浄土真宗本願寺派(お西) 浄華山 円光寺(大分県大分市)

 

お念仏申す生活法話

 
フォーム
 
南無阿弥陀仏あなたの声に支えられて生かされて生きている私です
 昨日午前中留守をしていまして、家に帰ったら郵便ポストの上にまとまったものが置いてありました。
すぐわかったのですが、掲示伝道の法語が書かれたものでした。
 
 毎月掲示伝道の法語をHさんに書いてもらっています。
そのものをお寺に届けにいらっしゃってみんな留守だったということです。
 
 あらためて有難いことだなあと思います。
毎月のことです。もう8年になります。
 このお朝事でいいますと毎日のことです。
何か同じことの繰り返しのようで当たり前のようですが
月々日々のことがらをていねいに受け止めてしてくださることで
本当に有難いことだなあと思います。
 
 日々の生活を振り返って、私たちは何か私が一人で頑張って生きていると思っているところがありませんか。
私が一人で生きているのではなく周りの多くの方々に支えられてあることを本当に有難く思います。
 
 その後すぐお電話しました。「届けていただいて有難うございました」
Hさんの声が聞こえてきます。「留守のようで置いておきましたが、よかったです」
 
 声です。声を聞いて何かほっと安心します。つながってあるなと有難く思います。
今日もそうです。こうしてお正信偈さまのお勤めをご一緒にさせていただきます。
皆さんの声が聞こえてまいります。
 南無阿弥陀仏と聞こえてまいります。
 
 阿弥陀さまのお喚び声です。「まかせよ救う」のおはたらきです。
真ん真ん中にお立ちになり南無阿弥陀仏の声となって私のところに来てくださってあるのです。
 南無阿弥陀仏の声に励まされて心安らぎ生きていけるのです。
 
 頑張って頑張って生きている私たちお互いです。
頑張って頑張って思い通りになることばかりだったらいいのでしょうが
頑張って頑張っても思い通りにならないこともたくさんあります。
 
 どんな状況にあっても南無阿弥陀仏の声の仏さまはいつでもどこでもおはたらきなのです。
南無阿弥陀仏の声が聞こえてまいります。
 私一人じゃなかった。
周りの方々多くのいのちに支えられて生かされてあることを
何か毎日が当たり前のように過ごしている生活のなかで有難くいただけるのも
仏さまのご縁に遇わせていただいたおかげさまと思います。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2019.5.24)
 
ご門徒衆をお預かりするお寺のお役目を思います
 昨日の夜ご案内のようにお寺での葬儀のこと納骨事業のことについてご門徒皆さんとの協議会をもちました。
夜の時間ということもありましたが、10人ほどの方がご参加されました。
 
 葬儀といい納骨といいこれから先のお話のようですが
少子高齢社会にあって家の相続が難しくなりお家のお仏壇そしてお墓の相続についても課題が生じています。
 お家お家それぞれの事情があって個々の問題として丁寧に対応していくことが大事だと改めて思います。
 
 こうしましょうと皆さんで決めてする大きな枠組みは基本的に大事なこととして
その上で個々のお家お家の事情を十分お聞きし相談して具体的に対応できるようにしていきたいと思います。
 
 納骨のことについてはお墓の後を見る人がいないというお家がこれから増えてまいります。
そういうなかにあってお寺の役割ということを改めて思います。
 
 お寺はご門徒皆さんをお預かりしているところです。
浄土真宗のお寺は親鸞聖人のお寺といわれるように
親鸞さまからご門徒衆をお預かりしているのが住職です。
 
 住職とご門徒ではそのお役目はそれぞれ違うところがありますが
同じ阿弥陀さまの本願念仏の救いの法を依りどころに生きるお同行お念仏のお仲間であります。
 
 昨日お話をしながらまた皆さんから意見を聞きながら
改めてお寺のあり方お寺の大事なお役目を思ったことです。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2019.5.23)
 
阿弥陀さまの御前に集う私たちです
 お念仏の集いを講といいます。
一つ日を決めて同じメンバーが集まります。
 どこに集まるのか、ここが肝心です。阿弥陀さまの御前(おんまえ)に集まるということです。
 
 このお朝事のご縁も一つの講です。
こうしてほぼ同じメンバーです。
顔と顔を合わせていつもの時間いつもの場所で阿弥陀さまの御前でということです。
 
 そのことが皆さんのお家のお仏壇の前でもできます。
月々の月参り、ご法事のご縁で皆さんのお仏壇のやっぱりご本尊の阿弥陀さまの御前なんです。
 今日はあんのん館で健康教室がありますが、あんのん館もやはり阿弥陀さまの御前です。
納骨堂もお内仏も阿弥陀さまの御前に集うともがら、お念仏の仲間です。
 
 お互いに顔を見合わせる関係です。
一人一人の生活ぶりはそれぞれ違って色んなことがあります。
楽しいことばかりではありません。苦しみ悩みを抱えた私たちお互いです。
 阿弥陀さまの御前に集う私たちの口からぽろっと愚痴がでることもあります。
そのことをそのまま聞いてくださる仏さまです。
 
 私たちが集うところはいろいろです。食事をすることもお酒が入るときもあります。
話がはずみます。他愛もない世間話です。
 この阿弥陀さまの御前に集う私たちが交わす話もまた世間話です。
ただ世間話がそのまま仏さまのご法義の話になるんです。
 
 いろいろと悩みを抱えた私たちお互いを御前の阿弥陀さまがいつもスーッとお立ちで見守ってくださってあるんだと
お念仏申して有難く聞かせていただきます。
 
 私たちが等しく帰っていけるところを阿弥陀さまの御前といただきます。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2019.5.22)
 
裁判員制度が始まって10年です
 裁判員制度が始まって今日で10年ということで、いろんな報道番組で特集されています。
裁判は罪を犯した者を裁く制度で罪ある者に罰を与えるというものです。
裁判員に選ばれた人にとって大変大事なそして重い役割です。
 
 裁判とは裁判官がいて原告検察側と被告弁護側の意見を聴取するなかに判決を下すというものです。
ただ裁判官検察官弁護士ともに法律の専門家であり過去の判例を重視した判決になって
どこか市民感覚とずれたところがあるのではないかということもあり
一般市民に裁判員として参加してもらうことで司法制度が国民により身近なものになるようにと始まったものです。
 
 事件の内容によっては死刑判決を下す裁判に裁判員が係わることにもなります。
死刑判決をする前もその後も様々な葛藤があり不安な心情にさいなまれる苦悩を語る裁判員経験者がいます。
 裁判員には守秘義務があり家族や友人にもその思いを伝えることができないもどかしさです。
 
 死刑というのは裁判によって一人の人を殺すということです。
死刑制度について今は世界的には廃止または実際に死刑執行しない国が多くなっています。
ただ日本やアメリカには死刑制度があり日本では毎年複数人の死刑が執行されています。
 
 裁判員制度が始まって死刑制度そのものについて議論が起こるのではと思っていた専門家のコメントがありましたが
日本では国民の80パーセント以上が死刑制度を容認し
裁判員制度が施行されるなかで重罰刑を科す傾向が強くなったといわれます。
 被害者家族の感情を考えればということでしょうか。
 
 仏法の話です。
私たちの阿弥陀さまは裁く仏さまではありません。
こうしなさいああしなさいと生き方を告げ、救いに条件をつける仏さまでもありません。
 
 聞き方によってはどんな悪いことをしても救ってくれるのだから悪いことをした方がいいと聞き違いする人がいます。
そうではありません。
 裁かない仏さまといって自分中心の生き方しかできないこの私をもう既に見て取って悲しまれるのです。
阿弥陀さまのお慈悲のお心を聞けば聞くほど南無阿弥陀仏のおはたらきがわが身にしみ込んで
大きないのちのつながりのなかに生かされて生きてあることを知らされ
私にできる精いっぱいのことをさせていただこうという思いがわいてきます。
 
 この現実社会に生きる私たちです。
私たちが共に生きる上で守らなければならない決まりがあります。
決まりを守らないときには罰を科せられることもあるでしょう。
 そういうなかにあって苦悩する裁判員の有り様を阿弥陀さまはどう見てござるのかなと思います。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2019.5.21)
 
仏さまの大きなご縁をいただきます
 昨日は宗祖親鸞聖人の降誕会法要をお勤めさせていただき恒例のバザーも行いました。
皆さんには終日大変お世話になりました。お疲れさまでした。有難うございました。
 
 5月21日の親鸞聖人のお誕生日に近い毎年5月の第3日曜日に前住職の時から約40年来続けているご縁で
昨日もたくさんの方がお寺にお参りされました。
 
 雨になってちょっと残念なこともありましたが、いつもより本堂にお参りされる方が多かったように思います。
庫裡の仏間での物品バザーは多くの人盛りで大盛況でした。
 本堂に机を並べ食堂のようにしてカレーライスなど皆で食事をすることができました。
 
 日頃お寺にご縁のないご近所の方もたくさんお参りでした。
円光寺のバザーは皆さんの大きな楽しみになっているようで
名物の石垣だんごが飛ぶように売れていました。
 あまりの評判で一人三個までと販売制限したものの瞬く間に完売したそうです。
それ以上にたくさん作ったらいいのでしょうが、婦人会の役員さんにとっては大変なご苦労でもあります。
 
 少しでもお寺を身近に感じ親しんでもらって一人でも多くの人に仏さまのご縁に遇うてほしいと先人が始められ
ご門徒皆さんのご理解とご協力をいただいてできるご縁の有難さです。
 
 バザーの時間久しぶりにお会いする方々に声をかけました。近況をお聞きしていろんな話になります。
日頃はそれぞれが忙しい日常生活をおくりゆっくり向き合ってお話をすることが難しいお互いが
仏さまの御前に集うことができるということが私たちのご縁だと思います。
 
 世間日常の話です。世間話ですが、仏さまの話につながるのです。
大きな大きなお念仏のいのちのつながりのなかにお互いが日暮しをしているということです。
それぞれの日常ですがお念仏につながってあるということです。
 
 私たちの日々の生活は思い通りにならない日暮しでもあります。
ただこうして同じ御仏前に座り仏さまの大きないのちにつながる私たちです。
 お話をすることで何かほっとします。やさしく励まされることもあります。
 
 仏さまの尊いご縁です。
歳をとればとるほど大変になってきますが
一年一度の降誕会のご縁をこれからも皆さんと共々に続けてまいりたいと思います。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2019.5.20)
 
降誕会の仏さまのご縁です
 今日は宗祖降誕会のご縁です。
降誕と言います。
 親鸞聖人はただ人ではない、仏さまの国から降りてこられたお方
私たちにお念仏のみ教えを届けるためにお誕生になられたといただくご縁です。
 ただ親鸞さまのお心をいただくと親鸞さまは私たちと同じお念仏のお仲間としていらっしゃるように思います。
 
 親鸞さまのお誕生をお祝いするご縁ですが
私たちもこの人間界に誕生しました。そして今を生きています。
 ただ生きるということは楽しいことばかりではありません。
苦しいことや悲しいこともいっぱいあります。
 今日もこれから何があるのかわからない、まさに無常の中に生きている私たちお互いです。
 
 昨日は仏教婦人会の総会のご縁でご法話お聴聞させていただきました。
ご講師は女性の方でお寺の坊守さんそしてお坊さんです。
 生活のなかでのいろんな苦しみ悩みを率直にお話されました。
久しぶりに仏法が親しく聞けたような気がします。
 
 私もそうですが、何か袈裟衣をつけると型通りのお話になります。
浄土真宗はという阿弥陀さまのご法話です。
 それでいいのです。型が中心がぶれたらこれは浄土真宗仏教になりません。
 
 ただご法話をする人も一人の人なのです。
人として生まれ人として生きているのです。
 自分の思い通りにならない苦しみ悩みをいっぱい抱えて生きている人なのです。
ご法話される人もお聴聞される人も共々に仏さまの仏法を聞かせていただくのです。
 共に生き共にお念仏のみ教えを聞き共にお念仏の道を歩ませていただくのです。
 
 昨日お聴聞しながら、私は何のために生まれてきたのかと問われたような気がしました。
人生の根本的な問いです。
 私たちはどこかでこの問いに向き合って生きています。
でも日々の生活が忙しくて、生きることで精いっぱい私のことで精いっぱいなのです。
 
 だからこそのご縁なのです。
このお朝事のご縁もそうです。
今日は日曜日で家でゆっくりゆったり寝ていていいんです。
 でも仏さまの御はたらきがあったんですね。
仏さまの御もよおしのなかにここに座ることができたのです。
 
 私が座ったと心得たら、それは仏さまのお心に背くことになるのかもしれません。
ここに座れここに座れお念仏を申せ仏法を聞けよと
ご縁をつくってくださった仏さまです。
 その仏さまに今度はこの私が成らせていただけるのです。
仏法を聞くために人間に生まれてきたんだということを
今日の降誕会のご縁のなかでお互いにたずねてまいりましょう。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2019.5.19)
 
仏さまのご縁をいただきます
 仏さまのご縁をいただきます。
阿弥陀さまのご縁です。
 
 昨日もご縁をいただきました。一つはお葬式のご縁でした。
今日は仏教婦人会の総会のご縁、明日は親鸞聖人の降誕会のご縁です。
 
 その仏事ご縁ご縁はそれぞれ違います。
対象を限った仏事もあります。
 慶びの仏事もあれば悲しみの仏事もあります。
 
 みんな阿弥陀さまのご縁です。
阿弥陀さまがどうか仏法を聞いてくれよ、お念仏を申す身になってくれよと
この私のためにつくってくださったご縁といただきましょう。
 
 そこに座れそしてお念仏申せよ仏法聞けよと
阿弥陀さまのおはたらき南無阿弥陀仏一つと聞かせていただいて
「はい」っとそのまんまこの身を御仏前にはこばせていただきましょう。
 
 私たちの日々の生活です。
私のことで精いっぱい生きることで精いっぱいの日暮しのなかで
仏さまのご縁に遇うことは本当に難しいことだと思います。
 だからこそそういう私を見てとった阿弥陀さまがこの私のために特別につくってくださったご縁といただいて
今日と明日のご縁に遇わせていただきましょう。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2019.5.18)
 
ままならない我が身を抱えるこの私をそのまま救うと南無阿弥陀仏の仏さまです
 ままならないと言います。思いのままにならない、思い通りにならないということです。
お釈迦さまは「人生は苦なり」とお示しです。
苦とはままならない、思い通りにならないという意味です。
 
 この人生は思い通りにならないというのです。
それは私の周りのものが私の思い通りに言うことを聞かない何もしてくれないということもありますが
実はこの我が身のことがままならない、思い通りにならないということなのです。
 
 自分のことであって我が身がままならない、思い通りにならないとはどういうことでしょうか。
私たちは生きています。いつまでも若く健康でありたいと思って生きています。
しかし我が思いとは裏腹に老いていきます、病気にもなります。
そしてどんな人も必ずこの命を終えていかねばなりません。
 
 生老病死の四苦です。ままならないこの身をかかえて思うように生きることのできない私がいます。
そこに私たちの根本的な苦しみ悩みがあるとお釈迦さまは教えてくれます。
 
 その上で苦しみ悩みを抱えた私たちをそのまま救う仏さまがいらっしゃると教えてくださるのです。
阿弥陀如来の仏さま、南無阿弥陀仏のお救いです。
「まかせよ救う」の喚び声となって私のところに来てくださりご一緒してくださる仏さまです。
 
 そのままの救いです。
私の思いを超えた阿弥陀さまの大きな願いです。
すべてのものを分け隔てなく救うという願いです。
 
 すべてのものと聞いてこの私のことです。
この私にこうしなさいああしなさいと注文を付ける仏さまではありません。
 南無阿弥陀仏そのまま救うとおはたらきなのです。
南無阿弥陀仏のお喚び声を聞かせていただきそのまま救われていくと聞かせていただきます。
 
 ナンマンダブツとお念仏申して私の思い通りになるのではありません。
思い通りにならないこの身を抱えるこの私がナンマンダブツとお念仏を申すなかに
そのまま救われていく世界があることをまた有難く聞かせていただきます。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2019.5.17)
 
お仏壇のお荘厳は仏さまのみ教えそのものです
 お仏壇には仏具が備わっています。
ろうそく立て、花瓶、香炉はどの宗派のお仏壇にもあります。
すべて仏さまの智慧と慈悲の功徳を表すものです。
 
 先日お参りしたお家で湯呑のようなお道具に水を入れて「お水はどこにあげるのですか」と聞かれました。
お水は華瓶(けびょう)という仏具にあげるのですとお答えしました。
 
 この本堂お内陣のお荘厳でいうと、阿弥陀さまの前の上卓にお仏飯が二つあがっていますが
その外側にあるのが華瓶一対で樒や青木を入れその中に水をお供えしているのです。
 
 この水は阿弥陀さまのお浄土に流れる清らかな水を表していて
香りのよい香木に水を入れて香水、香りのよい水をお供えするのです。
 お浄土の水は八功徳水という八つの功徳があるといいます。
清らかで美しく軟らかな甘い水で、おいしく飲みやすい水ということにもなりますが
仏さまが飲む水、飲むための水ということではありません。
 
 皆さんの思いのなかにお仏飯をお供えするようにお水もお供えして
仏さまがご飯を食べるのに水がないとのどに引っかかるとか
暑いとのどが渇くので水をあげるという人もあると思いますが
仏さまの世界のことは私たちがあれこれ思いはかることではないのです。
 
 今日の御和讃御文章さまの中にもありましたが、仏さまの功徳は不可思議といいます。
私たちの思いはからいを超えているというのです。
 
 ではどうしてお線香を炊いたりお灯りをあげたりするのかというと
お浄土の仏さまの功徳をお経さまからいただいて先人がお浄土の荘厳として
私たちに伝えてくださったものだからなのです。
 
 お仏壇のお荘厳は仏さまのみ教えそのものです。
私たち凡夫の目にも見えるような形で教えてくださるそのままをお飾りさせていただきましょう。
 そこに私たちの思いがちょっとでも入ると仏さまのお心を疑うことにもなります。
分からないことは何でも聞いてください。
 
 宗派によってお仏壇自体そしてお荘厳が違うことを心得ておきましょう。
他の宗派のお仏壇をみて「水はあげなくていいですよ」とか言わなくていいです。
逆に他の宗派の方が私たちのお仏壇をみて「お水があがってないけど」と言われても
その時は「そうですか。お寺さんに聞いてみます」と受け返してください。
そして「お寺さんに聞いたらこうでした」とお話したらいいと思います。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2019.5.16)
 
阿弥陀さまの摂取不捨の大きなお慈悲に抱かれてお念仏の道を歩ませていただきます
 阿弥陀さまを摂取不捨の仏さまといいます。
この私を摂め取って決して捨てない必ず救うとおはたらきの仏さまになってくださいました。
 
 摂も取も「とる」という字ですが
摂の字を親鸞聖人は「ものの逃ぐるを追はへとるなり」といただかれています。
 逃げる私です。阿弥陀さまからいうと背中を向けている私です。
背中を向けて逃げる私を追いかけて追いかけて救いとるというのです。
 
 取は「迎えとる」といい
逃げる私をどこまでも追いかけ迎えとるというのです。
 阿弥陀さまの大きな大きなお慈悲にくるめ取られるということです。
 
 そのこと一つ聞いてくれよ信じてくれよと南無阿弥陀仏のお喚び声となっておはたらきです。
声となってどこまでも私を追いかけ、追いかけられて聞かせていただくのです。
 
 私が聞いて私が信じて救われるのではありません。
阿弥陀さまのお心を聞かせていただくそのままが信心いただくことなのです。
 
 聞かせていただくことが肝要ですが、聞くことが救いの条件ということではありません。
阿弥陀さまの御尊前にこの身を置かせていただきます。お念仏を申させていただきます。
 「我にまかせよ必ず救う」の南無阿弥陀仏の仰せに
「はい。おまかせします阿弥陀さま」とそのままお礼をさせていただきます。
 
 今朝はひやっとするなかにも本当にさわやかな朝になりました。
いよいよ絶好のお朝事参りの時節になります。
 この一年でいいますと、暗い寒い時期もあり暑くて汗が噴き出す時期もあります。
 
 お参りしてくれよ聞いてくれよお念仏申してくれよと
阿弥陀さまの摂取不捨の大きなお慈悲のなかに
今日もこうして皆さんと共々に遇わせていただく身の幸せを有難く思います。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2019.5.15)
<<円光寺>> 〒870-0108 大分県大分市三佐3丁目15番18号 TEL:097-527-6916 FAX:097-527-6949