浄土真宗本願寺派(お西) 浄華山 円光寺(大分県大分市)

 

お念仏申す生活法話

 
フォーム
 
日々食事をするようにお念仏のご法義をいただきます
 私たちが日々生きる生活する基本は何でしょうか。
いろんな考え方があると思いますが、やっぱり食べることかなと思います。
 食欲といいます。食べる欲がなくなる時が死ぬ時だということをいわれます。
 
 食事です。
一回食事をしたら一日一週間一か月一年一生足りるかといったら違います。
お腹が空くと食欲が次々と出てきます。
 
 一日三食といいます。朝昼晩の食事です。
人によっては一日一食、二食、四食、五食という方もあるかもしれませんが
私はというとこの十数年三食の時間を決めて食事をさせていただいています。
 朝食は7時半です。この6時半のお朝事の後でということで、お朝事が私の一日の基本になっています。
 
 このお勤めをすることを食べることに譬えていただきます。
一日三食と時間を決めてということですが、毎朝6時半のお朝事です。
毎日お参りの皆さんと共に朝食をさせていただくということです。
 
 お寺にお参りしないとお勤めができないということではありません。
皆さんのお家でもお勤めはできます。
 お経をあげるということですが、そのまま仏さまのみ教えを聞かせていただくことです。
阿弥陀さまのご本願のお心、必ず救うまかせよのおはたらきのみ教えを聞かせていただくのです。
 
 一回聞いたらそれで十分、一回聞いたら大丈夫ということではありません。
何度も何度も聞けよ聞けよといわれます。
 ちょうど毎日食事をするようにということです。
何度も何度もがお念仏となって私の身に付いてくださるのです。
 
 私たちの日々の生活のなかでお念仏を申すということがそのままみ教えをいただくことになるのです。
お念仏のご法義、南無阿弥陀仏のおはたらきのすごさです。
 
 日々の食事は家族の食事ですが、あらためて心してという食事も大事です。
今日は日曜日でご法事が三件あります。
ご法事は家族に加えてご親族の方もお参りです。
有縁の皆さん共々にあらためて心してお念仏のご法義をいただきたいと思います。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2019.2.24)
 
宇宙探査機「はやぶさ2」の快挙
 日本の宇宙探査機「はやぶさ2」が小惑星のリュウグウに着陸したというニュースです。
直径900mという小惑星で地球から3.4億km離れたところにある
私たちの肉眼ではとても見ることができない小さな小さな星です。
 
 この惑星に着陸する確率を「バスケットボールのゴールを宇宙から狙うようなもの」と言われていました。
本当に人間業とは思えないようなことですが、それが実際に出来たのです。
科学の力です。科学の力というのは本当に凄いなと改めて思い知らされます。
 
 この宇宙探査の目的は宇宙の生命の起源を探ることだといいます。
我が身のことでいいますと、この命はどこから来たかということです。
 そして今私たちはこの命を生きていますが、これからもずっと生き続けるわけではありません。
いつか必ずこの命を終えていかねばなりません。
 命終えてどこへ行くのかです。
どこへ行くのか科学の力でそのことが解明されるのでしょうか。
これまでのことは色んなデータで検証できてもこれからのことは科学でわかるのでしょうか。
 
 この私がどこから来てどこに行くのか。
今ここに生きる私たちの苦悩の解決に科学は応えられるのでしょうか。
 
 仏さまはズバリ私たちに教えてくださいます。
すべてのものを分け隔てなく必ず救うという阿弥陀さまの本願を信じ念仏申して
阿弥陀さまのお浄土に往き仏に生まれさせていただくという南無阿弥陀仏のみ教えです。
 そのこと一つ聞けよ信ぜよそのまま南無阿弥陀仏にまかせて
ナンマンダブツとお念仏申すなかに生きていくんだよと教えてくださいます。
 
 今こここの命を私たちは生きています。
いろんな思いをもって生きています。
 それこそ自分の思い通りにいく人生であったらいいのでしょうが、思い通りにはいきません。
苦しみ悩み、迷いもでてきます。
 
 そういう私を決して見捨てることなく「まかせよ救う」と阿弥陀仏はおはたらきです。
 どこから来てどこへ行くということもすべて阿弥陀さまにおまかせして
お念仏申して今日の一日も日暮しさせていただきたいと思います。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2019.2.23)
 
吸う息吐く息お念仏
 「前念命終(ぜんねんみゅうじゅう)後念即生(ごねんそくしょう)という先師の御文があります。
お念仏申すなかに命終えてそのまま阿弥陀さまのお浄土に生まれるというのです。
 親鸞さまはこの御文を命終わるその時にということではなく今日の一日この一瞬ということでいただかれています。
 
 御文章さまのなかに蓮如さまは「人間は出ずる息は入るをまたぬならいなり」と人の命のはかなさをお示しです。
私たちは息をして生きています。息が止まると死にます。
 私が吸って吐いてという息ですが、私が息をしているという意識はほとんどないと思います。
何で吸うのかといったら吐いてるからです。吐くことも吸うことも自然のいのちのはたらきがあるということです。
 吸う息吐く息そのままにお念仏申します。
南無阿弥陀仏の大きないのちのおはたらきが吸う息吐く息となってこの口からお念仏がでてくださいます。
 
 先の御文章は「あいかまえて油断なく仏法をこころにいれて信心決定すべきものなり」と続き
仏法を聴聞して信心を決定するように心がけなさいとお勧めです。
 阿弥陀さまの「必ず救うまかせよ」のご本願のお心を聞きお念仏申す身にさせていただきましょうというのです。
この命終わって阿弥陀さまのお浄土に生まれ仏さまに成らせていただけると聞かせていただきます。
 
 親鸞さまのご臨終の様子に「念仏の息たえおわりぬ」とあります。
ナンマンダブツと命終えてナンマンダブツとお浄土に往きて仏に生まれるというのです。
 
 今日のこの一日もそうです。
ナンマンダブツとお念仏申して新たないのちを始めさせていただき
ナンマンダブツとお念仏申して今日の一日を終えていくのです。
 
 何か毎日がその繰り返しのようですが、南無阿弥陀仏の大きな大きなおはたらきのなかに
確かに確かに阿弥陀さまのお浄土に生まれ往く一日を生かされて生きているということです。
 
 お念仏を申すなかに今日の一日も生かされて生きてまいりましょう。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2019.2.22)
 
阿弥陀さまのお慈悲に抱かれて老病死の我が身を生きる
 水泳の池江選手そしてタレントの堀ちえみさんとがんの公表が続いています。
数十年前には本人にがんを告知することの是非が問題になっていました。
 告知をすることで本人が精神的に落ち込み病状に支障をきたすということで
告知をしないでがんであることを隠し周りの家族も大変だったと思います。
 今は本人家族の前でお医者さんが直接病状を説明するケースが多くなったと聞きます。
 
 現在各分野で活躍している著名な方が病気になって長く表舞台からいなくなると
皆さんが心配し色んな憶測も広がることにもなりますから、がんであることを公表する意味はあると思います。
但しそれはあくまでもご本人が決めることで公表しないといけないということではありません。
 
 ご自身のブログで公表されたお二人のコメントには共通して
がんという病気に向き合い闘って必ず戻ってきますということが語られています。
病気としっかり向き合って治療に専念される決意が伝わってきて本当に感心させられます。
 
 今は2人に1人ががんになる時代になったともいわれます。
以前はがんと聞いただけでガーンと頭をたたかれたような感じですぐ死を連想したものですが
今は治療法もたくさん開発され医療技術も格段に進歩してがんは治らない病気ではなくなりつつあります。
 
 ただがんの進行状況にもよりますが、頑張って治療を受けても回復が難しい方もいらっしゃいます。
そこで緩和ケアということが今いわれています。
がんと闘うのではなくがんと共に生きるといった言い方ができると思います。
 
 先日大分のホルトホールで田畑正久先生のお話を聞きました。
田畑先生は外科医の先生でがん治療の手術を何度もされている先生です。
 その田畑先生が仏教に学ぶなかで老病死の解決を聞かせていただくと言われます。
それは老病死に立ち向かい乗り越えていくのではなく
南無阿弥陀仏におまかせして老病死の我が身を生きていくことだいうのです。
 
 老いということも病ということも死ということも我が身のことなのです。
いつまでも若くありたい健康でありたい長生きしたいと老病死の我が身のことを
受け入れずはねつけ闘って対決しても最後は死んでいきますから
結局は不幸の完成でこの人生を終えることになると言われるのです。
 
 先のお二人に寄せられる周りの方々のあたたかいメッセージにお二人は心強く勇気づけられることだと思います。
ただ頑張ってと言って見守るしかありません。
病気に向き合うのはご本人なのです。そっと見守ってほしいということではないでしょうか。
 
 阿弥陀さまの大きなお慈悲のお心を思います。
南無阿弥陀仏のおはたらきとなって「あなたの苦しみは私の苦しみです。あなたの悲しみは私の悲しみです」と
そっと私に寄り添ってくださり「まかせよ救う」と力強いお念仏の声となってくださっています。
 大きな大きな阿弥陀さまのお慈悲に抱かれて老病死の我が身を生き抜かせていただきます。
安心して老いていける、安心して病んでいける、安心して死んでいける
往生浄土のお念仏の道を今日も共々に歩ませていただきます。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2019.2.21)
 
風邪をひきました
 ちょっと風邪気味で病院に行きました。
診察してもらい薬をもらって家に帰り、起きていると何やかんやしてしまいますので早く布団に入りました。
温かくして布団に体を横たえました。
 次第に眠気がさしていつの間にやら眠っていたようです。
体を横にする横にできることの有難さを思います。
 
 不断念仏行という親鸞聖人が比叡山でされたであろうという仏道修行があります。
不断念仏行は常行三昧堂というお堂に90日間籠ってご本尊の阿弥陀仏の周りをずっと行道歩くのです。
それも口にナマンダブナマンダブと念仏を称え心にも阿弥陀さまを念じてといいます。
その仏道修行のなかで煩悩の心を離れて見仏、仏さまにあえるといいます。さとりへの道きびしい仏道修行です。
 
 とてもとても一日たりともそうした仏道修行ができない私を思います。
風邪をひきこうして身を横たえることしかできない今の私です。
 そういうなかにあってもナンマンダブとお念仏申せます。
 
 阿弥陀さまのお念仏はこうしてこうしてこうしなさいと条件を付け
お念仏しなさい何回しなさいというお念仏ではありません。
 阿弥陀さまの方から私のところに来てくださってあるお喚び声だといただきます。
「いつも私が一緒だよ。まかせよ救う」の南無阿弥陀仏のお念仏です。
「風邪をひいて大変ね。まあここはゆっくり休みなさい」と
何か自分に都合のいいように聞いているみたいですが、お念仏申すことしかできない私です。
 
 どんなに頑張って頑張って頑張ってもできないことってたくさんあります。
まあそこはおまかせするということでしょう。
 風邪をひいて布団に身を横たえゆだねることしかできない私です。
ナンマンダブとお念仏を申し阿弥陀一仏におまかせして
時間はかかりますがまた元の体調になって普段のことをさせていただきたいと思います。
 
 起きるとまた色んなことを思って何やら始めてしまいます。
今日のところはゆっくり体を横たえお念仏申すなかに過ごさせていただきたいと思います。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2019.2.20)
 
白骨が教えてくださること
 納骨のご縁がありまして、誰のお遺骨か分かるように骨壺の蓋の裏にお名前を書いていただきました・
白骨が見えました。私もよく知っているお世話になったご門徒さんの白骨です。
 
 「朝には紅顔ありて夕には白骨となれる身なり」の御文章さまのお言葉をいただきます。
納骨してしまうと骨壺という形でお遺骨を拝しますが、中には有縁の方の白骨が納めてあるのです。
白骨を見せていただくなかに大切なことを教えていただきます。
 
 白骨が私たちに教えてくださることです。
白骨は我が身の行く末のすがたそのものです。
この身いつ命終えて白骨になれる無常の世を生きているのに
何かウカウカ毎日を過ごしてはいないか空しい人生を送ってはいないか。
 念仏申して生きて往けよ。
南無阿弥陀仏「必ず救うまかせよ」のおはたらき一つに
念仏申すなかにこの命は終わるけれどもそのまんま阿弥陀さまのお浄土に生まれ往くことができるんだよ。
そのことを聞けよ聞けよ聞いてくれよ知ってくれよという白骨の叫びのように思いました。
 
 私たちのご先祖でいいますと、たくさんの方々が白骨となって土に還り私を支えてくださってあります。
あらゆるいのちのつながりのなかにこの命をまさに生かされて生きてあるということを
納骨のご縁にまた教えていただきました。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2019.2.19)
 
大分の町中で公開講座がありました
 昨日は大分の町中ホルトホールで大海組の仏教壮年会連盟主催で公開講座がありました。
初めての試みでどれほどの来場があるのか少し心配していました。
講演が始まって少し遅れて会場に入りましたが、300人収容の大会議室がほぼいっぱいでした。
 正直びっくりしました。
大海組内の17のお寺さんの関係者もたくさん来られていたと思いますが
公開講座ということで初めてのご縁の方も多くいらっしゃったと思います。
講座終了後出口に立って見てますと、結構知らない人が多かったです。
 
 何でこんなに多くの人が集まったのかと思います。
テーマが終活ということで年齢的に60代後半70代80歳近い方が大多数でした。
人生の終わりに臨んで皆さんそれぞれに求めるところがあるということなのでしょう。
 終活についての講座は今盛んです。
ただ病気になって延命治療をどうするかとかお葬式は遺産相続はといった実務のことが殆どです。
大変大事なことでそれこそ元気なうちにこうした課題に取り組むことも肝要です。
 
 ただ今回の終活講座はお医者さんが仏教を語るということで大変興味深い内容だったと思います。
老病の現場におられるお医者さんが生死の問題を仏さまの教えを通して語るということです。
 人生の終わりに臨んで仏さまは何をどう教えてくださってあるのかということです。
「何のために生きいているのか?」「死んだらどうなるのか?」という人生そのものの問いです。
 
 若くて健康で忙しい中に中々考えることのない、しかし避けて通れない大事な生死の問題です。
仏さまの教えを聞くことでいえばお寺のご法座のご縁に参ってお坊さんに聞けばいいのですが
お寺は入りにくい所でお坊さんからというと何か敬遠してしまうようなことだと思います。
 
 今回の公開講座はお寺ではない所でお坊さんではない方ということでのご縁でした。
私もお寺のお坊さんとして何か情けないような気もしますが、今のお寺お坊さんのおかれた現実だと思います。
 
 お坊さんもただお寺にお参りしてください、仏教のお話を聞いてくださいと
お寺で待ちの姿勢を決め込むのではなくお寺から飛び出して仏さまのご縁をつくっていくことが
これから益々大事になってくるように思います。
 
 ただお寺の力も捨てたものではないと感じたことでもあります。
お寺からの呼びかけです。
「一緒に公開講座にいきましょう」と声かけをしてご門徒有縁の皆さんもご縁をいただけたということです。
 そして仏教壮年会のご門徒皆さんの力です。
自分たちの会の取り組みとして準備を重ね当日は種々お手伝いくださいました。
一人一人が自ら仏さまのご縁といただいて積極的に参画してくださったことです。
 
 昨日のご縁は大きな意味でこれからのお寺のあり方仏教のあり方を見直す機会になってよかったと思いました。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2019.2.18)
 
日曜日の朝です
 日曜日の朝です。
日曜日というと仕事がお休みの人が多く普段の平日とは違った生活ぶりということでしょうか。
 平日はしっかり働いて日曜ぐらいはゆっくり朝寝坊してぼちぼち何かしましょうという過ごし方もあると思います。
日曜とはいえ生活のリズムをまもりいつものように朝起きて仕事ではないけれども
家の事とか趣味や娯楽にといつもはできないことをしたりして時間を有効に使うという過ごし方もあります。
 
 皆さんは今こうして6時半のお朝事にお参りされています。
いつも毎朝の方もいれば、日曜日に決めてお参りされる方もいます。
そしてこの後どうこの日曜日を過ごされますか。
 
 キリスト教圏の国々では日曜日に教会に行くという生活習慣があります。
私も学生時代に少し経験したことですが、8時か9時頃毎週日曜日の決まった時間に家族そろって教会に行きました。
それも正装です。男性は上着にネクタイを締めて女性はドレスアップして行きます。
 教会では一時間ほどミサというお勤めがあって、その後まっすぐ家に帰るのではなく家族みんなで食事に行くんです。
10時か11時の食事になります。朝食と昼食を兼ねたブランチです。結構おもい食事でお酒が入ることもあります。
 
 日曜日を家族一緒にゆっくり過ごすということです。
教会にお参りするということが家族みんなの生活の中心になっているということです。
毎日ということではないけれども週に一度の日曜日に家族みんなが心を合わせて一緒に過ごすのです。
 
 皆さんはこのお朝事にどういうお気持ちでお参りされていますか。
仏さまの御仏前に身を置くことの有難さを思います。自分自身を謙虚に振り返させていただきます。
仏さまの前にこの身を置き皆さんと一緒に声を出してお念仏お勤めをさせていただきます。
 
 ご本尊の阿弥陀仏さまは光の仏さまです。
あらめて拝見させていただくと光り輝くおすがたをされて私たちをいつも照らしてくださっています。
智慧の光でありのままのわが身を知らせてくださり、そのまま救うと慈悲のおはたらきをしてくださってあります。
どんなに背を向けて逃げようが私たちは阿弥陀仏さまの摂取不捨のおはたらきのただ中なのです。
 
 それぞれ生活ぶりが違う私たちです。日曜日の過ごし方もそれぞれです。
ただこうして皆さんとご一緒に毎朝6時半にお勤めができてそれぞれの一日ですが
今日の一日を始めさせていただけることを本当に有難く思います。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2019.2.17)
 
あらゆるいのちのつながりのなかに生かされて生きている私たちです
 先日の別大マラソンで海外招待選手の通訳をされたボランティアの方が
後日自身のブログにアフリカの選手について不適切な表現で書き込みをしたことが問題になっています。
 
 指摘を受けその方は軽率な言葉遣いを反省していますと話しているそうです。
50代の方です。これまでに色んな人生経験をされた方だと想像します。
通訳というお仕事は誰でもできることではありません。
大変なお勉強もし、海外の事情にも通じたいわば国際人です。
 
 人生経験もあり教養も兼ねそなえた方の発言です。
本人は軽率だったといいますが、それにしては大きな配慮を欠いた重い発言だと思います。
これまでの人生の歩みのなかでこのような発言で人を傷つけたり不快な思いにしたことがなかったのかなと思ったりします。
 
 軽率にとか軽い気持ちでとか知らず知らずと後で弁明されても、発言したことは取り返しがつきません。
どこまでも自分を中心に生きる私たちお互いです。
これまでに人を傷つけたこともあったし傷つけられたこともあったと思います。
そして傷つけたことは分からない忘れても傷つけられたことはずっと心の傷となって残ります。
 
 人それぞれに様々な思いをもった人たちが織りなす社会のなかに私たちは生きています。
肌の色が違うとか言葉が違うとか様々な違いをもちながら私たちはつながって生きているのです。
 この世の中に関係ないということは一つもない関係ない人は一人もいないというのが仏教の教えです。
縁起の法です。あらゆるいのちのつながりのなかに生かされて生きている私たちなのです。
人それぞれの違いを認め合い敬い合ってみんな一緒に生きたいものです。
 
 すべての生きとし生けるものを必ず救う、一人たりとも決して見捨てないとおはたらきの
南無阿弥陀仏のご法義を共々に聞かせていただきましょう。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2019.2.16)
 
お念仏は阿弥陀さまのおよび声おはたらきです
 今朝のご和讃に「真実信心の称名は 弥陀回向の法なれば 不回向となづけてぞ 自力の称念きらわるる」とありました。
称名とはナマンダブナマンダブとお念仏申すことです。
私の声で称える称名ですが、真実信心といいます。
 
 私が申すお念仏です。
ナマンダブツとお念仏申して私が善根功徳を積むように思っている方が多いのではないでしょうか。
 
 ところが私が称えるお念仏ですが、真実信心の称名といわれます。
南無阿弥陀仏のお念仏です。
阿弥陀さまが大悲心をもってすべてのものを必ず救うと願いをたて成就された南無阿弥陀仏なのです。
だから真実信心の称名といわれるのです。
 
 阿弥陀さまの方でこの私を救うすべての手立てを南無阿弥陀仏とつくってくださりおはたらきなのです。
弥陀回向の法です。
 
 ナンマンダブツとお念仏申すそのままを聞けよとの仰せです。
南無阿弥陀仏のお心を聞けよというのです。
 すべてのものといってこの私をこそ必ず救うまかせよの南無阿弥陀仏のおはたらき大きな大きなお心です。
大悲心です。阿弥陀さまの大きなお慈悲のお心です。
 
 ナンマンダブツナンマンダブツとお念仏申します。
どうかすると私のところに力が入りますが、自力の称念きらわるるです。
お念仏申すところ阿弥陀さまの「まかせよ救う」のおよび声と聞かせていただきましょう。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2019.2.15)
<<円光寺>> 〒870-0108 大分県大分市三佐3丁目15番18号 TEL:097-527-6916 FAX:097-527-6949