浄土真宗本願寺派(お西) 浄華山 円光寺(大分県大分市)

 

お念仏申す生活法話

 
フォーム
 
さんと呼びますか、君ですか、それとも……
2018-11-02
 今国会が開催中で昨日は衆議院の予算委員会がテレビで中継されていました。
委員長の野田聖子さんが発言する委員や答弁する大臣を「○○さん」とさん付で呼んだことが
今朝の新聞各紙で取り上げられていました。
 
 思い出すのは1993年といいますからもう25年前のことですが
当時女性初の衆議院議長になった土井たか子さんが国会議員をさん付で呼んだことが大きな話題になりました。
 それまでは男性も女性も「○○君」でした。
何か新鮮な感じがして国会のあり方も新しく変わるのかなという期待もあったのですが
土井議長が替わるとまた元のようにずっと「○○君」のままでした。
 
 これまでの慣例とはいえ男の人も女の人も君付けで呼ぶことに何か違和感をもつ人もあったと思いますが
それをみんな等しくさん付けで呼んだのです。
 一般に男女の別なくさん付けで呼ぶのは自然な言い方ということで、さん付で呼びましたと野田さんは言っています。
 
 あらためて皆さんだったら相手の方をどう呼びますか。
人人によってその呼び方は違うと思います。
 昔からの旧知の人仲のよい気心が知れた人には「〇○ちゃん」と愛称で呼んだり呼び捨てにしたりということですが
公衆の面前でどう呼ぶかというと、ちょっと考えますよね。
 通常○○君と呼ぶのは自分より年齢が若い人に対してのようです。先輩に君付で呼ぶことはとてもできません。
そこは○○さんであったり、ちょっと肩書きがつく人になると○○先生になったりします。
一般的には○○さんが自然で無難なような気がします。
 
 浄土真宗のお寺の住職はご院家さんと呼ばれます。
坊守さん、新院さんと、さん付で呼ばれると何か親近感をおぼえます。
先生と呼ばれることもありますが、何か違う世界にいるように勘違いしたりするようなこともあるのではないでしょうか。
 
 今回女性が女性の見方で国会議員の先生方を等しくさん付で呼ぶことの大きな意味を思います。
ただ25年経ってもこうした同じことが話題になるということ、25年経っても女性議員が少ない女性大臣が一人だけという
日本の政界の現実を見るにつけ、私たちのお寺の社会のなかにもまだまだ男女の格差があるように思います。
 あらゆるいのちを分け隔てなく救う阿弥陀さまのご本願のお心にまた聞かせていただきます。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.11.2)
 
前住職祥月命日のご縁です
2018-11-01
 今日11月1日は昭然前住職の祥月のお命日です。
いつもお話していることですが、19年前の今日ちょうどお朝事の喚鐘を打ち終わった頃に亡くなったとの連絡が入りました。 
 先ほど喚鐘を打ちながら19年前もこういう空だったかなこういう空気だったかな寒さだったかなと思いました。
何年経っても年に一度の祥月命日は特別な日としてこれからも当時のことをいろいろと思い起こすことだと思います。
 
 こうしてお朝事のお勤めを皆さんと共々に毎日ずっとさせていただいております。
念仏相続、念仏を続けるということですが、これは私が続けようと続けようと思って続いているお念仏ではありません。
阿弥陀さまのおはたらき「念仏申せよ、念仏申してくれよ」の南無阿弥陀仏のおよび声につられて
私の口からお念仏が出てくださるということであります。
 
 念仏相続させていただくなかにお念仏の先人がいたということです。
今日のご縁でいうと前住職ですが、前々住職も前々坊守もこのお寺を護ってくださったご門徒衆皆さんのおかげご縁で
今こうしてこの御仏前に座ることができてご一緒にお勤めができてご一緒に手が合わさって
ご一緒にお念仏申して阿弥陀さまに御礼ができたということであります。
 
 今日は10時から祥月命日のご法座のお勤めをさせていただきます。
どうぞご縁の方お誘いあわせお参りください。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.11.1)
 
ハロウィーン
2018-10-31
 今日はハロウィーンの日だそうです。
アメリカから入ってきた風習で近年はこの時期仮装したりして楽しむ人が日本でも急増しています。
 
 昨日偶々聞いたおじさんたちの会話です。
何でもかんでもハロウィーンとかいって騒いでいるが、何のことかさっぱりわからん
かぼちゃのお化けとかいうが、冬至にかぼちゃを食べる習慣だったらわかるんだが・・・
 
 本来は米英社会での悪霊を退治し秋の収穫を祝う宗教的な行事に起源があるとのことです。
子どもたちが仮装して各お家を回り「お菓子をくれないといたずらするぞ」と言ってお菓子をもらう習慣もあるそうです。
 日本のおせったいを思い起こします。
日本各地に伝わる弘法大師信仰をもとに、弘法さんのお木像をご安置してその功徳にみんなで感謝する民間の宗教行事です。子どもたちに広く声かけをして弘法さんに手を合わせお礼をして
お供えしたお菓子のおさがりをいただくという風習です。
 
 先週土曜日に東京の新宿で大勢の人が集まり大きなニュースになりました。
ハロウィーンということで若い人を中心に仮装した人もいましたが
大勢の方が集まりお酒を飲んで騒ぎ立て群集心理も手伝ってトラックを倒すなどしてまた大騒ぎをするといった具合です。
 商店街の人は迷惑千万と憤慨しています。
人がたくさん集まることで商売にとっては書き入れ時ですが
31日はお店を早く締めシャッターを閉めて安全対策を講じますと言われます。
 本来は皆が一緒に楽しむことが、被害を蒙る方がいるのです。被害を及ぼす習慣ってよくありません。
 
 ハロウィーンの元々の意味を訪ねていくなかに日本的なハロウィーンが出来ればと思いますし
私たちの仏事、仏教に関するいろんな風習言い伝えにも大事な意味があることを訪ねていくなかに
先人の心もちを受け入れ聞いて次代の人に伝えていくという私たちの使命をまた思います。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.10.31)
 
親子のご法事のご縁に遇いました
2018-10-30
 昨日50回忌と17回忌のご法事をお勤めさせていただきました。
親と子のご縁です。33年の時間が経っています。過去帳を見せていただいたら同じ70歳前のご往生でした。
 
 およそ30年が一世代ということです。
子どもが親になる。親になって子どもを見ると、子どもの時に見ていた親の苦労が分かるということです。
親というのはどこまでも子どものことを思うて行くものですが
じゃあ私が子どもだった頃親の心が少しでも分かっていたかというと
全くと言っていいほど分かっていなかった、分かろうともせず親に甘えて日暮しをしていた私ではなかったかなと思います。
 
 「親孝行したいときには親はなし」といいます。
 恩返しです。恩返ししようにも恩をいただいたその人が亡くなっていたらできないのではありません。
恩送りといいます。その人には直接できなくても周りの有縁の方々に恩返しする恩送りをさせていただくというのです。
 私にできる精いっぱいのことをさせていただくことです。
 
 私たちの仏さまのご縁でいうならば、一人でも多くの方にこのお念仏のみ教えを伝えていくということです。
伝えていくというと何か私に力が入りますが
ナンマンダブナンマンダブとお念仏を申す身にこの私がさせていただくことが
そのまんま隣の人有縁の方にその姿が声と共に伝わっていくということで
そのことが先に往かれた仏さまが一番喜ばれることであります。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.10.30)
 
仏壇に位牌を並べて置かなくてもいいんですか?
2018-10-29
 同じ仏教でも宗派宗派でお仏壇のお飾り(お荘厳)が違います。
「仏壇に位牌を並べて置かなくてもいいんですか?」という質問がありました
 浄土真宗のお仏壇には繰り位牌といって何枚か法名を書いた板をまとめたものか過去帳を置いています。
以前は繰り位牌が殆どでしたが、今は何かのご縁に過去帳にしましょうとお勧めしています。
 
 今は余裕があっても何十年か経つと繰り位牌がいっぱいになります。
50回忌が終わったら供養が済んだということで位牌を処分しているお家もあるという話を以前聞いたことがあります。
 もったいないというかその位牌一つが一人のご先祖の記録なのです。
ご先祖がいて私のこの命があるということですから
過去帳に順々に書き留めていけばその過去帳は私のいのちの歴史ということにもなるわけです。
 
 あるお家で仏壇に繰り位牌が二つあって見せていただくと、何と江戸時代末期の文久年間のものがありました。
その人に会ったわけでも知ってるわけでも顔も知らない名前も分からない人ですが、私のいのちの大恩人なのです。
それでこのご縁に過去帳にまとめたらどうですかとお話させていただきました。
 これって中々思い立つことではありません。
仏事のことは学校では教えてくれないし書店の本には全く正反対のことが書かれていることがあって迷うことにもなります。
 えっと疑問に思うことは思ったときにどうぞお寺に私にたずねてください。
それから一つ一つできることをさせていただきましょうとお話させていただいたことです。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.10.29)
 
中陰の間ろうそくやお線香を絶やしたらいけないのですか?
2018-10-28
 49日間の中陰の期間お仏壇の横に中陰壇を設けてお遺骨ご遺影そして法名を記した位牌をご安置します。
その中陰壇にはお供えものがいっぱいですが、ろうそくや線香をお供えしているところが多くあります。
 
 昔から言い伝えられていることで、亡くなった方は中陰の間死出の旅をされているというのです。
旅装束をして途中に三途の川があったり渡り銭が六文銭だというお話です。
 冥土の旅といいます。冥土とは暗い世界のことです。
暗い中を旅するのに行く先を照らすのがろうそくのお灯りであったり線香が食べ物になったりということで
ろうそくと線香は絶やしてはいけないと言い伝えられてきたのです。
 
 ところが今は核家族でおじいちゃんおばあちゃんの二人住まいが多くなり、一方が亡くなると一人になるのです。
そのお一人も高齢で一人で住むこと生活が中々難しいということで、お家を留守にすることが多くなります。
 そこで「家を留守にするときもろうそくや線香を絶やしてはいけないのですか」という質問です。
火の元ですから火事にでもなったら大変です。
家を留守にするときはろうそくのお灯りや線香の火種は必ず消して外出してくださいとお答えしました。
 
 さて浄土真宗のご法義を聞かせていただきますと
お念仏の人は命終の時南無阿弥陀仏のおはたらき一つで阿弥陀さまのお浄土に生まれ仏さまに成らせていただくのです。
お浄土への旅は終わるのです。だから旅装束も六文銭も要らないのです。
 お灯りもお線香もお仏壇のなかにお供えすればいいのです。
お仏壇にお参りしお勤めをするときにお供えします。お勤めが済めば消していいのです。
 
 お通夜や中陰の間に仏壇の火の不始末で火災に遭うことが結構あります。
いくら渦巻き状の線香であっても大きな容器に入ったろうそくでも火種がある以上安全安心ではありません。
 仏さまのみ教えの骨幹は安心です。不安を取り除いてくださるみ教えおはたらきです。
お家を留守にするときはお仏壇の火の用心もお忘れなくしてください。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.10.28)
 
死んだら仏に成るんですか?
2018-10-27
 今日お葬式の喪主の息子さんが昨日お寺に来られてお話をするなかで
「父はもう仏さんに成っているんですか?」と言われました。
 亡くなった方が仏さまになっているかどうかということです。
死んだら仏という言い方をよく聞きます。
 
 私たちの浄土真宗のご法義でいいますと
親鸞聖人は「念仏の衆生は横超の金剛心を窮むるがゆゑに臨終の一念の夕べ大般涅槃を超証す」と述べられています。
この命終わる時すぐさま大般涅槃のおさとりを開き仏に成るとのことです。
このことをそのままいえば命終のとき死んだら仏ということです。
 ただここに念仏の衆生はとあり、南無阿弥陀仏のおはたらきで命終わるそのまま
阿弥陀さまのお浄土に生まれさせていただき仏に成らせていただくとのことです。
 阿弥陀さまは念仏の衆生を摂取して捨てない仏さまになってくださったのです。
「まかせよ救う」の南無阿弥陀仏のおはたらき一つで念仏の人を救うというのです。
 
 ではお父さんはというと、今までお寺にご縁がなかった、お念仏を申すこともなかっただろうから
命終わってもお浄土に生まれることもないし仏に成っていないのでないかという疑問です。
 そこは私たちの人知でもっていろいろ思う詮索することではありません。
私の往生成仏はすべて南無阿弥陀仏のお救いおはたらきを信じまかせるしかないのです。
 
 このたび亡くなられた方もこれまで親戚や友人有縁の方のお葬儀にお参りされることが度々あったと思います。
そういうご縁で仏さまのみ教えをどこかで聞かれていると思います。
そして隣の人周りの方につられてお念仏申すこともあったと思います。
たとえお念仏がこの口から出なくても隣の人周りの方のお念仏の声を聞いていたと思います。
 
 お念仏を聞かせていただくそのまんまのお救いです。
そこまで阿弥陀さまの方で私たちを救う全ての手立てを南無阿弥陀仏に仕上げて私たちにくださってあるのです。
 いいところに生まれてほしい仏さまに成ってほしいと思うのは私たち凡夫の情です。
ただここは仏さまのおはたらきにおまかせするということですし
どうぞこれからの仏さまのご縁を大事に仏さまのみ教えをお聴聞してくださいとお話したことです。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.10.27)
 
門徒になること門徒であることの安心
2018-10-26
 昨日お葬式のお願いの連絡がありました。
ご門徒さんではありませんが、ご門徒さんの親族のお家の方からです。
ご門徒になっていただいてお葬式をさせていただきますということで
喪主の方にお寺に来ていただいてお話をさせていただきました。
 
 門徒ということの意味です。
門徒とは浄土真宗の門徒ということで「私は浄土真宗の門徒です」と個人のことをいいます。
ところが一般的には「私の家は浄土真宗です」と門徒の家ということでお寺との関係を思ってらっしゃる方が殆どです。
 
 門徒になるということはどういうことなのでしょうか。
浄土真宗のみ教えお念仏のご法義でお寺とお家がつながるということです。
人と人とでいいますとお寺の住職とご門徒個々とのつながり関係であります。
 ただ門徒といって日常生活のなかでお寺のことを思うことは中々難しいですね。
自分のことで精いっぱい生きることで精いっぱいの私たちお互いです。
 
 そうしたなかで家族の方がお亡くなりになります。
そのときお葬儀ということでお寺とのつながりができるというのがお寺との関係ということでありましょう。
 
 門徒であることの安心ということを思います。
いつ何時どういうかたちで家族がこの私が命を終わろうとも頼み寺があるということの安心です。
 日頃はそんなことをあまり考えていないと思います。
考えなくてもいいぐらいに安心しているといった方がいいと思います。
 
 逆に頼み寺がないと、その時になってどうしようかと迷うことになります。
大きな悲しみのなかに一大事です。
 葬儀社に頼んでどこのお寺でもいいお坊さんだったら誰でもいいというわけにはいきません。
その場は何とかできても後々後悔することもあったり不安は残ります。
 
 日頃からお寺と門徒とのつながり関係を皆さんも思うていただきたいのです。
日頃から仏さまのご縁をいただいてほしい、仏さまの教えを聞いていただきたいと思います。
 
 今日お通夜明日お葬式をさせていただくお家のお方も全くご縁がないということではありません。
近いご親族のお葬儀のご縁に遇っていると思います。
 どこかで仏さまのみ教えを聞いているのです。聞いているということが凄いことなのです。
 
 どうぞ皆さんのご縁の方隣の方にお勧めしてください。
門徒にならないといけないということではありません。
仏さまのご縁にお参りされて仏さまのお話を聞いておきましょう。ご縁ご縁にお念仏を申しましょう。
 そのこと一つが一大事の解決、大安心になるといただきます。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.10.26)
 
お念仏のはかりに乗って
2018-10-25
 この前の日曜日にあった女子の駅伝大会で
あるチームの2区の選手が中継所前200mのところで倒れ両手で這いつくばり両膝は血まなこになって
次の走者にタスキを渡したことが映像と共に翌日のテレビや新聞報道に大きく取り上げられ反響を呼んでいます。
 
 皆さんはどのように思いましたか。
すぐそばにいた大会関係者も沿道の方も声をからして応援していました。
「あと100mだ、あと50m、30m頑張れ頑張れ、もう少しだ頑張れ」と。
 その映像だけを観ると、すごいなすばらしいなよく頑張ったなということですが
ちょっと冷静に考えてみると選手のことを思って走ることを止めさせることもできたわけです。
 チームのためにたすきをつなごうという強い思いが選手の必死の行動になったのですが
選手のこれからの競技人生を考えると棄権させることも大きな選択肢だったと思います。
 ただチームのために自分を犠牲にまでして尽くす姿が美しい尊いという思いが皆さんどこかにあるんでしょうね
周りの人は頑張れと応援こそすれ誰も止める人はいませんでした。そして感動したと称賛の声になりました。
 選手は競技後の診察で骨折していることが判明、治療に3、4カ月かかるということです。
大事な選手を預かっている監督だったら止めさせたと思いますが
続けさせるか止めさせるか、二者択一の判断は本当に難しいことです。
 
 親鸞聖人の生き方は非僧非俗といわれます。僧に非ず俗に非ずです。
お坊さんでもない、かといって世間一般の人でもないというのでしょうか
ただめざすところはお念仏の道であり、非僧非俗と生死出づべき道を求めて生き抜かれました。
 
 この非ということの意味です。非ずと否定するのです。
私たちの物事の判断は二者択一といってどちらか一方を選択いたします。
非の論理は二者あってどちらでもないという判断です。
 
 滅私奉公といわれます。戦時中私を滅し公である国に尽くし報じることが美徳であるとされました。
非の論理でいいますと、非私非公、私に非ず公に非ずということです。
 いい加減なバランス感覚です。仏教では中道といいます。
お念仏のみ教え南無阿弥陀仏のおはたらきは私たちにバランス感覚を呼び覚ます目覚めさせてくださる教えだと思います。
称名念仏の称ははかりと読み、お念仏はハカリだといわれます。
お念仏のハカリに乗るんです。お念仏がいい加減なバランスをとってくださるのです。
 どちらか選択する前にお念仏に聞きましょうということです。
南無阿弥陀仏の大きなお心に聞くなかに私たちの日々の生活を調えさせていただけるということではないでしょうか。
 
 日頃から南無阿弥陀仏、阿弥陀さまのお心を聞いておきましょう。
ナンマンダブナンマンダブとお念仏を申すそのままにお念仏を聞いてまいりましょう。
 阿弥陀さまのお心を聞かせていただくなかに
迷いの衆生の私たちにこの道を往けと阿弥陀さまが確かに確かに知らせてくださる教えであるといただきます。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.10.25)
 
私たちはお念仏のお仲間兄弟です
2018-10-24
 昨日は別府の別院で大分教区の僧侶研修会がありました。
テーマは人権差別についてということで、お寺の研修として皆さんはえっと思われることかもしれません。
 
 いつもお勤めの最後に『浄土真宗の教章』を皆さんで唱和しますが
そのなかで「私たちの宗門は同朋教団」という文言がでてきます。
 同朋とは仲間、兄弟ということです。親鸞聖人は御同朋御同行と言われて御の文字をつけられます。
皆さん私たちは阿弥陀如来の本願念仏のみ教えにつながったお仲間兄弟ですよというのです。
 
 阿弥陀さまの本願念仏のお救いは誰しも分け隔てしない平等のお救いといわれます。
男女を問いません。善悪を問いません。老いも若きもお金持ちも貧しき人も問いません。健康な人も病人も問いません。
みんな等しく救われていくなかにこの私が救われていくと親鸞さまはいただかれたのです。
 
 ただ教団という人と人とが織りなす一つの社会、組織のあり方のなかで
人が生きる人権を損なうような差別事象を引き起こしてきた教団の歴史があります。
 親鸞さまのお心に返っていきましょうということで同朋運動といいますが
僧侶だけでなくご門徒の皆さんも一緒に学んでいきましょうと研修を重ねてまいりました。
 
 昨日は30人ほどが参加でした。
ご講師は36歳で昨日の参加者のなかで一番若かったです。
 初めて先生に会って皆さんはどんなことを思ったでしょうか。
私は若いなと思いました。こうした研修会ではいつもその道のベテランで年輩の方が講師をされるのが常でした。
講義の後の話し合いで同じような感想をもたれたという参加者が
そこにもうすでに偏見というものの見方があると反省され発言されました。
 
 私たちは人それぞれ違うものの見方をもって生きています。
人を見るときも自分のものの見方、私の固定観念やその時どきの私の都合で見ています。
そうしたものの見方が私たちの人と人との関係において邪魔をすることがたくさんあります。
 お互いに南無阿弥陀仏のみ教え阿弥陀さまのお心に返っていきましょうということなのです。
 
 私たちはお念仏の輩お仲間であります。
お念仏申すなかでお互いを思いやり、一人でも多くの方隣の方にもお念仏のお心を勧めてまいりましょう。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.10.24)
<<円光寺>> 〒870-0108 大分県大分市三佐3丁目15番18号 TEL:097-527-6916 FAX:097-527-6949