浄土真宗本願寺派(お西) 浄華山 円光寺(大分県大分市)

 

お念仏申す生活法話

 
フォーム
 
お浄土から開かれた私たちの仏道です
2018-10-19
 仏教は仏の教え、迷いの私が悟りの仏に成る成仏道の教えをいいます。
 成仏道に大きく二つの道があります。
一つは比叡山に代表される自分の力をたのんで厳しい学問修行を積んで悟りを開き仏に成るという仏道です。
一方私たちの浄土真宗の仏道はお浄土の阿弥陀さまの南無阿弥陀仏のおはたらき一つによって
お念仏申す身にさせていただき命終わってお浄土に生まれ悟りを開かせていただき仏に成る仏道です。
 
 そのまま聞くと死んでから後のことのようで今の私には関係ない必要ないと言われそうですが
実はこの今が大事なのです。
 浄土真宗では取り立ててこれこれこういう修行をしなさいということを言いません。
ただ仏法聴聞といって、仏さまのみ教えを聞きなさいと言われます。
 すべてのものを分け隔てなく必ず救うというご本願を建てられ長い間ご修行されて阿弥陀という仏さまに成られた
そのおいわれを聞かせていただくのです。南無阿弥陀仏のお心おはたらきです。
 
 ここに苦悩に迷う衆生がこの私がいたということなのです。
この私一人を救うために南無阿弥陀仏の仏さまと成って今私のところにおはたらきだと聞かせていただくのです。
 ナンマンダブツとお念仏申す、この口からお念仏が出てくださるということは
もうすでに阿弥陀さまのおはたらきが今こここの私に届けられてあるということなのです。
 「我にまかせよ必ず救う」とおはたらきですから「おまかせします阿弥陀さま」と今ここにお念仏を申させていただき
お浄土への道を歩ませていただくことです。
 
 自分の力で切り開いていく道は一歩一歩踏みしめて確かなようで先が見渡せない狭い道です。
一方お浄土から開かれた道は広く大きな道です。
 阿弥陀さまのお浄土に渡してくれるご本願の船にまかせて乗って行くように
今日の一日もまたお念仏を申す仏道を歩ませていただきたいと思います。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.10.19)
 
お寺の子ども会で「ちかいのことば」を唱和します
2018-10-18
 昨日水曜学校の子ども会がありました。
いつもお勤めの最後に「ちかいのことば」を皆で唱和します。
五つありまして「一つ仏の子は」と言って始まります。
 
 仏の子です。誰のことかというと唱和する私たちのことなのです。
子どもといったら小学生中学生のことのように思いますが、実はこの私も皆さんも仏の子どもなのです。
 
 お念仏の先人は阿弥陀さまという仏さまを親さまとよんで慕ってまいりました。
親です。お父さんお母さんと親は二人います。阿弥陀さまとお釈迦さまです。
阿弥陀さまとお釈迦さまをお父さんお母さんとする仏の子どもということで
同じ親の子の私たちはお互いに兄弟姉妹ということになります。
「ちかいのことば」の唱和は、仏の子どもになる、お念仏の兄弟、お念仏の仲間になる宣言といってもいいと思います。
 
 一つ仏の子はすなおにみ教えを聞きます。一つ仏の子は必ず約束を守ります。一つ仏の子はいつも本当のことを言います。一つ仏の子はにこにこ仕事をいたします。一つ仏の子はやさしい心を忘れません。
 
 子ども会で唱和することですが、私たちの日々の生活のなかで「一つ仏の子は」という営み
お念仏申す日暮しをさせていただきたいと思うことです。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.10.18)
 
お包みの表書きはどのように書きますか?
2018-10-17
 お葬儀にお参りするときのお包みの表書きについて、御仏前でいいのか御霊前か御香典かと質問されます。
 一般の仏事の本には「四十九日までが御霊前で、それ以降は御仏前」とあるそうです。
四十九日までは故人の霊魂がこの世に残っているという言い伝えです。
七日七日のお勤めで善根功徳を積み重ね回向して四十九日で仏に成るということで
御霊前と御仏前を区別するということのようです。
 
 霊魂についてお釈迦さまは有るとも無いとも言われていません。
浄土真宗の仏教では南無阿弥陀仏のおはたらき一つで命終わって直ちにお浄土に生まれ
仏さまに成らせていただくと聞かせていただきますから
御霊前はふさわしくなく御仏前でいいのです。
 御香典とは御香を御仏前にはこぶということですから、御仏前でもいいのです。
 
 ここで御仏前というとお葬儀の場合亡くなった故人にという思いでしょうが
御仏前の仏というのは浄土真宗でいったらご本尊の阿弥陀さまなのです。
 御仏前をお包みするのは阿弥陀さまの御仏前にお供えをはこぶという意味合いがあるのです。
御仏前というと今はお金をお包みすることのようになっていますが
御仏前にお花であったりお菓子や果物などをお供えすることでもいいのです。
 
 阿弥陀さまの御仏前におはこびするのです。
今の皆さんです。仏さまの御前にこの身をおはこびしています。
御仏前にこの身を置いて今日もこうしてお朝事のお勤めができました。仏法聴聞させていただきました。
 これほどの御仏前はないと仏さまが一番喜ばれています。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.10.17)
 
ご縁ご縁にお念仏申させていただきましょう
2018-10-16
 ご縁をいただくといいます。仏さまのご縁です。
この仏さまは阿弥陀如来さまです。阿弥陀さまの本願他力念仏のお救いの法に遇わせていただくご縁です。
 
 ただこのご縁を私たちに届けてくださったのはお釈迦さまでありインド中国日本に出られた七高僧さまであり
そして何といってもご開山親鸞聖人であります。
 親鸞さまが開かれたみ教えを聞かせていただくのがこのお寺なのです。
今日16日は親鸞さまの月命日です。
 
 仏さまのご縁をいただけよといいますが、私たちは日々の生活のなかでご縁をいただくことが中々難しいですね。
私のことで精いっぱい、生きることで精いっぱいの私たちの日暮しです。
 
 だからこそこうした大切なお方お家のご先祖有縁の方々のお命日を大切に仏さまのご縁にしてほしいというのが
これが親鸞さまの願いであります。
 
 ご縁ご縁にお念仏申せよといわれます。
お寺にお参りしないとお家のお仏壇にお参りしないとお墓にお参りしないとお念仏申せないのではありません。
 南無阿弥陀仏のお念仏のおはたらきはいつでもどこでもこの私のところに届いてあります。
仏さまのご縁に遇わせていただくときナンマンダブツとどうぞ声に出してお念仏申させていただきましょう。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.10.16)
 
維新150年戊辰150年、官軍も賊軍もないみんな一緒のお浄土です
2018-10-15
 大河ドラマ「西郷どん」を観ています。今年が明治維新から150年ということです。
1868年明治元年に徳川幕府から明治政府に政権が移る過程で、血なまぐさい戦争がありました。
戊辰戦争です。鳥羽伏見の戦いから江戸開城を経て東北の地が戦場になっていきます。
西郷隆盛率いる官軍、そして一方は賊軍と言われます。
勝ては官軍負ければ賊軍と言われますが
その当時官軍は錦の御旗をかかげた天皇の軍であり、天皇の命令に従わない者は賊軍であるとのことです。
双方共にこれまで徳川幕府を支え天皇のもとにあったもの同士ですが
その時々の情勢で敵になったり味方になったりということです。
 
 ドラマでは昨日の回で明治政府の樹立をみて西郷隆盛は政治から離れ故郷の鹿児島に帰ります。
そしてそれから10年経ち西南戦争が勃発します。
西郷と共に維新を成し遂げた盟友大久保利通を中心とする官軍と明治政府に不満をもつ賊軍の戦いです。
その総大将が西郷です。歴史の綾というか、昨日まで友人同士だった者が袂を分かち刃を交わすということです。
 
 そうした歴史があって私たちの今日があるということです。
過ぎ去った過去のその時だけの出来事ではありません。
それからも時代は続き社会も動いて今も維新150年というところもあれば戊辰150年というところもあるのです。
 
 いまだに戦争が続いているのではありません。
それぐらい私たちの思いというのは私が生まれてからではなくて
生まれる前からもそしてずっとずっとこれからも続いて
生まれては死に生まれては死にということを繰り返していくのでしょう。
 
 生まれては死にという迷いの境涯を繰り返し苦悩の世界にうごめく私たちを見抜かれたのが阿弥陀さまです。
苦悩に迷う衆生のわれらを必ず救うと立ち上がり南無阿弥陀仏のお名号となって私のところに来てくださってあるのです。
 
 官軍も賊軍もないよ、敵も味方もないよ、すべてのものを等しく救うみんな一処の世界
阿弥陀さまのお浄土を用意してくださってあることを私のこととして隣の人も一緒に聞かせていただきましょう。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.10.15)
 
葬儀のご縁に思います
2018-10-14
 今日はお寺のご院家さんの本葬というお葬式のご縁をいただきます。
昨日の新聞に、通夜密葬を済ませて本葬というご案内でした。
 本葬と聞いて皆さんはどんなことを思いますか。
会社関係でいいますと社葬という言い方がありますが、お寺の本葬は浄土真宗でいいますと門徒葬といいます。
門徒というのは皆さん私たちのことです。門徒総代さんが葬儀委員長になって葬儀を執り行うということです。
 
 今はお別れの会ということをよく聞きます。
通夜密葬を済ませてお別れの会を何日何時どこどこでとご案内があります。
ホテルで行うお別れの会が多くなりました。お写真を中心に故人を偲ぶということです。
 
 ホテルで行うお別れの会にお坊さんはいません。
今日はお寺のお葬式で本堂で執り行われます。お坊さんがたくさんお参りです。
 
 皆さんも有縁の方のお葬式をされると思いますが、今はお葬式をしませんという方もいらっしゃいます。
お葬式をしないでご遺体をそのままにしておくことはできませんから火葬します。
火葬したらお遺骨が残ります。ところがお遺骨も持って帰らないところもあるように聞きます。
この前お葬式のご縁があったお家でいいますと、お遺骨も本当に小さな骨壺に納められていました。
どれ程収骨するのかはご遺族が選べるということです。
 
 お葬式をどうするのか、その時になったら考えればいいということでは間に合わないこともたくさんあります。
今日は仏教壮年会の例会ですが、こうしたお寺のご縁ご縁に浄土真宗の葬儀のあり方を聞かせていただき
いよいよ仏さまのご縁に遇わせていただきたいと思います。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.10.14)
 
あたたかい布団にくるまってぐっすり眠れました
2018-10-13
 急に朝晩が寒くなりました。
昨日お参りしたお家で「ストーブを出しました」という話になりました。冬の準備です。
 暑い暑い夏が過ぎて涼しい秋が来てそして冬ということで
四季折々といいますが、今は春や秋が短くなったという話にもなります。
 
 着るものも夏物秋物から一気に冬物にという準備でもありますが
一番身近に暑さ寒さを感じるということでいったら寝る時の布団ですね。
真夏の頃はタオルケット一枚で充分でいたが、薄い布団になり、厚い布団になります。
 昨夜は冬物の布団を出しました。暖かいです。そしてよーく眠れます。
体というのは本当に敏感で寒いと目が覚めます。暖かいなかにぐっすり安心して眠れるのです。
 
 私たちの阿弥陀さまの摂取不捨のお救い、お慈悲のおはたらきを布団に譬えて思います。
それこそ私をそのまま包み込んでくださるんですね。
摂取して決して捨てないと、ありのままの私をそのまま摂め取ってそのまんまなのです。
阿弥陀さまの大きな大きなお慈悲のなかに私たちは安心できるのです。
 
 暖かい布団のなかは本当に心地よいです。
ずっとこのまま布団のなかにと思いますが、日々の生活があります。
 今日もこうして朝起きてお朝事のご縁をいただきます。
日々の生業が始まります。いつもの繰り返しのようで今日もいろんなことがあります。
楽しみにしていることもあるでしょう、しんどいこともあると思います。
予定通りに行かないことも、えっと思うようなことにも遭遇するかもしれません。
 そんななかを私たちは生きていかねばなりません。
 
 お念仏申す生活をさせていただきます。
阿弥陀さまは南無阿弥陀仏となって私と共に生きてくださる仏さまになってくださいました。
苦しみ悩み迷う私にそのまま寄り添い必ず救うまかせよと摂取不捨の仏さまになってくださいました。
 
 寒さ厳しい季節の到来のなかにあっていよいよ阿弥陀さまのあたたかい大きなお慈悲を味わわせていただきます。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.10.13)
 
お寺の護持を考えます
2018-10-12
 昨日は円光寺で大海組の法中会というお寺の住職の会合がありました。
毎月一回の会で、大海組内17のお寺が持ち回りで開く会ですが
いつもの行事の報告これからの行事についての確認が主なことになります。
 
 17のお寺があるとお寺のあり方が17通りあって違います。
お寺の住職がいつも第一に考えるのは、このお寺をどう護持していくのか護っていくのかということです。
それは建物を護るということも含めてお念仏のお法を護っていくということです。
 住職だけではなくご門徒皆さん、私たちはお念仏のご法義をいただいています。
このいただいたお念仏のご法義を次の世代の方に、子や孫にどう伝えていくのか
そのためにはこのお寺はどうあるべきかということが最大のテーマです。
 
 17のお寺それぞれ護持の仕方は異なっているもののご法義を伝えるというテーマはみんな同じです。
そこには様々な課題もあって他のお寺のことも参考にしたいと思うのですが
皆さんが集まる会でうちはこうしてますようちはいこうしてますとお互いの現状を披歴し
こうしていきましょうと前向きに考えていく話には中々なりません。
逆にお参りが少なくなった昔はよかったこれから大変ということばかり聞くと
そこで頷くところもありますが、何か現状肯定に終わってさあやろうというプラス志向にはなりません。
 
 これはお寺だけのことではなくいろんな社会組織のことにも言えることだと思います。
社会組織のなかにあって中々自分の思い通りにはいかないということでもあります。
 
 それぞれものの考え方も生き方も違うお互いですが
私たちは阿弥陀さまという中心をいただきお念仏のご法義につながっているのです。
 阿弥陀さまのみ教え南無阿弥陀仏のご法義をお互いにいただくなかに
今何ができるのか今何をしなければならないのか精いっぱい私にできることをさせていただくことが
いよいよ大事になってくるということをまた昨日のご縁で思いました。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.10.12)
 
本願一実浄土一門の大道です
2018-10-11
 今日のご和讃ですが、七高僧さまの中国に出られた第三祖の曇鸞大師から第四祖の道綽禅師のところに移りました。
曇鸞大師を讃えるご和讃のなかに
「万行諸善の小路より 本願一実の大道に帰入しぬれば 涅槃のさとりは すなわちひらくなり」とありました。
万行諸善をきわめる自力の道が一般的な仏道です。自分の力をたのんで学問修行を積み自ら悟りを開くという仏道です。
 曇鸞さまは阿弥陀如来の本願のおはたらきによって救われる他力の仏道を大道ということで明らかにしてくださいました。
万行諸善の修行を積んでいく道は小路といって小さな路といわれます。まさに自ら切り開いていく道です。
一方阿弥陀さまのお浄土から開かれた仏道は大きな道ですべてのものが救われていく道なのです。
 
 その大道に帰入しぬればとあります。帰依するまかせるということです。
本願の大道にまかせるなかに私たちは阿弥陀さまのお浄土に救われて涅槃のさとりを開かせていただけるとお教えです。
 
 そして次の道綽禅師のご和讃です。
「聖道万行さしおきて唯有浄土一門を通入すべきみちととく」とありました。
浄土門です。私たちの仏道は浄土門の道であるというのです。
 
 聖道の道をすてて浄土の道に帰していく。
これは親鸞聖人が法然聖人にお遇いし阿弥陀さまの本願他力のご法義に遇うなかに
「雑行を棄てて本願に帰す」とお書物に明らかに記されたご心境であります。
 
 ナンマンダブツとお念仏を申すそのままがお念仏のお心を聞いていくことです。
阿弥陀さまがこの私のところに必ず救うとおはたらきのお心にそのまままかせるすがたが
ナンマンダブツとこの私の口からお念仏が出てくださると味わわせていただきます。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.10.11)
 
お寺にご相談にみえられました
2018-10-10
 
 昨日二人の女性の方が「ご相談したいことがあります」とお寺を訪ねてきました。
お一人はすぐ近くに住んでいた旧知の方で、会ってすぐお名前を呼びましたらほっと安心したようで
本堂で一時間ほどお話をしました。
 
 主なご相談はお母さんが高齢で病気ということで、もしもお葬式の時はどのようにしたらいいかということでした。
お葬式その後のお勤め納骨のことなどお尋ねにお答えすることでお話をして少し安心した様子でした。
 
 そしてご自分の話になりました。子どもさんがいないということで自分が亡くなった後の心配です。
お葬式はこう考えていますがどうでしょうか、遺骨はどうなりますかと具体的な相談になりました。
 
 お寺の役割、お寺の住職のお役目を思います。
お寺を護るということです。お寺の建物もそうですが、仏さまのご法義を護るということです。
私たちの御本尊の阿弥陀さま、南無阿弥陀仏の仏法お念仏のご法義です。
 
 お寺を護るのは住職一人ではありません。坊守新院の寺族そして何といってもご門徒衆です。
お寺を中心にお念仏のご法義を中心につながったお念仏の人たちです。
ただお寺を護る上にそれぞれのお役目があります。
 
 その住職のお役目の中心がご門徒有縁の皆さんにお念仏のご法義を伝えることであり
皆さんのお念仏の生活のご相談にこたえていくということです。
 ただ住職といっても人間ですから人と人との信頼関係が大変大事になってきます。
誰でも僧衣を着ていたらどんなことでも相談できるということではありません。
仲の良い友だちにも中々言えないことを信頼して相談していただける住職に
気楽に山門をくぐって相談できるお寺になっていきたいと思います。
 
 お家を中心に家族が代々お寺との関係をもちお仏壇やお墓を引き継ぎ伝えていくことが本当に難しくなりました。
核家族化が進み親子の家が別々に生活するようになり、これからお仏壇はお墓はどうなるのか
心配なことが多くなってきます。
 
 御本尊の阿弥陀さま南無阿弥陀仏のご法義を中心としたお念仏申す生活を思います。
昨日もお念仏のつながりのなかにこのお寺を有縁の方が訪ねてくださったということです。
昨日だけのご縁ではなくてこれまでもこれからもずっとつながり続いていく仏さまのご縁です。
 お念仏のご縁を共々にいただきご一緒に相談して
こうしましょうこうしていきましょうと具体的に提案できるお話もさせていただきたいと思うことです。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2018.10.10)
<<円光寺>> 〒870-0108 大分県大分市三佐3丁目15番18号 TEL:097-527-6916 FAX:097-527-6949