浄土真宗本願寺派(お西) 浄華山 円光寺(大分県大分市)

 

お念仏申す生活法話

 
フォーム
 
この私を煩悩具足の凡夫と知らせてそのまま救うてくださる阿弥陀仏さまです
 阿弥陀さまはこの私のことを煩悩具足の凡夫と見てとられました。
煩悩といって何か特別な時にふっと出てくるものではありません。
具足というのはこの身も心もいつも煩悩まみれというのです。
 
 昨日まで三日間京都に行ってまいりました。
大分からソニックに乗って小倉で新幹線に乗り換えて京都に行きますが、途中でソニックが20分ほど遅れました。
「人影を見かけたので確認をしています。しばらくお待ちください」というアナウンスがありました。
何度か同じ放送があって、間もなく動くのではないかと思って20分が経ちました。
 
 小倉での乗り換え時間が18分でした。
しばらくして「小倉で次の新幹線に乗られる方はご乗車できませんので窓口でその次の新幹線に変更をお願いします」と
放送がありました。えっと思いました。
 
 本山での会議の1時間ほど前に京都に着く予定で電車に乗りました。
新幹線のぞみは1時間に2本あります。それで次ののぞみでも会議には間に合うだろうと
窓口でチケットを変更して新幹線乗場に行くと「次の新幹線は博多小倉間10分の遅れです」とアナウンスがありました。
 
 えっこれは大変、京都に何時に着くのか会議に間に合うのか、いくら思ってもどうしようもありませんが
それからは再々時計を見ながら何度となくどうしよう困ったと心配と不安でいっぱいになりました。
 そして腹が立ってきました。
私には全く非がないのに何でこんな目に合わないといけないのか、JRは何をしているのかなどと
そこらじゅうに恨みつらみをぶつける始末です。
 
 平生自分の思い通りにいっている時は至極当たり前のことと
周りに感謝する気持ちもなく涼しい顔で振る舞っている私たちです。
 ところが何か自分の思わないことがちょっとでも起こったら心の中はもうイライラが募ります。
そして怒りです。顔は冷静を装っていますが心の中はまさに周りを責めたてる鬼の様相です。
 
 いつも順調にいくのが当然でちょっとでも歯車が違うと怒りになる。
本当に見事ですね。
 私たちが持ち合わせる三毒の煩悩です。
貪欲、欲の心です。瞋恚、怒りの心です。そして愚痴、愚かな心です。
 
 京都に会議の5分前に着いて間に合いました。
結果だけでいったらよかったということですが
本山に着くまでの時間それこそ私の心は煮えたぎった鬼の心のそのまんまでした。
 
 どこまでも自分中心の思いを振り回す本当に愚かな私がいます。
もっと余裕をもって早い電車で行けばよかったということです。
 この世のことは無常の沙汰で、何が起こるか分かりません。
自分の思い通りにいっていることが偶々なことで思い通りにならないということが真実なのです。
 
 その真実に気づくことなく気づこうともせず自分を中心に生きる私を
阿弥陀仏さまは煩悩具足の愚かな凡夫と見られたのです。
 
 そんなことでは駄目ですよ、こうしなさいと私に注文をつける阿弥陀さまでしたら
私が救われていく行き場がありません。
 阿弥陀さまは愚かな凡夫と知らせてそのまま救う仏さまになってくださったのです。
愚かな凡夫と知らされてお念仏を申すなかにそのまま救われて往くんですね。
 
 欲の心怒りの心愚かな心を暇なくおこすこの私を憐れんで
そのまま抱き取ってくださるアミダさまがいてくださるから、私の居場所があるのです。
 お念仏申させていただくところ、ここです。
煩悩具足の凡夫が生まれ往くところ、阿弥陀さまがこの私のためにお浄土を用意してくださってあることを
ナンマンダブツお念仏を申すなかに聞かせていただきます。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2019.6.21)
 
地域に開かれたお寺のあり方を思います
 大阪で交番が襲われ勤務の警察官が刃物で刺されて重体、拳銃が盗まれたという事件が起こりました。
そして逃走した犯人が捕まったということです。
 
 最近交番を狙う事件が相次いでいます。
たまたまですが、今七日日のご縁をいただいている二軒のお家が警察官のご主人の奥さんのご縁です。
 昔は駐在所といっていました。三佐にも駐在所がありました。
県内各地を転々と勤務していくんですね。
一軒のお家は佐伯の方にもう一軒の方は玖珠の方にいたとお聞きます。
 
 駐在さんは地域の守りの要です。
日頃から地域の方々と交流があって、映画などで駐在さんが自転車に乗って地域を見守る姿がよく映し出され
地域の方と顔が合えば「こんにちは」「おはようございます」と声をかけ合うつながりのなかに
私たちの安心がありました。
 
 ところがこんなに交番が襲われると、24時間開かれた交番勤務を考え直さないといけないという声が出てきます。
そうなって交番が閉じてしまうと、困った人がどこに駆け込めばいいのでしょうかね。
 
 私たちのお寺です。開かれたお寺になろうとよく言われます。
でも実際は不審者対策でお寺の門も本堂も庫裡の玄関も閉まったままで
誰か訪ねてきても返事がないというお寺もあります。
 
 駆け込み寺とも言われます。
日々の生活のなかで苦しみ悩み困ってらっしゃる人がいます。
いろんな問題を抱え誰にも相談できない人です。
そうした人が唯一最後に駆け込んでいけるところ、開かれたお寺です。
 
 ただ今のご時世どんな人が来るかもわかりません。
むずかしいところがあります。
 でも今の社会の現実です。交番が襲われるという事実です。
そこに社会の歪みを思います。
 
 人それぞれに生きるこの社会で
人それぞれにこれまでの人生の軌跡があったと思います。
 こうした事件の背景には複雑な人間関係社会との関わりがあって
何度も何度も頑張って頑張って生きようとしても決して思い通りにいかなかったことが多くあったのではないでしょうか。
 
 そうした苦悩を抱えた人がその思いを打ち明け背負っている肩の荷を下ろし楽になる場が
一つ駆け込み寺というもので皆さんに開かれたお寺になっていけたらと思います。
 
 今どこの地域にも子どもたちの見守り隊が活動しています。
昔は見守り隊という組織がなくても地域ぐるみで地域の子どもを我が子のように見守っていました。
そんな昔ののどかな温かみあふれる人間関係に思いをはせ
人とのつながりが疎遠になっていく一方の現代社会にあって
地域の中のお寺のあり方役割を考えます。
 
ご一緒に、お念仏申しましょう。(2019.6.18)
 
入仏式のご縁です
 昨日入仏式のご縁にお参りさせていただきました。
お仏壇を申し仏さまをお迎えする法要で
お家の中心にお仏壇をご安置し、お仏壇の中心にご本尊の阿弥陀如来さまをお迎えさせていただくことです。
 
 大切な方とお別れする悲しみのご縁でこのたびの入仏式をお勤めするわけですが
お家の中心ができましたというお話をさせていただきました。
 
 お家の中心はと尋ねられて皆さんはどう答えられますか。
ご家族皆さんが集まる居間であったり食卓のある台所であったりということかもしれません。
 昔はお家の中心は床の間のお客さんを迎えるお部屋でした。
そしてその中心にお仏壇がご安置されていました。
 
 お仏壇の置かれた仏間に入ると皆さん同じ方向を向きます。
お仏壇の方向を向き御仏前に座って手を合わせナンマンダブツとお念仏を申して阿弥陀さまにお礼をさせていただくのです。
 こうしなさいと誰彼から言われてすることではなく自然とそういう所作ができていました。
それも一人だけではなく二人三人と皆さんが同じようにできるのです。
私がすることではなく仏さまがさせてくださることだと有難くいただきます。
 
 今日もこうして皆さん阿弥陀さまの方を向いてらっしゃいます。
御仏前に御一同にお念仏のご縁をいただけたことをそのまま喜ばせていただきましょう。
 ナンマンダブツは御礼のお念仏といいます。
ナンマンダブツ、ナンマンダブツとお念仏を申すなかに今日の一日も
阿弥陀さまご先祖有縁の仏さまそしてあらゆるいのちのつながりのなかに生かされて生きてまいりましょう。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2019.6.17)
 
ノープラ生活を始めましょう
 「ノープラ生活を始めましょう」という番組がテレビでありました。
プラスチックのない生活です。
 逆にいうと私たちの日々の生活はプラスチックだらけの生活です。
プラスチックごみの問題は今や深刻な地球環境問題になっています。
 
 最近の大きなニュースでレジ袋を完全有料化することを日本が世界に向けて宣言するといいます。
日本は世界でもアメリカに次ぐプラスチック消費大国で幾多のプラスチック製品がゴミになっているという問題です。
 プラスチックごみの不法投棄は海洋汚染を引き起こし海洋生物形態をも侵しかねないという事態です。
 
 日本国内でプラスチックごみの再生処理ができず海外に輸出している状況があります。
最大の輸出国が中国でしたが1年半前に輸入禁止となり今は東南アジア諸国がその輸出先となっています。
まさに先進国のごみを請け負うかたちで、ここにも世界の格差をみます。
 
 私たちが普段使っている身の周りの物です。
今はプラスチックごみの種分けが当たり前になっていますが、再利用というと中々難しいとのことです。
再利用も思うようにできず焼却処分には有毒物質の発生や地球温暖化の問題になってきます。
プラスチックごみの厄介なところです。
 
 それで私にできる対策としてノープラ生活です。
ただ私たちの生活を点検するとプラスチックだらけといった状況です。
 プラスチックは確かに便利で、至るところにプラスチック製品ばかりです。
今プラスチック製品を除いたら私たちの生活は一変に不自由になります。
 ノープラ生活に今着手しないと近い将来最大の環境問題になるような最も悪いことをしているのです。
 
 念仏生活ということをよくお話しています。
お念仏を申す生活をさせていただきましょうとです。
 
 親鸞聖人が結婚をするしないと悩まれ法然聖人に相談した時に
法然さまは「結婚してお念仏申されやすいようだったら結婚しなさい。
結婚しなくてもお念仏しやすいようだったら結婚しなさい」と言われたそうです。
 法然さま自身は生涯結婚されませんでした。親鸞さまは結婚されました。
 
 結婚するしないの選択は異なりますが、お念仏申すことは同じです。
さてノープラ生活です。
 お念仏を申すということについてこれは仏さまのお心に添うことなのか添わないことなのか聞かせていただき
お念仏を申す生活をさせていただきましょう。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2019.6.16)
 
信心獲得のご縁です
 今日の御文章さまは「毎月両度の章」です。
毎月二度のお寺のご縁は信心獲得のため、私が浄土に往生する信心を得るためのものだとの蓮如上人の仰せです。
 
 今日のご和讃には道場をいう言葉が二回出てきました。
浄土真宗のお寺はお念仏の道場聞法の道場といいます。
 阿弥陀さまの本願念仏のお心南無阿弥陀仏の救いの法を聞いて信心獲得しお念仏申す身になってくれよと
仏さまがつくってくださったご縁です。
 
 自分のことで精いっぱい生きることで精いっぱいの私たちお互いです。
お念仏のご縁に遇うことが難しいなかに今日もこうしてお念仏の道場にお参りさせていただきました。
 
 今日は雨になりました。
雨が降っても晴れになってもこの道を聞かせていただき今日の一日をまた歩ませていただくことです
 
 どうぞお念仏を申すなかに今日の一日も阿弥陀さまのお浄土につながるこの道を
お念仏を申して歩ませていただきましょう。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2019.6.15)
 
やっと家族が一緒になりました
 昨日本堂でお葬式のお勤めをしました。
お遺骨になってのお葬式です。
 いろいろとご事情がありまして、2年ほど前に遠方で亡くなられ火葬されました。
故人の遺言で2年間はご自宅にお遺骨をご安置され
このたび大分の実家に連れて帰りお葬式をしてお家のお墓に納骨しお家で3回忌の法要をさせていただいたことです。
 
 お家お家のご事情その人人の思いがあります。
ご家族の方とも相談をしてお寺でお葬式をお勤めすることにしました。
 
 法名をまだいただいていませんでしたので
お遺骨に剃刀を当てて帰敬式を行い仏弟子の名のりとなる法名をいただいて仏式のお葬式をお勤めしたことです。
 
 連れ合いのご主人のお母さんが「ほっとした。安心した」と言われました。
そうだと思います。落ち着くところに落ち着くということでしょうね。
 
 大切な方とお別れをして悲しいご縁のなかにお遺骨になってお墓に納めてご安置をさせていただきます。
お墓参りが始まります。お墓参りして故人を偲ぶのです。
 先に往かれた大切な方を思うところです。
お墓やお仏壇そしてお寺にお参りして手を合わせナンマンダブツとお念仏を申させていただきます。
 
 仏さまのご縁です。
南無阿弥陀仏のおはたらき一つで阿弥陀さまのお浄土に先に往かれて仏さまとなって
この世に私のところに還って来てお念仏申すなかに共々に生きてくださってあると聞かせていただきます。
 死んだら終いじゃなかったのです。
この目には見えませんが南無阿弥陀仏のおはたらきとなってこれからもずっと私と共に生きてくださるのです。
 
 大きな大きな力です、おはたらきです。
南無阿弥陀仏のおはたらきがこの私が生きていく力になるのです。
 お念仏のなかに私たちの日々の生活があり私たちもこの命を終えていきますが
命終えて阿弥陀さまのお浄土に生まれさせていただき懐かしい方々とまた再会できると聞かせていただきます。
 
 私たちの不安や苦悩を見抜かれた阿弥陀さまの大きな大きなお慈悲です。
南無阿弥陀仏のおはたらきのなかに日暮しをさせていただける安心です。これほどの大安心はありません。
 南無阿弥陀仏の大きないのちのつながりの中に私たちは共々に生かされてあるということです。
「やっと家族が一緒になりました」と言われました。
有難く聞かせていただきました。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2019.6.14)
 
桜島のお寺さんを訪ねました
 九州地区寺院振興対策協議会に出席のため鹿児島に行きました。
一昨日は鹿児島別院で会議があり昨日は桜島にお寺さんを訪ねました。
 
 桜島までフェリーで15分です。
一時間に数便の就航でフェリーはいつも満車です。
フェリーが日常生活の交通手段になっています。
 
 桜島には浄土真宗本願寺派のお寺さんが二か寺あり
昨日お参りしたお寺は明治以降の開教で門徒数が当時の約半分に減ったというお話でした。
 都市部への人口移動はどの地域でも同じようにあって今も続き
鹿児島市街地へお葬式や法事の法務にフェリーでお参りされるということです。 
 お寺の護持運営をはかるため維持費を積み立てたり納骨堂事業を進めたりしているとのことで
私たちのお寺のあり方と重ねて思いました。
 
 寺院振興といいます。お寺が盛んになるというのです。
建物の護持ももちろんですが、大事なことはお念仏の振興です。
 南無阿弥陀仏のお念仏のご法義は人から人へと伝えられ今私たちのところに届けられました。
お寺を中心にお念仏のご法義をいかに盛んに興隆し次代に伝えていくのかということです。
 
 人口減少社会にあって門徒が少なくなることはどうしようもないことです。
そうした現実にしっかり向き合ってお念仏の振興です。
 お念仏の振興はどのような状況にあってもできることです。
それぞれの状況に応じたお念仏の振興を考え実践していくことです。
 
 協議会の出席者から、これからお寺の建物の普請にご門徒にご懇志をお願いすることが難しくなってくるなかで
お念仏の道場としてのお寺の機能を最大限に発揮することがいよいよ大事になるとの発言がありました。
 お念仏の道場という発想に新たなお念仏の振興を思います。
お寺はもちろんお寺から出かけてのお念仏のご縁づくりです。
何か明るい展望が少し開かれたような気がして嬉しかったです。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2019.6.13)
 
雨の日もナンマンダブツ晴れの日もナンマンダブツとお念仏申して日々生きましょう
 もう梅雨に入ったのかなと思いますが、梅雨入り宣言はないようです。
桜前線もそうですが、今は南から順次北にあがって行くということではなくて
九州より早く関東関西で桜の開花宣言があったり梅雨入りしたり
5月末には北海道で真夏日の最高気温を記録したりとかであります。
 
 天気は自然のことで人間がどんなに偉くなっても頑張っても変えることは到底できません。
今日の天気のそのままを受けとめていくしかありませんが
天気が良いとは晴れの日のことで、雨の日は嫌われます。
 
 ただこの梅雨の時期は各地で田植えが行われ雨が喜ばれます。
人間の都合に合わせて良い天気になったり悪い天気になったりということです。
 
 まさに私たちは自分の都合を振り回し善い悪いとはからって生きています。
ただどんな日も雨が降っても晴れの日も風の日も曇りの日も私たちはその日その日を生きていかねばなりません。
 そうした自分中心のはからいのなかに頑張って生きる私ですが
いつでもどこでも阿弥陀さまの南無阿弥陀仏のおはたらきの中に生かされてあることを聞かせていただきます。
 
 雨の日もナンマンダブツ晴れの日もナンマンダブツ風の日もナンマンダブツと
お念仏申して生きていける力強さ有難さです。
 どうぞお念仏を申すなかに今日一日も生かされて生きてまいりましょう。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2019.6.11)
 
お仏壇にお脇さまをご安置しましょう
 新しくご門徒になられたお家にお仏壇を申されます。
仏壇店さんによく説明していただくことですが、宗派宗派によってお仏壇のお飾りが違います。
 
 浄土真宗の仏壇は無量光明土といわれるお浄土を表す金仏壇でしたが
今はお家の造りも随分変わってお仏壇をご安置する部屋に合わせた箱型のお仏壇が多くなりました。
 
 大事なことはお仏壇の真ん真ん中の中心にご本尊の阿弥陀如来さまをご安置することです。
お仏壇を申す法要を入仏式といいます。
仏さまをお迎えする慶びの仏事で、ご本尊をご安置すれば立派なお仏壇です。
 
 お仏壇のお飾りお荘厳には宗派宗派で決まりがあります。
浄土真宗のお仏壇は本当にシンプルでベストです。
 シンプルとは一つも無駄なものがないということで、すべての仏具に意味があるということです。
ベストとはこの上ないということです。
 
 金仏壇には様々な細工が施されいろんな飾りものがあります。
それぞれに大事な意味があります。
 基本となるお供えのお道具が仏飯器とろうそく立て、花瓶、香炉の三具足です。
この三具足がそろっておれば申し分ありません。
 
 昨日お尋ねされたのはお脇さまのことです。
阿弥陀さまを中心に向かって右が浄土真宗を開かれた親鸞さま左が御文章さまを書かれた蓮如さまです。
 お二方の絵のお姿のお脇さまをご安置しましょうとお話をしました。
このお脇さまのお姿がいいですね。
親鸞さまも蓮如さまも阿弥陀さまの方を向いています。
 私たちから見ると正面を向いているお姿ですが
親鸞さまから見ると蓮如さまから見ると常に阿弥陀さまを向いてお礼をしているお姿なのです。
 
 それはそのままこの私が阿弥陀さまを向いてお礼をさせていただく姿です。
阿弥陀さまがお浄土から南無阿弥陀仏のおはたらきで
いつでもどこでもご一緒してくださるお心を聞かせていただき
ナンマンダブツとお念仏申してお礼をさせていただきます。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2019.6.10)
 
仏教壮年会の皆さん、今年も庭木の剪定ありがとうございます
 今日は仏教壮年会の皆さんには一年一度この時期に庭木の剪定をしていただき有難うございます。
 
 昨日散髪に行きました。散髪も髪の剪定ということですね。
髪を整えて気分一新ということです。
 何事かある時にまず身を整えることから始めるということでしょうか。
 
 このお朝事のお勤めも身を整えるご縁だと思います。
ナンマンダブツとお念仏申し阿弥陀さまにお礼をして今日の一日を始めさせていただきます。
 
 身を整えて今日一日のことが自分の思い通りにいくかというとそうではありません。
思い通りにいかないことも多く、想定外のこともこの身におきます。
 
 ただまず自分にできることをさせていただくなかで
精いっぱい今日一日を生き抜かせていただくということではないでしょうか。
 お念仏申して精いっぱい私にできることをさせていただくということです。
 
 今日のご和讃は「他力の信をえんひとは」で始まって
明日は「弥陀成仏のこのかたは」に返ります。
 何か53日ぶりの繰り返しのようですが、これもまた日々気分一新のご縁です。
 
 今日は地区の運動会もあるそうでお役の方は大変だとお思いますが
一日一日それぞれのおつとめをナンマンダブツとお念仏申すなかに精いっぱいさせていただきましょう。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2019.6.9)
<<円光寺>> 〒870-0108 大分県大分市三佐3丁目15番18号 TEL:097-527-6916 FAX:097-527-6949