本文へ移動
あふれて
いのち

みんなのお
円光寺にようこそ
あふれて
いのち

みんなのお
円光寺にようこそ
あふれて
いのち

みんなのお
円光寺にようこそ
あふれて
いのち

みんなのお
円光寺にようこそ
あふれて
いのち

みんなのお
円光寺にようこそ

円光寺からのお知らせ

11月の<ハガキ通信>です。
2022-11-08
  「なぜ、お前は目覚めたのか」と毎朝自らに問いかけて
「その答えが、目的になる」と、新聞の記事にはっとしました。

 「なぜ目覚めたのか」とは
「なぜ生きるのか」というわが命の根本命題であり
今日まさに何のためにどう生きるのかということです。

 お念仏の先人に
「目が覚めたら生きていた」という詩があります。

 目覚めたということは生きているという実感であり
眠っている間はどう生きようと思ったか
生きる努力をしたかというと、どうでしょうか。

 私がどうこうではなく
私の意思を超えて心臓が動いていた
細胞が生きていたのです。
 生きよう生きようといのちがはたらき続けて
朝目が覚めて今日の一日が始まるということです。

 前述の詩は
「目が覚めたら生きていた いや生かされていた」
と結ばれています。

 仏法に遇うと
あなたも私もみんな共々に生かされて生きている
という本当のいのちのあり方に目覚めるのです。

 朝目が覚めることは決して当たり前のことではなく
有ること難い不思議なことなのです。

 朝一番に
「帰命無量寿如来 南無不可思議光」と
共々にお正信偈をご唱和させていただきます。

 南無阿弥陀仏の大きないのちのつながり
おはたらきに生かされて
今日一日も生きて往こうと
お念仏申させていただける有難さです。

 今月のことばは
「ありがとうは 新たな 出会いの 始まりです」

 今月28日の円光寺御正忌報恩講法要ご満座のご縁で
住職を退任させていただきます。

 お念仏のご縁に感謝申し上げ新たな旅立ちです。
ようこそ有難うございました。
これからも宜しくお願い致します。


円光寺
〒870-0108
大分県大分市三佐3丁目15番18号
TEL.097-527-6916
FAX.097-527-6949
0
7
1
5
0
1
TOPへ戻る