浄土真宗本願寺派(お西) 浄華山 円光寺(大分県大分市)

 

お念仏申す生活法話

 
フォーム
 
ご縁つながり
2018-08-06
 昨日夏の甲子園の高校野球が始まりました。
今回は百回目ということでテレビも特別番組で百回を振り返り球史に残る名勝負やレジェントを紹介しています。
 昨日の開幕第一試合に松井秀樹さんが始球式を行いました。
開会式直後の超満員の甲子園でそれも母校の星陵高校の初戦ということでした。
何かの巡り会わせということですが、対戦相手が大分代表の藤蔭高校だったことも何か思うところです。
 
 ニュースキャスターの方が「これも何かのご縁つながりですね」と言っていました。
百回大会ですから第一回目に出場した選手は皆さんもうすでに亡くなっています。
 長い歴史の甲子園大会ですが、高校野球を通じてその時どきの社会のあり様ということを振り返ることができます。
戦争がありました。4年間中断がありました。戦後最初の大会には選手がお米を持参して試合に臨んだといいます。
 
 幾多の困難もあったなかに百回目を迎えるということです。ご縁つながりです。
先人の志、夢が今ここにつながっているということです。
 
 甲子園の高校野球が日本の歳時記になったのはテレビが大きく影響しています。
昨日は甲子園で活躍したレジェントを紹介する番組がありましたが、殆どがテレビ開設後の昭和30年代以降の選手です。
それ以前にも熊本工業の川上哲治とか京都商業の沢村栄治とか蒼々たるメンバーがいて
今の高校野球の発展につながっているのです。
 
 テレビのすごさを改めて思います。
今はSNSの時代ですが、ちょっと前は家に一台あるテレビを前にして家族みんなで同じ番組を観ていたものでした。
テレビから発信されたものをそのまま同時に家族全員で受信していたことになります。
 
 私たちの浄土真宗でいいますと、毎朝お朝事でお勤めしているお正信偈さまです。
今日の蓮如上人の御文章さまにもありますが、北陸吉崎の地で始められたものが綿々と五百数十年伝わっているのです。
それこそ見たことも聞いたこともない私たちのご先祖が私たちに伝えてくださったものです。
 
 その大本は阿弥陀さまです。そして親鸞さま蓮如さまです。
毎朝親鸞さまの御文お正信偈さま、蓮如さまの御文御文章さまを拝読させていただき
阿弥陀さま親鸞さま蓮如さまにお礼をさせていただくことがそのまま私たちの次の世代に伝わっていくということです。
 
 野球は白球一つで、私たちはお念仏一つです。
南無阿弥陀仏のおはたらき一つで私たちの救いは間違いないと仰せです。
お念仏申せよとお勧めです。お念仏の声が子や孫に世界につながっていく、伝えられていくのです。
 ご縁つながりの有難さを思います。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.8.6)
 
今日からお盆参りが始まります。
2018-08-05
 今日からお盆参りが始まります。ちょっと前のお盆参りはお盆の13日14日15日の三日間でした。
私がお盆参りを始めたのは小学2年生の頃でした。
13日はお寺から一番遠い遠見地区からお参りしますが、仲町の安達商店からバスに乗って行きました。
7時過ぎの朝一番のバスだったと思います。
未知の国に始めて行くような何か不安な新鮮な気持ちで、今日からお盆参りが始まるんだというワクワク感がありました。
 
 その当時は一日40軒50軒のお参りで夜遅くまでかかりました。
真夏の炎天下ですぐに汗びっしょりになり衣はぐちゃぐちゃで次から次とひたすらお参りしたものです。
 
 お寺に生まれてこの夏の盆参りはずっと欠かさずやってまいりました。
今はどこのお寺もそうですが、三日間でお参りするところは殆どありません。
8月を盆月として8月中にお参りすることが一般的になりました。
 
 円光寺は今日5日から始まって15日までの11日間、各地区を分けて新院と二人でお参りします。
一番暑い時期です。年々暑くなって今は酷暑といわれる暑さです。
 最後の方は夢遊病者のようにふらふらしがらお参りしていました。
ただお寺に戻るといつもと違って扱いがよかったことを思い出します。
「汗かいたやろ、早う衣を脱ぎよ」「これ食べよ、これ食べよ」と何とも扱いが良くて
お寺に生まれてある意味大変なこともあるけれども、ちょっと皆とは違うという思いもしました。
お参りをしていたら同級生にもたくさん会いますが、冷やかされることなどありません。
かえってお坊さんだからこそ何か特別な思いにもなったような気がします。
 
 お盆には古里に人が帰ってくるといいます。ご先祖の仏さまが還るといいます。
帰るところはそれぞれのお家であり、お寺です。
 お家の中心お寺の中心、御本尊の阿弥陀さまを中心に人と人との心が通い合うなかに
仏さまのご縁づくり、お盆参りをていねいにさせていただきたいと思います。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.8.5)
 
「塵を払わん、垢を除かん」
2018-08-04
 今日は盆前の大掃除ということで、一年に二回御正忌報恩講さまの前とお盆の前に大掃除をしていただきます。
皆さんのお家でも毎日お掃除をしていることだと思います。
 
 お掃除ということで、お釈迦さまのお弟子周利般特(しゅりはんどく)チューダ・パンタカのお話を紹介します。
周利槃特は大変物覚えが悪くお釈迦さまのお説法を聞いてもすぐに忘れ、自分の名前さえ忘れる事があるということで
ある時お釈迦さまに「私はあまりにも愚かなのでもうここにはいられません」と仏弟子をやめようと申し出ます。
お釈迦さまは「自分を愚かだと知っている者は愚かではない。自分が賢いと思い上がっている者が本当の愚か者だ」と諭され
「塵を払わん、垢を除かん」と唱えながら毎日掃除をしなさいと言われたそうです。
 周利般特はお釈迦さまに言われたように毎日「塵を払わん、垢を除かん」と唱えながら1年2年10年20年と掃除を続け
ついには阿羅漢(あらかん)という悟りの境地に達したというお話です。
 
 お釈迦さまはこのお話を通して「悟りを開くということは何もたくさん覚えることでは決してない。
たとえわずかなことでも徹底して行うことが大切なのだ」と示されています。
 仏法を知識として覚えることが悟りを開くことではなくて、大事なことは一つのことを集中して行うということ
そのなかに見えてくるものがある、気づかされることがあるということなのです。
 
 「塵を払わん、垢を除かん」といって、塵や垢は外にあるものだけではなく自分自身の心の中にある煩悩の塵や垢です。「塵を払わん、垢を除かん」と唱えるままに仏さまのみ教えを聞かれてお悟りを開かれたということです。
 
 お朝事のお勤めにも通じるお話です。
蓮如上人は「仏法の法水に身を浸せ」と言われました。
 仏法に身を浸すことによって解るとか解らんとかいうことではなくて、仏さまのお心がいただけるということです。
信心いただけよとお勧めです。信心は私が努力していただくものではありません。
 仏法聴聞の場に身をおく。そのことをひたすら続ける。
仏さまのご縁をいただくなかに気づかされ目覚めさせていただける世界があるということを
周利槃特のお話に聞かせtいただきます。 
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.8.4)
 
いのち輝かせ合って生きていきましょう!
2018-08-03
 いろんな社会の問題が話題になっています。スポーツ界では昨年末から大相撲のこと
レスリング、アメリカンフットボールそしてボクシングと次から次に問題が噴出しています。
 昔からの狭い世界のなかでの旧態然とした古い体質が問われています。
この古い体質、伝統という言い方もありますが、現代の社会常識からは大きく逸脱したものになっています。
 ボスという一部の権力者がいてそれを取り巻く人たちが忖度し誰も何もものが言えない組織を作り上げ
いびつな人間関係のなかで異分子は排除され、ある時大きな社会問題となって広く知られることになるという構図です。
 
 旧態然とした組織の体質といいますが、私たちもそれぞれ体質というものをもちあわせています。
体質という意味とは違いますが、個性ということをいいます。
 人それぞれ個性が違うといいます。親子であっても夫婦であっても兄弟であっても友だちであっても
それぞれ違う個性がもって、その個性をお互いに認め合っていくなかに今は多様性の社会が求められています。
それぞれの個性を認める多様性の社会のなかでいきいきと個性を発揮して生きるということですが
今の私たちの社会はどうなっているのでしょうか。
 
 昨日東京医大の入試で男女差別といえることがずっと行われていたという報道がありました。
男女ともに同じ入試を受験しますが、女性について一律減点して男性の合格者を増やしていたということです。
 学校の入試要項に予め男女の合格者の比率を決め公表していたら問題はないそうです。
ただこれは女性の社会進出を促進する見地から女性の合格枠を決めて女性が入りやすくするためのもので
今回の東京医大の男性を優先的に合格させ女性の合格を抑えるということとは、その趣旨は全く異なります。
 
 このことは就職採用の現場でも取られている対応です。
例えば障がい者の方を積極的に就職採用しようと会社で採用枠を設けるといった動きです。
 
 多様性の社会をめざして各方面でいろんな取り組みがなされています。
一方で昔の古い体質が幅を利かせている状況が今の社会にあるということです。
個性を重んじるのではなく昔の体質を引きずっているというなかに私たちの今の社会があるようです。
 
 阿弥陀さまのお念仏の世界はすべてのものを分け隔てなく救うという世界です。
人それぞれの個性を尊びいのち輝かせ合って生きていきましょうという世界です。
 
 お念仏の教えに生きる私たちです。
日々の生活のなかでお念仏の世界を想いつつ日暮しさせていただきたいと思います。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.8.3)
 
今ここで精いっぱい生きなさい。
2018-08-02
 昨日一昨日とサマースクールで多くの子どもたちがご縁をいただきました。
無事に終わり今朝起きて何か疲れを感じます。
 ここ数年新院さんが主にすることで坊守さんは食事をはじめ内所のことが大変で疲れも半端じゃないと思いますが
することが少なくなった私はというと年々疲れが残って身体がしゃんとしません。申し訳ないことです。
 今回もご門徒皆さんにいろんなご加勢をいただいたことです。多くの方々のご協力があってできるお寺のことです。
 
 サマースクールも今年で38回目で昭和56年に始まりました。平成最後のサマースクールになります。
昨日そうめん流しのお手伝いをしてくださった方も小学生の頃サマースクールに参加してくれていました。
今回二人のお子さんが参加しているということで少し子どもさんと一緒に話す機会がありました。
「お父さんもこのサマースクールに来ていたんよ」と言ったら、子どもさんちょっとびっくりしていました。
37年の歴史ですから親子二代の参加ということもあります。
もう少し続けていると「お祖父ちゃんもここに来ていたんよ」という話になるかもしれません。
 
 ご縁です。つながっているということです。ご縁つながりです。
このご縁はいただきものです。そのまま「はい」っていただければいいのです。
そこにあれこれ思うのが私たちですが、仏さまのご縁は「はい」っといただくということです。
 
 昨日朝のラジオ体操をするのに夜中に大きな雨が降って心配しました。
境内で体操ができるかどうかと思っていたら、6時前に雨が止んで予定通り体操ができました。
 
 夏休みの期間中円光寺では毎朝6時からラジオ体操をしています。
去年から始めたことで、去年も夜中に雨が降るんですが朝の時間にはスーッと雨が上がって体操が続けられました。
今年も夜中に雨が降る日がありましたが今のところ毎回体操ができています。
 
 これを不思議と言ったり日頃の行いが良いとか言うのは私たちの勝手な思いですが
仏さまが今ここで体操をしなさいといってくれているといただきます。
仏さまが今ここでということです。
 昨日は雨が降って外で体操ができなかったら本堂で体操することもできました。
雨が降ったからすべてが駄目ということではありません。
 
 仏さまが今ここでと私に呼びかけてくださってあるのです。
今ここに生きている私に、今ここで精いっぱい生きなさいとの仏さまの思し召しです。
 南無阿弥陀仏のお呼び声おはたらきです。
いつでもどこでも南無阿弥陀仏、阿弥陀さまがご一緒です。
 
 仏さまが今ここで精いっぱい生きなさいとおはたらきくださるご縁をそのまんま「はい」っといただく
大きな大きなお慈悲のなかに今ここで精いっぱい生きてまいりましょう。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.8.2)
 
今年もサマースクールが始まります。
2018-07-31
 今日明日とサマースクールです。今年もたくさんの子どもたちが申し込まれています。
昨日の夕方電話があって、今からでもサマースクールの申し込みができますかということでした。
この二日間で4件の申し込みがありました。
保険の関係とかあって一週間前の24日までに申し込みしてくださいと文書でご案内していることですが…
 
 昨日はお祖父ちゃんからの電話でした。お孫さんが一緒に住んでいるのか遊びに来ているのかわかりませんが
友だち同士の話で円光寺のサマースクールのことが話題になったのでしょう。
友だちも楽しみにして行くということで、僕も行きたいなあと家に帰って相談したんでしょうね。
それで無理は承知で聞くだけ聞いてみろうとお祖父ちゃんから電話があったのではと想います。
 
 この人間社会は約束事で成り立っていますから、締切を決めておかないと社会は円滑にまわっていきません。
お役所仕事は最たるもので締め切りを過ぎたら事務的に駄目ですと一切の例外を許しません。
 
 ただ私たちの日常、人と人との関係では事務的にならざるをえないこともありますが
約束事を忘れるということもあって、できることはさせていただくという寛容さも人間関係を保つうえで大事なことです。
 
 昨日の子どもさん、友だちと一緒にサマースクールに行けることになって嬉しかったと思います。
サマースクールがこれからの人生で大きな思い出になってくれればと思います。
 
 ご縁です。仏さまのご縁です。ご縁をいただけよと言われます。
ご縁をいただけよと言うのは、中々ご縁をいただけないのがこのご縁なのです。
 そういうなかでサマースクールという仏さまのご縁をいただきます。
これからの人生の歩みの中で、お寺のサマースクールで友だちみんなと一緒に本堂に寝泊まりして生活した
阿弥陀さまという仏さまのお話を聞き仏さまに手を合わせてナマンダブナマンダブナマンダブとお念仏を申したと
思い出してもらえればと思います。
 
 今は日々の生活の中で手を合わすことがどれだけあるでしょうか。
サマースクールでは仏さまにお念仏申すとき、食事の時に何度も手を合わせてお礼をします。
 これからの生活の中でお家にお仏壇がなくても食事の時に手を合わせて
「いただきます」「ごちそうさま」「ありがとう」と言える人になってほしいと思います。
 
 そんな願いをもって今年もサマースクールを行います。
酷暑の中です。多くの人が集まるといろんなことがあると思いますが、すてきなサマースクールになるように
ご門徒皆さんにもお手伝いをお願いしたいと思います。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.7.31)
 
お仏壇のある生活
2018-07-30
 今は核家族という家族の形態が一般的になっています。
親の家、子どもの家、孫の家とそれぞれの世代が違う家に暮らしています。
 元々家というのは一つでそこに三世代四世代の大家族が一緒に生活していました。
その家にはお仏壇があったというお話です。
生まれて気がついたらお仏壇がお家の中心にあったということです。
そのお仏壇におじいちゃんおばあちゃんはじめ家族みんながお参りし手を合わせていました。
 
 ところが今は核家族でお仏壇のないお家で生まれ育つ子どもさんが増えてきました。
お仏壇のないお家が当たり前になってきました。お仏壇がありませんから手を合わすこともありません。
 
 そしておじいちゃんおばあちゃんが亡くなってお家にあったお仏壇をどうするかという問題が起こってきます。
子どもが引き継いでいくということですが、子どものお家にお仏壇を移さなければいけません。
 そのままそのお仏壇を移せばいいのですが、そのお家の事情によって移す場所がない事態にもなります。
そのお家に合うようにお仏壇を新調することもあるでしょうが、お仏壇は必要なのかという問いがでてきます。
 
 皆さんが一般的にいただいているお仏壇はご先祖をおまつりするところだと思います。
ご先祖は大事にしないといけないお仏壇をご安置して大事にしないといけないということですが
ご先祖に対する意識が段々と薄くなってきているように思います。
 
 私たちの仏教浄土真宗のお仏壇は阿弥陀さまのお家お浄土を表します。
阿弥陀さまをご安置するお仏壇がお家の中心にあるということです。
そのお家に日暮しする家族の中心、心の依りどころがお仏壇なのです。
 
 お家に亡くなった方がいないからお仏壇は要らないとか言われますが
私が住まいするところにお仏壇をご安置して心の依りどころとするならば、どのお家にもお仏壇があってもいいのです。
 
 ただこれはどうも理屈にしか聞こえないようです。
やはりご先祖のお仏壇ということです。
 名前も知らない会ったこともないご先祖がいてこの私がいるということ
私のいのちの恩人のご先祖が代々送ってこられた大事なものがお仏壇といただかれたらどうでしょうか。
 
 お仏壇の大きさはそのお家お家に合わせていけばよいと思います。
阿弥陀さまのお仏壇をお家の中心にご安置して家族がこの私が手を合わすところをつくってくださったということです。
私が必要か必要でないとかいうことではなく、お仏壇は仏さまからいただいた大事な大事な宝ものなのです。
 お仏壇に手を合わせお礼をさせていただくなかに今日の一日も過ごさせていただきましょう。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.7.30)
 
西から東へ東から西へ
2018-07-29
 台風が来ています。今度の台風12号は今までの台風と全く違うといわれます。
私の中にある台風のイメージは鹿児島に上陸して九州そして日本列島を西から東へ縦断するコースをとるものです。
ところが今回の台風は西から東ではなく東から西へ進路をとって「今までの経験が役に立ちません」とまでいわれます。
 
 どういうことでしょうか。
今までの台風は上陸すると次第に勢力も弱まり速度を速めてそのまま東に進み台風一過は一変晴れ渡ります。
ところが東から西へと逆に進む今回経験する台風は上陸しても速度は速くならずまさに逆行するわけです。
そして台風一過はまだ風も強く雨も残って要注意ということです。
 
 今年は30年に一度とか50年に一度経験するようなという大雨警報が何度も何度もでました。
今までに経験したことがない、これまでの経験が役に立たないということで最大限の注意を促しているのですが
私たちは中々自分のことと受け止めることができず、今までの経験値から自分なりの判断をして
その結果大きな災害を被るということになってしまいます。
 
 話は変わりますが、西から東へということで仏教の歴史を思います。
お釈迦さまのインドから始まってシルクロードを通り中国朝鮮半島を経て仏教が日本に入ってきます。
今はアメリカやヨーロッパにも伝わっていっています。
 
 ところが仏道はというと、三蔵法師と孫悟空の『西遊記』にあるように西へ西へとお釈迦さまの国インドを目指します。
浄土真宗の仏道は阿弥陀さまの西方浄土に生まれてさとりの仏さまに成らせていただくという仏教です。
 
 西から東へといい東から西へといい、私たちは一人としてずっとこのままここにとどまることはできません。
すべてのものは無常の世に生きていると仏さまは教えてくださいます。
 刻一刻と移り変わる生死の迷いのなかにあって苦悩する私たちに
南無阿弥陀仏のお念仏のみ教えを聞かせていただきます。
 
 自分の経験値も何も頼りにならないなかにあって、迷い苦しみ悩む私たちにそっと寄り添い
南無阿弥陀仏「いつも私が一緒だよ」とおはたらきくださり
共に生きてくださる仏さまに成ってくださいました。
 今日一日も台風の中お念仏申して生きてまいりましょう。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.7.29)
 
真夏のお葬式
2018-07-28
 昨日は長光寺の前住さんのお葬式でした。
お寺のお葬式は御本尊の阿弥陀如来さまをご安置する本堂で執り行われます。
 
 連日暑い日が続きます。真夏のお葬式です。本堂といってエアコンがあるわけではありません。
扇風機は回っていますが、たくさんのお坊さんたちが普段とは違う正装の色衣をつけて出勤します。
瞬く間に汗が噴き出すように出てきます。
 
 そうしたなかでお葬式が本堂でできる有難さを思います。
お寺の本堂は御本尊の阿弥陀さまを中心としたお浄土の世界を表します。
お浄土からの南無阿弥陀仏のおはたらきがお念仏の声となって本堂いっぱいに響き渡ります。
 
 ご門徒有縁の多くの方々がお参りでした。
お正信偈さまのお勤めです。お葬式のお勤めはちょっと節が違ってお坊さんが主になりますが
一昨日のお通夜のお勤めはいつものお正信偈和讃六首引きのお勤めで
お参りの皆さんご一緒にお勤めできることの有難さをあらためて思います。
 
 御本尊の阿弥陀さまはこの暑いなかにあってもスーッとお立ちです。
寒いなかにあっても昼も夜も四六時中いつものところにスーッとお立ちになって
私たちに南無阿弥陀仏とお念仏を申してくれよ、お念仏を申して我が浄土に生まれて来いよと
南無阿弥陀仏のおよび声となっておはたらき通しです。
 
 先に往くものも後に残るものも皆同じ南無阿弥陀仏の大きなお慈悲のなかに生かされて
人の命終えてお浄土に往生されていただきいよいよ仏さまと成って私たちのところに還って来て
これからも共々に生きてくださることを有難く思ったことです。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.7.28)
 
ご縁をいただく
2018-07-27
 大在の長光寺の前のご院家さんがご往生され、昨日がお通夜今日がお葬式ということです。
昨日は夕方6時からのお通夜のお勤めでしたが、方々からご門徒有縁の皆さんがたくさんお寺にお参りする姿を見て
お寺というのは本当にご門徒皆さんに支えられてあることを思います。
そしてご院家さんのお役目を十分果たされてご往生されたのだなと有難く思いました。
 
 学生生活を終えてお寺に帰り何もわからない私に最初に声をかけてくださったのが長光寺のご院家さんでした。
長崎での仏教青年会の全国大会にお誘いいただきました。
県内各地の皆さんと一緒に電車に乗って参加しましたが、そこで多くの方に出会いました。
そこから私の今日の活動が始まったということを懐かしく思い出します。
 
 ご縁といいますが、じっとしていてご縁ということではありません。
自ら進んでということもご縁ですが、やはり声かけですね。
声をかけられてご縁をいただけるということではないでしょうか。
 
 私たちの円光寺というお寺を中心としたご縁もそうです。
今日は小学4年生のお友だちが朝のラジオ体操からおじいちゃんと一緒にお参りしてくれました。
 一つのご縁が花開き私たちの人生を彩ってくださることを思います。
 
 仏さまのご縁です。私が私がと私が頑張ってつくるご縁ではありません。
仏さまのお手回しといいます。仏さまの大きな大きな南無阿弥陀仏のおはたらき一つにご縁をいっぱいいただきます。
 
 長光寺のご院家さんは人の命は終えましたが、これからも仏さまのいのち南無阿弥陀仏のおはたきとなって
私たちにご縁をいっぱいいっぱいつくってくださることだとまた有難く思います。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.7.27)
<<円光寺>> 〒870-0108 大分県大分市三佐3丁目15番18号 TEL:097-527-6916 FAX:097-527-6949