浄土真宗本願寺派(お西) 浄華山 円光寺(大分県大分市)

 

お念仏申す生活法話

 
フォーム
 
お盆の納骨堂はいろんなお供物でいっぱいです
2018-08-15
 今日は15日で13、14、15日のお盆の期間が終わるということです。
先ほど納骨堂にお仏飯をお供えに下りましたら、納骨堂がお供物で賑やかです。
 
 お盆は3日間限定でご先祖が帰ってみえるといいますが
日頃はご先祖を思うことの少ない私たちがご先祖の仏さまのことをいっぱい思うご縁がこのお盆なのです。
 その思いが納骨堂のお供物に表れています。いろんなものがお供えされてあります。
その方の好物のものなのでしょう。缶コーヒーもビールも焼酎も日本酒も何でもあります。
多分その銘柄もこだわって在りし日のおすがたを偲んでいるようです。
 
 あとはお菓子類です。生ものはお供えしないようにと言っています。
そのお供物のなかでちょっと前まではタバコが上がっていましたが、今は見当たりません。
やはりここでも健康のために注意しましょうということでしょうか。
 
 私たちの思いというのはそういうところにまでも及ぶものなのです。先に往かれた方のことを思うということです。
今はもうこの目にそのお姿を見ることはできませんし、懐かしい声を聞くことはできませんが
仏さまのことを思う時にはお念仏申しましょうと言っています。
 お念仏を申すなかに先に往かれた方にまた会える世界があるというのが私たちのご法義なのです。
 
 お盆の三日間が終わろうとしています。
今日は11時から終戦記念日ということで毎年全戦没者追悼法要のお勤めをさせていただきます。
 今年のお盆の総仕上げということでもあります。
午前中のお盆のお参りを終えて皆さんとご一緒にこのお盆を振り返る大きなご縁にさせていただきたいと思います。
 正午からは平和を願う鐘つきということでお参りされた人の数だけ鐘をつかせていただきたいと思います。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.8.15)
 
にぎやかな初のお盆です
2018-08-14
 昨日今日と初盆のお参りをさせていただきます。
お参りに行きますと予め時間を指定していますからたくさんの方がお参りです。
ちょうどご法事のような感じで10人20人の方がお参りです。
 
 ただいつものご法事とちょっと違うのはお経本を配ってお正信偈さまのお勤めをするんですが
声がそんなに聞こえてこないんです。
 振り返ってみると、いつもは遠い親戚を含めて近くに住んでいる方のお参りが多いのですが
初盆の場合は近い親戚の方が遠方から帰ってみえて初めてこうしたご縁に遇う方が多いのです。
 
 これは大きなチャンスなのです。
皆さん神妙に御仏前にきれいに座って声が出ないまでも聖典の字を追っていきます。
そして少しご法話をさせていただきます。初めて聞く仏教のお話だと思います。
 仏さまのご縁に遇うというのはこういうことだなと少しでも思ってもらえたら、それは初盆のご縁の有難さだと思います。
 
 静かなお盆になりました。寂しいお盆になりましたということですが
御仏前にたくさんのご縁の方々がお参りされご一緒にお勤めをしお念仏を申して賑やかなお盆になっています。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.8.14)
 
お念仏が身についてくださる
2018-08-13
 13、14、15日とお盆の三日間を迎えます。
この後円光寺の墓地で盆法要のお勤めをさせていただきます。
暑い中ですが墓地にも納骨堂にもお参りの方がたくさんいらっしゃって、一人ではなく殆どが家族連れです。
先に往かれたご先祖に会いに行くというか、そういう習わしが今も続いていることは本当に有難いことだと思います。
 
 昨日お盆参りで久しぶりにあるお家のおばあちゃんに会いました。
いつもはデイサービスに行って留守ですが昨日はたまたま日曜日でデイサービスがお休みだったということです。
ご一緒にお盆のお勤めをさせていただきました。
 お正信偈さまの偈文のお勤めですが、後ろからおばあちゃんの声が聞こえてきます。
お経本をもって読んでいるのではなく声を合わせて読んでくださっているのです。
 
 お勤めの後振り向いてお話をさせていただきました。
お念仏が身につくということはこういうことなのだと有難く思いました。
 お念仏が身につくといってじっとしていて身につくわけではありません。
お念仏申すご縁を何度も何度もいただくなかにお念仏が身についてくださるのです。
 お念仏申すとお念仏が聞こえてきます。そして聞こえてくるお念仏がこの口から出てくださるのです。
それがお勤めということでお経さまの文言がこの口から出てくださるのです。
 
 89歳のおばあちゃんです。すごいなと思いました。
何がすごいかといっておばあちゃんもすごいんですが、もっとすごいのがこの阿弥陀さまのおはたらきです。
この私がお念仏を申すまでにお育てをいただけるというおはたらきです。
 
 これは日頃のお育てということでありますが、とりわけこのお盆の三日間のご縁です。
せめてお盆の三日間は仏さまのことを思いましょう。
ただ思うだけではなくてお仏壇にお参りしましょう、お墓にお参りしましょう、お寺にお参りしましょう。
つとめてお念仏を申しましょう。お念仏申すなかにいよいよこの身にお念仏がついてくださるのです。
 お念仏のおはたらきの有難さを昨日のご縁のなかにまたたのもしく思ったことです。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.8.13)
 
本堂お内陣のお荘厳が整いました
2018-08-12
 今日は朝早くから盆おどり大会の準備にお手伝いいただき有難うございました。
汗の乾かぬままに引き続きお朝事のご縁にお参りいただいたことです。
 
 お内陣のお荘厳もお盆のお飾りになりました。
円光寺ではお盆のお供物は昔からそうめんをお供えしています。
暑い夏です。暑さで食欲もわかないときにつるっと入るのど越しのそうめんは格別です。
 
 今日は7時から本堂で盆法要門徒初盆会をお勤めさせていただきます。
まさに酷暑の夏ですが、冷房の効いた本堂で仏さまのご縁をご一緒にいただきましょう。
 その後で納骨堂の盆法要をお勤めします。
昨日から納骨堂関係者が次から次にご家族で仏さまのお供えを持ってお参りされています。
納骨堂のお飾りも整いました。
 
 8時からは境内で毎年恒例の盆おどり大会を開きます。
暑さ対策が心配です。皆さんの体調に合わせてご参加いただければと思います。
 
 準備が整いました。今年も仏さまのご縁をいっぱいいっぱいいただきましょう。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.8.12)
 
きれいにお仏壇のお荘厳できていますか?
2018-08-11
 ご門徒さんのお家にお盆参りをしていますが、年に一度お盆参りだけさせていただくお家が増えました。
お仕事の都合などで月参りは難しいというお家が多くなったのです。
 そういうお家にお参りしますとたまにお仏壇がひっくり返っているようなところがあります。
 
 お仏壇のお飾りお荘厳には決まりがあります。
私たちの浄土真宗のお仏壇は御本尊の阿弥陀如来さまが私たち衆生を救うために建立されたお浄土の相を表すもので
仏さまが決めてくださったお荘厳であり、仏さまの教えそのものであるということです。
 
 花瓶やロウソク立てや香炉といったどんなお仏具をどこに置くのかということについて決まりがあります。
ひっくり返っているというのはお仏具が上下左右逆になっているということばかりでなく
お仏壇にいろんなものが入り込んで何が何やらわからない状態になっているものがあるのです。
何でも大事なものはお仏壇にということなのでしょうか。
 
 特にお盆とか特別なときにみられるのがお供物をいっぱいあげているお仏壇です。
気持ちいっぱい仏さまにお供えしようということはよくわかりますが
決まったお仏具以外に家にある器とかにお供えするものですから
大事な花瓶やロウソク立て香炉というお仏具がお仏壇の外に追いやられることになってしまいます。
 
 そしてお供物の代表格であるお仏飯があがっていないところが結構あります。
今は朝食にご飯ではなくパン食をされて朝ご飯を炊くことがないお家が多いといわれます。
 お仏飯は炊き立てのご飯を一番に仏さまにお供えさせていただくということです。
朝できなかったら夕食のご飯を炊いたときにお供えしてすぐ下げて召し上がればいいと思います。
ただお盆とかご法事お彼岸などのご縁にはつとめてその朝ご飯を炊いてお供えさせていただくことが大事だと思います。
 
 お仏飯をお供えすることがなくなるとそれこそお仏壇はただの箱ものになってしまい本当にもったいないことです。
お仏壇のお荘厳は仏さまの教えそのものなのです。
 私たちのみ教えは阿弥陀さまの本願念仏のお救いの教えです。
誰が救われていくのかというと、先に往かれた方もそうですが、この私が救われていくという教えです。
その教えが自分の都合によって変わってしまうと大問題です。
 常日頃からお聴聞のご縁をいただきお仏壇のお荘厳をつとめてきれいにさせていただきましょう。
 
 このお盆のご縁に今一度お仏壇の正しいお荘厳を確かめてみるのもよいのではないかと思います。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。 (2018.8.11)
 
小さなお同行がお参りです
2018-08-10
 今日は三浦さんのお孫さんが二人お参りです。
昨日お盆参りをするのに4軒のお家でそのお家のお孫さんが一緒にお参りされていました。
 今は核家族といいます。おじいちゃんおばあちゃんの家とその子どもさんお孫さんの家が違うというのが一般的です。
お仏壇のないお家で生活する子どもが多くなり日々の生活のなかでお仏壇に手を合わすことが難しくなりました。
 
 ただこのお盆のご縁はちょうど夏休みということでお仏壇にお参りができるのです。
お勤めが済んで振り返ると子どもさんが神妙な顔をしてきれいに座っています。
その家を出る時に「もういいよ」って玄関先におばあちゃんの声が聞こえてきます。
子どもたちがお仏壇の前にきれいに座って仏さまに手が合わせてお礼ができるって、本当にすごいことだなと思います。
 
 子どもから見たらこれって不思議の世界ですよね。
お仏壇って何なの、真ん中の仏さまってどういう仏さまなの
お坊さんという黒い着物の人が家に来てお仏壇の真ん前に座って何やらしていたけどって
子どもにとっては初めてのことで聞きたいことが山ほどあると思います。
 
 そうした疑問に答えられるおじいちゃんおばあちゃんになりましょうというのが
仏さまのご縁をいただくということではないでしょうか。
 何か昔から皆ながしているからと伝えてこられた仏事ですが
知ってるつもりで知らないことってたくさんあると思います。
 
 不思議の世界です。疑問をもつことが大事なのです。
その疑問に答えていくのが仏教、仏さまの教えです。仏さまの教えを聞きましょう。
 学校のお勉強のように仏教のお勉強はお寺でお坊さんから聞きましょう。これが一番の基本です。
 
 ただ仏さまの教えを聞くって、教えを覚えて知識を習得することも大事ですが
昨日のご縁のようにおじいちゃんおばあちゃんと一緒にお仏壇の前に座って
今日もそうですが大きな声でお勤めができましたね。
皆と同じように手を合わせて仏さまにお礼ができました。そのことがすばらしいご縁なのです。
 
 子どもたちはこれから大人になっていろんなことを経験していきます。
そのなかで夏休みにおじいちゃんおばあちゃんの家に行ったらお坊さんという方が家に来て
お仏壇の前に座って皆でナンマンダブナンマンダブと言ってお礼ができたことを思い出すこともあるでしょう。
 そのことが大きな人生の宝ものになるというのが、仏さまの教えなのです。
 
 今日はようこそお参りでした。またお寺におじいちゃんおばあちゃんのお家のお仏壇にもお参りしてください。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。 (2018.8.10)
 
人それぞれに人間に生まれたお役目があります。
2018-08-09
 昨日俳優の津川雅彦さんが亡くなったという報道がありました。
津川さんといえば朝丘雪路さんとおしどり夫婦ということで
朝丘さんが5月に亡くなってちょうど百日目のことだったそうです。
 その時に津川さんは本当に感謝していますとお話されていました。
そのなかの一つが私より早く死んでくれて感謝しているということでした。
重い認知症を患い、そこは夫婦だけが知ることですが、最期を看取ることができたという思いいっぱいなのでしょう。
 
 この津川さん朝丘さんには一人娘がいますが、生後5か月のとき誘拐事件にあいます。
そのことがあって津川さんはずっと北朝鮮の拉致問題に積極的に関わってきたということです。
国家による誘拐です。国と国の関係の中で然るべき対処ができないもどかしさを憤慨して語っていました。
 
 そして昨日の夜沖縄県の翁長知事が亡くなりました。
すい臓がんということで67歳だったといいます。
米軍基地の辺野古移設について国と真っ向から対峙する言動で、知事をずっとしていたという感じですが
まだ一期目で11月に任期満了に伴う改選があることになっていました。
 4月に精密検査を受けて癌が見つかり抗がん剤治療で瞬く間に痩せ細っていかれましたが
それでも公衆の面前に立ち続け沖縄のこころを叫び続けておられたお姿が目に焼き付けられています。
 
 津川さんにしても翁長さんにしても一人の人間ですが
私たちがこの人間に生まれて来たという意味を考えさせられます。
 人それぞれに人間に生まれたお役目があると思うのです。
それは今回のように大きく報道される人だけのことではなく、一般庶民の私たち一人一人にもそのお役目があるんですね。
 そのお役目を終えたとき周囲からありがとうと感謝され
人間に生まれてよかったと私の人生を全うできるのではないでしょうか。
 
 それぞれの人生のお役目です。
津川さんそして翁長さん、翁長さんは若くして志半ばということですが
そのお役目を果たされて私たちはただただありがとうございますと感謝申し上げるばかりです。
 
 人生は出会いと別れの繰り返しといわれます。
私たちの日々の生活のなかで会ったものは必ず別れなければならないと
お釈迦さまは愛別離苦の思い通りにならない道理を厳しくお示しです。
その上でお念仏申すなかにまたこれからも遇っていける世界があることを教えてくださっています。
 
 人と人との別れはいつか必ずきますが、先に往かれた方は仏さまと成って
私たちを護り救う南無阿弥陀仏のおはたらきのなかにこれからもずっと私と共に生きてくださるとお聞かせいただきます。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.8.9)
 
夏を楽しむ
2018-08-08
 暑い夏ですが、先人はいろんな工夫をして夏を楽しむことを伝えてくれています。
夏の花火であったり夏祭りであったり、涼を求め暑さを忘れて興じる世界です。
 
 今朝の新聞のコラムにかき氷の話がありました。
平安時代に削り氷というものがあったそうで、今のような製氷技術がなかった時代
冬にできた氷を氷室に入れて夏まで保存していたといいます。
 ただこれは庶民が食するものではありません。
平安時代でいいますと殿上人、貴族です。極々一部の人が楽しんだということです。
 かき氷は今は特別お店に行かなくてもいつでもどこでも誰でも楽しむことができます。
 
 「おとぎ話の王子でも昔はとても食べられないアイスクリーム」という歌詞の歌があります。
どんなに権力財力をもって自分の思いのままにできる王子でも
昔はアイスクリームを食べられなかったというかアイスクリーム自体がありませんでした。
 
 先人が私たちに伝えてくれた夏を楽しむ術はいっぱいあります。
ただこの暑さです。何かぐしゃ―となってしまいそうなこの酷暑ですが
何か一つ思いをもって生きることがいよいよ大事になってくるのではないかなと思います。
 
 これは歳を重ねていくなかでもそうだと思います。
暑いなあ歳をとったなあと愚痴ばかりこぼしていてもそのまま時間は過ぎていきます。
 何か一つでも思いをもってと、それがこのお朝事のご縁だと思います。
朝一番にお朝事の仏さまのご縁をいただくなかに今日一日を始めさせていただくことです。
 
 お念仏申すなかに暑さを楽しむ夏を楽しむ人生を楽しむ生活をさせていただきましょう。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.8.8)
 
お盆の過ごし方
2018-08-07
 お盆参りが今日で三日目になります。もったいないことですが、体力の衰えか年々何だかしんどく感じます。
特に今年は異常な暑さで、クーラーが入っているお家にお参りしますと外に出たくないという気さえ起ります。
 
 そういうなかでほっとさせられるのが皆さんのお家のお仏壇のお飾りお荘厳です。
一年一度のお盆のご縁で、お家のご法事を迎えるように精いっぱいお飾りしましょうとお話していることですが
本当に見事にお荘厳ができていて有難く思います。
 
 ただお盆のお参りは一昨日の5日から始まりましたから
5日にお参りしたお家のお仏壇のお飾りがそのまま13日14日15日までもつかというと、難しいですね。
昨日も「こんなに暑いとお花までくたびれて早く枯れてしまいます」という話になりました。
 ただそこは工夫です。中休みを入れてお盆の本番に合わせたらいいと思います。
きれいにお荘厳されたお仏壇の前に家族親族が集まって一緒に食事をしたりお話するお盆ならではの光景が目に浮かびます。
 
 お盆のキーワードは「かえる」です。
お盆休みで懐かしい人が古里に帰ってきます。ご先祖有縁の仏さま方もいつも還って来てご一緒です。
みんないのちつながって一緒に童心に返ります。
 お仏壇のお荘厳に南無阿弥陀仏のお浄土のおはたらきをいただいて命終えて帰るいのちの古里をおもいます。
 
 お念仏申す身に荘厳されて、お盆の暑い中ですが、お念仏を申して過ごさせていただきましょう。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.8.7)
 
ご縁つながり
2018-08-06
 昨日夏の甲子園の高校野球が始まりました。
今回は百回目ということでテレビも特別番組で百回を振り返り球史に残る名勝負やレジェントを紹介しています。
 昨日の開幕第一試合に松井秀樹さんが始球式を行いました。
開会式直後の超満員の甲子園でそれも母校の星陵高校の初戦ということでした。
何かの巡り会わせということですが、対戦相手が大分代表の藤蔭高校だったことも何か思うところです。
 
 ニュースキャスターの方が「これも何かのご縁つながりですね」と言っていました。
百回大会ですから第一回目に出場した選手は皆さんもうすでに亡くなっています。
 長い歴史の甲子園大会ですが、高校野球を通じてその時どきの社会のあり様ということを振り返ることができます。
戦争がありました。4年間中断がありました。戦後最初の大会には選手がお米を持参して試合に臨んだといいます。
 
 幾多の困難もあったなかに百回目を迎えるということです。ご縁つながりです。
先人の志、夢が今ここにつながっているということです。
 
 甲子園の高校野球が日本の歳時記になったのはテレビが大きく影響しています。
昨日は甲子園で活躍したレジェントを紹介する番組がありましたが、殆どがテレビ開設後の昭和30年代以降の選手です。
それ以前にも熊本工業の川上哲治とか京都商業の沢村栄治とか蒼々たるメンバーがいて
今の高校野球の発展につながっているのです。
 
 テレビのすごさを改めて思います。
今はSNSの時代ですが、ちょっと前は家に一台あるテレビを前にして家族みんなで同じ番組を観ていたものでした。
テレビから発信されたものをそのまま同時に家族全員で受信していたことになります。
 
 私たちの浄土真宗でいいますと、毎朝お朝事でお勤めしているお正信偈さまです。
今日の蓮如上人の御文章さまにもありますが、北陸吉崎の地で始められたものが綿々と五百数十年伝わっているのです。
それこそ見たことも聞いたこともない私たちのご先祖が私たちに伝えてくださったものです。
 
 その大本は阿弥陀さまです。そして親鸞さま蓮如さまです。
毎朝親鸞さまの御文お正信偈さま、蓮如さまの御文御文章さまを拝読させていただき
阿弥陀さま親鸞さま蓮如さまにお礼をさせていただくことがそのまま私たちの次の世代に伝わっていくということです。
 
 野球は白球一つで、私たちはお念仏一つです。
南無阿弥陀仏のおはたらき一つで私たちの救いは間違いないと仰せです。
お念仏申せよとお勧めです。お念仏の声が子や孫に世界につながっていく、伝えられていくのです。
 ご縁つながりの有難さを思います。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.8.6)
<<円光寺>> 〒870-0108 大分県大分市三佐3丁目15番18号 TEL:097-527-6916 FAX:097-527-6949