっしゃる貧困のご家庭子どもたちがいるという現実です。
 そういうお子さんにお菓子を届けようという活動です。
仏さまにあがったお供え物のお菓子です。お供え物のお下がりをおすそ分けするということです。
そのままにしていてももったいないことで
少しでもお手伝いにならないかと始めた活動が今全国各地のお寺さんに広がっているというのです。
 
 私たちは何か大きなことを思ってこうしようああしようと考え何度も議論して
結局のところ構想だけが膨らみすぎてこんなことは到底できないねということで終わってしまうことが多々あります。
 小さなことからできることってどこか身近にあるんですね。
 
 最近はご法事のお供え物が減ってきました。
お葬式もそうですがご法事もコンパクトなものになって
親戚に案内することもなく家族だけお経だけというご法事が多くなりました。
 
 ここは一つご門徒皆さんに呼びかけてみようと思います。
お供え物といってそんなに高価なものではありません。
 仏事のご縁に仏さまにちょっと気持ちをお供えにしてお寺に届けていただけたらと思います。
そのことがそのまま名前も知らない子どもたちの何かの助けお手伝いになるといいなあと思います。
 
 他にもいろんな取り組みがあると思います。ただ私にできることは限られています。
それこそなるようにしかならないことかもしれませんが
何か一つでもナンマンダブツとお念仏を申す私たちにできることをさせていただきましょう。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2019.3.18)
 
布施の心でさせていただくありがとう!
 昨日3月14日はホワイトデイということで
1か月前の2月14日のバレンタインデイでプレゼントを頂いた人がお返しをする日だったそうです。
 バレンタインデイは女性から男性にチョコレートを贈るのが定番でしたが
今はそれぞれプレゼントの内容も違ってきたようです。
 ただお返しをすることに変わりなくそれも数倍返しとかいって頭を悩ます人も多いと聞きます。
 
 これは西洋から入ってきたもので日本に昔からあったものではありません。
西洋の社会はギブ&テイクの考え方が基本でこれは今の私たちの経済社会がそうなっています。
 仕事や品物の対価として代金を払うということです。
分かりやすい考え方で私たち人間の理にあっています。
 
 ただこの気持ちをお金や物で表すこと自体にちょっと不謹慎なことを思います。
また何倍返しというように見返りを求めたり期待したりということについては何かしっくりきません。
 
 仏教では布施の心といいます。
この布施の心は見返りを求めないことが原則です。見返りを求めない一方的な行為なのです。
 布施の布は布(ぬの)ということで遍(あまね)くという意味があります。
誰彼と限定した人を対象とするのではなくあらゆるものすべての人に施すということです。
布施行は菩薩道の第一番目の行で、仏さまのお慈悲の心なのです。
 
 そこに私のはからいがあったら布施にはならないのです。
仏さまのお心もちのお手伝いをさせていただくことが布施の心です。
 
 私たちの行為はどこかで見返りを期待しています。
善いことをしてあげたのにお礼の一つも返ってこない。
腹が立ちますね。せめてありがとうの一声ぐらいはと思ったりします。
 
 布施の心は見返りを求めない一方通行です。
そして私にできることをさせていただくということが大事です。
仏さまは私にできないことを求めているのではありません。
私にできる精いっぱいのことをさせていただくことです。
 
 お念仏に生かされる喜びを私一人のものにするのではなく隣の人にお念仏を勧めることも私たちの布施行です。
お念仏はお金や物品ではありません。
物でしたら例えば食べる物だったら三人で分けると三等分の物になります。
人数が増えればどんどん減ってきます。
 
 ただお念仏は人に分けても減ったりしません。
そのまんま同じお念仏です。
 お念仏を勧め伝えて、そのお念仏をいただいた者がまた隣の方にお念仏を伝えるということです。
まさにお念仏のおはたらきがそこに生きてあるのです。
 
 人から人へと遍く広く広く伝わってそして私のところに届けられたお念仏が
私の口から出てくださるお念仏なのです。
 遠い遠いはるか昔からお念仏を伝えてくださった方がいらっしゃっるというご縁です。
南無阿弥陀仏のおはたらき大きな大きな仏さまのご縁つながりのなかに
私にできる精いっぱいのことを今日も一日させていただきましょう。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2019.3.15)
 
食品ロスの現場
 ホテルで会食があって7,8人で丸テーブルを囲み大きなお皿に食べ物が次から次に出てきます。
そばに小皿が置いてあります。自分で好きなものを好きなだけとってくださいということですが
次から次にとなると前の食べ物の大皿が残って次の大皿を置くところがなくなります。
 
 そこは係の方が小さなお皿につぎ分けて次の大皿をもってくるのですが、この前は最後にチャーハンがでました。
テーブルの人は他のテーブルにお酒をつぎに行ったりして殆どそのチャーハンを取る人がいません。
 次にデザートがでます。チャーハンとデザートの大皿が並びます。
デザートには人数分のケーキがのっています。そしてコーヒーがでました。
 さすがにコーヒーは大きなポットに入っているのではなく一人一人カップにつぎ分けられたものです。
コーヒーを口にする人はいますが、ケーキを取る人は殆どいません。
テーブルには大きなお皿のチャーハンとケーキそしてつぎ分けられた数多くの小皿が残ります。
 
 さてこの残った食べ物の行方はどうなるのでしょうか。
多分残飯ということで捨てられてしまうのではないでしょうか。
 
 食品ロスといわれますが、私たちの身近なところに食品ロスはたくさんあります。
昭和30年代の家庭の食事の風景がテレビドラマで再現されます。
ちゃぶ台一つを囲みお皿に盛られた食べ物を家族がつついて食べるものです。
ご飯とお汁ものに主な食べ物は一品二品といったもので、子どもたちはそれを争うように取って食べていました。
 
 今の大皿を囲む食卓とは似ているようで全く違います。
それこそ一粒のご飯も残さないようにみんなきれいに食べあげていました。
 本当に今はもったいないことをしていることだと思います。
私もその中の一人ですが、何でこんなことになるのかなと思ったりします。
 
 つぎ分けたらつぎ分けたものだったら食べるかもしれませんね。
でも自分からつぐ取るということは中々しません。誰かがしてくれるものとでも思っているのでしょうか。
 
 これが今の日本の食生活の実態です。
飽食の時代と言われて随分久しいことですが
そのなかで今日のご飯をいただけないという方がたくさんいらっしゃるということです。
貧困のなかにあって声を上げることもできない方々です。
 
 何か変だなというなかに今日も生活をしています。
ナンマンダブツとお念仏を申す、お念仏のみ教えを聞かせていただくことは
この食品ロスのことと全く関係ないということではありません。
 
 阿弥陀さまの大きな大きなお慈悲のお心南無阿弥陀仏のおはたらきは
私一人に届けられたものではなく私の隣の人も隣の人も
名前も知らない顔も見えない人もみんな共々に救われていくというみ教えです。
 日々の生活のなかでナンマンダブツとお念仏を申させていただきながら
こんなことでいいのかなこんなことでいいのかなと問われ聞かせていただくことです。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2019.3.14)
 
お浄土からのおはたらき
 お仏壇のお荘厳をします。
皆さんのお家のお仏壇やお寺の本堂お内陣のお荘厳ですが、お仏壇は阿弥陀さまのお浄土を表すものです。
阿弥陀さまの「必ず救うまかせよ」の南無阿弥陀仏のおはたらきをすがたかたちとして私たちに見せてくださいます。
 
 真ん真ん中にご本尊の仏さま阿弥陀如来さまのおすがたをご安置させていただきます。
まさに阿弥陀さまのお浄土です。
 今日のご和讃に「十方無量の諸仏」とありました。
この目には見えませんが、お浄土には私たちのご先祖有縁のお念仏の先人が
諸仏すなわち仏さまとなっていらっしゃるということなのです。
 
 南無阿弥陀仏のおはたらきとなって阿弥陀さまのお手伝いをしてくださってあるのです。
私たちにお念仏を申してくれよお念仏を申してお浄土に生まれて来いよ必ず生まれさせるという力強いおはたらきです。
 
 ナンマンダブツナンマンダブツとお念仏を申すところに阿弥陀さまをはじめ諸仏方がいらっしゃるというおはたらきを
お仏壇のお荘厳を通して毎日仰いで日暮しさせていただくことです。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2019.3.13)
 
高校三年生をおくる会をしました。
 この前の日曜日に高校三年生をおくる会をしました。
小学生の子ども会水曜学校の頃からお寺にご縁があった高校生です。
今度卒業してそれぞれ進路が違います、大きな人生の節目にあってお寺に集まり
一緒にお勤めをし仏さまにお礼をさせていただきました。
 
 小学校を卒業してからも中学高校とずっと夏のサマースクールや11月の子ども報恩講に
主なスタッフとしてお手伝いいただき子ども会活動を大いに盛り上げてくれました。
特に人形劇は子どもたちに大変喜ばれました。
 
 中学高校になると友だち関係も広がり部活や勉強で個々の時間が忙しくなってお寺から遠く離れていくのが通例ですが
逆にお寺という場所にみんなが気持ちをもって集まり協力して活動することで
お寺との関係が益々深くなっていったように思います。
 
 本当に有難いご縁です。有ること難しです。
青春真っ只中のこの時期にこうしてお寺とのご縁ができたということは
これからの人生の道行きのなかでも本当に貴重なことだと思います。
 これからがまた楽しみです。
 
 仏さまのご縁です。このご縁に遇うことの難しさです。
若い時からご縁に遇う人もいればいよいよいいお歳になってご縁に遇う人の方が多いと思います。
ただ仏さまのご縁に遇わずじまいに人生を終える方が殆どだということです。
 早くからご縁に遇っていればと思い返すこともありますが
仏さまのご縁は今こここのご縁なのです。
 
 今の皆さんです。今ご縁に遇っているということです。
そのこと一つ大事にしてこれからも仏さまのご縁をいっぱいいっぱいいただいてまいりましょう。
 
 生まれ難い人間に生まれて仏さまのご縁をいただいてお念仏申す身にさせていただきました。
仏さまのご縁は私一人だけのご縁ではなく私たちみんなのご縁です。
 大きな大きな南無阿弥陀仏のいのちのつながりのなかに共々に生かされて生きてあることの有難さ尊さを思います。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2019.3.12)
<<円光寺>> 〒870-0108 大分県大分市三佐3丁目15番18号 TEL:097-527-6916 FAX:097-527-6949