浄土真宗本願寺派(お西) 浄華山 円光寺(大分県大分市)

 

お念仏申す生活法話

 
フォーム
 
子どもっていいな!
2018-01-29
 昨日ご法事があって、お正信偈さまのお勤めをしていましたら、後ろから子どもさんの声が聞こえてきました。
ずっと一緒にお勤めをして、念仏和讃という節のついた難しいところに入っても子どもさんの声がついてきました。
 
 お勤めが終わってご法話をさせていただき、お茶をいただきながら「ぼくってすごいね」と声をかけました。
小学校低学年の男の子です。しっかりお経本を持って読んでいたんでしょうね。
 
 子どもっていいな、と思います。
そのまま声が出るんですね。声になって出るんですね。その声が耳に入って覚えるんですね。身につくといいます。
 逆に大人になると中々声が出ません。文字は読めますから、そのまま声を出せばいいんですが、
声を出していいものかなどと、考えます。素直じゃなくなるというか、私がという、はからいにとらわれます。
私が邪魔をします。
 
 私たちの阿弥陀さまのご本願のお救いの法は、「まかせよ救う」の南無阿弥陀仏のおはたらきです。
南無阿弥陀仏は「まかせよ救う」のおよび声です。
 「まかせよ救う」というんだから、私のところでどうこうはからうのではなく、
そのまま「はい、おまかせします」でいいんです。「はい」の一声でいいんです。
 その「はい」が南無阿弥陀仏です。今日も皆さんの口から声となってお念仏が出てくださいました。
南無阿弥陀仏のお念仏です。
 
 私が出そう出そうと思って出るお念仏ではありません。
ただ最初のうちは声に出そう、出さないとお念仏の声になりません。
仏さまのご縁をいただいて、お念仏を申す身にさせていただくのです。
 
 させていただくとは、仏さまがお念仏を申す私にしてくださるということです。
子どもに理屈で話すことではなくて、子どもは周りの人の後ろ姿を見て育ちます。
素直にそのままいただきます。
 子どもっていいな、と思います。
 
 もう一ついいなと思うのは、ご法事のご縁に子どもさんがご一緒するということです。
今はご法事とか人が集まるときには、子どもはウロウロするから声を上げて騒ぐからと周りに配慮して、
子どもさんが一緒にお参りしないご法事が多くなりました。
 
 小さい頃からご縁をいただくことの大切さを思います。
仏さまは子どもがどんなに騒いでも決して叱りません。
「ようこそお参りなさい」と微笑み喜んでくださいます。
 
 ご縁をいただくかどうかは、そのお家の皆さんの裁量です。
あの時ああしておけばよかったというお話ではありません。
 これからです。これからできるご縁、させていただくご縁です。
 
 仏さまのご縁をいっぱいいっぱいいただいて、ご一緒にお念仏を申す身にさせていただきましょう。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.1.29)
 
栃ノ心関、おめでとう
2018-01-28
 何かと話題の多い大相撲の初場所で、平幕の栃ノ心関が14日目で初優勝を決めました。
いつもの顔ぶれではなくて新鮮でしたし、本当に強かったですね。
 
 ロシアに接するジョージア(グルジア)の出身で、順調に出世して関脇まで上がりますが、
右ひざに大けがをして、一時は幕下の下位まで落ち、相撲をやめて母国に帰ろうと思ったこともあったそうです。
しかし思い返し体を鍛錬しけいこに励んで苦労して再入幕したというお相撲取りさんです。
 そんな話を聞くとまた感動します。
 
 その栃ノ心関が所属する相撲部屋が今問題になっています。
親方は愛弟子の快挙に感激して「今までやってきたことがよかったのかなと思った」と言われたそうです。
部屋の弟子から優勝者を出せたということで、大変名誉なことです。
 ところが部屋にはたくさんのお弟子さんたちがいて、
今回公になった傷害事件では、加害者被害者の二人が、相撲をやめていったということです。
 
 親方と弟子です。師弟の関係です。また親子の関係でもあります。
親方は親御さんから大事な子どもさんをあずかります。
相撲部屋という一種独特な世界に年若い子が、また異国の地からも入門します。
 だからこそ親方と弟子の関係は親と子の関係以上のものだともいわれます。
親は子どもを護る、保護する責任があります。どんなに出来の悪い子どもでも最後の最後まで護るのが親です。
 
 何人もいるお弟子さんのなかで、十両以上の関取になるのは一部で、大方は志半ばでやめていきます。
そうした弟子の面倒を最後までみるのが親方ですが、今回の傷害事件は、子どもから親が訴えられるという事態です。
 
 私たちのお念仏の先人は、ご本尊の阿弥陀さまを親さまと仰いでお慕いしてきました。
親という以上は、私たちは仏の子どもです。
 
 今日の御文章さまに「十人は十人、百人は百人ながら」とありました。
阿弥陀さまのお救いのご法義はすべてのものを分け隔てなく必ず救うというおはたらきです。
 阿弥陀さまは、あなたは悪いことばかりするから駄目だと排除したり、
こういう善いことをしたら救ってあげるよと条件をつけたりする仏さまではありません。
 
 世間からあんな悪人はと見捨てられるような子どもほど阿弥陀さまは心配で心配でならないのです。
それが十人は十人ながら百人は百人ながら救うという、阿弥陀さまの大きな大きなお心おはたらきなのです。
 
 一人として漏らさず救うとのお心を、親鸞聖人は
「弥陀の五劫思惟の願をよくよく案ずれば、ひとへに親鸞一人がためなりけり」(歎異抄)といただかれました。
 
 この私一人のために、スーッとお立ちの仏さまになってくださいました。
「いつでもどこでも私が一緒ですよ」と南無阿弥陀仏の声の仏さまとなって私のところに来てくださいます。
 
 そのこと一つ心に入れて、お念仏申すなかに今日の一日も生き抜かせていただきましょう。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.1.28)
 
念仏のせきが出るでる
2018-01-27
インフルエンザが大流行の兆しです。
 
 風邪です。風邪をひくと咳が出ます。咳が出たら注意信号とでもいいましょうか、風邪と咳の関係です。
 
 浅原才市同行が
「かぜをひけば せきがでる さいちが ごほうぎのかぜをひいた ねんぶつの せきがでるでる」と詩をよんでいます。
 風邪をひくと咳が出るように、南無阿弥陀仏のご法義に遇うとお念仏が出てくださるというのです。
 
 お念仏のかぜです。
インフルエンザはかからない方がいいです。うつしたりうつされたりしたら大変です。互いに用心しましょう。
 ところがお念仏のかぜは自然に周囲にうつっていきます。
ゴホンゴホンじゃないけれども、ナンマンダブナンマンダブと、お念仏のかぜです。
 
 お念仏のかぜは、阿弥陀さまのおはたらきそのものです。
南無阿弥陀仏「まかせよ救う」の阿弥陀さまのおはたらき一つに隣の人となりの人にそのまんまお念仏がうつっていきます。
 
 インフルエンザの風邪と念仏のかぜが違うのは、インフルエンザは治療しないといけません。
治すんです。また治る方が殆どです。
 ところが、お念仏のかぜは一度ひいたらそのまんま、治らないんです
そのまんまこの口を通して出てくださるのがお念仏です。
 
 どうぞお念仏のかぜをひきましょう。
というより、もう皆さんすっかりお念仏のかぜをひいていますね。
 お念仏のかぜはマスクをしなくても治療しなくても、用心しなくてもいいですよ。
そのまんまでいいですから、どうぞお念仏のかぜを隣の人となりの人にうつしていきましょう。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.1.27)
 
クローン猿の誕生
2018-01-26
中国でクローン猿が誕生したというニュースです。
 
 1997年にイギリスでドリーというクローン羊が誕生したということで、世界中の大きな話題になりました。
人間の生に科学のメスを入れるということで、遺伝子操作など生命科学の研究は飛躍的に進んでいます。
 
 羊から猿へといえば、人間と同じ霊長類ですから、クローン人間がいよいよ現実味をおびてきたということでしょうか。
 
 そのクローン羊を誕生させた科学者に、
当時子どもを亡くした親から「愛する人を再生することが可能でしょうか」と電話があったといいます。
 再生です。クローンというのは全く同じ生命体をつくるということです。
 
 私たちも日頃何気なく「子どもをつくる」ということを言っていませんか。
子どもは授かりもの、恵まれしものといいます。
 私たちのいのちはつくられたいのちではないのです。恵まれた、授かったいのちなのです。
だからこそ精いっぱいこのいのちを生きていこうと思います。
 
 そのことを教えてくださるのが、仏さまです。南無阿弥陀仏のみ教えです。
 
 私たちは大いなるいのちに生かされてこのいのちを生きています。
人間の思い、自分の思いだけで何でもできるものではありません。
 それこそ恵まれしいのちを人間の自分勝手な思いだけで操作するようなことになれば、
最後に残るのはどんな人間なのでしょうか。
 果たしてこれから先人間が本当に生きていくことができるのかなとさえ思います。
 
 南無阿弥陀仏のみ教えに聞かせていただきましょう。
            
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.1.26)
 
大自然に生きる
2018-01-25
今日は特別寒い朝になりました。
私たちは日々大自然の中に生きているのだなと思います。
 
 一昨日は群馬県草津の白根山が突然噴火して、亡くなった方もいらして、大変なことになっています。
草津には全国的に有名な草津温泉があります。まさに自然の恵みです。
 
 この近くでも別府の鶴見山は活火山で、同じようにいつ噴火するかわかりません。
まあ大丈夫ということで、今日も別府温泉は全国の観光客で賑わっていると思います。
 
 ただ自然の恵みと自然の脅威は背中合わせということ、
その大自然の営みの中に私たちの日々の生活があるということを改めて思い知らされます。
 
 親鸞聖人は阿弥陀さまのお救いの法を自然法爾(じねんほうに)ということで教えてくださっています。
自然法爾とは「おのずからしからしむ」という南無阿弥陀仏のおはたらきです。
 
 南無阿弥陀仏は「まかせよ救う」の阿弥陀さまのお喚び声です。
喚ばれた私はただ「はい、おまかせします」南無阿弥陀仏の一声でいいのです。
 
 ところが高慢ちきなこの私は素直に「はい」と言えません。
「そんなはずはない」と疑い心さえ起るのがこの私の自性です。
阿弥陀さまと相撲を取るようなものです。どんなにこちらがいきがっても到底相撲になりません。
 
 大自然と相撲を取っても、結局勝ち負けでいったらやっぱり負けてしまいます。
だって私たちも同じ大自然の中のいのちを生きているのですから。
 
 大きな大きないのちのなかに生かされてあるいのちなんだと気づいてくれよといわれます。
ところが人間、私たちは偉いものだから、自然に立ち向かおう、自然を克服しようという心までも出てきます。
 
 自分がもっともっとよくなりたいという欲の心、それが適わないと怒りの心に変わります。
本当のことに目覚めていない愚かな凡夫の私がいます。
 阿弥陀さまは愚かな私と知らせてくれてそのまま救うというおはたらきの仏さまに成ってくださいました。
 
 愚かな私だから駄目だということではありません。
愚かな私と知らせてそのまま救う、南無阿弥陀仏の自然法爾のおはたらきです。
 ナモアミダブツ「まかせよ救う」のお喚び声に、ナモアミダブツ「はい」とおまかせすればいいんです。
 
 今日の一日も色んなことがあるでしょう。予期せぬことも起こるかわかりません。
ここは大きないのちの営みにまかせて安心して、お念仏申して今日の一日も生かされて生きてまいりましょう。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.1.25)
 
東京の雪景色
2018-01-24
 昨日のワイドショーは東京首都圏に降った大雪のことでいっぱいでした。
 
 東京上空からヘリコプターで東京の町を見せてくれました。
あるコメンテーターが「今までに見たことがない景色、きれいだな」と言いました。
するとすかさずメインキャスターが「今大変な方もいらっしゃいますから」と言われました。
 
 通勤通学で転んで救急車で病院に運ばれている方もいらっしゃるかもしれません。
もっと大変な状況の方もあるかもしれません。
 そうした方々のすがたがヘリコプターの映像には映らないんです。
初めて見るきれいな雪景色だと思います。
 
 ただこれがたくさんの人々が生活している東京だという映像がすぐその後に映しだされました。
どこかの駅の構内に人がいっぱい、まさにぎゅぎゅうづめになっています。
恐ろしいくらいにいっぱいです。狭いなかに何百人もの方がうごめいています。
 
 その一人一人に生活があるということです。家族があるということです。
今から会社に行くんでしょうね。学校に行くんでしょうね。
今日は30分、1時間も早めに家を出た方もたくさんいるでしょうね。
 
 私たちは中々その一人一人ということについて思うことが難しいです。
いや家族であってもいつもあなたのことを思うているということは難しいです。
自分のことで精いっぱい、生きることで精いっぱいの私たちの有り様です。
 
 そうした私たちをこの阿弥陀さまはすっと見抜かれて、私たちにああしなさいこうしなさいというのではなく、
私たち一人一人に寄り添って「まかせよ救う」南無阿弥陀仏のおはたらきの仏さまになってくださいました。
 「十人は十人百人は百人ながら」という御文章さまのお言葉があります。
100人のうち99人を救えばいいのではありません。過半数だったら合格という話ではないのです。
 
 阿弥陀さまはすべのものを一人残さず必ず救うとおはたらきです。
百人いたら百人をです。そこにこの私が救われる教えがあります。
この私をこそ救わずにはおかないと聞かせていただきます。
 
 ご緒に、お念仏申しましょう。(2018.1.24)
 
小さな訪問者
2018-01-23
昨日ピンポーンと鳴って坊守さんが玄関にいくと、小学生の女の子二人が「トイレをかしてください」と来たそうです。
以下は、後で坊守さんから聞いたお話です。
 
 一人がトイレに行ってすぐさま「広いなあ」という声が聞こえたといいます。
お寺の本堂はお家に比べて随分広いしスケールが違いますから、トイレもまた広く感じたんでしょうね。
 
 その間にもう一人の女の子が坊守さんにこう聞いたそうです。
「お聞きしますけど、朝が来た!いのち まいにち あたらしいって、どういう意味ですか」という質問です。
 
 山門の掲示板に町角掲示板と同じ月のことばを貼っています。
今月のことばが「朝が来た!いのち まいにち あたらしい」だったのです。
掲示板をちゃんと見てくれているんだなと思ったら、何か嬉しかったです。
 
 そこで坊守さんが答えたそうです。
「毎日目が覚めるでしょ」と言って、「もし目が覚めなかったら、どうなると思う」と聞いたそうです。
ちょっと間をおいて、その子が「目が覚めなかったらそのまま眠ってます」と答えたといいます。
 
 いいですね。子どもの感性って、本当に素晴らしいと思います。
 
 目が覚めるということは、生きているということです。目が覚めてみたら生きていたのです。
私が目覚めよう、生きようと努力したのではなくて、目が覚めてみたら生きていた、朝が来たということです。
 
 私たちは、今、このいのちを生きています。
昨日のいのちでもない、明日のいのちでもない、今日のいのちです。
 
 「いのち まいにち あたらしい」、今日も精いっぱい生きていこうとお念仏申す、このお朝事のご縁です。
今日もこうしてご一緒にお勤めができました。阿弥陀さまにお礼ができました。
 
 今はまだ暗く寒い朝の時間ですが、これから日中にかけて明るくなります、あたたかくなります。
人人それぞれに色んなことがある今日の一日ですが、このいのちを精いっぱい生きてまいりましょう。
 
 さっきの女の子、どのように坊守さんのお話を聞いたかわかりませんが、ようこそお寺に来てくださいました。
問いをもつこと、そしてその問いを仕舞い込まずに素直に聞くことの大切さを教えてもらいました。
 これからの人生の中でふっと今日のことを思い出して、大事なことに気づかせていただければと思います。
 
 日々の生活の中で仏法に遇わせていただきます。
私たちはもうすでに仏さまの大きな大きなおはたらきのなかに生かされてあるのです。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.1.23)
 
いのちのバトン
2018-01-22
昨日は全国都道府県対抗の男子駅伝がありました。
先週は女子の駅伝があり、この時期、高校、大学、実業団と、箱根駅伝もあって、毎週のように駅伝中継があります。
炬燵に入ってテレビ観戦する方は気楽ですが、選手の皆さんは大変です。
 
 駅伝は個人競技ではなく、チームが一つになって一本のタスキをつないでいくという日本で生まれた団体競技です。
 
 前の選手からもらったタスキを次の選手に渡していきます。
途中で走れなくなってタスキ渡しができずに、無念の涙を流す選手の姿も見てきました。
 
 まさに命がけの競技です。いのちのタスキです。
この一本のタスキには、タスキをつなぐ選手だけでなく、たくさんの方々のあつい思いと汗と涙がしみ込んでいます。
 
 相田みつをさんの『自分の番 いのちのバトン』という詩を紹介します。
  「父と母で二人 父と母の両親で四人 そのまた両親で八人
   こうして数えてゆくと 十代前で千二十四人 二十代前では…‥?
   なんと 百万人を超すんです
   過去無量の いのちのバトンを 受けついで いま ここに 自分の番を生きている
   それがあなたのいのちです それがわたしのいのちです」
 
 私たちは今ここにいのちを生きています。
 このいのちは私が始めたいのちではありません。私がつくったいのちではありません。
お父さんお母さんがいたということです。
 そのいのちのバトンをいただいて、今私は生きています。
 
 昨日は卓球の全日本選手権もあって、男子は14歳中学生の張本選手、女子は17歳の高校生伊藤選手が初優勝しました。
新旧交代と新聞の見出しに大きくありました。
 どんなに強い選手でも、いつまでも勝ち続けることはできません。いつかは必ず後進に道を譲らねばなりません。
 
 私たちのこのいのちにも限りがあります。
そのことだけみると、いのちのはかなさ虚しさを思い、何か悲しくなりますが、
仏さまのみ教えに、人のいのちは限りがあっていつか必ず終えていくけれども、
そのまま仏に成らせていただくいのちなんだよ、と聞かせていただきます。
 仏さまのご縁をいただいて、無量のいのちをいただきます。
 
 新旧交代です。バトンをつないでいきます。
私たちのバトンは、南無阿弥陀仏のいのちのバトンです。
 
 ナンマンダブツとお念仏申す身にさせていただきます。
お念仏のいのちのバトンは、大いなるいのちのお念仏の世界へと、皆をいっしょにつないでくれるバトンです。
 「みんないのちつながっていっしょ」の世界へ「いっしょにこうえ~」とお念仏の声かけをしていきましょう。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.1.22)
 
みかえり阿弥陀如来さま
2018-01-21
 先日京都に行き、永観堂というお寺にお参りしました。
紅葉の名所として有名な浄土宗のお寺で、永観堂は通称で、禅林寺という寺号です。
 
 永観堂は「みかえり阿弥陀如来」像をご安置していることでも有名で、初めて拝見させていただきました。
正面を向いた阿弥陀さまではなく、左の方を向かれています。
 
 昔、住職の永観さんが大きな法要で行道をしているときに、阿弥陀さまが出てこられて左肩越しに永観さんを振り向かれて
「永観、遅れて来るな。早く来い」と呼びかけているお姿というお話があるそうです。
 行道で後ろに続く永観を心配して待ってるお姿といいます
 
 私たちのお寺のご本尊も阿弥陀さまですが、正面を向いています。
私たちの方を向いて、私たちのことを心配して、私たちを待ってる仏さまなのです。
「お参りしましょうね」とよんでくださり、「ようこそお参りです」と寄り添ってくださるお姿です。
 
 皆さんは今ここにお参りされています。阿弥陀さまのお心おはたらきが至り届いた尊いご縁です。
 
 お寺参りするご縁なしに命を終える方もたくさんいらっしゃいます。
阿弥陀さまはすべてのものを必ず救うというおはたらきの仏さまになってくださいました。
ただ阿弥陀さまのお救いのみ教えに遇わなければ、これほどもったいないことはありません。
 
 仏法を聴聞してくれよ、お念仏を申す身になってくれよと、この私を喚び通しに喚んでくださいます。
いつまでもどこまでも辛抱強く、この私を待ってくださっているのです。
 
 お寺にお参りしないと、お仏壇にお参りしないと、お墓にお参りしないといけないというお話ではありません。
 
 阿弥陀さまの大きな大きなお慈悲のおはたらきのなかに、私たちの日々の生活があるということです。
 ただご縁に遇わなければ、そのみ教えを聞かせていただかねば、何とももったいない。
空しい人生で終わりますよと、親鸞さまが私たちにお勧めなのです。
 
 今日もこうして皆さんご一緒にお朝事のご縁に遇うことができました。
いよいよお念仏申す身にさせていただきましょう。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.1.21)
 
ご本山のお朝事
2018-01-20
 昨日一昨日と京都に行き、昨日はご本山(京都西本願寺)のお朝事にお参りしました。
 
 ご本山のお朝事は一年を通して朝6時からのお勤めです。
山門を入って向かって右側の阿弥陀堂で『讃仏偈』のお勤めをし、
続いて左側の御影堂で『正信偈和讃』のお勤めをさせていただきます。
 
 ご本山のお朝事はいつもたくさんのお同行でいっぱいですが、
このたびは、御正忌報恩講が16日までお勤まりで、その直後のご縁ということもあってか、30人ほどのお参りでした。
 
 お内陣や余間、外陣には50人ほどの僧侶が出勤して、本堂中に声明が賑々しく響き渡ります。
京の底冷えといわれる寒い京都の朝ですが、身の引き締まる有難いご縁に遇わせていただきました。
 
 出勤の僧侶と分ける結界の最前列に張り付くように10人ほどのお同行が同じ式章をつけてお参りでした。
いつも毎朝お参りされている常朝事のお同行の皆さんだと思います。
 私はその真後ろちょっと離れて座りましたが、背筋をすっと伸ばして声高らかに称名念仏申すお姿に敬服しました。
 
 本当に有難いなと思います。今日もお参りの皆さんです。
浄土真宗のお寺は門徒の持てるお寺といっても過言ではありません。
 ご門徒皆さんの篤いご懇念に支えられて私たちのお寺があります。
 
 6時は真っ暗でしたが、1時間ほどのお勤めで外に出たら、すっかり明るくなっていました。
本願寺の前の堀川通りも車がどんどん行き交っていました。
 
 「今日も一日が始まるだな」と思いました。
お朝事のご縁に遇って、阿弥陀さま、親鸞さま、蓮如さまにお礼を申して今日の一日を始められる。
 この身の幸せをまた思ったことです。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.1.20)
<<円光寺>> 〒870-0108 大分県大分市三佐3丁目15番18号 TEL:097-527-6916 FAX:097-527-6949