浄土真宗本願寺派(お西) 浄華山 円光寺(大分県大分市)

 

お念仏申す生活法話

 
フォーム
 
どんなことがあってもそのままお前を必ず救うと南無阿弥陀仏のお心おはたらきです
 34年前の1985年に熊本で起きた松橋事件の再審裁判があって無罪が確定したということです。
殺人罪で13年の懲役刑を受け収監されて、今その方は85歳です。51歳の時でした。
 
 冤罪(えんざい)です。罪がないのに罰せられるということです。
誰が裁き罰するのか。人なんです。裁判官も人、検察官も弁護士も人、警察官も人、みんな人なんです。
 人と人との関係のなかで裁きがあり処罰されるのです。その人のこれからの人生が大きく決定されるということです。
最高刑は死刑です。死をもって罪を償うといいますが、罪がないのに死刑になった方がこれまでいなかったのか
ちょっと考えただけで恐くなります。
 
 警察や検察の仕事は罪をつくることではありません。
罪を明らかにして公正に裁かれる裁判制度があって社会の秩序が守られるのです。
 被害者の遺族感情としては加害者に罪を償うというより極刑に処してほしいということでしょうが
自分がその場に立ってみないとわからないことだと思います。
 
 ただこの私が加害者になりうることもあるということです。
歎異抄に親鸞聖人が「さるべき業縁のもよおさばいかなるふるまいもすべし」と仰せられたとあります。
 自分が善い人だから罪を犯さないのではないんです。
悪い人だから殺人を犯すということでもありません。
 いろんな縁が重なりあって、人を一人いや百人殺すことだってある業をこの私が持ち合わせているということです。
そういう私を阿弥陀仏さまは罪業深重の凡夫と見抜かれて「我にまかせよそのまま救う」とおはたらきなのです。
 
 善いことをしなさい悪いことをしてはいけないよと言われても
善いこと一つできない「さるべき業縁のもよおさばいかなる振る舞いもすべし」私を見抜かれ悲しまれたお心で
スーッとお立ちになり南無阿弥陀仏と私のところに来てくださって「我にまかせよ必ず救う」と喚ばれてあるのです。
 
 そのこと一つ聞いてくれよとおはたらき通しなのです。
聞いて善いことができ悪いことができなくなるのではありません。
 この身を生きる限りはこれからも縁あらばいかなる振る舞いもすべしこの私と聞かせていただきます。
煩悩具足の凡夫の身と知らせた上での阿弥陀仏さまのお救いです。
 
 南無阿弥陀仏のお心で必ず救うとおはたらきです。
この私を悪人と知らせた上でそのまま救うというんです。
 私阿弥陀の言うことを一つも聞かない悪いことばかりするお前だからもう知らないと見捨てるのではなく
そのまま救うとはそれほどまでの深い深い大悲、大きな悲しみの心おはたらきだということを
また我が身のこととして聞かせていただきます。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2019.3.29)
 
新大関貴景勝の誕生です
 大相撲の貴景勝関が大関に昇進しました。
伝達式の口上で武士道の精神と言われました。
小さい頃から「勝って驕らず負けて腐らず」といつも聞かされ教えられたといいます。
 
 勝負の世界です。勝つ者があれば負ける者があるということです。
人生にも勝ち組と負け組があるということですが、何をもって勝ち負けをいうのでしょうか。
 勝ち負けでいうなら勝った方がいいですよね。
相撲の世界に負けるために入門する人はいません。
勝ち上がって行けば横綱ですが、ほとんどの力士は負けていって結局は相撲界を去ることになります。
 勝負の世界は本当に厳しいものです。
 
 勝って驕らず負けて腐らずは仏教の教えにも通じます。
勝って驕るとは欲の心です。欲しい欲しいと自分の思い通りにしたいなりたいという心です。
欲しい欲しいで自分の欲しいものを手に入れますが
それで満足するのではなくもっともっとと次から次に欲しくなるという飽くなき貪欲の心です。
 
 負けて腐るとは怒りの心です。
欲しい欲しいで自分の思い通りになるのかというと自分の思い通りにならないことが多くあります。
 すると怒りの心がでてきます。
私の思い通りにならないことがすぐ隣の人にできていたらなおさらです。
 
 愚痴にもなります。
ああしておけばよかったこうしておけばよかったと自分を責め周りの人をも責めます。
愚痴の心は自分中心の見方に終始し真実本当のことが見えない愚かな心です。
 
 阿弥陀仏さまは欲の心、怒りの心、愚かな心を持ち合わせて生きるこの私を見てとってご本願を起こし
南無阿弥陀仏となっていつでもどこでも私に寄り添い「必ず救うまかせよ」とおはたらきです。
 
 先日のイチロー選手の話ではありませんが
高みを極めるといってすぐ高みに到達できるわけではありません。
高みを極めるという目標をもって日々普段の生活を怠りなく一つ一つさせていただくことが肝要だということです。
 
 みんながイチロー選手や貴景勝関になれるわけではありません。
目標をもって生きても私たちの日々の生活はそんなにうまく思い通りにはいきません。
 でも大丈夫、南無阿弥陀仏のお念仏のみ教えを聞かせていただくなかに
私は私でよかったという人生を生き抜かせていただきましょう。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2019.3.28)
 
「ああ帰ってきたな」帰る家がある安心です
 京都のご本山に会議で行きました。
帰りの新幹線で小学校3,4年生の子どもが隣の席でした。
お菓子をいっぱい広げて食べながらウーロン茶を飲みながら一人旅を楽しんでいるようでした。
春休みでおじいちゃんおばあちゃんのところに行くのかなと思います。
 
 小倉でソニックに乗り換え大分へ帰るのに
小さな女の子を連れたおじいちゃんおばあちゃんの三人連れが一緒でした。
大きなキャリーバッグを二つ持ってどこか遠方に旅行に行ったのかなとも思いながら
その家族は別府で降りましたが、杵築を過ぎる頃から降りる準備を始めました。
ぐっすり寝ていた子どもを日出のロイヤルホテルが見えたら起こそうとか言ってましたが
そのおじいちゃんがふと私にも聞こえるような声で「ああやっと帰ってきたな」と安心したように言われました。
 
 帰るんですね。家から出て家に帰るんです。帰る家がある安心といいます。
ロイヤルホテルが見え沿線の別府の町の風景にふれて「帰ってきたな」と安心するのです。
家です。私が帰る家です。私の居場所がちゃんと用意されているところです。
 
 私たちは何か毎日が当たり前のように生活をしています。
今日も皆さんこれから家に帰られて一日の生活を始めるのでしょうが、帰る家があるという安心です。
安心できる私の心の依りどころこの身の置きどころです。
 
 私たちはこの人生を終えて帰らせていただく家があると教えていただきます。
阿弥陀さまの如来の家です。私のために阿弥陀さまが用意してくださった私が帰る家です。
 我が浄土に帰ってこいよ、私の浄土に必ず必ず生まれさせるから
我が名を称えて帰ってこいよと南無阿弥陀仏の声となって私をよび通しに喚んでくださっているのです。
 
 そのお浄土には私たちは往ったことがありませんが
私たちのご先祖有縁の仏さまが往って待ってらっしゃるなつかしい帰る家と聞かせていただきます。
 
 帰る家がある安心です。
このお寺もまた皆さんの帰る家です。
なつかしいお家でご一緒にこれからもお勤めさせていただきましょう。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2019.3.27)
 
仏さまのご縁は安心のつながりです
 朝の6時が明るくなりました。桜も一気に花開くということです。
春はいいですね。明るく温かくなって色んな楽しみがあります。
 
 昨日はお寺の本堂でご法事のお勤めをさせていただきました。
お母さんの年回法要で施主は一人娘さんです。
他家に嫁いでらっしゃるということで、昨日は娘さんご夫婦とその娘さんの3人がお参りでした。
 
 お家にはご夫婦それぞれのお家の仏壇二つのお仏壇があるということもあってお寺でお勤めすることになりました。
お勤めの後いろんなご相談のお話になりました。
二軒のお家のお仏壇やお墓をこれからどう受け継いでいけばいいのか、お勤めはどうしたらいいのかということです。
 お仏壇やお墓の継承についてはお家お家の事情もありさまざまな問題となって
思い悩み迷うことが多くなってくるというのが今の私たちの現状だと思います。
 
 お寺というのは安心できるところという言い方をします。
お寺の中心にご本尊の阿弥陀如来さまをご安置させていただく安心です。
阿弥陀さまの本願念仏のお心信心をいただくという安心です。信心を安心(あんじん)といいます。
 南無阿弥陀仏のお心おはたらきに安心まかせてお念仏申す身にさせていただき
この世の縁が尽きたとき浄土に生まれて仏となり迷いの世に還って来て人々を救うという安心のつながりです。
 お寺はお念仏のご法義に遇わせていただくところなのです。
 
 現実的なことでいいますと、お寺はご門徒皆さんのお寺であり住職はご門徒衆をおあずかりするといいます。
ご門徒衆のお葬式やご法事のお勤めをさせていただきます。
納骨堂や墓地にお遺骨をお預かりさせていただきます。
 仏さまのご縁をいただきお寺とのつながりをもたせていただく安心です。
 
 親が元気なうちはお寺のことや仏さまのことを考えることもあまりありませんが
昨日のご縁でいいますと私と同年輩のご夫婦です。
ご主人は近頃定年退職され奥さんは体調がよくないといいます。
 
 先々のことを考えることが多くなってきます。
仏さまのご縁をいただいていることの有難さを思います。
 そのお家お家それぞれにご事情は違いますが
南無阿弥陀仏の救いの法にお互い聞かせていただき一つ一つご相談させていただきながら
今私にできることをさせていただきましょうとお話したことです。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2019.3.24)
 
お寺の掲示板の言葉から「お前も死ぬぞ 釈尊」
 『輝け!お寺の掲示板大賞』というものがあるそうです。
去年の7月から始まった企画で、12月までを一区切りとして全国的にお寺の掲示板の言葉を募集されたといいます。
 毎年12月は『今年の新語・流行語大賞』や『今年の漢字』などの有名な恒例イベントもあり
注目度アップを狙ったということもあるのでしょう。
 
 全国のお寺の掲示板からたくさん寄せられた言葉のなかで
「お前も死ぬぞ 釈尊」という言葉が見事大賞に輝いたといいます。
 
 「お前も死ぬぞ」とは仏教の大きな柱である諸行無常の教えのことです。
この命、どんな人も必ず命終えていかねばならないことを
「お前も死ぬぞ」とこの私に言っているのでしょうね。
 
 短い言葉でインパクトがあります。
諸行無常とはこういうことだよというお話はよくさせていただきますし
皆さんもよく聞かれて知っていることだと思いますが
「お前も死ぬぞ」と言われたらハッとしますね。
 本当のことですが、何か他人事としてしか聞いていない自分のことと受けとめられない
この私に向けられた真実の言葉だからです。
 
 そして釈尊とあります。仏教を開かれたお釈迦さまです。
諸行無常という教えを説かれたお釈迦さまです。
「お前も死ぬぞ」とお釈迦さまがこの私に発せられた言葉です。
 
 ただこの言葉に初めてふれたとき
「お前も死ぬぞ 釈尊」って、釈尊に向って「釈尊お前も死ぬぞ」と言われているようにも思いました。
 お釈迦さまも私たちと同じ人間の身としてこの世に生まれ生きて80歳でご生涯を終えられたのです。
 
 「お前も死ぬぞ」と諸行無常の命を生きる私に、この命を本当に大切に生きていくんだよとのお示しです。
人の世に生まれた意味はね、大切に生きるとはね、仏さまの教えに遇うことだよというのです。
 あなたの命は死んだら終いの命ではなく仏に成るいのちと救われていくのだよと
仏さまの教えを聞いてくれよといわれるのです。
 
 私が私がと自分のことで精いっぱい生きることで精いっぱいの私たちが
仏さまの教えに遇うことも聞くことも読むことも中々難しいなかで
お寺の掲示板の言葉です。
 「お前も死ぬぞ 釈尊」と書かれた言葉にあってお聴聞のご縁をいただいてほしいと思います。
仏さまの教えを聞いてこの人生を生き抜いてくれよとお寺の掲示板がよびかけているのです。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2019.3.23)
 
イチロー選手が現役引退表明しました
 大リーグマリナーズのイチロー選手が昨日行われた東京ドームの試合を最後に
現役選手生活から引退するという発表がありました。
 昨年三月に古巣のマリナーズに復帰したものの昨シーズンは選手登録せず
今年日本での開幕戦に合わせて選手登録してこの二連戦に出場したということです。
 
 45歳です。日本のプロ野球で9年アメリカ大リーグで19年という選手生活でした。
イチローといえば打って良し走って良し守って良しの稀代のスーパースターです。
 数々の記録を打ち立て日米通算安打は世界最高の4367本ということで
まさに打ち出の小槌のように打てばヒット打てばヒットと
いつでもヒットが打てる選手いつもヒットを期待される選手、ヒット製造機といわれる偉大な選手です。
 
 その大選手イチローがそれこそ何度バットを振ってもヒットにならない打てないという状況がずっと続いて
結局最後の最後までヒットを打てずに終わったということです。
 
 イチロー選手はどんな思いで東京ドームのグランドに大観衆の前に立ったのでしょうか。
記者会見で「今日の球場でのできごとを見せられたら、後悔などあろうはずがない」と言ったそうです。
イチロー選手らしいコメントですが
胸のうちはどうかな、一本でもヒットを打ちたかったのではないかなと思ったりします。
 
 45歳です。いつまでも現役の選手でいるわけにはいきません。
イチロー選手のことですからこれから野球界にいろんな形で貢献されるとは思いますが
歳を重ねるなかで今まで出来ていたことが出来ないようになるということです。
 
 これは私のことです。皆さんのことです。そしてイチロー選手のことでもあったのです。
ただ若い時には出来なかったことが年をとって出来るようになることもあるのではないでしょうか。
若くて健康でお金があれば何でも出来るということでもないでしょう。
老いていくなか病気になるなかでそれまで気づかなかったことに気づかされることもあるのではないでしょうか。
 
 もっといえば生きている時だけではなく死んでから後でも
後に遺った方が気づいてくれる思うてくれることがあるのではないでしょうか。
 
 仏事ということがそうです。
仏さまのご縁をいただくなかに先に往かれたご先祖有縁の方を思うのです。
 私が思い出そうとか思わなければならないということではなく
思わせてくださる思い出させてくださるのがこの仏事のご縁なのです・
 
 手が合わさるということです。この口からナンマンダブツとお念仏が出てくださるということです。
手を合わせお念仏申す身にしてくださったのは仏さまのおはたらきです。
 その仏さまはご本尊の阿弥陀仏さまですが、私たちのご先祖有縁の仏さまと仰いでいけるのです。
 
 そのなかで死んだらお終いではない現役を退いたらお終いではない、いのちはこれからもずっと続いていくのです。
大きな大きないのちのつながり営みのなかで今日も一日こうして日暮しさせていただけることをまた有難く思います。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2019.3.22)
 
生死の命と聞かせていただき南無阿弥陀仏のいのちに生かされる
 お彼岸のお中日です。
夜半雨が降っていましたが、今日はお大師さん(弘法大師)のおせったいもあっていよいよ春になりました。
 
 昨日の彼岸会の夜席は『お葬式物語』という映画を皆さんで観て大智新院さんにご法話お取り次ぎをいただきました。
仏教では生老病死の四苦を説かれます。
生死(しょうじ)の迷いのなかに苦悩する私の命のあり様をズバリ教えてくださいます。
 ただ私たちは日々明けても暮れても生きることに精いっぱいで
いつまでも若くありたい健康でいたいと老病死のことを考えることがありません。
 
 仏教は生と死を分けて見るのではなく生死一如といって生きることは死ぬことと見るのです。
聞きたくないけれどもこれは真実本当のことで私のことなのです。
 そのことはどこかで知っている私ですが、生死と向き合うことは難しいことで
どこまでも生きることを享受するような生活ぶりの私たちです。
 
 そんな私たちを悲しまれ思いとって阿弥陀さまはすべてのものを生死の迷いから救い取ろうと
南無阿弥陀仏の救いの法を成就されたのです。
 お釈迦さまは数多くのお経さまのなか大無量寿経というお経さまに
阿弥陀さまの本願念仏の救いの法を説かれてあるのです。
 
 生死のことを私たちに自分で考えて解決しなさいというのではありません。
こうしなさいああしなさいと注文一つつけるのではありません。
南無阿弥陀仏一つで必ず救うと私たちが救われて往く手立てをすべてつくってくださったというご法義なのです。
 
 ナンマンダブツとお念仏申し苦悩の生死の世界を離れ阿弥陀さまのお浄土に生まれて
さとりの仏さまに成らせていただけると聞かせていただきます。
 
 生老病で終わる人生は死んだら終いの人生です。
生きることで精いっぱいで死は生を否定するものとして向き合おうとしません。
でも死が来ます。死ぬ時はそれでお終いということです。
 
 生死の命と聞かせていただくなかに私たちはこの人間の命を終えるけれども
南無阿弥陀仏のおはたらき一つで仏さまのいのちに生まれさせていただけると聞かせていただくのがお彼岸のご縁です。
 
 私たちの彼岸は阿弥陀さまのお浄土と決めてくださってあることの有難さ尊さです。
そのこと一つ心に入れて今日のお中日の法要は1時半からのお勤めです。
 どうぞご仏参お聴聞ください。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2019.3.21)
 
お彼岸のご縁をいただきましょう
 円光寺墓地に行きました。
お彼岸に入ってお墓にお花がきれいにお供えされているところがあります。
逆に枯れたままのお花のところがあります。
 随分前にお墓参りに来られてお花をそのままにしておられるのでしょう。
 
 納骨堂もそうですが、仏事にご縁を2回いただくといいます。
お花をきれいにお墓や納骨壇をお飾りして何日かして枯れるまでにお花を持ち帰るということです。
 
 お彼岸のご縁でいえばお彼岸の入り頃お参りしてきれいにお飾りし
お中日を過ぎてもう一度お参りしてお花やお供物を持ち帰るということです。
仏さまのご縁をいただくといいます。
 
 そんな面倒くさいこと1回お参りすればいいことだというのは、私の思いです。
仏さまがお墓や納骨堂にお参りをさせていただく手を合わさせていただくお念仏を申させていただく
私にしてくださるというおはたらきなのです。
 
 お彼岸の仏さまのご縁です。お寺では今日明日と彼岸会法要をお勤めさせていただきます。
仏法を聞いてくれよお念仏を申して彼岸である弥陀の浄土に生まれてくれよという南無阿弥陀仏のご縁おはたらきです。
 私のために開いてくださったご縁です。
仏さまのご縁をいっぱいいっぱいいただきましょう。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2019.3.20)
 
なたね梅雨の思い出
 朝から大きな雨が降っています。
この春のお彼岸の時期は結構雨が多いんですね。
なたね梅雨といって菜の花の咲く3月中旬から4月上旬にかけて梅雨のように雨が続くということです。
 
 なたね梅雨の思い出があります。
高校1年の時サイクリングで大分から宮崎鹿児島方面に友だち5人で行きました。
途中延岡と宮崎に泊まって宮崎鹿児島間は汽車で往復しました。
 ところが3日目から雨になり中々雨が止みません。
それで帰りの宮崎から大分までは結局サイクリングを止め自転車を汽車に積んで帰ったという思い出です。
 
 ただその時私は内心では降りしきる雨を喜んでいました。
初めての遠出のサイクリングは大きな峠越えもあって思った以上に大変きつかったのです。
 5人それぞれ自転車をこぐ力量が違います。私は遅れて行く方です。
先頭を切って行く人はどんどんペダルを踏んで前に前に坂でも一気に上がるということで
脚力以上に何か負けることの悔しさ情けなさもあって、よかった止めようという気持ちになったのでした。
最後までやり通すことのできなかった悔しさよりほろ苦い思い出になって今でも残っています。
 
 延岡宮崎と父の知り合いのお寺さんに泊まらせていただきました。
お寺に泊まって安上がりの旅行のつもりが汽車で行く旅行とあまり変わらないものになりました。
 一人だけ毅然と当初の計画通りに自転車で帰り、何で一人だけで帰らせたのかと家の者からひどく叱られ
帰りの汽車賃もお寺さんから借りることになって周りの方にも大変迷惑をかけることにもなりました。
 
 今から思えば心晴れ晴れということではなく今日の雨のように心残りのする旅行になりましたが
50年前高校一年のこの時期に5人の仲間と一緒に貴重な体験ができたことは
今の私の大きな財産になっています。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2019.3.19)
 
何か一つできることをさせていただきましょう
 東の空が日に日に早く明るくなってきました。今日から春の彼岸に入ります。
 
 この年度末お寺の会議が続きます。
これからのお寺はどうあるべきか、お寺の厳しい現状を考えるとき
思うようにならない課題がたくさん出てまいります。
 
 今朝起きてふとこの世のことはなるようにしかならないと思いました。
私がどんなに頑張っても頑張らなくてもなるようにしかならないというのがこの世の中の営みだということです。
 ただこの世に私が生きているという現実です。
お寺の住職という我が身この私です。皆さんでいったら浄土真宗の門徒ということです。
お念仏のご縁をいただく私たちです
 
 何か一つでも阿弥陀さまのご法義のお手伝いをさせていただくことがないかなと思って
今朝の新聞のコラムに「お寺おやつクラブ」の活動が書かれてありました。
 奈良の30代の若いお坊さんが始めたことです。
私たちの目に見えないところで今日の生活に食事に困ってらっしゃる貧困のご家庭子どもたちがいるという現実です。
 そういうお子さんにお菓子を届けようという活動です。
仏さまにあがったお供え物のお菓子です。お供え物のお下がりをおすそ分けするということです。
そのままにしていてももったいないことで
少しでもお手伝いにならないかと始めた活動が今全国各地のお寺さんに広がっているというのです。
 
 私たちは何か大きなことを思ってこうしようああしようと考え何度も議論して
結局のところ構想だけが膨らみすぎてこんなことは到底できないねということで終わってしまうことが多々あります。
 小さなことからできることってどこか身近にあるんですね。
 
 最近はご法事のお供え物が減ってきました。
お葬式もそうですがご法事もコンパクトなものになって
親戚に案内することもなく家族だけお経だけというご法事が多くなりました。
 
 ここは一つご門徒皆さんに呼びかけてみようと思います。
お供え物といってそんなに高価なものではありません。
 仏事のご縁に仏さまにちょっと気持ちをお供えにしてお寺に届けていただけたらと思います。
そのことがそのまま名前も知らない子どもたちの何かの助けお手伝いになるといいなあと思います。
 
 他にもいろんな取り組みがあると思います。ただ私にできることは限られています。
それこそなるようにしかならないことかもしれませんが
何か一つでもナンマンダブツとお念仏を申す私たちにできることをさせていただきましょう。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2019.3.18)
<<円光寺>> 〒870-0108 大分県大分市三佐3丁目15番18号 TEL:097-527-6916 FAX:097-527-6949