浄土真宗本願寺派(お西) 浄華山 円光寺(大分県大分市)

 

お念仏申す生活法話

 
フォーム
 
資格と自覚
2018-03-08
 資格と自覚というお話です。
社会生活を営む上で、いろんな資格があります。
 でも資格があるからといって、それを活かすのはその人の自覚です。
自覚をもって資格を活かせないのでは宝の持ち腐れというか、何のことかわかりません。
 
 ただこの資格も大事なもので、資格がないと出来ないことも多くあります。
この時代この社会を生きるには資格をもつということは一つの大きな生きる術となります。
 
 社会的な資格を何ももっていなくても、どんな人も生きる資格はあります。
どんな人も生きているということ自体に尊い意味があると教えてくださるのがお釈迦さまのみ教えです。
 
 どんな人もというと、生まれながらに病気であったり事故に遭ったりして、
皆さんのような社会生活ができないという方もいらっしゃいます。
さまざまな境遇のなかで思い通りにならない人生を送られています。
 
 五体満足といいますが、本当に生きててよかったと喜んで生きている人ってどれくらいいるのでしょうか。
私自身に問われることです。
 五体満足で資格もあり、色んな生きる可能性がありながら不平不満で終わっていく、
そういう人生は空しいんじゃないですかと仏さまは教えてくださいます。
 
 どんな境遇にあろうとも、阿弥陀さまのご本願のお救いは生きとし生けるものすべてを分け隔てなく平等に救うと、
そのこと一つ聞いてくれよと南無阿弥陀仏となっておはたらきです。
 聞くことさえできない方がいらっしゃいます。でもそのお心おはたらきはどんな人にも届けられています。
 
 お念仏しないと救わないという仏さまではありません。
いつでもどこでも阿弥陀さまがご一緒です。そのこと一つ心に入れて今日の一日も過ごさせていただきましょう。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.3.8)
 
仏さまのものの見方
2018-03-07
 北朝鮮と韓国の南北首脳会談が4月に行われることがトップニュースになっています。
 
 南北といいます。また東西といいますが、上下左右という私たちのものの見方でいったら逆ですよね。
 
 お寺のお内陣には、お家のお仏壇と同じように真中にご本尊の阿弥陀さま、
左右に親鸞聖人蓮如上人のご絵像をご安置していますが、その横に余間という空間があります。
 
 向かって右側を左余間、左側を右余間といいます。私の目線からいうと、逆です。
これは仏さまを中心とした見方で、お寺は仏さまのみ教えが説かれる尊い処ということを表します。
 
 仏さまから見たら、私たちは真実に背くような生き方見方をしているということです。
私が私がとどこまでも自分中心にものを見、考え、生きています。
 仏さまはそこに私たちの苦悩の原因があるとズバリ見てとられたのです。
 
 私たちは自分の思い通りに生きたいと誰しも思い、行動します。
しかしその思いはそれぞれ自分中心で異なっていますから、対人関係で衝突が起こったり、背中合わせになったり、
すれ違いも起こってくるのです。
 
 お互いに決して楽しいことではありませんが、相手を思いやることもできず、憎み怒る心も出てきます。
 
 そうした真実にくらく愚かな私たちを阿弥陀さまはすでにご存知で、すべてのものを救おうとご本願を建てられ成就して、
南無阿弥陀仏となって私たちにおはたらき通しなのです。
 
 南無阿弥陀仏の心を聞いてくれよ、わが名をとなえ念仏申して生きてくれよとおはたらきなのです。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.3.7)
 
中陰のご縁に火の用心
2018-03-06
 七日日のお参りのご縁で「49日の間お仏壇のろうそくと線香を絶やすのはいけないんですよね」とお尋ねがありました。
 
 昔からの言い伝えで、49日の中陰の間お灯明と線香を絶えしたらいけないというのは、
亡くなって死出の旅が始まるということからきています。
よく三途の川を渡るとか六文銭をもたせるとかいいますね。
旅をするのに六文銭といったお金もいるし、冥界という暗い中を歩いていくのに明るいろうそくの灯がない迷いますし、
線香はご飯代わりといいます。腹が減っては旅もできません。
 
 何かもっともらしい話ですが、私たちの浄土真宗の仏教では命終わるその時そのまま阿弥陀さまの本願力のおはたらきで
阿弥陀さまのお浄土に生まれて仏にさせていただけると聞かせていただきますから、
亡くなってから旅が始まるのではなく、今お浄土への旅をさせていただいているというのです。
 
 先人の言い伝えには意味するものがあります。
お灯りと線香を絶やさないということはそこのお家に人がいるということです。
49日間の中陰の期間、先に往かれた方に思いを致し身も心も慎むということなのです。
 
 ところが今は核家族で外出したらお家に留守番がいなくなります。
そして外出するにも火の気があると心配で心配でたまりません。
 
 お灯りや線香はお参りするときだけつければいいのです。
つけっぱなしではなくて、御仏前を離れる時はちゃんと火の気は消しましょう。それで安心です。
 
 仏さまは私たちに安心をこそ与えますが、不安は解消してくださいます。
仏さまのご縁です。49日間はつとめて御仏前にお参りしましょう。
 先に往かれた大切なお方が仏さまとなってご縁をつくってくださいました。
精いっぱいお勤めさせていただきましょう。
 
 先に往かれた仏さまはいつも私とご一緒して、お念仏申す私をよろこんで見ていてくださいます。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.3.6)
 
春の嵐
2018-03-05
春の嵐です。昨日は温かいお天気でしたが、今日は一変して大きな雨になって夜中には雷が鳴っていました。
 
 春の嵐で、劇的に季節が変わるといいます。
よく三月のこの時期、三寒四温という言い方をします。
寒い日が三日そして暖かい日が四日と、徐々に温かくなるということです。
 
 確かに徐々にということですが、どこかの時点で劇的に変わるといいます。
私たちの信心いただくということを重ねて思います。
 
 お聴聞しましょうといいます。聴く聞くですね。
 よく「何ぼ聞いてもわからん」と言う人がいます。
何回聞いてもわからないから、また聞くんだと言われます。
 
 聴くは、こちらから聴きにいくといいます。すると聞こえてくるといわれます。
聞いたから聞こえてくるのではありません。聴いて聴いて聴いて、ふっと聞こえてくるといいます。
 
 阿弥陀さまの南無阿弥陀仏のお喚び声です。ふっと聞こえてくる、聞かせていただきます。
信心をいただく、天と地がひっくりかえるような劇的な変わり目です。
 
 しかしここは聞いておかないとわかりません。聞いておかないと聞こえてくるということもありません。
 
 ご縁なんですね。ご縁ご縁に聞けよ聞けよといいます。
聞いて聞いて頭でわかるということではありません。
 私の心、この身に聞こえてくるのです。
その聞こえてきた阿弥陀さまのお心がそのまんまこの口を通してナンマンダブツとお念仏となってでてくださいます。
 
 仏法を聞いてくれよ。お念仏を申す身になってくれよという阿弥陀さまの願いです。
そして私たちを仏さまのご縁に導いてくださったご先祖有縁の仏さま方の願いです。
 
 南無阿弥陀仏の大きな願いといのちのつながりのなかに、今日もこうしてご縁をいただきました。
お念仏を申してお礼をさせていただきましょう。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.3.5)
 
在家の仏道
2018-03-04
 私たちの浄土真宗の仏教は在家の仏教といわれます。
家に在る、住まいするということです。家があるということは家族があって共に生活をしているということです。
 生活をしていく中で仏道を歩ませていただける、いただく仏教なのです。
 
 在家の仏教に対して出家の仏教といいます。
出家とは捨家ともいい、家を捨てるのです。
家族の縁を切る。財産や地位や名誉も全部捨てて仏門の入り仏道修行に励むのです。
 
 山の仏教ともいいます。ひとり山に籠ります。
世俗の一切の執着、とらわれを全て絶つことから修行が始まります。
 
 家族とともに社会生活を営む私たちは到底出来ることではありません。
ではそうした出家修行ができない私たちは救われないのかというと、
親鸞聖人が20年間の比叡山でのご修行ののちにお出会いなされた法然上人は、
そういう在家の人こそ救わずにはおかないとすっとお立ちになった仏さまがいらっしゃるという
南無阿弥陀仏のお救いの法を説かれたのです。
 
 家族をもつということは、楽しいことですが、一人だったら気ままにということも、
二人三人四人になると、私の思い通りにならないことが増えてまいります。
 
 我が身のこともそうです。老いていく病んでいくいのちを終えていく、老病死の身を生きねばなりません。
思い通りにならない、苦しみです。
 
 そういう私たちを目当てに「必ず救う、まかせよ」と南無阿弥陀仏のご本願のお心おはたらきをいただいて
私たちがこの世に在りながら家庭をもちながら仕事をしながら仏道を歩ませていただくことができるのです。
 
 南無阿弥陀仏、お念仏の仏道です。
仏法を聞かせていただくなかに生活させていただきましょう。
 お家のお仏壇、御仏前にお念仏申して今日の一日を始めさせていただきましょう。
今日の一日を振り返り仏さまにお礼を申させていただきましょう。
 
 在家の仏道を心して、これからも歩ませていただきましょう。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.3.4)
 
お念仏の花
2018-03-03
今日は桃の節句です。
桃の花が今見頃です。河津桜も咲いています。いよいよこれから桜の本番ということになります。
 春になると色んな花が咲いて楽しみです。
 
 桜の開花日が気になるところですが、大よそその花花の咲く時期は決まっています。
突然急に根のないところに花は咲きません。
 大いなる光といのちに育てられて花が咲くのです。
 
 お念仏のみ教えでいいますと、私たちもお念仏の花を咲かせるといいます。
お念仏の花はお念仏の土壌に根を張ることで必ず咲かせていただきます。
 
 まさにお念仏の力おはたらきです。阿弥陀さまの本願他力と申します。
「必ず救うまかせよ」の南無阿弥陀仏のおはたらき一つに育てられお念仏の花を咲かせていただきます。
 
 お花はそれぞれ同じようで一つ一つ違います。人もまたそれぞれ違います。人それぞれの生活ぶりです。
今拝読の御文章さまにもいただきましたが、それぞれの生業、仕事も違います。家族、親子兄弟夫婦といっても違います。
 ただ同じ南無阿弥陀仏のお念仏の土壌に根っこをはる私たちは、
みんないのちつながっていっしょの同じ南無阿弥陀仏の花を咲かせるお念仏のお仲間です。
 
 お念仏の花をこれからもいっぱいいっぱい咲かせましょう。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.3.3)
 
ご縁つながって
2018-03-02
昨日お寺に訪ねてこられた方がいて、お母さんの四十九日をお勤めしていただけますかということでした。
初めてのご縁の方で、いろいろお話を伺いました。
 
 北九州に住んでいたお母さんが亡くなって、お手次ぎの浄土真宗のお寺さんにお葬式をしていただき納骨して
大分の家に仏壇を持ち帰り、今後のお勤めを同じ浄土真宗の円光寺でしてほしいということです。
 
 これまでも何件か、お葬式は他のお寺さんお坊さんがお勤めして
その後の四十九日から初盆、一周忌、三回忌という仏事のお勤めを頼まれることがありました。
 今はお葬式でお終いというところもあり、お葬式自体をしないところもでてきました。
 
 ずっとお話を聞いていましたらこれまでにご縁のある方で、以前円光寺にお参りされお話を聞いたことがあり
すぐ近くのご門徒さんをよく知っているということで、とんとん拍子に話が進み
何日の何時にお勤めにお参りしますということになりましました。
 
 ご縁です。ご縁というのは自分があれこれつくり上げるものではありません。
これまでもつながって、これからもつながっていく仏さまのご縁です。
 
 そしてもう一つお聞きしたいということで、新しいお仏壇を申して古いお仏壇をどうしたらいいかと、お仏壇の処分です。ゴミに出すといってそのままでは市のごみ収集の決まりでできません。
 仏壇店に引き取ってもらうのがベストですが、お仏壇と分からないようにしてゴミに出したらいいですよと言いました。
 
 一般心情的に私たちはお仏壇を粗末に扱ったり、勝手に始末できません。
そこで魂抜きのお経をあげてほしいとか言われますが、御礼のお勤めをさせていただきましょうと言いました。
 それは特別なお勤めではなくて、日々のお勤めです。日々のお勤めのなかに御礼をさせていただくのです。
それで古いお仏壇のお役目が終わり新しいお仏壇のお役目が始まるのです。
 
 そして大事なことはお家の中心、お仏壇の中心の阿弥陀さまという仏さまです。
阿弥陀さまがずっとずっといつでもどこでも私たちの生活を見守ってくださってあるということです。
 その阿弥陀さまのご縁を私たちにつくってくださったのがご先祖有縁の仏さまです。
仏さまの大きなご縁につながって生かされて生きている私たちだということです。
 
 ずっとずっと広く広くご縁つながってあるなかに私たちは安心して今日一日の日暮しをさせていただけるのです。
それを救いといただきます。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.3.2)
 
十方衆生へ声かけ
2018-03-01
 あっという間に3月になりました。明るくなりました。
昨日から強い風が吹いて春の嵐といいますか、季節の変わり目、春になってくるということです。
 
 昨日はコンパルホールで毎月一回の法話会のご縁をいただきました。
円光寺通信にはおでかけ法話会とご案内していますが、お寺から外に出かけて仏さまのご縁をいただくということです。
 
 昨日はいつものメンバーとは違う人が一人来ていました。一目見て誰かなって思いました。
いつもの方ははがきでご案内しますが、1月から大分合同新聞木曜日の夕刊「ラーン&プレイ」のコーナーに
「ようこそ大分まちなか法話会」ということでご案内を無料で掲載させていただいています。
その記事をみてこられたということでした。
 誰かなって、失礼ですよね。こちらからご案内したことでしたのに、でも嬉しかったです。
 
 ご縁づくりということを思います。
いろいろ工夫して声かけをしますが、その成果というか、
声かけをして10人のうち100人のうち1000人のうち、大分合同新聞を読んでいる人でいったら何万人のうち、
どれほどの人が案内をみて、実際にやって来られるのか、そしてこれからも続けて来てくださるのか、
何人来られたから善い悪いではありません。これもまたご縁というよりほかありません。
 
 私たちの阿弥陀さまのお寺もそうです。
どなたがお参りされてもいいんですが、いつもの人がいつものようにお参りされます。
 有難いことですが、どうして他の人のお参りがないのでしょうか。
どこかに問題があるのです。私のところに問題があるのでないでしょうか。
どこかで壁をつくって、この人は善いよ、この人は悪いよなどと見ているのではないでしょうか。
 
 阿弥陀さまは十方衆生よと呼びかけです。
人間だけではなくて生きとし生けるものすべてに声かけです。
 ナンマンダブツとお念仏申して来いよと、ナンマンダブツナンマンダブツという声かけをいただいて
今日もこうしてお朝事のお勤めをさせていただきました。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.3.1)
 
工夫しましょう
2018-02-28
昨日ある会議で西本願寺の時間のラジオ放送のことが話題になりました。
 
 来年度の予算を組むのに、切迫した財政状況で、多額の経費を要するラジオ放送について、
どれくらいの人がラジオ放送を聴いているのかという話になりました。
 
 ある方(ご門徒さん)は「周りの方に聞くと、知らない人ばかりだった」ということで、
お金を使っても効果のないものは極端に言ったらやめた方がいいという意見でした。
 
 ある方(ご住職さん)は「ある時同じ地域のご門徒でない方に、あんたんとこの本願寺がラジオ放送しよるな、
と声をかけられた」といいます。
 日曜日の朝7時に車で外に出る用事があったんでしょうね、ラジオから耳にスーッと入ってきたといいます。
こちらからが聞くのではなくて勝手に聞こえてくるというのです。
 
 ラジオ放送の意味を思います。
ラジオからの発信を受け取る方は不特定多数で、どれくらいの人が聞いているかどうかはわかりませんが、
受信すれば聞こえる、聞こえてくるということです。
 
 成果ということをいいます。
成果があれば続ける、成果がなければやめる。極端に言うと○×方式で、合理的なものの見方で分かりやすいですね。
 
 ところが○×の前にもう一つ、工夫するということが大事だと思います。
知らない方がいるんだったら、何で知らないのか、知らせる工夫をしなければいけないのではないでしょうか。
 
 私たちの阿弥陀さまのお救いです。阿弥陀さまのお救いは成果をいいません。
この仏さまは求める人がいるから救うのではありません。
 求めるどころか、背中を向けて逃げ回っている私だからこそ救わずにはおかないとお立ちになられたのです。
阿弥陀さまの救いの目当ては、十方衆生のこの私です。
 
 すべてのいのち、すべての人を救わずにはおかないとお立ちになりました。
一人でも多くの人ではありません。一人も漏らすことなく、みんなを救うのです。
そのみんなのなかに一人私を救うというんです。
 
 ナマンダブナマンダブと声をかけていかれます。
振り向く人がいなくても、横をぷっと向く人がいても、
ナマンダブナマンダブとどこまでも私を追っかけるように声をかけてくださいます。
 
 お寺について成果ということを言われたら、お参りされる人をみても、成果があがっているとはいえません。
 
 私たちのお念仏の法義です。何度も何度も喚び詰めに喚び続けてくださる阿弥陀さまがいらっしゃるおかげで
今日のご縁ができています。皆さんに会うことができました。
 そのこと一つこれからのご縁ご縁にまた思って、私にできる精いっぱいのことをさせていただきたいと思います。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.2.28)
 
これからの仏教は聴く仏教です
2018-02-27
 昨日僧侶研修会がありました。お坊さんだけの研修ですが、講師は僧侶ではありません。
京都奈良の少年院、刑務所に勤務され、教育監という受刑者の方と接する職務をされていた方です。
 浄土真宗のご門徒で、お寺さんとも深いご縁のある方のお話でした。
 
 お友だちのお坊さんから「これからの仏教は説く仏教より聴く仏教や」と言われたそうです。
説く仏教とはお坊さんが仏教とはこうだよ、浄土真宗はこうだよと、まさにお説法するということです。
 そういうかたちが一つ基本ですが、聴く仏教というのは、聴聞の聴くと書きます。
聴診器の聴でこちらから聴いていくということです。
 
 何を聴くのか、その人ひとの悩み苦しみ、思いをひたすら聴くことが大事だと言われます。
今現代の世の中は人と人とのつながりが薄くなったといわれます。
 
 周りに人はたくさんいるけれども、自分の思いを聞いてもらう場所がない、聴いてもらう人がいない。
自らの悩みを愚痴を話すということは中々難しいことです。
 だからこそここはお坊さんの出番だと、お寺という場が生きてくると言われました。
 
 お寺は安心できるところです。
 今婚活がブームで、海潮寺さんにのぼりが立っていますが、お寺で婚活です。
いろんなところで婚活のパーティがあるそうですが、何か事件に巻き込まれるような不安もあるなかで
お寺だったら大丈夫安心できるといいます。
 お坊さんだったら初めて会う方でも、話を聞いてもらえると思われるのではないかというお話でした。
 
 これからのお寺が生きる道がここにあると思いました。
お寺が生きるという以上に、皆さんの思いを聞いていくということは、お寺をあずかる住職のつとめだと思います。
 
 そこでその先生が言われたのは、昨日お話しました、あのカーリングの「そだねー」という話です。
「そだねー」と聞いていく。そうやね、そうだねと、相手の顔を見てひたすら聞いていくことの大切さです。
 
 人に何か言われたら言い返したくなる私たちです。
そうやないこうだと自分の意見を押し付けることさえあります。
すると相手は心を閉ざして、もう話しません。こちらの言うことも聞きません。
 まずその人の話をそうやね、そうだねと聞くなかに、今度はその人がお坊さんの話を聞くようになると言われました。
 
 「そだねー、そだねー」。まさに私たちの阿弥陀さまがそうなのです。「そだねー」の仏さまです。
 阿弥陀さまは決して阿弥陀さまの方からこうしなさいああしなさいと、
こうしないと救わないよ、善いことをしないと駄目だよと、条件を出したり注文したりする仏さまではありません。
 一つの条件注文をつけられたら、私たちはどこかに逃げてしまいます。
 
 いや逃げている私たちですが、阿弥陀さまが追っかけて来るんですね。
「そだねー、そだねー」南無阿弥陀仏、あなたの苦しみ悩みをそのまんま引き受けたから大丈夫だよ安心しなさいと、
私のところに来てくださって私の口からナンマンダブツと今日もお念仏が出てくださいました。
 
 お坊さんだけではなく皆さんも、隣の人の話を聞いて「そだねー」と共々にお念仏に生かされていきたいと
昨日はお坊さんではない方のお話を聞かせていただいて、本当に「そだねー」と思いました。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.2.27)
<<円光寺>> 〒870-0108 大分県大分市三佐3丁目15番18号 TEL:097-527-6916 FAX:097-527-6949