浄土真宗本願寺派(お西) 浄華山 円光寺(大分県大分市)

 

お念仏申す生活法話

 
フォーム
 
ご自宅でお葬儀のご縁です
 昨日お通夜今日お葬式のご縁です。
今は葬儀社でのご縁が一般的になりましたが久しぶりにご自宅での通夜葬儀です。
家族だけでお家でしたいという喪主の意向です。
 
 よく家族葬といわれますが家族葬の定義があいまいで
お参りしたら親族縁者の方がいっぱいの葬儀もあります。
 昨日のお通夜は本当に家族身内だけでした。
家族だけの葬儀だからお家でできるのです。
 車社会の現在、駐車場の確保が問題なのです。
 
 私が小さい頃はどこもお家でお葬式をしていました。
近所の隣保班の方が仕事を休み総出でお手伝いしてみんなでお葬式を行っていました。
 今思えば大変なことです。
仕事を休むということです。
今は隣の家のお葬式に仕事を公然と休むことなどとても考えられません。
 そして近くのお家も借りて使わせていただきます。
お斎というお膳を出すお家があります。
別にお寺のお坊さんの控えのお家が要ります。着替えをしたりします。
 
 お葬式をお家でするということは隣近所の方にお世話になるということですが
お互いさまと助け合い支え合ってきたということです。
 いつの頃からか近所にお世話になるということが迷惑をかけるということになり
迷惑をかけたくないという理由で施設が整い職員もいる専門葬儀社に場所が移り
家族葬ということでお手伝いも要らないお参りも結構ですという所が多くなったのです。
 
 お家を離れて葬儀社です。
それが良いとか悪いとかいうのではありません。
これが今の時流なのです。
 
 ただお家でお葬式をさせていただく意味を思います。
昨日のお通夜でいいますと懐かしいお家です。平生の生活していたお家です。
この家でこの部屋で過ごした思い出を苦楽を共にした家族が
最後の夜を通してお話をするという一生に一度のご縁なのです。
 
 円光寺ではお寺での葬儀をご門徒皆さんに呼びかけ勧めていますが中々難しい現況です。
お寺は敷居が高いと言われ日頃お寺にご縁がない人にはお寺でのお葬儀は何か気の毒い思いがあるようです。
 だからこその日頃からのご縁なのです。
日頃からお寺に親しんでほしいと思います。ご縁ご縁にお寺にお参りしましょう。
 
 このお寺はご門徒皆さんのお家です。
命終の縁にお家の阿弥陀さまそしてお寺の阿弥陀さまにお礼をしてお浄土参りをさせていただき
この目に見える姿はお遺骨となりますがこのお寺に帰ってみえて
お浄土から仏さまと還ってみえてこれからも遺った私たちを護り導くというおはたらきを
南無阿弥陀仏とさせていただけると聞かせていただきます。
 
 南無阿弥陀仏の大きないのちのつながりのなかに今日一日もお念仏の日暮しをさせていただきたいと思います。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2019.11.12)
 
報恩講に向けて円光寺がワンチームになります
 昨日は天皇陛下の即位をお祝いする「祝賀御列の儀」祝賀パレードがあってテレビで観ました。
今朝の新聞の見出しで11万9千人の方が沿道でお祝いしたということです。
 大変な思いをしてその場に行かなくてもテレビの方がよく見えるのですが
先のラグビーの試合観戦のように臨場感を楽しむ人が多いということです。
 
 沿道の人に「見えましたか」との質問に
「人の後ろ姿ばかりで少しも見れなかった」と笑顔で答えていました。
 
 テレビを観ていて沿道の人の殆どがスマホを高くかざしていた様子が大変印象的でした。
前回の平成天皇の祝賀パレードでは日の丸の小旗を振る人が多かったと思いますが
今は日の丸ではなくスマホです。
 
 時代の流れです。
めまぐるしく移り変わる時代の変遷のなかにあって一連の皇位継承の儀式を思います。
 日本は天照大御神以来の神の国と言われます。
今も日本には天皇はじめ皇族方がいらっしゃってそれぞれお役目をつとめていますが
時代の変遷とともにそのあり方は大きく変わってきました。
 
 戦後日本国憲法のもとで天皇は象徴天皇として公務をつとめています。
「大変だなあ」とテレビに出演の天皇陛下のお友だちがつい漏らしていました。
 大勢の周知の中で30分間沿道の人々に手を振り微笑みかけ続けるのです。
まさに行です。大変な難行苦行です。
 
 昭和の暗い戦争の歴史から平成天皇になって各地で地震台風などの大災害が続きましたが
被災地を何度もまわり被災された方々に寄り添う天皇皇后両陛下のお姿に
皇室への親しみ感が増しているように思います。
 
 昨日は天気に恵まれて日本各地でも多くの行事がありました。
三佐公民館では恒例の校区ふるさとまつりの行事もありました。
 
 お寺も11月は月末の親鸞聖人御正忌報恩講という一年で最も大事な法要行事に向けて準備に入り
先日8日にはお菓子(落雁)つくりをしました。
 14日は大掃除16日はお菓子色付け23日はお飾りつきおみがきと続きます。
大変な大行事ですがご門徒皆さんにご協力いただきできることです。
 円光寺がワンチームになります。
寺を預かる住職としてこれほど有難く嬉しいことはありません。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2019.11.11)
 
大きな安心のなかに生かされて生きる
 昨日二人の男性の方がお寺にお参りにみえました。
初めてお会いする方です。
二つのお骨をもってお参りされました。
 
 二人は兄弟で弟さんの子どもさんのお遺骨です。
長男の方が17年前に次男の方が昨年亡くなったということです。
 お二人の歳格好からいいますと70代半ばの方のようにお見受けします。
 
 お遺骨を持ってらっしゃったのはお家にずっとお遺骨を置いていたということです。
お墓は遠方にあるということですが納骨できないままに今日まできたといいます。
 
 これまでに浄土真宗のご縁があったということですが
何で円光寺でしたかと聞きますとネットで見ましたと言われます。
 円光寺のホームページを開設していることで円光寺のことを知ったということです。
 
 本堂のご尊前でご一緒にお勤めをさせていただきました。
聖典をお配りし声を出してお勤めされていました。
 お勤めの後いつものようにご法話お取り次ぎをさせていただきました。
「三日前のお電話からのご縁ですが何か今ご一緒にお勤めをしていると
ずっとずっと以前からご縁をいただきつながっているような思いがします」とお話しました。
 仏さまのご縁、南無阿弥陀仏のつながりです。
 
 これからのことお遺骨をどうされるのかご法事をどうお勤めされるのかはわかりませんが
これも仏さまのご縁です、どうぞ何でもご相談してくださいと言ってお別れしました。
 
 今はお葬儀をしないところが増えていると聞きます。
決まったお寺さんにお葬儀を頼まない、お葬儀の時だけお坊さんにお勤めしてもらうところもあるそうです。
 ただお遺骨が残りどこに納骨するかご法事のお勤めをどうするかと
後になっていろんな不安を抱えることになり困ってらっしゃる方があると思います。
 
 皆さんよかったですね。
浄土真宗円光寺のご門徒であることの有難さです。
 今日もこうしてお寺の本堂阿弥陀さまのご尊前でご一緒にお勤めができているということです。
そばにはお念仏のお友だちがたくさんいらっしゃいます。
 
 皆さん南無阿弥陀仏のご縁につながって
私たちは今も安心先も安心これからもずっとずっと大きな安心のなかに生かされて
今日一日もお念仏を申すなかに過ごさせていただけるのです。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2019.11.10)
 
ここはお念仏? それとも拍手?
 昨日は中津の扇城学園の創立120周年の記念式典に出席しました。
前の扇城高校今は東九州龍谷高校で女子バレーの強豪としで全国的に有名です。
大学も幼稚園もあって全体で扇城学園といいます。
 
 明治32年1899年の創立で大分県の私学で最も古い歴史をもつ伝統ある学校で
地域の方々にもずっと親しまれてきていることから
昨日は大分県知事から中津市長、国会議員県会議員市会議員大分県中津市内の学校関係者
そして地元の方と幅広い分野からたくさんの人が体育館に集まっての式典でした。
 
 浄土真宗本願寺派(お西)の宗門校といって親鸞聖人の開かれたみ教えを建学の精神にする学校です。
献灯献花に始まる仏式の式典でした。
 一般の出席者にも親しみやすい音楽礼拝のお勤めでした。
その後挨拶が続きましたがちょっと戸惑うことがありました。
 
 まず理事長の式辞そして京都の本願寺からご出向されたご門主さまからお言葉がありました。
お二人とも僧侶お坊さんです。
スーツにネクタイの上から布袍というお衣と輪袈裟を着けています。
 終わって会場は拍手はなく私や周囲の方々はお礼をしました。
 
 一般の会ではここは拍手だと思いますが
私たちのお寺の社会お寺で行われる会のご縁では
会が始まる前に「ご法話の後は拍手ではなくお念仏でお礼をしましょう」とアナウンスがあります。
 そのことが徹底されてというか挨拶の後もお念仏申すことが当たり前のようになっています。
ただそれはお寺のなかのことで皆さんご縁の方の会ということです。
 
 さて次に来賓挨拶になりました。
 まず大分県知事さんです。
終わって一斉に拍手があったかというと周りを見て促されるようなワンテンポ遅れの拍手になりました。
 次に袈裟衣を着けた来賓の方の挨拶です。
終わって拍手はありましたが疎らなものでした。
 
 宗門校とはいえ一般の方々が多くいらっしゃる中でのそれも挨拶です。
何か変な感じでした。
 これって本当に戸惑いますよね。
遠方から来られた来賓の方に何か失礼なような気もします。
 
 拍手をしようがしまいがありがとうございますというお礼の気持ちを伝えるということです。
何か皆さんがすっと受け入れられることができないものかと思ったりしました。
 
 このたびのご縁をいただいて宗教教育の大切さを思います。
公立学校ではできないことも私学だからこそできることがあるということです。
 お寺という場もまた仏さまのみ教えを聞かせていただく宗教教育の場です。
昨日も龍谷学園の若い生徒学生さんの口からお念仏の声が出てくださっていました。
 120年の歴史先人が伝えてくださった尊いお念仏のみ教えを
次の人たちに送っていくことの大切さをまた思いました。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2019.11.9)
 
「お遺骨にお経をあげてほしいのですが…」
 昨日電話がありまして初めての方からです。
お遺骨を家にずっと置いていてお経をあげてほしいということです。
 電話では詳しい事情まで分かりませんが
お寺に何日の何時に来てくださいお勤めをしましょうということで電話を切りました。
 
 それから私が留守をしてその間にその方が直接お寺に訪ねてみえて30分ばかり話をして帰ったということです。
坊守が対応したのですが後で話を聞けば聞くほどややっこしいお家の事情があって
その後また私の方から先方にお電話をしました。
 
 前にお約束した時間に来てください、お勤めをしてお話もさせていただきます
そしてこれからのことについてもご相談させていただきますという内容です。
 
 お家にお遺骨があるということで何か深いご事情があるのかなと思ったりします。
家族の方の最も大切なお方のお遺骨です。
 供養です。お経をあげて供養をしてもらうといいます。
供養してもらわないと故人が浮かばれないとか後に遺った者に禍を引きおこすというような話も聞きます。
 追善供養といって亡き人のために善根功徳を追加しようとする行為です。
 
 仏教では讃嘆供養ということで
お遺骨にお経をあげて供養するのではなくて
先に往かれた方を仏さまと敬うなかにこの私が仏法を聞かせていただくことが肝要なのです。
 私が供養するのではなく仏さまから供養されているということです。
南無阿弥陀仏のおはたらきで養われ護られお育てをいただくのです。
 
 有縁の大切なお方とお別れする悲しいご縁ですが
私たちの阿弥陀さまは深い悲しみのなかに沈む私を必ず救うと南無阿弥陀仏のおはたらきとなって
仏さまのご縁としてくださるのです。
 
 仏法を聞いてくれよお念仏を申す身になってくれよとのおはたらきです。
このたびのご縁も仏さまのご縁といただいて
ていねいに向き合ってご相談させていただきたいと思います。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2019.11.8)
 
アマゾンの「お坊さん便」が中止になりました
 昨日のお参りでご門徒さんからアマゾンの「お坊さん便」が急に(10月24日付)中止になったと聞きました。
お坊さん便とはお葬式や法事などのお勤めにお坊さんを紹介する
お寺と門徒檀家との関係ではなくネット業者が仲を取り持つサービスです。
 
 中止になった理由です。
紹介されるお坊さんはこれまで会ったこともない一度きりのご縁のお坊さんです。
 どんなお坊さんが派遣されてくるのかわからないなかで
ていねいにお経をあげてくれてお説法もしてくれる有難いお坊さんもいれば
ロクにお経も読めないとてもお坊さんとは思えない方もいるそうです。
 
 お坊さんの資質が問われるということです。
資質が良いとか悪いとかでいろんな苦情が寄せられることもあり
お坊さん便がネット上に登場した約6年前からずっと既成仏教教団からの抗議もあって
話し合いを重ね今回中止になったということです。
 
 昨日ご門徒さんのお葬式がありました。
お寺とご門徒との関係があって亡くなってすぐお寺に連絡があり葬儀社で通夜葬儀を行います。
 お寺とご門徒の関係は住職と門徒、新院坊守と門徒というあなたと私の関係です。
住職坊守は時を経て人が変わりますが
円光寺というお寺の住職であり坊守は変わりません。
 
 お寺をご縁にした関係つながりなのです。
お葬儀の時だけのご縁ではなくてずっと以前からご先祖からつながって
日頃からつながってあるという関係です。
 
 そのお寺とご門徒とのつながり関係が今希薄になってきているといわれます。
ご門徒さんが遠方に転居されて他のお寺に転出する例もありますが
お寺の門徒をやめるという申し出があったり葬儀もお寺に頼まないところがあるようです。
 
 お寺とご門徒の関係はお寺の住職とご門徒のあなたとの関係です。
お葬儀の時だけのご縁ではないということです。
 昔と今では家族の形態も随分変わり生活ぶりもそれぞれ違いお寺に対する思いも種々あると思いますが
お手次ぎ所属のお寺があることの安心です。
 
 今はネット社会でネットの情報を鵜呑みにして
何か分からないままにお寺のことを批判的に思っている人がいますが
どうぞお寺とのご縁つながりを大事にして何でも分からないことは直接お寺に聞いてください。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2019.11.7)
 
あなたと私の仏さまのご縁です
 急に寒くなりました。
今朝は一つ上着を重ね着して朝の支度をしたことです。
 
 昨日お通夜のご縁がありました。
葬儀社に行きますと係の方が早速みえて「お参りの方は3人です。お話はどうしますか」と聞かれました。
「いつものようにお勤めをさせていただきます。ご法話をして御文章をいただきます」と言いました。
 
 3人というとこれまで経験したことがない最も少ない人数です。
ただお通夜のお勤めは先に往かれた方が阿弥陀さまに最後のお礼をさせていただくという尊いご縁です。
お参りされる方の人数の問題ではありません。
 そしてお参りされた方が仏さまのご縁をいただく仏法聴聞の場でもあります。
仏さまのご縁に遇うことは難中の難ですがお通夜お葬式はまさに待ったなしのご縁です。
ていねいにお勤めさせていただきお念仏のみ教えを精いっぱいお取り次ぎさせていただきます。
 
 仏法をお取り次ぎするご縁はお寺のご縁ご門徒皆さんのお家のご縁葬儀社のご縁とそれぞれで
大人数のご縁もあれば一人のご縁もあるでしょうが
すべてがご本尊の阿弥陀如来さまを中心としたご縁なのです。
 
 南無阿弥陀仏の救いの法をお取り次ぎ聞かせていただきます。
人数の問題ではなくお聴聞の場にいらっしゃるその人人の問題なのです。
 阿弥陀さまと私です。
この私一人のために開かれた南無阿弥陀仏の救いの法なのです。
 
 「ようこそ あなたと 南無阿弥陀仏」です。
私が住職になってずっと皆さんにお伝えしている言葉そのお心です。
 ようこそようこそ阿弥陀さまのお慈悲南無阿弥陀仏の救いの法に遇わせていただきました。
いつでもどこでも阿弥陀さまあなたがご一緒してくださり安心です。
 そしてすぐそばには同じお念仏の友のあなたがご一緒です。
あなたとご一緒にナムアミダブツお念仏を申すなかに共々に日暮しをさせていただきます。
 
 どんな状況にあっても私一人じゃないということです。
阿弥陀さまがご一緒です。親鸞さまがご一緒です。
 そしてあなたがご一緒です。
そのあなたが二人三人四人と増えて私たちです。
 私たちが共にご一緒できるお念仏の仏道なのです。
 
 今日はお葬儀のご縁です。
精いっぱいていねいにお勤めをさせていただきます。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2019.11.6)
 
すべてがご法座のご縁です
 お朝事のご縁です。ご法座です。
仏法の座に座るということ仏法に遇わせていただくご縁です。
 南無阿弥陀仏のお心を聞かせていただく私たちのご法座です。
 
 昨日一昨日と妙蓮寺さんの住職継職法要にお参りさせていただきました。
大きな法要もまたご法座のご縁です。
 各地から有縁のお坊さんはじめ多くの方々がお参りでした。
それこそ何年も前から準備をしてくださってできる法要です。
 ご門徒皆さんが施主となって一つの目標に向かい心を一つにして取り組まれることです。
総代さんはじめご門徒幹部の方々にはいろんな役割を担い連日ご加勢をいただくことです。
 
 法要が無事円成して
関係の方々は本当にお疲れになったことだと思います。
 おかげさまで尊い南無阿弥陀仏のご縁に遇うことができました。
 
 ご法座は私たち皆さんが施主です。
布施の主です。
 このお朝事もそうです。
皆さんが施主になってお朝事を毎朝ご一緒にお勤めさせていただける有難さです。
 
 大きな法要もあれば小さなご縁もあります。
すべてはご法座のご縁です。
 南無阿弥陀仏の仏法に遇わせていただきお念仏申す身にさせていただくご法座のご縁なのです。
今日もこうして皆さんとお念仏のご縁をいただくなかに一日を始めさせていただきます。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2019.11.5)
 
仏さまのご縁に遇わせていただく有難さです
 昨日今日と坂ノ市里の妙蓮寺さんの住職継職法要がお勤まりです。
今日は稚児行列があります。お祝いのお勤めです。
 
 昨日お参りしますと後ろから声がかかって振り向くと私の小中学校の同級生でした。家島の人です。
妙蓮寺さんのある里は昔の臼杵藩で三佐小学校区でも家島は同じ臼杵藩で元々浄土真宗の妙蓮寺さんのご門徒です。
 
 ただ今までお寺にご縁があったかというと今回初めてお寺で会いました。
地区のお世話人から声をかけられてこのたびの法要のお手伝いをすることになったということです。
 
 大きなご縁です。
自分から進んでお寺参りするご縁って本当に少ないですね。
お寺参りしたい思いがあっても声がかからなかったらずっとご縁に遇わずじまいで命終えるということにもなります。
 
 声をかけてくださるその大本は南無阿弥陀仏阿弥陀さまのお喚び声です。
人間に生まれて空しく過ごすのではなくどうかどうか阿弥陀さまのご本願の教えに遇うてほしい
お念仏申す身になってほしいというのが私たちの浄土真宗を開かれた親鸞さまのお心であります。
 
 今日拝読のご和讃に
「曠劫多生のあいだにも 出離の強縁しらざりき 本師源空いまさずは このたびむなしくすぎなまし」とありました。
 
 本師源空とは親鸞さまのお師匠さん法然さまのことです。
法然さまに遇うことがなかったらこの私親鸞はまた生まれては死に生まれては死にと
迷いの境涯を繰り返していかねばならなかったが
法然さまに遇って阿弥陀さまの本願念仏のお救いの法に遇うことによって
空しい人生を過ごすことなく本当によかったと喜ばれたことです。
 
 皆さんもご縁があって今日この本堂阿弥陀さまのご尊前にお参りです。
大きな大きな南無阿弥陀仏のいのちのおはたらきのなかに今日も一日生かされて生きてまいりましょう。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2019.11.4)
 
南無阿弥陀仏のワンチームです
 ラグビーワールドカップ日本大会が昨日南アフリカの優勝で終わりました。
44日間日本中が大変熱狂しました。
 
 私もその中の一人ですが日本の大健闘が大きな要因です。
ワンチームを合言葉に初のベスト8進出という快進撃でした。
 外国国籍の選手が半分のチームですが
日本代表の熱い思いをもって一致団結し体を張ったプレーで
私たちにラグビーのすばらしさと感動をあたえてくれました。
 
 南アフリカの主将は初めての黒人選手です。
南アフリカはアパルトヘイトという人種差別の長い辛酸な歴史をもつ国です。
 いろんな人種と言語生活環境が異なる選手が集まって
一つの目標をめざし一つになることでこの優勝を勝ち得たと誇らしげに言っていました。
 
 ワンチームです。
私たちのお念仏の営みお寺の営みもまたワンチームということを思います。
 この後で掲示伝道今月の言葉を配って頂きますが今月はいつもより少し遅れました。
毎月板屋町のHさんに書いていただくのですがお家を留守にするということで遅くなることは聞いていました。
 一昨日帰ってみえて早速書いてくださり昨日お寺に届けてくださったのです。
そして今日皆さんのところにお届けできるということです。
 
 町角伝道掲示板です。
どんな人が足を止めて見てくれるか読んでくれるか分かりませんが
お念仏のおはたらきのお手伝いをご門徒皆さんでさせていただけるということです。
 
 南無阿弥陀仏のワンチームです。
ワンチームといって私が私がと私たちが力を入れてつくりあげていくチームではありません。
 
 南無阿弥陀仏の大きないのちのおはたらきのなかに
あなたも私もみんなつながってあるというのです。
 私たちの全てをご存知で「必ず救うまかせよ」と
阿弥陀さまがつくってくださった南無阿弥陀仏というワンチームなのです。
 
 お念仏を申す私たちの生活ぶりは皆さんそれぞれ違いますが
この口から出てくださる南無阿弥陀仏は同じです。
 お念仏申して往生浄土の同じ道を歩ませていただけるのです。
ナンマンダブツとお念仏を申すなかにお念仏のお心を聞いていきましょう。
一人でも多くの方にお念仏を届けてまいりましょう。
 
 ご一緒に、お念仏申しましょう。(2019.11.3)
<<円光寺>> 〒870-0108 大分県大分市三佐3丁目15番18号 TEL:097-527-6916 FAX:097-527-6949