本文へ移動
あふれて
いのち

みんなのお
円光寺にようこそ
あふれて
いのち

みんなのお
円光寺にようこそ
あふれて
いのち

みんなのお
円光寺にようこそ
あふれて
いのち

みんなのお
円光寺にようこそ
あふれて
いのち

みんなのお
円光寺にようこそ

円光寺からのお知らせ

おかげさまで70歳になりました。これからも皆さんよろしくお願いします。
2022-10-03
有縁の皆様

 あれよあれよという間に齢70歳になりました。

 70歳は古希といい
中国の詩人・杜甫の詩「人生七十古来稀也
(70歳まで生きる人は古来より希なり)」に由来し
長寿を祝う節目の歳と言われます。

 今や超高齢社会です。
70歳を超えて80歳90歳と元気な方が
私の周囲にもたくさんおられ
「希なり」との感慨とは多少異なりますが
残された人生の時間を思うとき
「思えば遠くへ来たもんだ」
(歌/武田鉄矢海援隊)の心境です。

 日々生きる時間はみんな同じで
60歳の還暦の時には
10年後の人生に思いを馳せたものですが
今はこの一年をこの一か月一週間一日を
如何に大切に生きていこうかと
考えることが多くなりました。

 ただ考えるだけで行動が伴いません
長続きしません。
「明日があるさ」(歌/坂本九)と
自分に言い聞かせるように
物事を先送りする始末です。

 11月の御正忌報恩講のご縁で
円光寺住職を退任させていただきます。

 人生の大きな節目であり
それまでに身辺をきれいに整理して後継に託そうと
思いばかりが先立って
結局は今できることで精いっぱいの
バトンタッチになりそうです。
 ご迷惑をおかけします。

 さあ70歳になって何をしようかな?
「秋でもないのに人恋しくて寂しくて黙っていると」
(歌/本田路津子)とふと口ずさみます。

 今は秋なのにです。
眩しい夏のにぎやかな出来事が過ぎ去って
秋は「今はもう秋誰もいない海」
(歌/トワエモア)と歌わせるのでしょう。

 コロナ禍でこの二年半外に出ることが
ままならなかったこともあり
つい感傷的になってしまいます。

 <そうだ、あの人に会いに行こう!>
これまでの人生の道行きでお世話になった
友人知人有縁の方に会って話がしたい聞きたい
そこから新たな歩みがまた始まりそうな予感です。

 70歳になってみえる景色を楽しみに
お念仏申して生きて往きます。

 ようこそありがとうございました。
これからもお世話になります。
よろしくお願いいたします。
                     称名

2022年10月3日        藤 並 晃 照(釋晃照)
円光寺
〒870-0108
大分県大分市三佐3丁目15番18号
TEL.097-527-6916
FAX.097-527-6949
0
7
1
5
0
5
TOPへ戻る