浄土真宗本願寺派(お西) 浄華山 円光寺(大分県大分市)

 

お念仏申す生活法話

 
フォーム
 
ご本山のお朝事参り
 昨日今日と大海組の連続研修会の修了生の皆さんが京都のご本山に修了奉告参拝でお参りしています。
円光寺からは連研担当の新院と修了生二人が参加です。
 
 ご本山にお参りしますと毎朝晨朝勤行(じんじょうごんぎょう)というお朝事のお勤めにお参りできます。
別に申込みすることもなく誰でもその時間にお参りできるのです。
 
 ご本山のお朝事は毎朝6時からです。
近くの旅館に宿泊し5時前から目覚めて身仕度を整えお参りして今はもうお勤めが終わった頃だと思います。
 
 有難いのはお朝事に毎日お参りされる常朝事のお同行がいらっしゃるということです。
お坊さんだけがお勤めするお朝事でしたら中々お参りしにくいと思いますが
常朝事のお同行がいて全国各地からお参りされるお同行とご一緒に大きなご縁になるのです。
 お正信偈さまを共々に唱和してお念仏の輪が広がります。
初めてお会いする者同士でも何か懐かしい感じがしてとても有難いご縁です。
 
 ご本山のお朝事のご縁も円光寺のお朝事のご縁も
ご本尊の阿弥陀さまを中心とした南無阿弥陀仏のご縁です。
 私たちの生活ぶりはそれぞれに違いますが
お朝事のご縁をいただいて今日も一日お念仏申す生活を始めさせていただきましょう。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2019.10.20)
 
お朝事のご縁お念仏の同行
 こうしてお朝事のご縁は毎日です。
一日一日お勤めさせていただくご縁です。
 
 昨日は毎月の用事で一カ月に一度のご縁がありました。
ご縁をいただく度に一か月が経つということです。
12回繰り返すと一年が経ちます。
 
 時の経つことの早さを身をもって思います。
それこそ駆け足のように過ぎ去っていくという感じです。
 
 そのなかに私たちの日々の生活があります。
一日一日お朝事のご縁でお浄土への人生を皆さんとご一緒に歩ませていただきます。
 
 皆さんの生活ぶりはそれぞれ違いますが私たちは同じ南無阿弥陀仏のみ教えにつながったお仲間です。
お浄土への旅といいますから私たちはお同行です。
同じ道を往く同じところに往くお同行です。
 
 お念仏の道を往きお浄土に生まれる道すがらをお朝事のご縁で共々にして
それぞれの生活を今日も一日させていただきましょう。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2019.10.19)
 
お茶日というご法座
 昨日大在のT寺さんで大海組の仏教婦人会の年に一度の大会がありました。
本堂満堂の170人の方がお参りでした。
 
 午前中ご門徒の七日日のご縁にお参りしました。
4人の方がお参りで2人は近所の方でした。
生前亡くなられた方に大変お世話になったということです。
 
 もう随分前の話になりますかお茶日(ちゃび)というご法座がありました。
七日七日やご法事のご縁に近所の方に声をかけご法座が立ちます。
 大きな看板をあげてということではなく一人一人に声かけをし皆さんが気持ちをもって集まるのです。
 
 お茶日ですからお茶がでます。
お茶の友もでますがお斎という食事を出すほどではありません。
 
 ご一緒にお勤めをし仏さまのお話をお取り次ぎさせていただいて私は失礼しましたが
その後四人でゆっくりお茶を飲みながら色んな話になったのではないかなと思います。
 
 今日のお朝事のご縁もそうですが
お寺のご縁もお家のご縁も私たちのご縁はみんなご本尊の阿弥陀さまを中心としたご法座なのです。
 人数は170人4人ですが人数の問題ではありません。
170人4人の人人人なのです。
 その一人一人の方に仏法に遇ってほしいお念仏を申す身になってほしいという仏さまのご催促です。
仏さまのご催促をいっぱいいっぱいいただくお念仏のご縁です。
 
 お茶日というご法座の有難さを思います。
年に一度の大きな行事になると人数を集めることに力が入って行事をする前にくたびれ果てることにもなります。
 お茶日は日常平生のご縁です。
ご縁ご縁に集まりましょうと気軽に声をかけ合ってご一緒にお念仏のご縁をいただきましょう。
お念仏のご法義が私たち一人一人のところに届けられているのです。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2019.10.18)
 
ご本尊の阿弥陀さまを中心とした仏事私たちの念仏生活です
 昨日別府でお葬式をお勤めさせていただきました。
葬儀社の式場に入り何か違和感を覚えました。
 ご本尊の阿弥陀さまの前に大きなご遺影とその前に法名を書いた位牌が真ん中に並べられていました。
今大分でお勤めする私たちの浄土真宗のお葬式は真ん中に阿弥陀さまをご安置しお遺影と位牌は一段下の左右に置きます。
ご本尊を中心にしてセンターがすーっと空いているのです。
 大海組で『浄土真宗の葬儀のしおり』を作りご本尊を中心とした葬儀の執行をテーマに
葬儀場のお荘厳の形から統一していきましょうという取り組みです。
 
 別府は以前の大分のまんまで違和感を感じるということですが
数年前まではそうしたお荘厳が当たり前だったのです。
 宗派によって違いもありお葬式にお参りされる皆さんは昔のまんまが当たり前で
今のものに抵抗感を感じる人もあると思いますが
この目で見ることから変えていくことでそれが落ち着いてくると返って昔のものに違和感があるということです。
 
 この本堂そして皆さんのお家のお仏壇も同じことが言えます。
お仏壇の真ん中に位牌と写真があると何か亡き人を偲ぶということのようですが
私たちのお念仏のご法義はどこまでもご本尊の阿弥陀さまを中心としたご法義なのです。
 すべてのものを分け隔てなく必ず救うとおはたらきにくださっている阿弥陀さまのご法義です。
中央に位牌や写真を置かないことで先に往かれた方を粗末にしているのではありません。
 阿弥陀さまのお念仏のお救いのなかに先に往かれた方も後にのこった私たちもあり
南無阿弥陀仏の大きな大きないのちのつながりのなかに生かされてあるといただいてお念仏申させていただくのです。
 
 位牌や写真を置くことにとらわれてお経をあげてもらうことで追善供養するということなのでしょうか。
それではお経をあげて供養しなければ安心できないという不安や迷いから逃れることはできません。
 
 本来のお念仏のご法義をこの目に見える形から改めて聞いていきましょうというのが
大海組の葬儀のしおりの取り組みです。
 
 ただお坊さんだけが自己満足するのではなくご門徒皆さんも一般の方にも
悲しみのご縁ですがそのまま仏さまのご縁といただいて
お念仏のみ教えをお互いに聞かせていただくなかに
ご本尊の阿弥陀さまを中心とした日々の生活お浄土への人生を歩ませていただきたいと思います。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2019.10.17)
 
「ここに座れ」と待ったなしのご縁です
 昨日は別府でお通夜のご縁がありました。
お家と会社合同の社葬ということでたくさんのお方がお参りでした。
 社葬という限りはお仕事の関係の方が殆どです。
黒い礼服に身を固めた皆さんがお参りでした。
 
 お通夜のご縁にご法話をさせていただきます。
ご法話の内容はずっと変わっていません。
同じことを繰り返し繰り返しお話しています。
 何度も何度もご縁のある方は「この話はもう聞いた」
「もう聞いた」「もう聞いた」と聞かれる方もいらっしゃるかと思います。
 
 ただ昨日のお通夜は初めてのご縁の方私からいうと初めて会う人知らない人ばかりです。
いつもと同じお話ですがこれはいいご縁だと思ってちょっと力が入りました。
阿弥陀さまのお話を聞いてくれよというのが私たちのご法義ですからね。
 
 待ったなしのご縁です。
お通夜のご縁でいまだかつてお勤めが終わってすっと背中を向けて帰る人はいません。
 もうどうしようもありません。
最後に喪主の挨拶があるまでここに座るしかないわけです。
 
 ここという場が大事なんです。
皆さんが今座っているところです。
 仏さまの御仏前です。
仏さまから頂いた席、指定席です。
 
 「ここに座れ」って、ここに座ってどうかどうか仏さまのみ教えを聞いておくれという仏さまのご催促なのです。
仏さまのみ教えを聞いて覚えて知って救われるということではありません。
 聞いても聞いても右から左にスーッと抜けてすぐ忘れることもあるでしょう。
心ここにあらずで忙しい私たちです。
 
 ただ阿弥陀さまのお心南無阿弥陀仏のおはたらきはすごいですよ。
私たちの有り様をもうすでに見抜かれて
お念仏となっていつでもどこでも付いて離れず私たちを決して見捨てないとおはたらきくださってあるのです。
 
 いつか何かのご縁でふっと仏さまのお話を思い起こすこともあるでしょう。
お念仏申してくれよと喚び続け、お念仏申すところ阿弥陀さまがこの私を必ず救うとご一緒してくださっているのです。
 
 南無阿弥陀仏のおはたらきがもうすでに私のところに届いているのです。
「いつもの話だもう聞いた」と聞く人もいつもの話が確かに届いているのです。
 
 大切なお方とお別れする悲しいご縁ですがそのまま仏さまのご縁といただける有難さです。
どうぞご縁ご縁にお念仏申すなかにお聴聞させていただきましょう。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2019.10.16)
 
30年後の私、30年後の社会このお寺
 台風19号の被害状況が連日報道されています。
「50年に一度」とか「これまでに経験したことがない」という災害予報を最近よく聞きます。
そして今回も甚大な被害を広範囲の地域にもたらして多くの人が被災し死者行方不明者は現在も増え続けています。
 
 50年に一度ということではない経験したことがないことでもない大きな災害が頻繁に起こっているのです。
昨日は早速ボランテイアの方が活動されていました。
そして義援金の募金が各方面で呼びかけられています。
 本当に有難い尊いことですが
次から次と起こる災害に支援活動も混乱してしまうような事態です。
 
 大自然の猛威を見せつけられる思いですが
地球温暖化の影響も指摘され地球環境問題がこれから一層クローズアップされそうです。
 
 小泉進次郎さんが環境大臣になり国連での地球環境問題についてのやり取りが報道されています。
パリ協定で温室効果ガスの排出制限を決めたものも最大排出国のアメリカがパリ協定離脱を決めたり
自国の利益を優先して世界各国の足並みがそろわない現状に危機感が募ります。
 
 小泉大臣が福島で原発汚染土を30年以内に県外の処分場に移すとの約束にふれたときのエピソードから
30年後の地球はどうなるのかということです。
科学的な立証を総合して地球全体で考え今できることから早速取り組んでいかないとと思います。
 
 30年後の日本です。
想像しましょう、考えましょうそして行動しましょう。
 
 30年後の私です。
30年は一世代で、30年経つと世代が変わるということです。
 25回忌33回忌のご法事で子どもが親とほぼ同じ年齢になります。
子どもが親の世代になる責任と親が子どもにおくる未来の責任を思います。
 
 30年後私自身生きているかわかりません。
ただ死んだらお終いではなく私がいなくなってもこの社会は残るということです。
 もっと間近なことで言いますと、このお寺です。
このお寺の30年後はどうなるのか。
 広く思いを致し南無阿弥陀仏のみ教えに聞かせていただくなかで
今私にできることを精いっぱいさせていただきたいと思うことです。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2019.10.15)
 
「いつも私が一緒だよ大丈夫だよ」のお念仏の声に励まされて生きて往きましょう
 今朝の新聞の第一面は台風19号による被害状況が大きく報道され
ラグビーワールドカップで日本が初のベスト8進出という記事がありました。
 
 昨夜はラグビーの対スコットランド戦を観た人も多かった思いますが
このたびの大水害で亡くなられた方々に選手も観衆も一緒に黙祷して試合が始まりました。
 
 スポーツの力といいます。
8年前の東日本大震災の時日本女子サッカーのなでしこジャパンが戦前の予想を覆し世界一になって
被災地の方々を勇気づけたということが思い出されます。
「一緒に頑張りましょう」というメッセージが日本中からそして世界からも送られました。
 
 今回東海から関東東北の広範囲で大雨によって多くの河川が氾濫し
辺り一面が泥水に浸かって被災された方はこれからどうしていいのか途方に暮れている現状だと思います。
 泥を掃き出すといういつ終わるとも分からない作業を今から一つ一つ積み重ねていかねばなりません。
到底一人でできることではありません。長い長い時間がかかります。
 
 そうした困難な状況のなかで誰か彼かから思われているというメッセージです。
自分一人じゃない独りぼっちじゃない思われているという心の支えをいただくことで
私たちは生きていけるのではないでしょうか。
 
 私たちの阿弥陀さまはこの私一人を目当てに必ず救うと思うばかりではなく
南無阿弥陀仏のおはたらきとなっていつでもどこでも私に寄り添いご一緒してくださる仏さまになってくださいました。
 
 この目には見えない実態がないものと言うなかれ
ナムアミダブツとお念仏申すところ私に寄り添い「必ず救うまかせよ」と喚んでくださっているのです。
 悲しい時も嬉しい時も苦しい時も楽しい時もどんな時もご一緒してくださいます。
 
 そのこと一つお念仏申すなかに聞かせていただきましょう。
 無常の世に生きる私たちです。
いつ何時私が思ってもいないことがわが身に起こるかもしれません。
 でも大丈夫、どんな状況にあっても「いつも私が一緒だよ大丈夫だよ」の真実まことの南無阿弥陀仏の声に励まされて
今日も一日も共々に日暮しをさせていただきましょう。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2019.10.14)
 
私たちの日常いつも阿弥陀さまがご一緒です
 台風19号関連の情報が昨日NHKテレビで終日放送されていました。
大変な雨で多くの川が荒れ狂い氾濫する様子を画面で見るだけで恐いですね。
 亡くなられた方行方不明の方も多く今も救助を待って不安な中に過ごしている方がたくさんいらっしゃるということです。
これから被害がどのように広がっていくのか心配です。
 
 今朝はこうしてまばゆいぐらいに日が昇り青空になりました。
台風一過といいますが、何か非情な感じもします。
 今日の新聞テレビ欄を見ますと一転スポーツ中継真っ盛りです。
プロ野球のセパ両リーグクライマックスシリーズの大一番があり夜はラグビーワールドカップ日本の最終決戦と
昨日と打って変わった様相です。
 
 私たちの日常です。
悲喜こもごも、悲しいこともあれが楽しいこともある私たちの日暮しです。
 日常私の思い通りなる楽しいことばかりあれば良いのですが
そんなわけにはいきません。
 
 私たちはこれまでの人生の歩みのなかで思い通りにならない人生の営みということを
どこかでわかっているつもりですが突然思ってもみなかったことに出くわしうろたえます。
 どれもこれもこの我が身が引き受けていくことで誰も代わってはくれません。
この我が身です。
 
 思い通りにいかず苦しみ悩みに沈み迷い心細く不安のなかに落ち込む私を
すでに遠い昔から見抜かれてこの私にいつも寄り添い必ず救うとおはたらきの仏さまがいらっしゃるという
阿弥陀さまの救いのみ教えです。
 南無阿弥陀仏のおはたらきとなって阿弥陀さまが今こここの私のところに来てくださり
私の口からナマンダブツとお念仏が出てくださいます。
 そのこと一つ聞いてくれよ有難く喜び受けいれてお念仏申す身になってくれよというのです。
 
 今日は仏教壮年会の例会ということでお気持ちをもって皆さん円光寺阿弥陀さまのご尊前にお参りです。
毎日ということではありませんがこれが皆さんの日常です。
 どうぞご縁ご縁にまたお参りしていただいて
いよいよお念仏を申す生活お浄土への人生の道行きをご一緒させていただきましょう。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2019.10.13)
 
台風襲来に備えて
 勢力の強い大きな台風が来るぞ来るぞということでNHKのテレビ欄は今日一日台風情報ばかりです。
東海から関東へと日本の大動脈を縦断することで大変な雨が降り大きな風が吹いて
今まで経験したことがないほどの被害が起こるのではないかと今から心配されています。
 
 台風襲来に備えて準備を怠りなくすることが大事です。
ただ準備をどれだけしたら大丈夫なのかといって台風が来て災害に遭えばそれまでのことです。
 
 私たちの命のあり方にもたとえられます。
どんな人も等しく命終わる時が必ず来ますが準備はできているかということです。
 
 私たちはそれぞれ命を生きています。
若くて健康な時も老いて病気になる時も生きていますが
ずっとずっと生きているわけではなく命終わる時が必ず来ます。
 我が身のことと考えたくないけれどもその時が必ずやってきます。
それも何時のことかわからないし今日明日突然のことかもしれません。
 大事なことはその構えはできているかということです。
まさに生死(しょうじ)の一大事の解決です。
 
 浄土真宗の仏教を聞かせていただきます。
阿弥陀さまの救いの法です。
 阿弥陀さまは生死の苦海に沈む私たちを見抜かれ必ず救うと
南無阿弥陀仏のおはたらきで私をお念仏申す身にお育ていただき
命終わるその時阿弥陀さまのお浄土に生まれさせ仏に成らせてくださるのです。
 死んだら終いの命ではなく無量のいのちをいただきお浄土からこの世に還って来て
これからもずっと有縁の方々と共々に生きていく
南無阿弥陀仏の大きないのちのつながりのなかに私たちは今生かされて生きているという教えです。
 
 台風が来るぞ来るぞと大変です。
準備を怠りなくしましょう。
 その上でこの命死んだらどうなるか。
この私の命の行く末まで心配し阿弥陀さまが用意をしてくださった南無阿弥陀仏の法を聞かせていただきましょう。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2019.10.12)
 
七日七日の仏さまのご縁です
 昨日初七日のご縁にお参りしました。
最近は亡くなってすぐご遺体を葬儀社にはこび通夜葬儀をされるところが多くなりました。
 それで初七日で初めてお家のお仏壇にお参りして
49日の中陰の間のお仏壇のお飾りに接することになります。
 
 お家で臨終勤行を勤めるときはその場でお仏壇のお荘厳をしまたお話をして
わからないことは何でもお寺に聞いてくださいと言いますが
葬儀という急な出来事で時間だけが経っていき聞くこともなく
昨日も初めてお仏壇にお参りして気づいたことです。
 
 お仏壇と中陰壇が遠く別々に置かれてお仏壇のお道具が中陰壇に移してその前に立派な座布団が置かれてあります。
お遺骨ご遺影お位牌が置かれた中陰壇の前でお勤めしてくださいということです。
 常日頃から申していることですが、お勤めはお仏壇のご本尊阿弥陀さまの前でさせていただきます。
それでお仏壇の所定の場所にお仏具を移し直してお勤めをしたことであります。
 
 私たちの日常のこともそうではありませんか。
何でもわからないことは聞きなさいと言うけれども聞きませんね。
ここに書いてますから読んでおいてくださいといっても読みませんね。
 
 とりわけ仏さまの仏事のことは日頃は関係ないことのようで
その時になって初めて聞いて教えられるということです。
 仏さまのご縁です。
この私のために先に往かれた仏さまがまさに命がけでつくってくださったご縁といただいて
仏さまの教えを聞かせていただきましょう。
 
 日頃は忙しい忙しいで自分のことで精いっぱい生きることで精いっぱいの私です。
だからこその仏さまのご縁なのです。
 
 仏法は亡くなった人のためだけにあるのではなくて
この私のために用意をしてくださったのが阿弥陀さまの救いの法南無阿弥陀仏のお念仏なのです。
 
 大切なお方とお別れをするという悲しみのご縁ですがそのまんま仏さまのご縁といただいて
七日七日のご縁ご縁にお参りされ仏法聴聞させていただき
南無阿弥陀仏のおはたらき一つでお念仏申す身にさせていただきましょう。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2019.10.11)
<<円光寺>> 〒870-0108 大分県大分市三佐3丁目15番18号 TEL:097-527-6916 FAX:097-527-6949